保護者の憂鬱「海上の絶対君主―顔のない医師ー」番外編

hogosha no yuuutsu

保護者の憂鬱「海上の絶対君主―顔のない医師ー」番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

290

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
海上の絶対君主―顔のない医師―(但フェア開催店購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念
フェア店限定初回特典書き下ろしペーパー
船医アズハルがラディスラスの関係について思い悩むお話です

評価・レビューする

レビュー投稿数1

アズハルの心配事は増すばかりです

本品は『海上の絶対君主ー顔のない医師ー』の
フェア書店限定特典ペーパーです。

船医アズハル視点で
憂鬱な彼の心の内が語られています。

死に至る病と言われた王子ミシュアですが
名医ノエルの手術が成功し
ミシュアに生への道が開かれます。

ラシェルをはじめ
多くの者が一喜一憂している状況ですが
予断は許されず
船位アズハルは気が抜けません。

それに加えて彼は
珠生トラディスラスの事でも
頭を痛めていたのです。

最近慌ただしくて
珠生不足だったラディスラスが
船への帰還に強引に同行した珠生に
手を出さない訳がない

思いあう者同士とはいえ
幼さの漂う珠生に対してどうしても
保護欲が出てしまうアズハルでしたが…

A6サイズ片面(書店により版違い)ペーパーは
悩みの絶えないアズハルのお話です。

前巻のフェア店特典ペーパーでも
アズバルが珠生とラティスラスに挟まれて
気苦労が絶えない様子でしたが

2人が両想いになったらなったで
新たな心配事項が増えてしまい
まだまだ気が休まる暇はない模様です(笑)

食堂で一息ついたアズハルは
ミシュアの元に戻るため部屋を出た際に

思わずラディスラスの暴走が心配と
つぶやいてしまうのですが
それを珠生の父瑛生に聞かれてしまい
慌ててしまいます。

しかし、対する瑛生は
アズハルの心配を正しく受け止め
それでもラディスラスを信頼していると言い

珠生の本物の保護者にはかなわないな
と苦笑してしまうオチまで

気遣いなアズハルが
ちょっと気の毒なお話でした。

いろいろと悶々してアワアワな時に
ラディと珠生は船の中で
イチャイチャだったのですよね♪

なるようにしかならないから
アズハルが悩んでも仕方ない気がするけど
こういう人がいないと
ラディの暴走も止まらないだろうし

やっぱりアズハルの悩みは
どこまで行っても減らないのかな (^-^;

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