てんてんさんのマイページ

レビューした作品

PREMIUM レビューアー

女性てんてんさん

レビュー数534

ポイント数5123

今年度6位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

金平糖はどこへ!?

本品は『軍人さんと金平糖』のコミコミ特典小冊子です。

本編後、清の金平糖が消えてしまうお話です。

正嗣は清を離れに連れ帰ってから
清の願いで毎朝出がけに金平糖を1粒手渡しています。

清は毎日嬉しそうに金平糖を受け取ってくれ
正嗣が渡した小さな砂糖壺に保管しています。

ある晩、
正嗣は悪戯心からいつもは1粒ずつ渡す金平糖を
全て砂糖壺に入れておいたら驚くのでは? と思い立ち

清の目を盗んで茶箪笥の引き出しを開けるのですが
そこに砂糖壺がなく、目を丸くします。

金平糖をため込むのはやめたのだろうか。
毎日もらっていたら物珍しくなくなったか。

もういらないと言い出せなかったのかもしれない。

そんなことを考えていたら清の足音が聞こえてきて
とっさに非引き出しを閉めてしまい
訊ねる機会を逸してしまうのです。

果たして金平糖はどこへいったのか??

A5サイズカラー表紙(カバー同イラストト)12頁の
ボリュームにて正嗣視点での後日談になります。

清は夕飯を食べてきたと言う正嗣に
風呂の前にお茶を勧めてきます。

着替えた正嗣は溜息を吞み込んで茶の間に戻り
座卓に腰を下ろして己の無粋ぶりに項垂れてしまいます。

思い切って金平糖を差し出しながら
もういらないのかと尋ねようとしたのですが
声を弾ませて礼を言われてもそれが本心からなのか、
喜んでいるふりなのかもわかりません。

清に少し声が掠れているという指摘と共に
生姜湯だと言う湯飲みを指されます。

風邪の悲喜はじめにいいと言う生姜湯には
大量の金平糖が沈んでいて
正嗣は清が金平糖に飽きた訳ではないと知り
胸を撫でおろす

・・・というほのぼのほっこりな小話でした。

大切に食べている金平糖を
正嗣の為なら全て使っちゃう清も

自分の気が利かなさを反省しつつも
上手く言葉にできない正嗣も
どっちも変らし過ぎです (^m^)

初恋同士の恋物語

今回は呉服屋の次男の軍人と妓楼の下働きお話です。 

攻様によって妓楼から身請けされた受様が
攻様と気持ちを通じさせるまで。

受様は中見世の妓楼の人気花魁が
若い客との間にもうけた子でしたが
花魁は受様を産んですぐ亡くなりました。

受様は花魁に執心した楼主に引き取られ
年季も給料もなく店から出られない身となり
徐々に母似に似てきた受様に
粘つく視線を向けるようになります。

そんなある日、
受様は妓楼を訪れた軍人の1人に
下女と間違えられて酌の相手をさせられます。
この軍人が今回の攻様です♪

攻様は上司に部屋をあてがわれて難儀していて
遊女が来る前にと目についた受様を部屋に入れたのです。
受様は遊女ではなく酌は出来ないと言いますが
攻様は上司への言い訳だからと受様相手に飲み始めます。

やがて花魁がやってきますが
攻様は受様を理由に彼女を追い返し
酔ってキザした受様の介抱で1泊して帰っていきます。

受様は翌日から攻様の面影を追うようになりますが
3日後に楼主から自ら水揚げして客を取れと
命じられることになります。

受様に楼主の命に抗う術はあるのか!?

家業を継がないために軍人となった攻様と
遊女の子として妓楼で下働きをする受様の
和風シンデレラストーリーになります♪

受様が身を固くしている正にその時、
受様に無体を敷いたと猛省して攻様が乗り込んできて
楼主に受様を傷物にした責任をとって身請けすると
宣言するのです。

当然楼主は抵抗しますが、
商売敵の妓楼への嫌がらせの数々を案にほのめかされ
軍部の介入まで匂わされて引き差がざるを得ず

受様は翌日には攻様の実家にそのまま連れていかれ
呉服店を営む攻様の父に「内縁の妻にするつもりです」
と許しを請われてしまうのです。

攻様は本気で言ったのですが父は戯言と相手にせず
隣で聞いていた受様は真っ青になってしまい
攻様が身請けした理由を聞かされても信じられません。

攻様がもっと小器用で人の機微に聡ければ
受様が持つと自分に自信が有れば
2人の恋は早くに実を結んだのでしょうが

呉服店の跡取りを決めない攻様の父
病弱で寝たり起きたりので攻様に店を任せようとする兄
才覚のない攻様を店主にして利益を搾取しようとする親戚達
突然現れた受様の扱いに困る使用人達の思惑が絡まって

