みゆさんのマイページ

レビューした作品

女性みゆさん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

秘め夜伽 コミック

山田ぼたん 

花街の男たち

スイマセン立ち読みしました。
真っ赤な背表紙とタイトルに惹かれて読みました。
遊廓モノにしては絵の美しさに欠けるのが難点。
おのこでも、美しく着飾らせるのが常識じゃないでしょうか。
安そうな見世ではなかったので(というか高級ってありますな…)、こうも着飾って頂けないと、遊郭モノを読んでる気分に浸れないのです。

『愚者の楽園』
遊廓の店主が、引き取って大事に育ててきた美しい給仕の少年を水揚げされそうになる。拒否しない少年に店主は腹を立て、嫉妬心にかられて処女を奪った挙句、初めてのフリをさせる。
ここで問題。後孔を血まみれにしておきながら、その直後に客に引き渡して、なおかつ気付かれないって、どんだけっすか…?最終的にはハッピーエンド。

『花魁抄』
通りを練り歩く美しい花魁に一目惚れした呉服屋の息子が、またその姿を見ようとひたすらその花魁のいる見世に通うのだが…
ええと、毎日小さな子供があんなとこ通って親御さんに叱られないのでしょうか…そして、まさかの展開。ザ・ショタコンって感じでした。私あんなちっちゃい子相手すんのやだな…

『ラストダンスは私に』
かつて使用人だった男に買われた没落華族の麗しき青年。
その青年を手に入れるため懸命に働いてきた…そうだが…
ん?どうやって成り上がったのだ??
よほどのことがなければそこまでの地位を築くことはできないと思うのだが。
納得のゆく説明がほしかったです。
サド趣味のオッサンに跡残されてて可哀想でした。
想い通じ合って、一緒にダンスを踊るシーンは美しい。

『空の果て』
おいおい髪の毛おかしいだろおおぉと思わずツッコんだ。戦争行くんですよ、丸刈りにしませんか?違いますか?将校さま。ものっそい邪魔ですよ。何年切ってないんだよ。
そして相手の男娼についてですが、一応遊郭なんですから、着飾りませんか…?これが一番気になりました。
足の悪いそのツンデレ男娼に優しく接し、杖を預けて戦地へ発つ将校さま。
最後は感動的なシーン…なのですが…ええと、どうやってここまでいらっしったんですか?棒切れでも拾って来いやと思いました。


最後に『空の果て』を収録されたのは、本当に素晴らしいと思いました。これを最後に読めるのは非常に気分が良いです。ああ、これ読んで良かったと読者に思わせることのできる終わり方だと思います。拍手。

親子で衆道w

テニプリの同人誌以来、桐祐キヨイさまの作品を拝見致しました。
あの頃に比べて、…絵に色っぽさがなくなりましたね。
幼くなったといいますか…でもうまいとは思います。
絵で幻滅させられるといったことはまずありません。

『どうにもならない』

理事長の息子であるがゆえ、やりたい放題やっても誰からも傅かれる吉嶺。
そんな彼に対して、赴任してきたばかりの養護教諭・筒井は物怖じすることなく一喝。そんな風に怒られたことがなかった吉嶺は、筒井に恋心を抱いて、さぁさっそくアタック開始。

ええ?怒られてってアンタ、マゾですか?
花より男子的展開でウケましたww
そして、吉嶺が筒井を家に連れ込み、晴れて2人はひとつに…かと思いきや、理事長…盗撮するなー!!!wwwww私が父親だったらこんなの見てられません。
筒井が男にモテる体質なのは仕方ないですが、周りの連中がこうもオオカミばっかりだと、世も末だと思います。筒井、襲われてばっか。

『どうにかしたい』

息子が養護教諭とデキてしまって傷心の吉嶺父。そんなある日、秘書の藤原が胸のうちを告げると共に、ゲイを快く思わぬ彼の傍にいるのは辛く、彼の元を去りたいと申し出てきた。離れてゆこうとする藤原に、恋心が芽生えて…

女の一番は貴方の亡き奥様で良い、男では貴方の一番になりたいって言う内容のセリフは良かったです~。結局親バカなので二番に成り下がってましたがw
しかし、内容的にはこっちの方が面白かったです。吉嶺父、若いし。オヤジに見えないのが難点。w

着物で尾行するのは目立ちますよって秘書が指摘しておりましたが、ごもっともなご意見でしたwww

専門的思考。

神崎と天美の音楽に対する態度が明らかに専門的なそれでした。他にクラシック扱った作品に比べて、このへんはよく調べていらっしゃると思います。
あとがきのスペシャルサンクスにバイオリンの先生とあったので色々お訊きになられたのかなぁ…?

