愛のねじれ

ai no nejire

愛のねじれ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
ゴードン・メリック 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
白夜書房
レーベル
発売日
ISBN
9784893673091

あらすじ

自分の人生のちょっとした寄り道だと思っていたゲイの少年との性行為が、その実自分の存在の奥底に関わるものだと気づいていく主人公を描いた、邦訳第2弾。前作『愛の叫び』の好評につき単行本化。
翻訳:栗原知代

表題作愛のねじれ

ロッド,画家志望のアメリカ人
パトリス,画商で働くフランス人のゲイ

レビュー投稿数1

攻め、許せん

もう酷い悲しい悲しいお話でした。途中は結構面白かったんですけど、攻めが酷すぎて馬鹿すぎて、そんな奴なのに健気な受けは自分の一途な無償の愛を自分の全てを、命さえも馬鹿な攻めに捧げてしまうのです。幼い頃から男娼として育てられてきた受けのただ一つの純情が切なくて涙を誘うのですが、攻めを私が嫌いすぎて「え?何でこんな奴のために?」と思ってしまいいまいち乗り切れませんでした。

この作者の前作も攻めが酷かったけど最終的にはハッピーエンドだったのでこれもそうだと信じていたのに。さすがJUNEに連載されてただけの事はある。これじゃ最後まで受けのパトリスが報われなさすぎる。でも本人は好きな人を守る覚悟はできてたと思うので本望だったのかと思うと切ない。あの若さで。

これゲイの方の書いた小説なのでゲイに対しての周りの人々の表現とか容赦なさすぎて辛いです。でも実際人からこんな言われようを経験してるからこそ、なのでしょうね。

この話は受けが亡くなってからは完全に読む気失せて流し読みになっちゃったんですけど、パトリスが大変な目に遭ってる時も心配しながらも他の綺麗な男とセックスしてるし、パトリスの死後も結局その人と付き合おうとしてるし、攻めのロッドは私には理解不能のただの性欲魔人にしか見えません。全然パトリスにここまで想われる価値ないよー!というくらい顔と見た目以外に一つも取り柄のない人だと思いました。

0

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う