裸族の花嫁

razoku no hanayome

裸族の花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神50
  • 萌×240
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
23
得点
444
評価数
105
平均
4.3 / 5
神率
47.6%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784799727584

あらすじ

新人俳優・ミチルは、ジャングルの奥地で取材中はぐれて、裸族に捕えられてしまった。なぜかイケメン裸族に求愛され花嫁にされて!

表題作裸族の花嫁

ロディ,ジャングルの奥地に住む裸族
神村ミチル,新人俳優

同時収録作品裸族の花嫁

レザイー,ジャングルの奥地に住む裸族
リーナ,同裸族,ミチルのよき友人

同時収録作品NUDE♡な告白 / NUDE♡なジェラシー

高石友行,入社2年目のリーマン,受の5歳年下
三峰明,攻の上司,広告業界の敏腕プロデューサー

同時収録作品裸の瞳にときめいて

藍川,契約数トップの優秀でイケメンの営業マン
条栄寺麻人,契約が全然取れない垢抜けない営業マン

その他の収録作品

  • 裸族の花嫁 裸族村は刺激的だよ編
  • 裸族の花嫁 僕…どんどんエッチになっちゃうよ編
  • 裸族の花嫁 ミチルとロディどうなっちゃうの!?編
  • ♡ミチル日記♡ はじめての木の実採り♡
  • 裸族の花嫁 僕達こんな事流行らせちゃいました♡編
  • ヒミツの練習(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:すごろく

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

はぁあ〜平和だわ〜

タイトル通りのアホアホ・エロコメディです。
この手のモノは結構絵が雑だったり、吹き出しが多かったりして読み辛いものもあるのですが、こちらは絵も綺麗ですし、内容のアホさ加減とは裏腹にとても丁寧に描かれていて。作者の並々ならぬ愛情を感じられます。キャラもそれぞれ素直で可愛いですし♡
なので、サラサラ〜っと読めます。そして何より、こんなトンデモ設定なのに⁈ なんだか優しさに溢れていて、ほのぼの感が凄い‼︎
楽園です!
裸族の友達カップルの受け、リーナとミチルが百合ップルみたいだったり、人前プレイとか、裸族なのに逆に着衣プレイだったり、意外に色々やってるんですけど、苦痛や痛みを伴うものは無く、そういう意味での変態感は無くて。ちょっと恥ずかしいけど、幸せ♡みたいな。多幸感あり。

同時収録は逆にスーツをキッチリ着こなしたリーマンもの。っていうのもオシャレ。せら先生的には、裸繋がりで「裸眼」とか、脱いだ時の感じやすい「乳首」とか、とにかく「裸」をテーマにしてるそうなんですが。私は洒落かと思いましたよ。こちらも何度も読み返して楽しんでます。ショートストーリーだけど、味わい深い。続きもとっても気になるので、何処かで再開してみて欲しいです♡

1

アホエロコメディ

単行本になってから手に取りました。
なので、初めは電子で18禁作品だったらしいとか、それらの前評判なしに読み始めました。
むしろそれらは後で知ったのですが、単行本が初読の私にしてみれば、修正具合が気になるとかは全くなかったです。
気にすることなく1冊のマンガとして楽しみました。

とにかく、読んで楽しい!というタイプの作品です。
基本的に登場人物は皆全裸(笑)
それも含めて楽しいです。
そして、ロディはまさに「スパダリ」。スーパー攻め様ではなくスパダリという言葉がぴったりです。

2

明るいアホBL

ロケ中に美形裸族に拉致された俳優が、いろいろいやらしいことをされまくるうちにほだされちゃって…という大筋のアホアホエロBLです。
美形でいい身体の裸族のみなさんが、あっちこっちで盛る村って(笑) あんまり突き抜けているので、ちょっと鬱々とした気分の時の清涼剤代わりにもなりそうです!(エロだけど)

余談ですが、この作者さまの作品は小説の表紙では見たことあるなぁと思う程度でしたが、この「裸族の花嫁」の絵は、なんとなく懐かしい感じだなぁと思って手に取りました。…読んでて思い出したのですが、かわみなみさんの「シャンペン・シャワー」を彷彿させるんだ! アドルの実家に行く辺りのシーンを思い出してるんだ! って。…思わぬものを思い出して、ますます楽しくなりました。

2

明るい気持ちになれるアホエロBL

普段なら食わず嫌いしてしまうような、あまり読まない系統のBL漫画ですが、めっちゃ萌えました。

ジャングルで遭難してしまい、裸族の攻めに見初められエロい事無理矢理されてしまう…冒頭はそんな感じだったので、電子書籍で試し読みした際は、ただやってるだけの中身のないBL漫画かな〜と思っていたんですが、読んでみると、たしかにやってるだけ(笑)
最初は訳もわからず攻めに無理矢理淫らな行為されて、抵抗してイヤイヤ言って泣いてる受けでしたが…、強引(というより、ストレート?なのかな)だけど穏やかで優しく、わんこっぽい攻めにやがてほだされ、言葉は全く通じ合わないけれど恋に落ちていきます。
全体的にギャグ漫画なのですが、その過程が丁寧に描かれていたので良かったです。

攻めがいい男で、肉体美も良いし、好青年って感じで好感度大です。受けも可愛いし、普通に良い子でした。

すごい設定だし、いろいろ突っ込みどころはあるし、ご都合主義な展開ではありますが…そこが逆に魅力だし安心して読めてよかったし、キャラクターがみんな好感持てて可愛くて、読んでて明るくなれて癒されるようなBL漫画でした。

