片恋。―片想いからはじめました― vol.1 同級生に片恋。【BLCD】

kata koi

片恋。―片想いからはじめました― vol.1 同級生に片恋。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
37
評価数
9
平均
4.1 / 5
神率
33.3%
媒体
CD
作品演出・監督
上月壱
原画・イラスト
やすだしのぐ
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
ヒューネックス株式会社
収録時間
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4580302150383

あらすじ

【片恋。とは】
恋のはじまりは片想いから。
何かのきっかけが無ければ交わる事が無かった彼ら。
不器用な2人が想いを募らせていく――
切なさ×イチャラブがテーマのオリジナルBLCDシリーズ!

(vol.1の内容)
高校2年生に進級した最初のテストで赤点をとってしまったクラスの不良、朝比奈雪。
同じクラスで学年一の優等生、殿森英太が追試までの2週間、放課後勉強を教えてくれる事に……。
放課後の勉強会が次第に2人の過去の出来事を思い出させ、彼らの関係が徐々に変化していく――

表題作 同級生に片恋。

殿森英太 → 羽多野渉

朝比奈雪 → 米内佑希

評価・レビューする

レビュー投稿数2

キャストの魅力が伝わるキャラと演技だったと思う

優等生×ヤンキー(?)というトラック名に「100万回読んだ話か…」と思っていたら、
存外にキャラが魅力的だった。
羽多野さんの役がとても好きです。大人だなあ…。
たまたま先日聴いたSTAR☆Rightに近い印象。

終始落ち着いた羽多野さんのリードで進むので、安心して聴ける。
米内さんも悪くない。

子猫ちゃんが手籠めにされちゃう~♡みたいな絡み。可愛いなあ。
しかし、フェ○でいかせたあとに両片想いを和解させるための話が長ェよ!!
想像するとマヌケだよ!
「もう話したくないんだけど」と攻めさんが続きを始めようとするけど、
まだ話が続く!さっさと始めてくれ!!

「自分で扱くのはナシな。何かしたかったら俺の触ってろ」は斬新。
「まじかよ…。お前のデカすぎ」「お前が小さいだけな気もするけど。ガキみたいな色と形だし」も斬新。

というかこの攻めは高校生なのに手練すぎる。
自分の上に座らせて、「俺の握って。想像してみろよ。俺のこれがお前の中に入ってるとこ」
いやいやいや?面白すぎるがな。

米内さん「早く入れろよ。もう中ぐちゃぐちゃにされるのつらいから、早く」
かわゆし♡
入れられるときの身悶える感じもイイ♡いく間近に上擦る声もイイ♡
上手ですね。

連続2回戦はお得感がある上、米内さんは更に乱れるので最オブ高。

フリト。
初対面でBL。

米内さんと同級生で16歳設定+過去シーンがあることを羽多野さんは懸念していたけど、
当時米内さん26歳、羽多野さん34歳。全然大丈夫でしたよ!

「おんぶにだっこで先輩に引っ張っていただいて」
ご本人的にも役的にもそうだったかな?
大健闘だったと思います。
今作の演技がよかったので今後の出演は増えそう。
せっかくなので、米内さんは作品に恵まれますように。

「やさしくされたら男女問わず好きになっちゃうのかな」
「米内くんはその営業スタイルでやっていくわけですね?」
おい羽多野さんww

事務所の先輩後輩なのかー。
美味しいです。

事前の役作りと実際の掛け合いでかなり変わったようで、
それを羽多野さんが「坂道の作り方」と表現しているのが興味深いです。
米内さんも一緒に登り、引っ張り上げてもらったのでしょうね。
米内さん「手取り足取り教えていただいたんで」←kwsk!!

総括。
なんだか各方面からとても楽しめました。
感動するとか内容があるとかではないですが、
好感度が高く共感できるキャラ設定、
無理のない流れ、夢の中の行為、実際の行為&2回戦、
事務所の先輩後輩初対決ならではのフリト。
キャストの魅力が伝わるキャラと演技だったと思う。

1

初々しくてかわいい

発売からかなり経ってのレビューとなりますが…。

内容はサラリとしたライトなもの。
途中少し攻めの殿森の言い分が理不尽というか、「それじゃ雪もわかんないよ!」と
言いたくなる場面もあったのですが、全体的に初々しくてかわいいお話でした。

米内さん演じる雪の声が程よく透き通った高めの声で可愛かったです。
ヤンキーっぽさは声からは特に感じないかな?(それがかえって役に合ってますが)
絡みシーンもわざとらしくなく、上手な方だなと思いました。
普通に話しているときより少し大人っぽい声になって、可愛い&色っぽかったです。

羽多野さんは他に聴いたことのある作品に比べて少し高め…というか若い声で新鮮でした。
回想シーンではもっと高い声も聴けるのですが、それが意外にも(という言い方は失礼ですが)
すごくナチュラルで可愛かったです。

米内さんとても良かったので、またBLCDにご出演してほしいな…
という願いを込めて書き込ませていただきました。
気になっていて未視聴の方には是非聴いてほしい作品です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