性の劇薬 [DVD]

sei no gekiyaku

性の劇薬 [DVD]
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
4
平均
3.8 / 5
神率
0%
著者
媒体
映像
作品演出・監督
城定秀夫
音楽
林魏堂
脚本
城定秀夫
オリジナル媒体
コミック
DVD発売会社
フューチャーコミックス
収録時間
枚数
ふろく
特典映像
発売日
JANコード
4573192749522

あらすじ

完璧な人生から転落したエリートサリーマンの桂木(渡邊将)は、絶望のさなか酔った勢いで飛び降り自殺をはかる。
「捨てるなら...その命、俺に寄こせ!」
突然現れた謎の男・余田(北代高士)に助けられるのだが、それは恐ろしい監禁調教生活のはじまりだった。

表題作性の劇薬 [DVD]

レビュー投稿数3

振り切ったBL映画だなー…

が、第一印象です。このDVDを見るまえに原作を読んで、うわエロっ!SMちっく!受けさんがいろいろ突っ込まれて大変そう…みたいな印象だったんです。これを実写化するなんてすごくチャレンジャーだと思いつつ、どうせBLものやるなら生ぬるくキス止まりにするよりは、この作品みたくやれること全部やった方がBLらしいです。
ただ、実写化の宿命かもですが、100パーセント原作を再現しているわけではないです。
まず、桂木が余田を好きになり始める経緯が描かれていなくてなんであんなひどいことされても余田のそばにいるのかわからないです。そして、余田のバックグラウンドが漫画と違います!え、元々彼氏がいた設定でそれが桂木と瓜二つだと…?!原作ではお兄ちゃんの名前が同じってだけなのになんでここ変えたの?!18禁作品に子役を出すわけにいかないからか…?分かりませんがそこがもやもや。
そして、原作では桂木が余田を好きになる後半から「普通に」体を重ねるシーンが複数ありますが映画ではそれが一回だけです。その代わり、濡れ場にしては結構ながいので最初で最後の愛ある(?)エッチを楽しんでください。
一方で前半の調教シーンはひたすら痛そうです。実写にBLファンタジーを求めちゃいけないのでしょうが桂木が辛そうで、血こそ出ないものの見るのきついです。喘ぎも、色っぽい喘ぎというよりも悲鳴で拷問シーンを見ているようでした。まあ、男性の本物の喘ぎに色気を求めちゃダメなんでしょうが笑 ある意味、BL脳の我々に鉄槌を下すこんな声が本来なのかもしれません。
大人のおもちゃ使うシーンでは、桂木役の俳優さんのアレの形がくっきり出ていて仰天したのと、いろいろ体液がプシャッと出るシーンもあって、18禁作品ならではだなーと思いました。

今度は、18禁でもっと愛あるセックスシーンのある映画が観てみたいです。

4

clove

余田の過去が変わっている理由ですがエキストラを除いて18禁作品に子役は使えないという制約があるそうです

終盤に大興奮!!!!

DVDではなく劇場に観に行ったのですが、内容は同じだと思いますのでレビューします。

映画は原作とストーリーの流れや設定が大きく変えられていて、びっくりの連続でした。この点について、運良く舞台挨拶で城定監督のお話を伺うことができましたが、媒体が異なるので見せ方も変える必要があった、そして原作サイドが変更にOKを出してくれなければこの映画を撮ることはできなかったとのことでした。内容の大きな変更点については後述しますので、ネタバレを回避されたい方はお気を付けください。ただ、作品のテーマである、「性によって生を植え付ける」という点は、ブレていなかったと思います。

そもそもよく見ると、余田と桂木のビジュアルからして、そこまで原作に寄せようとしてませんもんね(笑)。でも余田役の北代さんも桂木役の渡邊さんも普通にイケメンなうえに、お二人の体が本当に綺麗で、桂木は無駄な肉のないすっきりした体つきがイメージぴったりでしたし、余田は服の上からでもわかる見事な大胸筋が素晴らしく、ドキドキしました。