2

愛情いっぱい。

明るい話が読みたいなぁと積み本から発掘。
いやあ、想像をはるかに越える突き抜けたストーリーでした。
のっけからみーんな全裸で、H、H、Hの連続!でも淫靡さは全く無くて、底抜けに明るい…というか文化が変われば性や生に対しての向き合い方も変わるのだなあ、と一部納得です。
現代の日本人として、公開Hというかあけっぴろげに他人が見てる前でも平気で、というのはあり得ないシチュエーションだけど、こちらの裸族の愛情の温かさには見習うべきものもあるかも。かも?
いつも優しく守ってくれて慈しんでくれたロディ、日本まで会いに来てくれたロディ。日本でのキャリアも投げ打って裸族に戻ってしまうミチルのまごころ。
エロ目的だけで読むのは勿体無い!愛情に満ち溢れた良作、と感じました。

「NUDE❤︎な告白」「NUDE❤︎なジェラシー」
リーマンで年下攻め。受けの年上美人は乳首が弱い!という両想いストーリー。
メンズブラやTバックプレイ有り。絵柄が綺麗系なので、読んでて楽しいです。

「裸の瞳にときめいて」
ちょ〜っとだけ「裸族〜」とリンクしてるリーマンもの。ダサ眼鏡の下の素顔が美形と知ってドキドキの同僚君、何かが始まる予感。

「あとがき」
作者様がたーくさんコメントくださってますよ。

6

ロマンティック!

エロいのはエロいがとにかくいろいろぶっ飛んでてどこかで少し引いている自分がいたのですが、
物語の中盤、服を着て日本語を話すロディが現れたとき…超~~ロマンティック~~と感動してしまいました!素敵な王子様が迎えに来てくれる王道の花嫁ストーリーです!
その後、私の目はずーっとハートマークで二人の多彩なラブを美味しく頂きました!とくに裸族の皆さんにアナルセックスを教えるための人前プレイはやばかった…文化が違うとここまでエロいのか…

4

葦編何絶?

何回読み返しても未だに戸惑ってしまうのは、
この表題作を取り扱っている版元がリブレ出版で
ある事です。
苦情ではありません。どちらかと言うと
興味深いと言う意味合いが強い戸惑いです。

そもそも表題作の初出はBL初の18禁レーベルと
銘打たれたX-BLから刊行されたアンソロジーで
ある訳です。
レーベルがレーベルですので正直そう言う描写は
それなりに濃厚です。
ですが、その中にあって(結構特異な状況だと
思われますが)この作品は常に癒し・ほのぼの枠の
役割を担っていた様に思われます。
これがもし他の版元の他のレーベルであったなら
微笑ましさよりも突き抜ける様な爆笑が選択され、
肌色描写はかなり割り切ったものになっていた
可能性があるでしょう。
そう捉え直してみるとある意味奇跡の一冊で
ある様な気がします。

で、併録作もまた良い加減の微笑ましさです。
読み終えた後に温めのチャイと月餅が欲しくなる程度に。


5

元気をもらえる1冊です

せらさんは大好きな作家さんでどの作品も気に入っているのですが、この作品は甘々でちょっとおバカで可愛くて、疲れた時に再読しては元気をもらっています。

裸族で、全員が美男美女で、至る所でエッチをしちゃう民族…という設定も美味しすぎます。おまけに、攻めのロディは見た目も中身もカッコイイスーパーマンのようだし、相手のミチルを溺愛してるし、ミチルもロディが大好きで芸能界を辞めて日本を捨てちゃうし…。と、自分の大好きなモノがたくさん詰まってて悶えます。

言葉が通じないからエッチの時に変な風に誤解しちゃったり、ミチルがコスプレを流行らしたり。
裸でエッチばかりしてるのに、様々な趣向を凝らされているので飽きずに読めて楽しめます。

他の短編も面白くて好きだけど、このお話をもっと読みたいといつも思ってしまいます。
『月と野蛮人』の続編も楽しみだし、これからもせらさんについていきたいと思います。

4

潔いエロ

「マザーズ スピリット」が気に入ったので、その関連で読んでみました。
あの作品と違い今作は最初から最後までほぼエロ…
本当に潔いほどのエロ一色でした。

そもそも裸族なので、攻め受け二人とも裸のシーンだらけ。
しかも、アナルセックス講座を開いたり、複数カップルが野外露出プレイでHを見せ合ったり、部族みんなで楽しんでます。
ここまで開けっ広げだと、読んでて気持ちも明るくなりますね。
著者もかなり楽しんで描いたんだろうなぁと想像できます。

2

清々しいまでのエロ漫画

みなさんのおっしゃる通り、清々しいまでのエロ。
まさにエロ漫画という感じ!

人気俳優のミチルが、ジャングルロケで行方不明に。
実は現地の原住民に捕らえられ、花嫁になっていた。
その原住民はなんと裸族。エッチに抵抗のない彼らにまざり、奔放な生活が始まるが・・・

みたいな内容です。

こういってはなんですが、突き抜け感が半端なくて面白い!
最初に見かけたときは、初見のさっかさんだったのもあり、表紙のわりと綺麗な感じの絵とタイトルにギャップがありましたが、買って正解でした。
裸族の花婿?のロディが、途中日本語を完璧に喋れるようになるのですが、賢いからすぐ覚えました!みたいなあっさり感も素敵。
話自体セックス多め。というか、ほぼセックスなのでエロもエロエロなんですが、全くいやらしくなく、
ん?スポーツだっけ?みたいな軽さもよいです。
なので、所謂【濡れ場】みたいなエロエロを期待して読むと、少しずれるかもしれませんが。

ごちゃごちゃいろんなことを考えず、気分転換にBLを楽しみたいときにオススメです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