raraらららさんのマイページ

レビューした作品

マスターレビューアー

女性raraらららさん

レビュー数15

ポイント数1301

今年度10位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ようやく。

当時、発売予定を見ていてこの作品を知り、あんまりにも好みでものすごい衝撃だったのが今でも鮮明です。
「これだー!!」という衝撃は後にも先にもこれ以上のものはないかもしれないです。
読んでみても期待を全く裏切らず本当によかったので、ドラマCDも好きな私はいつか音声化しないかな、と思うと同時にキャストの合う合わないの好みがあるし、女性との絡みをどうするのかなど色々気になる点もありました。

原作発売から約2年でようやくこの時が来ましたが、ちるちるでこの作品のページが登録された時、

赤西雄司 → 佐藤拓也
柄本諒 → 白井悠介

となっていたんですよね。ちるちる運営の方による登録かな、と思うのですが公式からもちゃんとキャストが発表されているのに、発売までずっと修正されず、さらにはこのレビューを書いている現在も特典付盤の方が逆のままなのがずっと気になっています。

同時に、もしかして「イメージ先行」ということもあるのかな、とも思いました。
佐藤さんはどちらを演じてもしっくり来そうですが、白井さんのイメージからすると闇深き刃のような赤西のイメージとはちょっと違う気もしてます。キャスト発表時、赤西はイメージと違うとがっかりしたのが正直なところです。

結果としては、特に赤西像を壊すこともなく、むしろ赤西に抱いていたナイフ感が若干薄れる柔和な感じがまた違った赤西像を開いてくれたように感じています。
佐藤さんの諒は想像以上、ヤリチンからのお姫様感というか、本来の諒が暴かれていく感じが何度もある絡みのシーンで生かされていました。この作品に関しては、このくらいエッチの回数は必要だなと感じます。

ただ、女性を含めた3Pで赤西が指を入れるシーン、めちゃめちゃよかったのに、女性の喘ぎ声でかき消されtしまっているのが本当に残念。声優さんは悪くないです。制作時にそれぞれの声のボリューム調整をすべきだったと思います。

あと、BGMが何だかまぬけに感じるところもいくつかあって、特に描き下ろしのエピソードですが、恋人になった2人の甘いお話で悲しみ苦しみはないとは言え、変にコミカルなBGMで雰囲気を残っていました。
確かふゅーじょんが自ら設立した自社レーベルだったと思うので、丁寧な作りだと安心していましたが、満を持したはずのこちらのCD、音周りの点でちょっとお粗末なところが多くて全体的に微妙になってしまっていました。

残らないこと

雑誌の連載情報を見かけて気になっていて、これは最後は悲しいことになるんだろうと思いつつ、もしかして都合よく何かがひっくり返るかも、とほんの少しの期待をしていました。
結果そんなことはなく、ヒデはやっぱり死んでいたし、どうにもなりませんでした。

読み終えた当初は、物語が始まった時からヒデが死んでいるので、蜜月の恋人同士が突然引き裂かれるよりはまだいいかも、と思っていました。
でも、交流のほとんどが死後の霊体であることで、2人の間に具体的な何かが残っていないということに気づくと、本当にあったことなのかさえ危うく思える儚い交わりだったんだと思い、改めて悲しくて悲しくてたまらなくなりました。

死しても明るく、短かった人生を悔いなく振り返っているように見えたヒデが、キスマーク一つ残せないこと、一緒にいた証が残らないことを悔いて辛そうにしていて。
それがどれほどの想いなのか想像を絶するし、触れ合える奇跡が2人にとってはむしろ残酷に思えてしまい、どこまでもつらいです。

作品を貶めたいわけではなく、「BLはハッピーエンドが約束」と作家さん方を縛り付けるのがこういう考え方で、それは創作の可能性や幅を狭めているとはわかっているのですが。
ヒデと幽玄はそれぞれ好きだし、カップルとしてももちろん好きなので「しゅみじゃない」というのはちょっと違うかな、と。

カバー下も見て欲しいとチョコドーナツ先生が仰っていましたが、たぶんヒデのスマートフォンだと思います。
表紙側は机に突っ伏している幽玄を映した様子。友達を撮影するフリをしていたようです。
裏表紙側は、自撮り画像や、男同士の恋や性行為に関する検索履歴、パスワードが「Yugen」だったり。描き下ろしとともに、ヒデの愛がそこに残されていてどうしようもない気持ちになります。
漫画じゃなく、言葉を交わすこともない静かな表現なのが原作の先生らしいなと思いました。

ヒデが生まれ変わって幽玄を見つけて年の差恋愛したり、どこかででもいい、幸せにうんと長生きできる未来がありますように。

あとあらきゆう先生の絵がすごく好きなので、今後ももっと漫画を描いていただきたいと思います。

甘さたっぷりなエロを楽しみたい方に。

たっぷりエロでひたすらあまあまの作品です。
表題作は少年ご主人のルカ×年上美人執事のシノ。
不思議な薬で未来からやってきた経験豊富な大人のルカ×現在の若くルカに対してはまだ遠慮がちなシノというカップルと、過去からやってきた少年ルカ×ルカにすっかり開発されエッチな手ほどきをしてくれるシノというカップルになっています。

