富士見二丁目交響楽団シリーズ(6) マンハッタン・ソナタ(マガジン・マガジン盤 )【BLCD】

manhattan sonata

富士見二丁目交響楽団シリーズ(6) マンハッタン・ソナタ(マガジン・マガジン盤 )
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
媒体
CD
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
マガジン・マガジン〈CD〉
収録時間
68 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4571278170161

表題作 マンハッタン・ソナタ

桐ノ院圭 → 増谷康紀

守村悠季 → 置鮎龍太郎

その他キャラ
生島高嶺[矢尾一樹]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ハイテンションとその逆の対比

「音壷」と「生島」登場の回。

または、悠季大ひがみ大会の巻。

何かにつけ物事をマイナスから見てしまう悠季にもどかしさを感じる巻でありました。
自分を卑下するにも程があるんだよってね。
自分で卑下しているのに、認めてもらえていないとやっかみ、言葉尻を捕らえてはマイナスへマイナスへ・・・
天才生島に見初められたなんて思ってもいないし・・・
桐ノ院が意外とおこちゃまなこともわかっていないし・・・
というわけで、この巻はドツボにハマったまま終了。
次巻「リサイタル狂騒曲」で、第1部終了です。

今回の聴き所はなんといっても生島(CV.矢尾一樹)でしょう。
破天荒・傍若無人のクマ男、必要以上にポジティブな生島と死ぬほどネガティブな悠季の対照が面白い。
桐ノ院はちょっと影薄くなってます。

おまけCDでは矢尾さん中心の役者トーク。
よくしゃべるし楽しいし、サービス精神旺盛だし。皆さん見習いなさい。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