さくらさくら

sakura sakura

さくらさくら
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1
平均
5 / 5
神率
100%
著者
榊原史保美(榊原姿保美) 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
アドレナライズ
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

彼は青い月光を含んだ冷たい夜の空気で胸を満たしたかった。けだるい足を運んで、彼がその開けはなった高窓の鉄枠に身をもたせかけた、その時だった。青い桜の下に、ふいに白い影が浮かび上がった。ぎくりと身を起こして凝らした目に淡く儚げな少年の姿が一瞬映り、瞬きする間もなく青い闇の中に溶け入って消えた。(本文より)
 精神科医である安達実彦は、赴任先である郊外の病院を訪れた。中庭の中央には、明らかに古木と知れる、なんともいえない妖しい息づかいを感じさせるような桜があった。やがてその桜にまつわる不吉な伝説を聞かされて……。本格耽美サスペンス。

レビュー投稿数1

再刊、電子版

最近になって、榊原史保美先生の絶版本6タイトルが電子で復刊
本屋サイトに出ていたので、読了。
「青月記」を読みたかったけれど、まだ再刊されていないので、
先に「さくらさくら」を読んでみました。

電子版は、本編のみの収録。
病みゆく夜、満開の桜が血に染まる……桜塚という地名に隠された謎
桜守の伝承と、鏡、自殺した人達
一章から5章。
あとがき無し。
・・・事件の謎を解くBL風推理小説だった。
美少年が登場します。エロくないです。結末耽美風です。

純粋に小説としての完成度が高いと評価されているだけあって、読みやすい
語彙選択のセンスが良い。

『月の振り子』も読む予定。

3

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う