同じカップルですが、それぞれ未熟と成熟が絡んで成長していくのが面白い試みだと思いました。
特に未来のシノは本当にエロい。髪も長く中性的なので人妻感があります。
入れ替わりの後、元の2人でもちゃんと愛し合いますよ。

同時収録作「パパを落とす魔法」が私の本命。
スカルファロ家に代々仕える料理人のリヒト×ルカの父のギルバートです。
このギルバートが大変に素晴らしい体格で(ルカにデカいし筋肉だし髭、と特典で言われています)、渋くて本当にかっこいいまさしく男前受け。
そしてそんなギルバートに幼い頃から想いを寄せるわんこ健気なリヒト。かわいくて一生懸命な攻め×かっこよくて包み込んでくれる大人の受けです。

こちらも薬によって結ばれるのですが、長年のギルバートへの想いをおしまいにしようと考えているリヒトに対し、ルカも成長して大人になったことで、自分の幸せを考えてもいいとリヒトの想いを受け入れる決意をしたギルバートが、一歩踏み出すきっかけにとこっそり薬を調理場に置いておくことで始まります。
そうとは知らずにギルバートへのケーキを持っていくリヒトと、そのケーキを食べ、媚薬効果によって疼く体でリヒトを押し倒すギルバートです。

小さい頃からギルバート大好きなリヒトのちらっと出てくる子供時代がすごくかわいい。そんな頃からの想いが叶った瞬間泣きじゃくってよしよしされてるのがたまりません。
ギルバートにとっては弟のような存在で恋愛対象としてはなかなか見てもらえず、彼が家庭を持ってもずっと想い続けてきたリヒト。
そんな真摯なリヒトにいつしか惹かれ、今度は自分が応える番と、想いをぶつけてこいと導く姿が心底かっこいい。
1冊まるごとの容量で読みたかったので残念です。そこだけ本当に惜しい。

というわけで2話構成で、後半は水に落とすと会いたい人が見えるという薬が出回っているというお話。
恋人になり、ギルバートが自分を愛してくれていることはわかるけど、亡き妻に会いたいのではと考えるリヒトの健気な想いが描かれています。

どちらのお話も母や妻を亡くしていたりと悲しい部分はあるものの、ベースはとっても甘いので、甘くてエッチなお話が読みたい方にはぜひおすすめです。
どちらも年下攻めですが雰囲気は全く違うカップルなので飽きも来ないです。

描き下ろしは動物になる(耳と尻尾のみです)薬を使うお話。それぞれに合う動物に自然になるそうで、ギルバートは牛さんで搾乳プレイとなってます。リヒトはもちろん犬、ルカは馬、シノはうさぎです。
ギルバートは一見すると受けっぽさをほとんど感じさせないところがとても好みです。

民俗学を読んでいるような

相手の目を見ると、心の中や過去が見える不思議な力を持ち、人と深く関わろうとしないタツミと、彼に思いを寄せる幼馴染の蛍のお話です。

神太麻家では、時折タツミのように青い瞳を持つ者が生まれるそう。
江戸から続くいわゆるシャーマンのような家系で、家のため「青瞳持ち」と呼ばれる能力者は管理され生きていたようです。
恐らく同じく何らかの力を持っていたであろう祖父は、タツミに力を持つ者ゆえに降りかかるであろう苦難の人生に悲観せず、人を愛し、一人で生きようとするなと言います。

そうは言っても、隠しておきたい本音や過去も全て見えてしまうことで、人との正常なコミュニケーションを取ることが困難なタツミ。
そんなタツミにとって、蛍は唯一の友人で、さらには自分を好きだと言う相手です。青瞳持ちの世話をする家業でもあるそう。

蛍は有名な科学者であり、タツミのために色々研究もしています。目を見ても脳内の情報が見えない眼鏡を作ったり。
そして虐待から助けてくれたタツミは蛍にとってはヒーローでもあります。

その想いをなかなか受け入れることができないタツミと、一途な蛍の物語。
あらすじをさらっと読んだ段階では、能力に苦しむ受けと、救い出す攻めかと思っていたのですが、クールでニヒルな攻めとわんこな受けでした。
読んでみると逆だとはとても自然なカップルで、蛍×タツミだろうとは全く思わず、内にこもる方は受けで、こじ開ける方が攻めというのはただの私の好みの問題でした。

とは言え、タツミが蛍の想いを受け入れ、それまで目を背けてきた誰かと生きることを選択し、社会に出て立派に生きる姿には感涙でした。

これぞ本懐

リアンとこーちゃんしか出てこないカップルだけの特典です。ありがたや…!

