• 紙書籍【PR】

あらすじ

難病にかかった恋人のため医師になった恭祐。残り僅かな時間の中で僕が君にできることは…「恭祐さん…元気なうちに言っておきます…忘れないでね」幸福のさなか不治の病に倒れた紗枝のため、医師になることを決意した恭祐。念願通り紗枝が入院する病院勤務となった恭祐だが、治療の手がかりすらつかめない。焦燥感に苛まれるうち、定かでない記憶のなかで、悪魔召還の儀式を行う自分の姿が…。

作品情報

作品名
ラストシーン 僕が君にできること
著者
マイカ  三田村半月 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
レーベル
リーフノベルズ
発売日
ISBN
9784434002380

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP