チル76さんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2023

女性チル76さん

レビュー数626

ポイント数5380

今年度3位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

アサリと俺 コミック

藤咲もえ 

鍛えるのは胃腸よりも腹筋でしたwww

分かってはいました、分かってはいたんです…おかしな設定だって。。。w
だって。。。BLでアサリですよ?おかしいに決まってる‼(その発想に拍手!)

少し前の私ならあまりのトンデモ具合に「まだ早い…」と距離を保ちながらずっと気になるアイツ状態だったのですが、最近は自らの雑食に磨きをかけ胃腸を強化している事もあり「イッテみるか⁉」と腹を括り、登場頻度の高い広告に根負けした感は否めないながらも読んでみました

。。。
ーーー…
ですよね、、、藤咲先生ですもんねwww
ギャグの応酬がエグイ!
ギャグの中に知性を入れ込む所もエグイエンタメ性でクスクスしちゃう
今回も貝の生態ややたらとオマージュされるルネサンス期の名画達にアンテナを刺激されてしまう事に抗えない(楽しいけどまんまと笑いの術中にハマるのが何か悔しいw)

設定への雑食をいくら胃腸を鍛えて挑んだ所で笑ってしまって結局お腹は痛くなっちゃう訳ですよね(笑)
先生の御本を読む時には鍛えるべきは胃腸より腹筋って事でしたね( ´3`)~♪


お話しとしては2組の貝と人間が番うお話しです
貝に番う必要ある?とか、貝に性器ないけど?とかはスーパーご都合主義で乗り切ります←そういう気分で読めない時は読んでも楽しめないのでおススメ出来ない……カナ?
でも、それぞれのカップリングのキャラ属性とかはBLらしさを感じさせてくれるので、世界観に合わせられるチャンネルをお持ちの場合には4人のキャラを楽しむ事も十分出来るかな?とは思います

メインはアサリ攻め×人間受け
こちらは所謂大型ワンコ系の甘えた攻め×絆されチョロイン受け
サブカプは研究者(人間)攻め×ミル貝(稚貝時含む)受け
研究者という一見インテリ風だが実は頭イイ人って変態さん多いからね♡っていうじわじわ攻めてくる執着さんタイプでしかも「僕」呼びな五十嵐さん攻め
で、受けは褐色マイヤン気味なギャル男くんかな?ちびっこ時と成人化した時の両方を楽しめる大変可愛らしい素直になれないゾ感のあるのミル貝受け

お分かりだろうか…?
だいぶサブカプに私は興味を持っている様ですね
多分、アサリだと終始触手攻めだからかも知れない。。。
五十嵐さん×ミル貝だと見慣れたBLっぽさがあるからかなぁ?見易いのかも⁈
メインCPも楽しいしアサリの甘えたさんな感じも好きですけどね♪

まぁ先生と担当さんが「触手モノを描きたい」という所から始まったお話しだそうなので、先生が描きたいものを描いたんだなっていうのが伝わるのでその辺も含めて楽しみました

ただ、、、絵がなぁーーー。。。
見慣れないからかも知れないけれど、やっぱ全体のフォルムも掴み切れなかったりで何がどうなってるか?が修正も相まって余計分からない。。。
元が分からないと脳内補完が追い付かないのが残念な所だったかなぁ。。。
エロが多い分ここの「???」がややスッキリしなかったな、とは思いました
エロより笑いに期待値を持って読むといいのかな?と思います
この部分と後は折角なら貝の砂吐きとか身近な貝ネタもあったら良かったなぁ~なんて思ったりした所を評価には反映しております

笑いに関しては特に好みも分かれるところかな?とは思うので強くおススメはしにくいですが、、、潜んだ笑いのネタを探したり思わず笑っちゃう系の笑いがお好きな方よりも一発ギャグとか定番ネタを楽しめる人には安心しておススメ出来るかな?と思います
単独ライブよりもテレビネタって感じですかね???

