BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

衣装から裸体まで堪能!民族BL 3選+α

2015/12/08 10:33

2018/03/01 10:33

褐色の肌、逞しい筋肉も盛りだくさん♥

11月25日に発売された、エンゾウ先生のコミックス『マザーズ スピリット』

言葉も通じない未開の地に住むネイティブ留学生・カルタカと、彼の世話を命じられた大学職員・稜一郎の心の交流と恋について描いた作品で、またたく間にちるちるのランキングで上位に食い込んだ注目作でもあります。

レビューやネット上における読者の評判を見ると、ストーリー以外に、攻め(カルタカ)の特徴に魅力を感じる声が多数見受けられました。簡単にまとめると、

・片言の日本語
・色気ある褐色の肌
・逞しく美しい身体(筋肉)
・異文化交流(性的な意味で)
・野性的ゆえのピュアさ
・異国を感じさせる衣装や化粧

などなど。
なるほど、同ジャンルならではの萌えポイントが満載です。これは民族BLがクる……! ということで、異国の雰囲気を味わえる民族BLコミックスを数点ピックアップしてみました! ちるちるに寄せられたレビューの抜粋とともに紹介します。

りゆま加奈先生『狼は恋に啼く』
山脈の奥深く、狼の言葉を理解し使役しながら、狼と共に生きる民族がいる。そこでは稀に白い髪を持つ「白鹿」と呼ばれる子供が生まれ、王族に嫁ぐという宿命を背負っていた。そんな「白鹿」として生まれてきたサラは、王の末息子のアラクシと番(つがい)になることに。幼い頃からアラクシに想いを寄せていたサラだったが、一方でサラの双子兄・ナラのことを、アラクシ好きだということも知っていた。「好きな人の隣にいられるなら、たとえ身代わりでもいい―…」そう思っていたはずのサラだったが―…。

民族衣装はとても丁寧に描きこまれていて、衣装を見ているだけでも楽しいです。
風景や風習や世界観もしっかり描かれていたので、ただ民族衣装を着ているだけで終わっていなかったのも素晴らしいところ。――衿さん

狼信仰が色濃く息づく民族をモチーフにしたBL作品を読めるだなんて思ってもいなかったのでこちらの作品に出会えた喜びはとても大きかったです。狼を始め、女の子のような容姿と可憐さを持つ登場人物、ひたむきで健気な受ちゃん、民族衣装、自分の好きがギュッと詰まっていて贅沢で満足感ある一冊でした。――みんくさん

今年8月に発売した続編コミックス『狼は花の馨り1』も併せてどうぞ!

高嶋上総先生『ワイルド・ロック』
時は原始。狩の最中、手負いの獣からユウエンを救ったのは敵対する部族の次期族長エンバだった。原始古代の雄大な風景の下、運命の出会いを遂げた二人の物語の行方は!?

筋肉ゴチゴチになりすぎない程度にしなやかに鍛えられてるエンバの体つきとか(これは明らかに狩りにでる無駄のない男の体つきだ!)とか、親子2代にわたる因縁の物語だとか、微笑ましさだとか。いい話です。――眠れる森さん

あまりBLが進出しなかった「古代」ものです。障害を乗り越えてお互いを愛する姿が切なく涙をそそります。――メロウさん

せら先生『月と野蛮人』
ユリエルは砂漠に眠る『ロアディス』という遺跡の発掘に立ち会いたい一心で、シムア王国を従者のエルヴェとともに訪れた。しかし、トラブルに巻き込まれセルディア族の首長、アルド(アルドグラドゥル)に捕らえられてしまう。アルドに「気に入った」と言われ、そばにおかれるようになるユリエルだったが、ユリエルには国に帰らなくてはならない理由があり……。

せら先生が描かれる受け様の可愛くて一生懸命な感じがまたたまりません。攻め様は、王族で民たちに慕われています。野性味あふれる感じで本を開いて最初のカラー絵を見るとどきっとしてしまいます――だんさん

ヨーロッパから考古学調査に来た王子・ユリエルと、砂漠の族長・アルドの恋物語です。王道中の王道ではないでしょうか。それでも世界観やらキャラクターの魅力やら、やっぱりロマンチックな展開に、胸がときめかずにはいられません。――ミドリさん

なお、せら先生は12月10日にコミックス『裸族の花嫁』が発売。ジャングルの奥地で取材中にはぐれてしまった新人俳優・ミチルが、イケメン裸族に求愛され花嫁にされてしまい……という、タイトルに偽りなしのストーリーです!

設定で楽しい、視覚的にも楽しい民族BLコミックス、いかがでしたか?
ファンタジーな世界観が好きな方、華やかな衣装を堪能したい方、他種族間のタブー感に萌える! という方も、その楽しみ方は様々。

小説に比べ、コミックスとしてはまだまだ作品数が多いとは言えないジャンルですが、今後に期待していきたいところですね! 興味のある方はぜひノベルズもチェックしてみてください♪

関連作家・声優

コメント7

投稿順|最新順

マザーズスピリット大好きです〜
みんな。読んで。笑。
ただし、意外性とかはないかもです!

匿名3番さま
匿名4番さま

同じく岡田屋鉄蔵さんのライアテア好きです!

マザーズスピリット、読んでみたいです。

星野リリィさんがハワイのような南国の民族BLを描いていましたね
それぞれ短い話でしたが雰囲気がよく伝わって面白かったです

匿名3番さま

『ライアテア』最高ですよねーーーーーー!!!
何度読み返しても、読み返すたび感動します。

岡田屋鉄蔵 さん『ライアテア』が入ってなーーーいっ!!!!!!
裸族タトゥーも良いのにな~・・・『ライアテア』おすすめ★

へー参考になります。
「マザーズスピリット」は表紙に引きつけられて魅力的だし、評価も高いのでめちゃくちゃ気になります。

それにしても「裸族の花嫁」の"裸族"って直球すぎでちょっと笑っちゃいますね。
というか素っ裸で部屋で寛いでいる人を想像しちゃうw
「月と野蛮人」の"野蛮人"も凄いな…なんだか前時代的な響きを感じます。

「エ○」や「乙○語り」の作者さんみたいに、時代背景や文化的拘りも見せてくれるBL読んでみたいかも!
民族衣装って素敵ですよね。見てるだけで楽しい。

りゆまさんの民族衣装など凄く凝ってて綺麗で大好きです!せらさんの裸族の花嫁はほぼ裸ってか裸族(笑)18禁で読んでたので修正、葉っぱ処理がどうなってるか気になります。エンゾウさんの評価いいみたいで買おうか悩んでる…

PAGE TOP