妓楼からやってきた受様は
攻様の周囲の人達にも受け入れられないのです。

受様が攻様の伴侶として認められるまで
グルグルする受様を応援しながら
とても楽しく読ませて頂きました。

攻様を信じて愛を知った受様は強くなって
受様を護るために態度や言葉を惜しまなくなって
2人で幸せになる幕引で良かったです。

鈴蘭は魅惑の香り

本品は『箱入りオメガは悪い子になりたい』の
コミコミスタジオ特典小冊子です。

本編後、水樹の発情期のお話です。

優一との結婚後、
水樹は発情をコントロールするタイプの抑制剤の服用をやめ
一定の発情期を迎えるようになります。

1泊2日の出張から帰宅した優一は
今日は休みだと言う水樹と夕食に行く話をしていましたが
玄関ドアを開けると家は暗くて明かりがついていません。

水樹はどこかに出かけているのかと思いながら
廊下を歩いていた優一でしたが
鈴蘭のような可憐な香りを廊下の先のほうから感じます。

寝室のドアを細く開けて覗くと
フットライトの身の寝室のベッドの上で
優一のワイシャツとネクタイとともに
横たわる水樹がいて・・・

A5サイズカラー表紙(カバー同イラスト)2段組12頁の
大ボリュームに結婚した2人の後日談になります。

優一の帰宅を知った水樹の「おかえりなさい」も
甘くうるんだ声で、雄一はゾクリとしてしまいます。

発情期の近づいた水樹は"巣作り"をするのが好きで
優一は外に行くのは難しそうな水樹の頬をそっと撫で
水樹と愛し合う事にする

・・・というラブラブなお話でした♡

タイトルからドンなお話しかと思ったのですが
水樹のフェロモンに絡めていたみたいです。

水樹がまだ学生なので
優一は本格的な発情期の営みは控えているようですが
がっちり濃厚エッチでした。

悪い子の第1歩は義兄との疑似恋愛

今回は亡き兄の番である実業家と
リゾート開発会社子息の大学生のお話です。

箱入り息子な受様が
義兄の攻様と疑似恋愛を経て番となるまで。

人類には男女の性とは別に
アルファ、ベータ、オメガのバース性が存在します。

アルファとオメガは人口の1割程の希少な存在で
アルファは跳び抜け能力で他性の頂点に君臨し
オルガは生殖能力が他性より特化しています。

受様は地方の温泉街にてリゾート開発会社を営む
ベータの両親から生まれたオメガで
アルファに嫁いで子を産むのが正しいオメガたせと
厳しく躾けられて育ちます。

受様には同じオメガの兄がいましたが
米国でアルファと結婚するも若くして亡くなっており

受様は東京の大学に進学しても人の暮らしを許されず
新幹線通学は友人との付き合いもバイトもできない
過保護な生活を余儀なくされています。

大学2年生になって3カ月、
受様は義兄である攻様と3年ぶりの再会します。

受様の兄の番だった攻様は
大手リゾート会社の創業家の御曹司ながら
米国を飲食店チェーンを起業しており
逝去した父の遺産手続きで帰国したと言います。

気さくで自由な雰囲気の攻様は受様の両親のお気に入りですが
受様は攻様に「箱入り息子」と評された事から
大人の階段を上るためにマッチングアプリで
交際相手を探して初体験をしようと決意します。

しかし、受様が引合いたのはオメガ喰いを狙うベータで
貞操の危機に見舞われる事になります。

そんな受様の危機を救ったのはなんと攻様で
受様の事情をきいた攻様は疑似恋愛するなら
相手をすると言いだすのですよ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

攻様がそんな提案をした訳とは!?
そして受様はそんな攻様の提案にどう答える!?