私自身は長年気になっていた作品だったので読んでみて良かったです(•ө•)♡
一応続刊も一緒に買ったので楽しみにまた読んでみようかな?と思いますが続けて読む感じではないかも?先ずは腹筋の筋肉痛が治まってから読もうかな?と思います٩(๑´3`๑)۶ 


修正|白抜き(シーモア)※触手への修正は無いです 

春日家 VS 冬森家 DNAの闘いの行方は…?!(春日家頑張れ!信じてる‼)

続刊に向けて履修です♪

めちゃくちゃじっくりLOVEが読めるお話しです
ことごとく親戚一同長続きしない結婚と離婚を繰り返す冬森家の呪いにより感情死亡系の心くん
受けの心くんのココロのガードが堅い……ガードが堅いというか恋や愛への諦観観念が高いからこそ大事な相手とは「終わり」がある約束をしたくない…だから「恋愛に関する感情を封印してる」というのがこの恋を「じっくり」にさせざるを得ない最大の難関ポイントで最高におもしろい所です

一方そんな心くんを傍でずっと見守って来た燈(ともる)先輩
困った事に心のガードは固いのに体の快楽へのガードはゆるゆるな心くんのオナサポを献身的にし続けるイケメンさん
燈先輩の夢は愛する人と一緒に年を取って愛を噛みしめて死ぬ事が夢
なんてロマンティックなのかしら~

心くんの知ってる「終わり」はきっとイコール「お別れ」
でも燈先輩の想う「終わり」は添い遂げ切ること、イコール「最期」
この大きな認識違いをじっくり気付かせていく1巻
凝り固まった心くんのココロを済生させていく為にしっかり時間をかけているので読み応えがあって楽しめます

途中、あまりの心くんのズレっぷりに燈先輩が哀れに思えてくる所もあったけれど、そんな所も含めて心くんの事が大好きな燈先輩を見ていたら応援するしかないな٩(๑´3`๑)۶とドンドン2人に釘付けです♡

怒涛の後半は見ものですね
「春日家のDNA なめられたら困る」
このセリフには”はわわわわぁーーー♡”ってなるしかない位萌えました(๑>◡<๑)♡
いやぁ。。。参った参った♡
すんごい所で2巻に続いちゃうんだからね、コレ!
早く2巻が読みたいなぁーーー♪


えっちも未挿入なのに十分えろいのもご馳走様です(〃∇〃)なのも好きです
チャラそうに見えるイケメンの燈先輩が武士のような忍耐力で耐え抜く姿にもまた萌える…!!
2巻ではたくさん2人が愛を交わし合える日が来たらいいなぁ~♡とこちらも楽しみにしておりますლ(´ڡ`ლ)

修正|白抜き(シーモア)

巻を進む毎に沼る気配がスゴイします Σ(゚Д゚)!!!

続きものなので前作は読まれてからの2巻をおススメします
でも、、、この作品、2巻を読んだ感想として大分拗らせ系のドロドロ方向に今後もドンドン走っていきそうな匂いがプンプンしておりますので地雷多めの方はどうぞ注意されたし!という事はお伝えした上でおススメすべき作品かな、と思っています


前巻拝読した時にまさかのTo be continued…終わりに驚き、、、レビューそのままにしちゃった作品です。。。
ほんと…最初から続くのが判明してるならナンバリングして欲しい…(ー_ー)=3
と、、、若干印象は良くなかった所もあったのですが、内容自体は結構抉ってくるトラウマ系のお話しなので中途半端で読み終われない。。。しかも1巻で何度か匂わせがあった受け側の事情が分からぬまま…このままスルーは出来ないぞ!…という気持ちが強く続刊もお迎えさせていただきました

