王様の犬と静かの塔

ousama no inu to shizuka no tou

王様の犬と静かの塔
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
3
得点
30
評価数
16
平均
2.4 / 5
神率
12.5%
著者
朝葉紫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
コウキ。 
媒体
小説
出版社
一迅社
レーベル
ロワ・ブラン
発売日
ISBN
9784758090308

あらすじ

放課後、生徒会の仕事でひとり居残っていたトールは、見知らぬ世界に迷い込み、コウ国の王コウライギに拾われた。
優れた統治者のもとに現れ、国を豊かにさせる者――言い伝えにある"瑞祥(ずいしょう)"だと信じられたトールは、
コウ国の王宮に連れていかれるのだが……。
人間を毛嫌いしているコウライギは、トールに金の首輪をつけて言葉も教えず、自分に絶対服従するよう躾けはじめて!?

表題作王様の犬と静かの塔

コウライギ・王様
佐々木徹・高校3年生

レビュー投稿数3

中華トリップの定型を踏みつつ、キャラに魅力感じる作品

王様×トリップしてきた高校生。
トリップしてきた受は、丁重に扱われる瑞祥のはずが、攻は言葉を教えることを禁止して…という話。
丁寧に二人の関係を進めていて、面白かったです。
受の徹が犬扱いを受け入れつつ、攻を慮る姿に可愛い!とキュンキュンさせられました。

ところで、本作に盗作疑惑がかかってることは後から知ったので、ちょっと驚きました。
一応そのもととなるお話は、一昔前のweb小説界で有名な大長編作品だったので既読でしたが、本作を読んでいて既視感もなにも湧かなかったです。
つまりまったく盗作とは思えませんでした。

というのも、異世界トリップ・中華風・王様・幼なじみな側近・高校生…とある程度定番の設定があり、そこがどう捻られてるかを楽しむものだと思うので。
西洋風で王子様・お姫様がでて、いじわるな母が主人公に辛く当たるから、白雪姫はシンデレラの盗作!って言ってるような感じですね。
BLだと、六青みつみさんの黒曜~とかも巻き込まれトリップ・ひどい目に合う受・受は実は…とwebでの流行りの定型を踏みつつもオリジナリティにとんでます。
本作も、中華風トリップもののスタンダードを踏襲しつつも、二人の関係性の変化を楽しみながら読める良作だと思います。

本作を読んだあと面白かった~と他の方のレビューを見に来たら、Amazonもちるちるも、同じ人の酷評で残念に思いました。
以前はweb感想欄にも似たような酷評が合ったみたいですし、粘着されてるのでしょうか。
そもそも発行前にそのあたりは出版社も大丈夫か、真偽を確認してから出すでしょうし。
Web公開されてるものや電子書籍サイトの試し読みでも読めるので、通常の書籍と同じように一度目を通してみてから判断してほしいなと思います。

16

うーん

盗作だなんだと言われてますが。
作品を読んでコメントしてるんですか?
読まずに書いてそうですね…
むかしあった作品と似ているとか、
かなりしつこく言われてて引きます。
ちょっと設定が似ているくらいで
なんでもパクリ扱いって…
しょうがない人ですねえ。

元になった作品があるのかと思って
ネットで探しても見つからないですし、
たぶん捏造の炎上狙いですね。
ヲチとか暇なんですかね。
読めばわかりますけど、面白いです。
めちゃくちゃおすすめ。

2

盗用多数、問題作

ロワブランというレーベルはロワノベルから名前の変わったレーベルですがナンバリングもつけずに続きもの(web連載で未完結のもの含む)を発売し、続刊は一切発売しないというレーベルなのでご購入の際はお気をつけください
今作もナンバリングはありませんが完結作品ではありません

そしてこの作品ですがムーンライトノベルで掲載されている作品なのですが非常に有名な作品からのパクリパッチワーク作品です
ムーンライトノベルの感想欄で指摘されたもの都合が悪かったのかそれらは全て削除されております
魚拓として残ってはいるのですが盗用された方にご迷惑がかかるといけないのでこちらにはのせません

非常に悪質な作者様の作品ですし、それを出版してしまった出版社にも大きな責任があると思います
どうしても読みたいと思われたのであればムーンライトノベルに行けば読めます
なのでどうかこのように倫理的に問題のある作品を購入されないようにお気をつけください

15

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う