籠の中の猫

kago no naka no neko

籠の中の猫
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
天海社
シリーズ
ROSE文庫(電子書籍・天海社)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

ホストクラブ『夢幻』で働く結城嘉人は、その日もいつものように仕事を終えた。吹き付ける風の冷たさに辟易しながら自宅へ向かう。今後のことも考えた方がいいが、今日のところは酒でも飲んで寝てしまおう。暢気に考えていた嘉人は、しかし、すぐに足を止めることになった。足下に、子どもが一人しゃがみ込んでいる。白い肌に、銀糸の髪。透明なガラス玉の瞳に見つめられ、嘉人は驚いて息を呑んだ。(……綺麗だ)思わず見とれた嘉人に、猫のような仕草で擦り寄ってきた。「ねえ、僕のこと拾ってよ」――突き放そうとしても、子どもは決して引いてはくれない。帰れと告げれば、ガラス玉の瞳から感情が全て消え去って、帰る場所がない、と告げる。

表題作籠の中の猫

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