近藤先生の既刊作は数冊拝読していますが一見軽めな感じで進む展開にも実は人の抱える悩みや今回で言えばトラウマなど、内面を引きずり出すような角度のある作品を描かれる印象があります
読み始める前の期待値とは違う感想を下さる作品だった事が多くて読み応えのあるお話しを描いて下さるので好きな作家さまです (ღˇ◡ˇ*)♡

今作もドシリアスさを全面に出している訳ではないけれど決して「サクッと系」ではないお話しかなと思います
そして2巻を読み終えて思う訳ですよ。。。
これ、めちゃくちゃドロドロな恋愛ストーリーだ!と…Σ(゚Д゚)

先ず先に…この作品自体まだ続きます!!
そして、レビュー冒頭にも書きましたが恐らくすごい地雷がたくさん埋め込まれたお話しになってるので地雷多い方は気を付けた方が良さそうかもです
2巻ではハッキリと明言されてませんがDV男出て来ます
しかも既婚者の浮気も込み込みワンセットです(ヒィ----。゚(゚´Д`゚)゚。)
なので一棒一穴主義の方にもきっとNGです
そして次巻予告で兄弟系もありそうに見えるコマが差し込まれてました
こちらは1コマだけなので判断難しいですがちょっとショタ味もある時期の感じにも見えます。。。

1巻では攻めのトラウマからの体質改善が始まる流れ
2巻は受けの匂わせられた体質と共に抱えているものが明かされていきます

1巻から2巻にかけて攻めは受けにある意味救われ、そして苦しみも同時に与えられる
2巻は攻めの物語も受けの物語も大分読者には伝わってきてその交わらない矢印に胸が詰まる想いをさせてもらいます

「ダメって分かっていても止められない」
要はこのマインドが「恋愛体質」って事なのかな。。。

そして「恋愛体質」はそもそも哀しい事?ダメな事なのか?というのを様々な視点から掘り下げてそれぞれの着地点を探っていくようなお話しだと思います

創作でもリアルでも例え同じようなシチュでも相手や組み合わせが変わればその解釈も変わる、答えがあってないようなものだからこ「人間らしさ」を感じて惹き込まれちゃうんだなぁ~って思わせてくれるお話しです

キレイごとばかりじゃない、ずるい人間や自分勝手な人間のマインドもちゃんと描いてくれていて私はとても好みなお話しです
でも、読む人によっては理解出来ないって思ったり、許せない、って思うかも知れないなぁ。。。とは思います
しかもまだ着地していないので無暗にはおススメ出来ませんが私的にはだいぶ次巻が待ち遠しい作品になりました♡
1巻読了時にココ迄ハマるとは思っていなかったので、やっぱり近藤先生だな!!と改めて読んで良かったな(ღ˘͈︶˘͈ღ)と思っています

あと、2巻は格段にエロ度がアップしまくってます/////
受けの淫乱さがスゴイ漏れまくりです…攻めがだんだん肝が据わって?慣れてきてあわあわしなくなったのがつまらない…みたいな発言を描き下ろしで受けが言うのですが、こっちは終始あわあわしっ放しな感じのエロさでしたょ。。。
ドストレートなエロじゃないお話しの中に潜んでるエロってやっぱりエロ度が増して感じちゃうのかも。。。いやいや、、、エロかった…
絶対嫌なヤツな矢倉さんもね、、、ダメンズ(しかも許されない感じのガチのダメンズだと思われる)ならではの支配者のようなエロスを纏っていたりして…
はぁ。。。続き、気になるな!!!

という事で、、、
今読むかどうかなども併せて吟味して欲しい、そしてその上で選んだならきっと読み応えのある作品に感じるのではないかな?と思う作品です

修正|白抜き…(シーモア)お尻の修正は緩めな気がするぅ~

祭りだ祭りだ!大和さん祭りだワッショイ!!