一族の柵で帰国した受様の亡き兄の番である攻様と
良い子から外れてみたいと思う受様のオメガバースです♪

攻様の提案を受け入れた受様は攻様宅の居候して
両親から離れての東京暮らし、友達付合いやアルバイト、
そして性体験といろいろな経験を積んでいき
攻様にもどんどん惹かれていきます。

攻様も受様を憎からず思っているから手を出したのだろうに
攻様は結婚指輪をしたままで
受様も想いを打ち明ける事ができません。

受様を早く結婚させたい両親の思い
受様を親不孝者と罵るアルファの親戚達の画策
友人を受様の見合い相手として紹介する攻様の真意
受様の見合い相手となる攻様の友人の思惑

攻様が番がいるアルファという設定が
上手い伏線となっていて攻様の思いが見えず
受様をぐるぐるさせますが

攻様が受様を番とするまでハラハラ&ワクワク
とても楽しく読ませて頂きました。

本作は攻様の友人の恋バナと連作になっているとの事、
次作の恋バナも楽しみにしています (^-^)/

どこまでもクラウス至上主義なのです

本品は『戦いの神は勇者の荷物持ちの純潔が・・・』の
コミコミスタジオ特典ペーパーです。

本編後、2人旅での出来事になります。

ガルーアはクラウスと2人で旅をするにあたり
クラウスに合わせて行動しています。

今も森の中の明けた場所で野宿をしていますが
焚火の前で浮かない顔をしていて
クラウスはガルーアが浮かない顔をしている事で
天気が崩れるかもと思ってしまいます。

そうなってもすぐそばの木下に逃げ込めばいいし
焚火が消えてもガルーアがすぐに火をつけてくれるから
クラウスは純粋にガルーアを心配して声をかけます(笑)

ガルーアの答えは意外過ぎるもので・・・

B5サイズ両面にて
ガルーアがクラウスを好き過ぎる小話です。

なんと"パンがない"と
"クラウスの喜ぶ顔がみられない"という、
風が吹くと桶屋が儲かる理論を展開するのです。

しかもその気になって外でイタそうとして
"風呂がない"と言われれば温泉を作っちゃうし
"寝台がない"と言われればベッドを作っちゃうし

"誰かに見られるかも"と言われれば
10メートル四方に結界を張っちゃうし、

花びらだけはいかんともしがたいようでしたが
ソレも有る方法で何とかしようと至れり尽くせりで

そこまでしてクラウスを愛そうとする
ガルーアがスゴイです!! さすが神様!!

コミカルながら一途なガルーアが良かったです♪

なぜか男神に愛されてます

今回は戦いの神と冒険者のお話です。 

地上に落ちた攻様が受様の恋人になるまで。

受様は幼馴染の勇者のパーティに所属する冒険者です。

受様は辺鄙な田舎の生まれ
剣も魔法も新聖力も使える神童ともて囃されますが
中途半端なままで伸びなくなります。

反対に受様が剣や魔法を教えた幼馴染は
ぐんぐんとその才を伸ばして"勇者"の称号を得て
王都の魔法学校に行くことになります。

受様は幼馴染の護衛替わりに一緒に魔法学校入りし
卒業後は一緒のパーティを組んでいます。

今は幼馴染の勇者とお坊ちゃまな魔法使い、
おっさん戦士の4人で組んでいますが
受様の扱いは誰かの補助要員的な荷物持ちです。

今も魔物の討伐により穢れが溜まった武具を
神殿に運んで払う役目を1人で担うことになります。

癒しと愛の女神ラフィアの祝福の泉のある
この街神殿は参詣者も多いのですが
神官から見ても穢れの寮が多かったらしく
受様は建物内を通らずに泉に向かうように指示されます。

辿り着いたのは採水場の反対側でしたが
今日は女神の機嫌が良いらしく泉がキラキラに輝いていて
穢れを浄化した武具も輝いて見えました。

浄化を終えた受様が帰ろうと泉に背を向けた
調度その時、真後で派手な水音が響きます。

思わず受様が振り返るとなぜか
泉に腰まで浸かった美丈夫がいたのです!!

美丈夫は派手な音を立てて泉から出てきますが
思わず声をかけた受様を捕らえると受様の名前を呼んで
「会いたかった」と抱きしめてきたのです!!

彼こそ今回の攻様になりますが、
まっく見覚えもない攻様の厄介事に巻き込まれないよう
受様は全力で逃げることにします。

果たして受様は攻様から逃げきれるのか!?

