雪ちゃんさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性雪ちゃんさん

レビュー数7

ポイント数103

今年度91位

通算--位

  • 神7
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

学園モノ‐ダブルブレストやフロックコート制服が素敵✨

あの小さかった双子が育ってる!

1·2巻併せての感想です
ぬいぐるみで喧嘩しててテオを取り合った幼き双子に月日が流れて、シャイアが!
大人になる前の若くて精悍な顔つき、白が輝くツヤツヤな毛並み…良きです!
従者となる条件付きで婚約者となったΩのベリルにとっては、高慢で上から物言うシャイアだけれど、
それは家族思いで、そしてヒューゴとテオを護る為の優しいシャイアの覚悟に感動を覚えます(泣)
そういえばシャイアは自分のお気入りのぬいぐるみを泣く子に渡すような子だったよ…(『プチミニョン 2 -獣人おめがばーす-』参照)

ベリルは前番との思い出の家を守る為にお見合いしたけど、そんな格好いいシャイアに心惹かれ、
でもテオとの事や幼馴染のガルの関係もあって2人の気持ちはすれ違うばかりで、読んでて切ないです(私としては期待大♡)

そして2巻は登場こそ無いですが、ベリルの家を修復したりする、こんなシャイアに育て上げた父様母様のジュダートの影響が見え隠れして嬉しい巻でした(電子描き下ろしでダートの後ろ姿が!)

ヒューゴPartではおっとりな感じだけれど、テオへの執着愛が大人びたヒューゴもまた格好よくて、次巻が楽しみです

生涯お前を離しゃあしねえよ

えっ嘘…最終巻!?もっと2人の掛け合いの活躍とイチャイチャを見れると思ってたので、すごいショックです…
でもとても素晴らしく綺麗な幕引きでした!!

初巻では同世代のひよっこ歌舞伎役者同士が切磋琢磨お稽古する中で芽生えた恋愛から始まり
役を深く理解する為につまづき足掻きながら一生懸命演ずる努力家な2人が両思いになり
後半は名門の家の御曹司同士であるがゆえの恋愛に立ちはだかる高い壁に2人はどうなる?
というBL作品なのですが…
もーー歌舞伎の演目についての楽しい・切ない解説がとっても勉強になり面白くて〜!

途中、じいちゃん達の源惣コンビの悲恋や
蔦丸兄ちゃんの女形葛藤エピソード
そして!玉乃屋の内弟子 忠さんと惣五の関係が泣かせるくらい物語に深みをもたせ、あっという間の10巻です(忠さんに助演男優賞あげたい…)

まだまだ源惣コンビとして板に立ち始めた2人、名門の重責など困難が立ちはだかるだろうとは推測しますが、歌舞伎って遺伝ではないので(見目姿は遺伝で似ますが、芸は師匠からどれだけ吸収するかの才能だし、養子取るしね)、
今巻の演目「切られ与三」のラストを読むと、良い役者になるのにそれが何の問題にもならない(菊右衛門じいちゃんも言ってます)
ただここに役者に人生を掛けた素晴らしい若者がいる!と期待感しかありません✨

少し心残りなのは、名跡は継いで行くから晃生×雅臣とじいちゃん達のように、淳平×周吾と本名で呼び合って欲しかったなぁ

家具職人×革職人 何気にお仕事BL最高

革職人の白川さんですが、スピンオフ元『恋が満ちたら』で登場した時は(いくら無自覚でもなんだこの人妻にやたら距離近い人…!)と当て馬好きだけど、いけ好かない奴だと思ってましたがーー
とらえどころの無い年上美人受け イイ!

その、人タラシな白川さんにはまっていく寡黙な家具職人の蘇芳くん、出会ってすぐ身体の関係あるのにこの二人はピュアっピュアな告白してから付き合うなんて〜良きシーンでした

上田アキ先生が描く作品の設定は専門職が多くて恋愛部分以外にも興味深く読め、今作も蘇芳くんの家具作りのシーンは格好良くて、ページ合間の“革を使った木製椅子”イラストが素晴らしかったです

そして“手”の描写がため息出るほど良いですよ!!