大っ好き過ぎるシリーズの番外編♡
今回は紙でお迎えが出来ましたーーー!やったぁ٩(♡ε♡ )۶

今回はナイトミルクシリーズの「ナイトミルクヘブン」組なので大和さんと川瀬くんのお話し
シリーズで大好きですが年上溺愛攻めが好きなのでキャラで言うと大和さん推しなのでめっちゃ嬉しい~

し・か・も・・・♡
今回はもぉご褒美MAX!!お話しのお題的には「ハロウィンでお仕置き」なのですが寧ろコチラにはご褒美でしかない大盤振る舞いな大和さん祭りだ!ワッショイです

やだ、もぉ。。。
1ページ丸々使って嫉妬全開で警官コスプレの身下し目線の大和さん
「お仕置きだよ 川瀬」
とかゾクッとしちゃう~~~~
カッコ良過ぎるよぉぉぉぉお(;゚∀゚)=3ハァハァ
しかもですね、このページに至るまでに実は一切大和さんのお顔が出て来ないのですよ
タバコを消す指先に込められた仕草や口元、着替えの時のシャツのボタンを外すナドの部分コマの描写だけで大和さんの嫉妬や苛立ちをバッチリ表現し続けて煽ってくれるんです…!
煽って煽って煽って煽ってか~ら~の。。。
バーーーンと(゚∀゚)キタコレ!!な大和さんのご登場!!!
マジで描写が上手過ぎる!秋吉しま大先生!

キャラの良さ、魅せ方というかファンが見たいって思ってる魅せ方がウマいんすよねぇ~
映像で言うカット割りの巧さ、みたいな煽り構成がお見事です
是非たくさん煽られて欲しい~
大和さんの魅惑の口元のホクロとかさ、マジでエロい!
それだけでもエロス!!

そんな大和さんにお仕置きという名の焦らしをされる川瀬くん…♡
最後の煽りはねだる川瀬くんに向かって大和さんったら意地悪な笑顔と共に右手は股間に、左手にはしっぽプラグを持ち「どっちで?」だって……!!
しかも本誌2回目登場のまたまた見下し目線です//////
そりゃ右手一択でお願いします!!!!!!!笑

たまらないーーーー(>ω<)

そして最後は超絶あまあまで〆

このページ数でこれだけ大和さんの良さに酔いしれさせてくれる(奥付込みで24P)
完璧な同人誌♡
満足しかなかった。。。!

大和さん好きには是非とも見て頂きたい、おススメですლ(´ڡ`ლ)
はぁ~楽しかった♡

修正|白短冊のみ~(紙本)

執着過保護←すごい好きかも~(๑>◡<๑)♡

いや、かも?じゃないな、、、確実に「好き」です♡

まさかの巡くんの成長っぷりにドキっとしてしまった~
前作でも、さすが大きな組の息子らしい肝の据わり方を魅せてくれた巡くん
更に成長しており裏と表の顔を持つ事でミステリアスさも増しちゃって男としての魅力が漏れてます

攻めのポテンシャルがバリ高で、好みなPOINTが多過ぎちゃって困っちゃいます…正に困惑!…惑わされて困っちゃう~~~←幸せ♡
ギャップ萌え、しまくれます(〃ω〃)
中でも段々と見せていく執着&過保護という、育ちの良いヤクザが余裕を失くしながら魅せていく一面にはクラっとドキっとしちゃいます(>ω<)
……育ちの良いヤクザ←ちょっとおかしな日本語っぽいですが、ヘタな三下とかチンピラでは出せない選ばれし者が醸す余裕とオーラはやっぱり大きな看板を掲げた組のご子息だからこそ、って事を言いたいのですが…伝わりますか?