もちろんお二人の演技も凄まじく、文字通り体当たりの演技(物理)って感じで、圧倒されました。特に映画オリジナルの最後のシーン、海沿いの“謎ホテル”(舞台挨拶で制作陣がそう呼んでいました)でのベッドシーンは、もう最っっっっ高〜〜〜〜〜〜〜すぎて、興奮しすぎて私は次の日も観に行きました(笑)。いろんなことがあってからの両思いH…万感の思いですよ。対面座位で頑なに桂木の乳首をつまみ続ける余田の手がエロかったです。

そう、本作はR-18とはいえ、AVではないのであくまで「性器があるフリ」「体内に何かしら挿入しているフリ」なのですが、乳首だけは治外法権というか(笑)、最序盤からそれはもうこれでもかといじくり倒して撫で回し&舐め回していて、これがR-18映画じゃ!と見せつけられましたね。
そして下半身で行われていることは、絶妙に脚やら余田の手やらベッドの手すりやらで隠れていて、すげー!って思いました。一番すごいと思ったのは潮吹きのシーンで、桂木のモノがあるかのように余田の手がうまいこと配置され動かされていたこと。桂木もそれに合わせて反応していて、役者さんってすごい…。
あと映画オリジナルで桂木が鏡を叩き割って手から流血し、それを余田が舐めるシーンがあったのですが、そこもエロかった。

エロ以外でも余田の手術シーンや、桂木が中華料理を食べまくるシーンを見て、撮影大変だっただろうな〜と思いましたし、それくらい映像作品としてこだわり抜いて作られたんだな〜と感銘を受けました。

2回観に行ったくらいなので全体的には満足しているのですが、原作を知っている人間からすると、なぜそこの設定まで変えたのかな?と疑問に思う点もあったので、評価は萌2です。

以下、原作から大きく変更されている点です。

・余田に過去に男の恋人(ちなみに桂木にそっくりな男で医者の同僚)がいたことになっている
 →これは特に!原作では余田の初めての男が桂木で、個人的にかなりお気に入りの設定だったので、びっくりしました。ただ桂木とこの元彼は同じ役者さんが演じられているので、カップリング的にはなんだか安心。あと、元彼と同じ顔だから桂木に執着したというのは、わかりやすい。
・その恋人の自殺が原因で人の生死に特に敏感になった設定になっている
 →なので映画の余田が医者を目指した動機は不明。
・桂木は両親を迎えに行く日、同僚の女性とホテルにいて迎えをすっぽかしたことになっている
 →それだと確かに自分のせいで両親が死んだって自分を責めるのも仕方ないかもね…。ここでちょっとだけ桂木と女性とのキスシーンがあります。
・桂木が自主退職ではなく無断欠勤を続けていることになっている
 →いくら両親の死がショックでもそれは無責任じゃないか…?
・桂木が監禁されていたのがなんと余田の勤務する病院の一室(かなり奥まった場所なので他の人にはバレなかった模様)
・最後、余田が自殺しようとする(桂木が止める)

正直、変えない方が萌えたな〜という点もあります。原作より桂木に同情しにくいし、余田が初めて愛した男が桂木じゃないし。でも制作陣も悩み抜いて変更したと思いますし、映画は映画として受け止めるのが良さそうですね。逆に原作を知らない方が、そういうもんだとスッと受け入れられて、楽しめるのかも。

2

本筋とはあまり関係ないですが

劇場で10回鑑賞
手術室のシーンとフェンタニルの扱いで本当に監修・指導しているのか?と疑問に思いました
R-18で制作ゆえに変更せざるを得なかった余田の過去に関してはやむを得ないと割り切ってますがここも一つ引っかかる点があります
原作ではノーマルのはずなのに同性愛者に変わっているんです
かつての恋人の名前は劇中では一切名前が明かされません(パンフレットやデラックス・エディションのメイキングにしか書いてありません、あと一人二役であることは2回目の鑑賞後にパンフを読み返して気づきました)

1
  • 買う

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?