『恋が満ちたら』の時間軸が交差する場面は同時に読み比べるのも面白いと思います

いきもの擬人化BL♡

下巻は海洋生物編(の擬人化BL)

まずはホンソメワケベラ編なんですが、いきなりの「俺たちは皆幼女だった」のパワーワードのリーマンBL!オジサン受けに年下攻めで、

ゾウアザラシはキングが登場するハーレムBLもの!褐色で体格差が良きで、

そしてバンドウイルカは、イルカらしい浜辺でナンパするチャラ男バディものです!
バンドウイルカのオスはメスとの交尾はその場だけなんですがオス同士のバディの仲は一生ものですって!?…萌える!

全話ちゃんと本当の生態に基づいての擬人化で今作も大変勉強になりましたが、
もうそれぞれにピッタリな設定で癖に刺さるし面白く、絵も綺麗でお尻もぷりっとしています

ずっとレビューを書きたかった作品で、電子では完全版1巻出ていたのでちるちるの掲載依頼していました(私だけではなかったはず…)が採用されなかったのは単行本が出るからだったんですねー理由がわかりました

本当にいきもの図鑑です♡

電子では数年前に配信されていた、生物擬人化BL♡
上巻は【ペンギン♂♂】【キリン♂♂】【カタツムリ】
下巻は【ホンソメワケベラ】【ゾウアザラシ♂♂】【イルカ♂♂】のカップルです

私はアデリーペンギンの幼馴染みカップルの話が一番好きです
寡黙でオトコ前なギンちゃんに幼い頃から守られてたかわいいシロ…巣(家)を作ってプロポーズされるですが、小さい頃の2人はめっちゃ可愛いし、
巣立って海から戻る大人になったムキムキぎんちゃんは換羽期の擬人化描写であるヘアスタイルも格好いいし、夜のシロはあざと可愛いし、もう作画が素晴らしいです!

他にもキリンはネッキング(首で殴り合いするから)のヤンキー学園モノのケンカップル

カタツムリは雨夜のワンナイトで、両方の生殖器を持つ雄雌同体の濃厚エッチ(交尾)など

それぞれの種にあった擬人化ストーリーで、生物の世界はBLであふれています〜そしてそれだけでなく知らない生態すごく勉強なります〜

一つだけ残念なのが、電子の完全版の表紙の方がカッコ可愛いかったんです…

顕…お前って奴は最高!

今までは主に星の視点で嬉しい・切ない…と読むストーリーでしたが、ここに来て
顕の視点で萌散らかす事になるとは!
もう二桁の巻数でそろそろマンネリ化…と思い始めてる方、読んで損はない11巻です

↓顕ファンの方ネタバレになるのでスルーして下さい





2年に進級してより男の色気が出てモテまくる顕
女子が熱い眼差しで見つめる中、縁結びの御利益ペアネックレスが見えてしまいます(…?確かダサいとか言ってあんなに付けるの嫌がってたのに付けてる!?)
星(はいつも付けてる)とまさかのお揃いに見えてしまった女子の何かに火をつけた罪深い2人だなぁ

星の親友 山口進に「黙ってて悪かった、俺 星と付き合ってる」と話す顕(少しほほえんでる)!
1年のチビオが顕に惚れ込んで舎弟にしてくれとつきまとって来るところで「星は俺の恋人だ」発言!
ちなみにこの時、急な顕のカミングアウトに星は二度とも驚いてますww
独占欲の塊の顕、大変良きです

当て馬的なチビオ登場に星がやきもちで「こいつは俺のモンだ!」と断言した時に、顕の中で嬉しさがパチパチ弾けてる描写がたまんなくて、星を今すぐ抱きたいって目が色っぽくて
ストーリーの新展開よりも顕視点が増えたのが読んで良かったぁと思いました

モラトリアムリミット 電子 コミック

仁乃 

大学四年間の濃密なモラトリアム

大学生でルームシェアしている2人の物語
高校時代から付き合ってる恋人同士なので同棲中というべきかな
ストーリーは2人の日常や学生生活、花火や旅行の思い出たくさん、お互いに相手の事が大好きでベッドの上でも甘々で素敵な青春カップル…
なのに1話読むたびにジワジワと胸が締めつけられる感じなのは