巡くんの隠されていた本能を引きずり出してくれる倫こと倫太郎くんがこれまたSo Cuteなのです♡
こちらはこちらでまたお育ちの良さが顕著な箱入り優等生タイプ
倫は巡くんとの化学反応により素直な弟気質を発揮しながらも従順さで巡くんを翻弄していきます
で、倫は巡くんにより欲望を掻き立てられていく…♡
この欲望というのがエロなだけじゃなくて彼自身のアイデンティティへの自覚みたいな成長に繋がってるのがとても良きなのですよ!!
(勿論⁈エロもすんごい素直に成長してくれるのもKAWAII~&スバラシイ~)

2人共背負っている「稼業」「家」があるという共通項がお互いの距離を近付けていけるフックになってる感じが2人が惹かれ合うSomethingになってるのがキャラと恋路の個性を強めてくれます

お互いにしか見せない顔と時間が2人の「秘密」になっていくのもとても好きな空気感♡

アッと言う間に読み終わってしまう位に面白かったしエロさも良かったです!
とても満足満足なスピオフで亮平と真も程好く見せてくれて嬉しい♪
MAX評価を付けたい所ですが倫のお家の方がちょっと中途半端気味なので、2人がそれぞれ更に成長していく「その後」も期待したい……!という欲望余白として、今回は萌えのMAXの萌え×2という評価にさせていただきます
続き、、、是非ともっす⸜⸜٩( 'ω' )و //

修正|今回もanl修正が高修正どした♡tnは白抜きどすえ~(DMM)

とっても良い塩梅の商業作品♡読み返しでも色褪せぬ楽しさとエロさ♡

新刊拝読前に一応もう1回読み直しを…と思い1,2巻続けて読みました
以前読んだ時よりも既にお互いの気持ちやお話しの方向性を理解してる分、素直にニンマリ気味で楽しめる度がアップしてました⤴⤴⤴
とても楽しい読み返しでした٩(๑´3`๑)۶ 

設定とか流れとかは決して現実的ではないです
連帯保証人→カラダで稼ぐ→ヤクザのイロ→自分がヤクザになる???!!!
っていうテッパンからの怒涛の流れとか、その中で起こる事件というかハプニングとかも含めてとってもエンタメ感のあるお話しです
でも、エンタメ感の枠組みだからこそ、その商業感を損なわない程よい進行の匙加減が興が乘るのか冷めるのかを分けるかな?って思っているのですが、この作品はすっごくバランスが良くてとてもお気に入りな作品なんです♡

亮平と真のキャラもエンタメ性と人間味のバランスがとっても良いので、作品と程好い距離感を保ったまま商業作品としての読み応えを惜しみなく与えてもらいながらグングン読んで行けるのが大変楽しいのです

先生の描かれるこの2人の色気と可愛らしさもいい塩梅なのですよね~
そしてそれぞれの良さを引き出してくれるイラストも好きです♡

お話しも楽しいしエロのバリエも豊富ლ(´ڡ`ლ)
ヤクザ設定の亮平に彫り物が無くて少し残念だなぁ…って思ってたら思わぬキャラの背中で発見出来ちゃったりするのも楽しかったです

これは、、、スピオフ期待しちゃいますね♡
今から読むのが楽しみですヾ(〃∀〃)ノ ワクワクウキウキウフフです♪

自分用の備忘録としてかなり商業ではなかなか見ないエロ描写があったので残しておきたいと思います///
なんと……!2巻の小冊子のクライマックスで真のcream pie描写がかなりクリアに拝めちゃいますヮ(゚д゚)ォ!
もぉ…クッソえろいです!!!!!

修正|という事で…全体を通してanlへの修正が非常にゆるゆるさんでゴザイマス♪1,2巻共に結構しっかりめの描写!だがtnkは白抜きぃ~(DMM)

調教相愛 コミック

藤峰式 

シリーズの安定感バツグン!