でも、うまく弾けたとかはどうでもいい、君たちの音を聴かせて欲しいって言ったら寧ろオケは喜んでついて行くと思いますけど。そんな指揮者素晴らし過ぎるし。コンマスあんな風に悩んだりするはずがありません。そして、お互いがどんな音楽を作りたいのか、話し合いの場を設けるかな。いくらなんでも仕事なのでどんなに指揮者がクソでもあのボイコットの方法は現実には有り得ないと思います。あんなことしたら指揮者でなく、オケの評価が下がります。

田舎暮らしのシーンがのんびりしていて楽しかったです。ラストの指揮棒振ってるとこは、ひとつ成長して、自分の中に蓄積されたんだなぁと思いました。

でも、あれでお互いが晴れて恋人になる理由がわからないです…やっぱり片方がゲイだとノン気でもその気になるのか…というわけで、萌えを求めるBL作品としてはいまいち欠けるので評価は中立とさせて頂きます。

童貞先生! コミック

天城れの 

笑えること、間違いなし。笑

童貞先生!…先生がようやく脱・童貞するかと思いきや、まさかのどんでん返し!ってか、生徒会長キャラ変わりすぎ!!すげー笑いました。あと、先生が生徒たちの魔の手から逃れる様子も笑えたw

大漁ロマンス…いやいや、ここまで拒んでた人がいきなり網見て豹変するってどうよ?なんか、あんなに乙女だったのに、最後はただの変態になりました。ホント、おかしかったです。

裸眼鏡にさせないで…わ、引くわー。裸商事の人間だと一発で見てわかるって、確かにそうだけど、真冬に雪降ってるのに裸ネクタイにふんどしってどんだけwwしかも、周囲の人間も気にしていないところが、まさにファンタジー。あの格好で通勤するのも、いかがなものかと。しかし、よくこんな話考えたな。

恋奴!…黒枝兄弟の幼少時代の姿が現在のビジュアルからあまりにもかけ離れていて、なかなか笑えました。こういう設定も、なかなかないよね笑
よくあるネタだけど、バイブ突っ込んで授業受けるの、近所迷惑なんでよして下さいw

かなり笑えました。とにかくくだらない。笑
でも、軽く読めるので、笑いたい時、疲れてる時におすすめな一冊。

クラスにいたら引くかも。

どちらかというと、この絵のノリは男性向きな気がしました。男性向けエリアに置いても大丈夫じゃない?いや、可愛すぎだろ…

しかし、もし、みく(ネコミミ少年)が私のクラスにいたりしたら、確実に引きます。そりゃ、可愛いですよ?うちに一体飾りたいくらい可愛いだろうけど、でもあのかわいこぶりっ娘(♂)ぶりは、だんだん見ててうざくなりそう。好きだからって、恋人の言いなりになってる姿に…。どうかなぁ。人形じゃないんだし、自分の意思ってモンをもう少し持った方が、長続きするんじゃないかなーって思いました。
とまぁ、こんな現実的なことを述べましたが、とにかくこの漫画の受け子はみんな可愛いです。ヤる事に関しては積極的です。ち●こほんとについてますか?とか、思ってしまいます(笑)エロさ加減については文句なしでした。

ひたすらやってる…

ほぼ、ひたすらHシーンしかなかったので、読んでて疲れました…。SM緊縛プレイも多数アリ。絵のタッチのせいか(キレイだが固い)、生々しくはなかったので読みやすかったです。が、ずっとやってるので、内容(話)重視の人には向かないかな、と思いました。
『紅い花』は、ちょっとせつない感じで、ちゃんと内容もあり、良かったです。
『アクマでも愛してくれる?』は、恋人のハメ撮りのDVDをオークションで売るなんて、本当に最低だと思いました。