大学を卒業する時に、相手を好きなまま別れると決めているから
タイムリミットまで2人は笑顔で日々を愛おしく過ごしています

もうモラトリアム期間が終わる頃には号泣…
同性カップルが生きづらい世間体に思い悩む2人がリアルに描かれていて、
何で?お互いに思い合ってる2人が別れなければいけないの?とすっごく応援して読んでる自分…

社会人になり大人になった彼らが出した答えも素敵でした

切ない…

記憶喪失ストーリーでは、冒頭から記憶がない状態で始まるのか途中から事故がおこってしまうのか…というパターンがあって、こちらは後者。
原因となる出来事がわかっているのですが、その部分が隠され記憶喪失になってしまい、見せ方が上手く、最後まで飽きさせない展開だと思いました〜
だからずっと悠人の表情が悲しげで…でも原因は悠人の一言で…
そして湊の泣き顔が美しくて可愛くて、絵が綺麗で、切ない!


※キャラが二次創作という指摘がありますが、私は作家先生が好きなキャラにどうしても似せてしまうのはしょうがない事だと思ってます
それを言ってしまうと一体何作品世の中にあるのか…(キャラも設定もストーリーも丸々同じというのはダメだと思いますが…実はそんな作品も発売されています)
私はこちらはストーリーにオリジナル性があって、とても素敵な作品だと思います

善治のバカっ……!

ねこねこシリーズで一番好きなカプです♡

まずは京都へ2人の卒業旅行!楢崎先生は歴史も取材されたのかな?パワースポットで有名な所というだけでなく、挿絵も含めてかなり古代から縁あるディープな所を2人が巡っていてびっくりしましたー
甘々な夜…そして神社への朝拝…激萌です!

そして
今作から大学生になって成長した2人が見れると思ったんですが……


善治よ…
紗以ちゃんのこと一途なのはわかるけど、また傷付けてる。紗以ちゃんは子供の頃、猫アレルギーを持ってるとはいえ善治の言動に深く傷ついて猫から戻れなくなってて、高校で誤解が解けてから善治のアレルギーに本当に気を使ってるのに、何でわからないんだよーーー

そんなに好きなら試すなよっ紗以ちゃんの不器用さぐらい知ってるだろぉぉ、と胸ぐら掴んで言いたいくらいの今作ですが(染原さんに嫉妬する睨みを思い出しただけで怖くてできませんが)
雨降ってるのに紗以ちゃん、今回は早く元に戻るよね??とめっちゃ心配なところで次回へー

私は紗以ちゃん推しです ✧ฅ^..^ฅ

この作品は80%心象風景…でもそれがイイ!

少しネガティヴな子役出身の青柳萌がBLの実写ドラマの主人公に抜擢され、青柳萌の大ファンでその推しと共演する事になった赤藤優一郎の奇行を読むコメディ作品です
1巻は、推しと共演でパニクってるのにラッキー同〇まで!?
2巻は、練習という名目で〇ス!?
そして3巻は、その続きから始まるのですが、もう8ページで噴き出してしまいました~
青柳くんは素直で笑顔が可愛くてネガティヴな性格が良い!赤藤くんの残念変態イケメンがとても良い!
ほとんど心の中の台詞読まされるけど、それが良い!

赤藤くんの最初から大きい矢印とは対照的に、やっと青柳くんが赤藤くんを意識し始めてきて、もっと相手の事知りたいなぁと赤藤くんの飼い猫を見に、預けてるマネージャー紫さんのマンションへ行くんですが、青柳くんのマネージャー黄島さんと半裸で居たーとかイベント盛り沢山
そして帰ってきて赤藤くんが布団の中で(役作りという名目で一緒に寝てます)、堪えきらず言った一言を実は起きていた青柳くんが聞いていた…という、いつもいつもどうなる!?という所で終わる展開で「はよ続きを〜〜!」となります

赤✕青の他に黃✕紫もすごく気になる!(私はマネージャー紫さんの赤藤くんへのツッコミや性格が好きです)
それにクセ強の黄島さん、腐のプロデューサーや共演者たちのキャラも面白くて、ストーリーは遅めに進んでますが飽きません