drap milk 2019年8月号

drap milk

drap milk 2019年8月号
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
33.3%
媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drap milk
発売日
価格
ISBN

あらすじ

drapmilkはオール描き下ろしマンガ★
はじけるエロス!テクニックが光る!むっつりドエロ攻めオールスターズ!

藤峰式「褒めると伸びます 7」
Sっ気のある金岡主任に「褒められる」だけで、勃起して「嬉オナ」をしてしまうエロいカラダになった藤田。褒めて伸ばすドS上司×褒められて勃起する藤田くん、恋人になってからもエロテクは衰えないっ…!

中川カネ子「Miracle John Last Act」
フェラしてくれりゃいいのに毎回ケツも舐め倒してくれやがって…! お陰で知らなくていいツボ心得ちまっただろうが!!──悠に後ろも前も攻められて、徐々にハマっていた環だったけど、こいつの正体って!?

さとう蜂子「むずかしい二人」
ワイルド弁護士×インテリ検察官! 法廷で面を合わせた日は必ずセックスする決まりの北田と南。お互いセフレのはずだったけれど、近頃はその行為がエスカレートしはじめて…? 裁判所でヒミツの逢瀬★

アカガネ「ヤキモチのからくり」
独り占めしたい、とか思ったことないの?──来るもの拒まずの遊び人・類は嫉妬なんてしたことがない。そんなある日、浮いた噂を何一つ聞かない光基が女子に告白されるのを目撃。実はモテるのだと知って…?

今月号は、etoa先生のおっきいアレをもっと舐めたい★夏色の表紙が目印★(etoa先生は表紙のみとなります)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

読み切り作品が良かった

今回初読み作家さん、さとう蜂子先生の読み切り作品に掴まれたんですが、
大人な関係とその先が、29Pに上手くまとまったエロ作品でした。
是非もっと読ませて頂きたい!
既刊作品はなく商業初作品だそうで、先が楽しみな作家さんに出会えて嬉しいですが、欲求不満です。

●さとう蜂子「むずかしい二人」
 ワイルド弁護士×インテリ検察官
 お仕事描写や画が好みですが、メガネ受けのツンぶりにハマりました。
 黒髪イケメン攻めの執着と強気で縋る姿が愛おしい…この長編を是非見たいです。

●藤峰式「褒めると伸びます 7」
 褒めて伸ばすドS上司金岡×褒められて勃起する藤田
 恋人になった幸せを噛み締める藤田がカワイイんですが、
 ある件で金岡の独占欲からSっ気強めのプレイに…。
 
 これがどエロで、泣かされる藤田が可愛くて、もっと見たかった…
 藤峰先生のS攻めがドストライクです。
 次回の展開が気になるっ!そろそろ終わりかな?

●中川カネ子「Miracle John Last Act」
 この作品、ただただスケベで好きだったんですが、もう終わってしまうんですね。
 とうとう正体がわかるんですが、二人の馴れ初めが意外で萌えました。 
 終わり方がけっこうサッパリだったので、もう少し見せて欲しい。
 コミックス化の描き下ろしを楽しみにしております。

2

表紙の「舐めテク」に煽られたらガッカリします。

drap milk は藤峰式先生の連載目当てで買っているので、各号のテーマはそれほど気にしていませんでした。むしろ、作家さまも気にして無い様な…。
今号ですと、巻頭の藤峰式先生と中川カネ子先生が共にアナル舐めを描いてらして、後の2作品については舐めテク無しです。もはや舐めてもいません。

◆「褒めると伸びます」藤峰式先生
部屋の合鍵も貰えてラブラブハッピーな藤田。金岡主任に褒められたいばっかりに仕事を頑張っていたら、まさかのその仕事ぶりを認められて、藤田に出世を前提にした地方への転勤話が⁈
金岡主任に溺れている藤田は即座に断るが、金岡主任は転勤の話を受けろと言う。ショックを受ける藤田は…?というところで次回へと続く。転勤の話を部長から先に聞いていた金岡主任が苦悩していて。「好きだ」「離したくない!」と激しく藤田を抱くのが萌え。この男は相当藤田に溺れてるんですよね。必死感良き。

◆「Miracle John」中川カネ子先生
クラブで環を舐め倒してきた男の正体は、中学生の頃からひたすら環をストーキングしていたと告白する悠だった。快感が忘れられない環は、自分から欲しがってしまい、めでたし! クラブで遊ぶ為に金髪にしていたという悠のサラサラ黒髪はなかなかの美人さんです。

◆「むずかしい二人」さとう蜂子先生
端正なスーツ姿のイケメン、検察官と弁護士。法廷で会うと熱を発散させる為にトイレで致していたが、二人は惹かれあっていた。恋人同士になりたいけど、相手が性欲処理以上の感情を持っていてくれるのか、危うい気持ちを抑えきれなくて、な展開。多分読み切り。

◆「ヤキモチのカラクリ」アカガネ先生
嫉妬なんていう感情は自分とは無縁だと思っていたのに…。モテモテの類は、友人の光基に初めて独占欲を覚える。もちろんそもそも光基は類を密かに想ってくれていたので、晴れてめでたし!というお話。こちらも多分読み切りです。

せっかくテーマありならば、表紙みたいに大っきいアレを舐めてみたり、乳首舐めてみたり。色々作家さまの性癖を見てみたいですね。

1

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