イラストって、重要。

アイディアは良いです…。でも、イラストが、私の趣味じゃないです…。康が全然美人に見えなくて悲しい。玲子もカマorニューハーフみたいだし。
番外編の方が本編より萌えました。こういうテイストの方が好きなのかも知れない。永遠に想いは伝わらない、けど、大切なひと。叶わぬ恋って、萌える。。
にしても、貧乏話は好き。この、バイトいくつもかけもったり、1日1食でおなかすかせたりする話。暖房器具を使わず我慢するっていうのとか。ただ私がSなだけ?笑
私もこういう生活見習いたいです。いくら節約できるかな?でも、風呂に何日も入らない美少年とか、絶対間違ってる気がする。

浪漫豪奢 コミック

北沢きょう 

都合の良い展開。

『浪漫豪奢』…邪魔なおウメがグッドタイミングでお亡くなりあそばすなんて、都合良すぎだろーとか思いました。あと、なぜ鳴人は初日から都筑の慰み者にされたのか、もう展開が唐突すぎて(BLじゃ当たり前だけどさ…)超がつくほど、理解不能。男だろ…。茜さんは都筑のこと好きだったり。大正時代のわりに(恐らく、江戸時代と変わって、明治~この頃にかけて男色が排除されていった時代だったはず)、男色がお流行りのようでした。せっかく握ってあげたおにぎり棄てられたり、繁華街で売られた子供と出逢ったり、母が自殺し父は愛人と逃げた話を聞かされたり…色んなことが1つの作品にたくさん詰まってました。

『ひと夏の。/それからの。』…さとり、可愛い。私好みのお話でした。浪漫豪奢より、こっちの方が面白かった。ノーマルの友人に読ませたら、やっぱりさとりを可愛いと言っていました。笑
幽霊とデキるのには、かなり驚かされました。社会科準備室に仮に誰か入って来たら、金坂がひとりでおかしな事やってるようにしか見えないだろうなと思ったら、すごい笑えました。ww

身代わりの花嫁、大公開☆

コンラード素敵すぎる。杏里になりたい~!杏里がイタリア語が堪能っていうのが羨ましかったです。私も他国の言語、ペラペラになりたいな。
母がイタリア人とのハーフだから、杏里はクオーター。美しい。
だが、色々と不自然な箇所がたくさんあった。結婚式にはテレビのカメラが来ているのだから、恐らく全国放送。アンリエッタにだって島に当然、友人知人がいるのだから、こんな大公開したら身代わりだって、すぐバレてしまうはずなのに…!!更には、秋からローマ大学の研究室(シチリアの歴史)に入るんだから、同じ研究室の人にだって、バレてしまうではないか。
まぁいいか…お粗末だけど。笑
セルビエリ家のお住まいが豪華で、どんなもんか見てみたいなと思いました。

ツッコミどころ満載。

乾杯の歌を歌いたがる少年も珍しいです。しかし、高校生で変声期を迎えてないって、どういう事?カストラートですか。去勢されてるんですか。ついてるみたいだけど。
あと、クラシック系のピアニストでパパラッチされて、フツーの雑誌に載るって、ないよね、うん。
上月のショパンを聴いて、共鳴してブッ倒れる戸村少年…いや、こんな人フツーいない。笑える。
数学教室で生徒とイイ事してる近松先生…ありえん。
そして、校長室に上月の写真が飾ってあるのも、ありえん。
上月と室伏がお互いの事を褒め合っててキモかったです。室伏の台詞の「あをによし奈良の都は咲く花の匂ふがごとく今盛りなり。おまえは、あをによし奈良の都だってことさ。若きピアニストは、今がちょうど旬。その美貌が匂いたつようで、そばにいるだけで気が遠くなるってことさ」キモいw
P84~85あたりがキモいです。。
あと、「他の男にホレたら力ずくで俺のものにする」と言い切る室伏さん。アンタ、ケダモノだよ…。

まあ、なんだかんだで面白かったですw個人的に上月が受けだったら良かったのにとか思ってます。