見知らぬ攻様にロックオンされた受様の
ドタバタラブコメディになります♪

しかしながら攻様は神官を伴って
受様達が泊る宿まで追いかけてきて
女神ラフィアの兄神である戦いの神の名を名乗ります。

妹神に比べてもあまり人気のない神ですが
攻様"の"神殿の神官を引き攣れていて
彼らにはいろいろと世話になっていると言うのです。

攻様は本当に本物の戦いの神なのですが
受様は攻様の言葉を全く信ず街から出ようとするも
攻様がソレを許すはずもなく、
攻様と受様の攻防劇が始まります。

勇者の幼馴染の受様を恋のライバルと思い込んでいる
魔法使いと勇者の恋模様が絡み
攻様を疑う人間によって解放された竜との戦いが加わり
女神様まで降臨しる展開にハラハラ&ドキドキ
攻様の恋が実るまで楽しく読ませて頂きました♪

受様に執着する攻様の言動がはっちゃけていて
受様がほだされ気味なのもMYツボで面白かったです。

バレンタインネタです

本品は「鬼暴カフェ2023」のスタンプラリーキャンペーンの
コンプリート特典のリーフレットになります。

バレンタインの小話になります。

獄寺がうっとりとチョコに見入っていると
庄司が美味しそうなチョコとてを伸ばすのですが・・・

B5版中折の内面2頁にて
獄寺のバレンタインチョコのお話になります。

ベシッ!! と叩かれてしまいます。

なんと獄寺が見ていたチョコは1粒1500円で
値段を知った庄司は「ありえない」と呟きますが

獄寺がかったのはそれだけではなく
片手どころか両手の数も超えるくらいの
量なのですよ(笑)

庄司が「俺にはなしですか?」とすり寄ると
獄寺はチラリとチョコレート色の○○○〇を見せる

・・・という定番なオチでした♡

2人らし過ぎるバレンタインで
ムフッとしてしまいました (^m^)

しばらく会えないので・・・

本品は『鬼上司・獄寺さんは暴かれたい。3』の
アニメイト特典リーフレットです。

本編幕間、獄寺と庄司のラブネタになります。

庄司と久しぶりの逢瀬もそろそろ終わりが近づき
獄寺は庄司の息子に奉仕しながら
「いい子にしてるんだぞ」と語りかけます。

何とも言えない感じになった庄司は
獄寺の様子を撮影し始めて・・・

B5版中折の内面2頁にて
本編幕間のエピソードになります。

「こっち向いて」とノリノリな庄司に
獄寺も庄司の息子をパシャ!!

デコってご満悦な獄寺とシオシオしたような庄司が
面白かったです。

※他店舗特典(レビュー済)
アニメガ&ソフマップ特典は可児のお話です。

趣味をとやかく言えませんが・・・

本品は『鬼上司・獄寺さんは暴かれたい。3』の
アニメガ&ソフマップ特典ペーパーです。

可児のファションに関する小話です。

独特なファッションセンスを見せる可児の
ダサTコレクションとは・・・

A5版片面モノクロ印刷にて
可児のプチエピソードになります。

可児の背景にTシャツのイラストが浮かび
猿渡は「どこで買うてくるんや!!」と言いますが

獄寺は服は無理だけど「グッズなら欲しいな」と
呟く

・・・というコミカルな小話でした♪

可愛いのかは「?」ですが
獄寺さんが欲しがるのが意外でした(笑)

※他店舗特典(レビュー済)
アニメイト特典は獄寺のお話です。

もしも・・・的なパロディです

本品は『鬼上司・獄寺さんは暴かれたい。 3』の
初回限定版小冊子になります。 

なぜか庄司がタイムスリップするお話です。

スタートから庄司は見知らぬ場所にいて
その日のものらしき新聞によって
12年前の世界にタイムトリップしたらしいと気づきます。

河原でどうしようかと落ち込んでいると
どこかからか駆けてきた犬にダイブされるのですが
なんとその犬を連れていたのは学生服に身を包んだ獄寺で!?


B6版サイズで表面はフルカラー、内面はモノクロ印刷、
ifネタパロディになります。

庄司は獄寺家のきなこに伸し掛かられて擦り傷を負い
獄寺の自宅で手当てされる事になるのですが

金髪に複数のピアスが光るヤンキー獄寺を
ジーと見ていて睨まれたり

指定されたタンスから着替を探そうとして
間違って女性下着の引き出しを開けて
獄寺をウルウルされて

タイムスリップなんてするわけない!!
コレは夢だ♡ とさらに

獄寺さんの学ランを脱がして紐パンな獄寺さんを
触り倒すのですよ ヾ(≧▽≦)ノ

その後、商事は未来に戻るのですが
知らないはずの獄寺家の愛犬の名前を知っていて
エエェ!? ってなるのですが

まぁ、特典なのでコレも有り♡ って感じかな。

本品のカバーも高校生の獄寺と今の庄司と愛犬君で
可愛いです。