サイト限定で先行配信してた…!
気付いてなかった~…!
このシリーズも早いものでもう4冊目
尚既に5作めの「調教愛執」の掲載が決定しているそうですよ♪ヤッター

4巻の終わり方は5巻へのキレイにさりげなくパスがある感じです
次が気になって見悶える~というより、次が楽しみ~♪とワクワクするような感じなので4巻、是非安心して読んで下さい ٩(♡ε♡ )۶

4巻は雅喜さんのマスター姿を多めに味わえます
現役時代の雅喜さんもやはりいいです♡
黒マスク、ほんとお似合い過ぎる~(〃∇〃)

お話しとしては基本は日常+えっちですが、ちゃんと楽しいエピもありつつ飽きの来ない展開で進んでくれます
お話しも濡れ場もさすがのバツグンの安定感です!

そんな中で2人の成長や、過去をちょっと振り返るエモさなんかもあるので、安定だからと言って既視感って事はないのです
ちゃんと「この2人の物語」を味わえるのがイイです(ღ˘͈︶˘͈ღ)

5巻は同僚の竹沢くん絡みが増えるのかなぁ~???
楽しみに待っています♪

修正|基本は白抜き たまにトーン+白短冊←全部コッチにしてくれたらいいのに~(シーモア)

安心するよぉ~ ((*♡ω♡*))嬉しいよぉ~ヾ(〃∀〃)ノ楽しいよぉ~♡

試し読みをしてみて「あ、好きな感じかも!」と思った期待を裏切られず「そう!こういうの読みたかったーーー♪」という作品との出会いはやっぱり新しい御本を迎えた時の楽しさだなぁ♡と嬉しくなりますし試し読みに感謝です

試し読みで「こんな感じ」と感じ取った自分の好みを目の前で楽しめて、その上「あ~…そういう展開、来ちゃうんですね(๑>◡<๑)⁈」とプロのお仕事を浴びれる幸せ♡
めっちゃ安心します!!


攻め視点で進むお話しです
遊び慣れた年上だからこその「恋」への渇望と臆病さがめっちゃ上手に表現されていてきゅんきゅん出来ます♡
清廉潔白じゃないけどドクズじゃない、年上攻めに求める余裕と初心さがこの攻めの京介さんには備わっており、えらく好みです٩(♡ε♡ )۶
この実は内面がめちゃくちゃ人間臭いのに隠すのが上手な狡い大人感が京介さんのビジュアルにベストマッチ過ぎてヤバイ…!
その上真面目キャラじゃない年上攻めの一人称が「僕」、マジで私のピンポイント萌えポイント♪
あ~…最高だ~///▽///

そしてそんな京介さんの相手がまた良きっ!!
この子の絆され具合がパーフェクツ☆☆☆☆☆
アッと言う間の陥落だとどうしても流され感が強く出ちゃうんだけど、ちゃんと立ち止まって自分なりに確認して、そして覚悟して行く感じがかわいいっ♡
ちゃんと年下くんらしいちょっと生意気な感じとか警戒感とかもありながら、年上に籠絡されて教え込まれてる感じが絶妙バランスで超好み///ω///
そしてえちのポテンシャルが高い顔の良い童貞くんだなんて…!最高じゃねぇか…ლ(´ڡ`ლ)!!!

えっちもやっぱり手練れ感ある攻めだと安心して楽しめる!!
これがあるから年上攻めが好きなんだよなぁ~と再確認♪
ドエロ過ぎない、でもちゃんとエロい雰囲気が自然と出るからリードが上手い攻めって大好きです
とても良かったぁ~

会話も多いしモノローグも適切な量なのでキャラの性格がすごく言葉に表れていて2人を身近に感じながら集中して読み進められるのも好きです
甘い素敵なセリフもちょっとSっ気感じてきゅんってするセリフもあったりして、画もセリフも構成もド好みでした ٩(๑´3`๑)۶ 
中でもすんごい好きなセリフでムネアツやん♡と心臓がぎゅんってなったのが。。。「細胞単位で拒否ってる」←もぉ、このセリフを京介さんが言ってるってのが最高に萌えます‼
めっちゃイイセリフーーーー(>ω<)~♡


