シモン、お願い、死なないで。いよいよ話は佳境に!!

英国妖異譚(18) 首狩りの庭

英国妖異譚(18) 首狩りの庭
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784062865210

あらすじ

『首に気をつけろ。失われし我が主の首が誘う』ユウリはロンドン塔のカラスにそう告げられる。さらに、予知夢を見るシモンの弟アンリからは、シモンが首を切り落とされる夢を見たと聞かされ、現実でも、学園の霊廟(モーソリアム)跡地では首なし死体が発見され、不安を募らせるユウリだった。シモンに迫る女の影、忍び寄る罠。霊廟跡地の謎。卒業まであと半年余り。どうするユウリ――!?
出版社より

表題作英国妖異譚(18) 首狩りの庭

評価・レビューする

レビュー投稿数1

豆の王って何だったっけなぁ

知ってたけど!
改めて読み返すと2人の信頼の強さとか
挨拶のキスが多過ぎるとか
ユウリが周りに愛されすぎとか
BLでないのにBL。
そこがまたイイ。

117
「だけど、ベルジュ。それを言ってしまえば、あなたにだって、フォーダムは関心がないことになりますよ?」
「もちろん、そうだよ。そんなのは今に始まったことじゃない。ーだけど、それがなんだというんだい?」
見返りを求めない愛。子か神とでも思っているのかも。でも、無神論者っぽい。

132
「まったく。うちの両親が君にプレゼントしたものを粗雑に扱って、頭にくるな。もし壊れていたら、弁償させるところだよ」
「ーシモン」
「ああ、でもあの人の買ったものを、君に持たせるのは癪だな」
「シモン」
「となると、やっぱり修理はこちらでするしかないー」
「シモン!」
壊れてないですし!

135
実際、シモンには、アシュレイがユウリにキスしているようにしか見えなかった。しかもかなり濃密に。今でも、その映像が頭から離れず、胸の内を焦がすような憤りが湧いてくる。武道の稽古や護身以外で、シモンが率先して人を殴りつけたのは、あれが初めてだ。
ユウリが結婚して子供が出来たら、シモンはビジネス結婚をして同級生にさせようとかしそう。

140
「それでも、だよ。たとえ命が危ないと言われようと、僕は君から手を引く気はない。それを、よく覚えておいてほしい」
シモンからの告白は済んでるな。


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