遠野落し文

遠野落し文
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ネットワーク出版
シリーズ
スイート蜜ラブBL文庫(電子書籍・ネットワーク出版)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

“契約”。それは、人間と妖怪の間に交わされる、“生死をともにする”という誓い。
一条綾文(あやふみ)はある目的のため、祖父である吉野が住む遠野村(とおのむら)に赴いた。ところが、案内役にして吉野の弟子である弥凪(やなぎ)に「吉野は半年前に死んだ」と教えられる。
ショックのまま足を踏み入れた遠野村一条邸にて、銀狐を拾った綾文。うっかりススキと命名してしまったが、なんとススキは三千年生きた妖狐であり、一条邸の守り神(屋敷神)でもあった!
妖怪に名づけることは契約をするということ。ただし血を与えなければ不成立と知り、安心したのも束の間。ススキだけでなく、妖怪の血を半分引く弥凪にまで契約を迫られる。
一方で、烏天狗(ワサビ)が「首領を助けてくれ」と駆けこんできて……!?
「妖怪が実在するとか聞いてない!」などと叫んだところで時すでに遅し。綾文少年と妖怪たちの幻想譚、開幕。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

遠野落し文 雪降る妖怪村譚 132ページ
遠野落し文弐 桜の吹雪に君を想う 123ページ
遠野落し文参 世話係の兄弟事情 142ページ

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