遊び人攻めだと地雷かも?ポイントもあるので一応書いておきます
現時点での受け以外との絡み表現はないですが、京介さんはバイ設定なので過去に女性絡みもあったりしますのでバイがもし苦手な方の場合はお気を付けて下さいな


とっても安心して楽しめた1冊!
ずっと気になっていた先生だったので読めて良かったです
実は前作もどうしようかなぁ。。。って悩んでカートに入れては保留して、を繰り返したままだったのでやっぱり読んでみよう!と思えました(๑>◡<๑)


修正|ちょっと輪郭毛羽立ってる白抜き…(シーモア)

「…え?ん?」って何回思ったかな…(´・ω・`) 評価は続刊あるなら☆2.5、この巻で完結なら……

ん?んんんーーー???
コレは続くのですよね…………???

試し読みでのコミカルな感じに惹かれて&きっと雄っぱい祭り♡と期待して購入したワタシ、今、大混乱中です (。゚ω゚) ん。。。?!


お話しはですね、クールなイメージで注目株の新人俳優のしのぶくんは実は理想の雄っぱいが忘れられないちょっと残念な感じのイケメンさん
そんなしのぶくんの元に配達に来たお兄さんがかつてしのぶくんの心を奪ったスーツアクターさんの理想の胸筋に瓜二つで…!もぉ脳内大興奮っ…!!
という出会いから徐々に距離を近づけていくって感じです

しのぶくんの所属事務所との売り出し方への見解の違いなんかの問題もありながらも、順調に友達として仲を深めていくしのぶくんと奥田さん(配送業者さん)

やり取り自体はコミカルでテンポも良きです
攻めも受けもキャラ的にはすごくかわいいし好感持てる子達です(´ ˘ `*)
見た目と中身のギャップがある感じなのも読者としては可愛く思える感じですし、絵もかわいくて読み易いです♪

ただ、、、BLへの展開的には性急感は否めない。。。
え?イキナリ???
って思ったのは私だけじゃなくて奥田さんも絆されているように見えたけど実際はしのぶくんの想いを100%は理解していなかった様子
なのになぜか流されてる。。。

…なんで???
ナンデダ???

読み込みが浅いのかな?と思って流れを把握した状態で読み返してみたのですが……
全部で5話+番外編構成なのですが、BL的な認識が生まれるのが大分後半
しかもなんで???急に???
って流れにどうしても感じてしまいます
それまで前提として「友達」でしのぶくんはあくまでも奥田さんの筋肉(雄っぱい)メイン、奥田さんは俳優として頑張ってるしのぶくんを応援したい、位な感じの距離感だったのに。。。
なんで勃ったん???っていう急な描写に違和感が拭えない

大分後半でこの流れに急にハンドルを切ってきたからコレはエロに流れ込むのかな???って読み方の角度を変えて残りのページを進んだら、、、

え・・・?
おわり?
はい。。。?
NOエロ、、、?
NOエロどころか奥田さんの筋肉、全っ然拝んでないんだけれど???
という感じで5話、本編が終わります

一瞬腹チラあった位だし腕の筋肉ありますよ?みたいな描写もあったけど別に筋肉感は感じないし。。。そもそも洋服脱いでないーーーー。。。
”服、脱げやぁーーーっ”と、マナーの悪いストリップのおじぃ客みたいな事を心で叫んでましたよね、私www(¯―¯٥)

エロはないしお話しは良く分かんない終わり方だし。。。
続くのかどうか?も良く分からない。。。

そして番外編に進むと、、、実質6話だと思うような本編の続きが描かれてます
え?これ、番外???
で、急に何かエロな雰囲気になります(は?ん?なんで???)
満を持して奥田さんの上半身が露わになりますが。。。
お、おぉ。。。そっか。。。っていうのがめちゃくちゃ正直な感想。。。

その上この番外編のエロもまたしても「え・・・?」っていう感じで終わりますwww

もお、私この作品読みながら何回「え?」って思ったか分からない位に「え?」の嵐でした。。。

普通に考えたらこれ、続かないとおかしいと思うので評価としては続きがある、という仮定としての評価です
順当に考えて奥田さんの過去がしのぶくんにも明かされて、、、みたいな流れがないと絶対におかしいと思うし。。。と、いう事を踏まえてもやっぱりこの流れが良く理解出来ないなっていうのが感想です。。。
1話の掴みはすごいコミカルで良かったのになぁ。。。
続きへの期待を”込めに込めて”も。。。萌えがギリです
☆評価としては2.5なのでこの期待値をプラスで☆3でつけておきます

もし、万が一続きがないって事であればそれはないわぁ。。。としか思えないから「しゅみじゃない」頑張っても「中立」だな。。。いくら1話が良くて、絵がかわいくても「物語」としての消化不良感がハンパないので☆は1.5以上は付けられない。。。

んーーー。。。あんまり誰かにおススメ!としてはこの1冊だけでは上げにくいお話しでした。。。
この作品が好きな方には申し訳ない…。。。

修正|不要な範囲

箱庭綺談 1 コミック

雪路凹子 

全開雪路凹子先生of THE WORLD!!!

すんごかったぁーー…
こんなの先生にしか描けない…!

何回も読んでみたけどまだ分からぬ設定もぶっちゃけ多い…!
ファンタジーと耽美ががっぷり四つに向かい合うと……こんな世界観がビッグバン‼って感じですwww
この世界観を説明するのは宇宙の謎を解くより私には難しい。。。(注意:宇宙の謎自体が分からぬ私が言っていますw)

先ず、1つの学園の寮生と先生が紡ぐ世界のお話しという大きな軸があります
この学園に集う生徒たちは格式のある家の子息ではあるものの何かしらの事情を抱えている様子
そしてそれは生徒だけでなく先生にもあるようで。。。

という学園と寮の中で起こる群像劇を様々な生徒達との交流から少しずつ紐解きながら美しい先生の画の世界に浸りつつ、ウットリし、そして時には萌えて、油断をすると笑ってるwww
全員が全員どこかに厨二病ギリギリの思春期を抱えた登場人物達

巻末に登場人物と家柄を表す相関図も描いて下さっているのですが1巻時点で登場する学園の生徒は9名。。。全6編なのに生徒は9名、+家族や先生も出て来るからすごい人数…!
更に世界観の説明も付け加えて下さっているので絶対に1回読んだだけでは理解しにくいと思うので(分かる人もいるのかな?(・・?。。。)この巻末資料の読み込みをおススメします
尚、人物紹介の先生のキャラ説明もイチイチ笑ってしまいますので是非楽しんで下さい♡

ちょっと切なくなっちゃうお話しもあったりダークなエロさもちょろっとあったりと、、、読み応え十分な雪路凹子先生の全開世界観です
謎にかわいいカワウソ(背後ファンなら喜んでしまう♪)とワラビーも出て来ます(←なぜ?w)

1巻の濡れ場的にはちるちるのお試しで読める所のみでしたのでこれ以上のエロティック描写はありませんでした(一応お付き合いしているCPもいますが絡み自体はなしです)

1巻で全ては理解出来ないかも…?私の感覚で言えば「心得た!」って感じでしょうか?この箱庭で繰り広げられる世にも奇妙な美しいお話しを楽しむ準備を整えました!という1巻でした(ღ˘͈︶˘͈ღ)

これぞ【創作の世界】だなって、心底思えるオリジナリティしかない世界
やっぱり雪路凹子先生は唯一無二♡大好きです(*˘︶˘*).。.:*♡

そんな訳で、誰もが読み易い!とは言えないかもな作品です
でも、どこを探したってこの作品の代わりはないなって思える作品です
よりDeepになっていくのでしょうか?続きも楽しみにしています

修正|修正不要な描写