「俺はいつでも光太郎といちゃつきたい…」というリアンのモノローグ。
でも電話中はダメだし、仕事場でもNGが出ます。
リアンの不満は募り、「街中でもキスもNGだなんて!!」と心外そうに言いつつ、「いつならいいんですか!?」と我慢できない様子。

そんなリアンに「TPOって教えただろ」とお怒りのこーちゃん。
「このボンボンが!」と言っているので、外国人でスキンシップが激しいだけでなく、お坊ちゃんゆえな部分もあるようです。そういえばリアンは財閥のご令息でしたね。

いやーこうして今日も今日とてリアン×こーちゃんへの熱い想いが募るばかりです。

いわゆる家族萌えのような

リアンとこーちゃん絡みの特典を優先的に買い求めていた私。
こちらの特典はリアンは出てきませんが、こーちゃんと悠真の過去のお話です。

「小さい頃ははこーちゃんこーちゃんってかわいかったのに」と言うこーちゃんに、「記憶にないけどいつの話?」と聞く悠真。
そしてこーちゃんが披露したエピソードは、悠真が赤ちゃんの頃のこと。

こーちゃんに抱かれて「こーたんらいしゅき」と言う悠真と、「おれもだいすきだぞ」とデレデレなこーちゃんです。
こーちゃんは制服かな?襟元くらいしか見えないので違うかもしれないけど、若かりしこーちゃんも見てみたくなりますね。

先生が以前、「光太郎はド受け」と仰っていて男女問わずモテていたようなので、大人の男性だし過去には色々あったのかな…とちょっと想像してしまいます。

読むうちに雄っぱぷに行ってみたくなりました。

本編発売時からとにかくタイトルのインパクトがすごいこちら。
タイトルからは楽しいエロコメを想像しますが、作家さんも「そんなにエロくないから怖がらずに」と発言されてるように、それぞれの絡み合う人物関係が楽しくて、特にこのスピンオフでますます厚みが増したように思います。

ダイチのお相手がこの巻だけでは決まっていないものの、固まりつつあるようですが、誰になるのでしょうか。
インタビューなどによると、担当さんが苦手だったらしい先生の推しがが通ったとのことですね。
今いる中なら私は可愛い攻めになってくれそうな和田森推しですが、正直一番選ばれなさそうな人だと思います。「君が相手だから」と言う和田森に対する「あっそ」というダイチの冷めた目がとても恋仲になるとは思えず…。
ただダイチはめっちゃかっこいい好みの受けなのでとても楽しみです。

しかし私が一番言いたいのは工藤さんについてです。
工藤さんの絡みがあるとは全く思っていなかったので、あの襲い受け騎乗位には心底びっくり。
かっこよすぎます。かっこいい受けたくさん見てきましたが、予期せぬ衝撃でこれまでの経験が吹き飛ぶ勢いでした。

工藤さんの受けがもっと見たい!という本音もですが、温厚そうな普段の態度との落差がすごいので、つまり普段は色々押し込めているのかなと思うと、幸せになってほしいので、工藤さんのエピソードもじっくり読みたいです。
どこでもサングラスがジジ専の工藤さんを包み込めるくらい成長してくれたら嬉しい。新キャラもいいですが、せっかくなので今いる人物の方が思い入れもあるなーと思います。
あとフィーバータイムも絶対ドラマCD出して欲しいです。

そして店長の「終わりよければ全てよし」だけではない、結果が悪かったからと言ってそれまでの全てがなくなるわけではないという言葉にとても元気づけられました。

二度美味しい特典です!

近くまで来たという悠真が、ケーキを手土産にこーちゃんの病院を訪れると、リアンがこーちゃんの服を脱がせて中に手を入れているところに遭遇します。
場面は変わり、「…ってことがあってさ…」とレイに話す悠真。
レイは「あの二人デキてたのか」と冷静です。

何だか悩ましげな悠真は、こーちゃんも自分たちと同じようなことをしているのか…!?(=エッチしてるの!?)と混乱。
「そりゃそーだろ」というレイに、「想像できない。こーちゃんはどっち側なんだ」と混乱を深めます。

すると「俺はわかるぞ」とレイ。「たぶんあのロン毛が男役」と言います(大正解!)。
なぜわかるのかというと、「同じ匂いがする」のだそうで。「相手をぐちゃぐちゃにさせたいってかんじ」とのこと。「匂いじゃねーじゃん!」と突っ込む悠真でした。

4Pリーフレットのうち3Pが漫画で、ほんのりエッリでコミカルで、さらには想像上ですが「ぐちゃぐちゃにさせたい願望」のコマでは悠真とこーちゃんがあられもない姿で共演。2組のカップルの様子を楽しめる必読の特典となってます。

リアンとこーちゃんのお話、読める日が来ますように!!

黒髪かわいい受け2作

「さっさとオレにアレ見せな」
「腹ペコ吸血鬼はおねだり上手」
の2つのお話が収録されています。どちらも小さくてかわいい受けです。
表題作は天然で健気なタイプ、同時収録作は関西弁のほだされ受けでタイプが違います。

まずは表題作の「さっさとオレにアレ見せな」
吸血鬼の茜は先輩の竜樹に知られてしまい、何と牙フェチという先輩に黙っていてもらう代わりに牙を見せてあげる関係です。
でも、茜は血を飲むか、性的に興奮しないと牙が出ないので、日々放課後先輩に呼び出されてはエッチなことをされています。

先輩は俺様でいじわるなんですが、世間知らずで天然な茜をかわいがっていて、オーソドックスなかっこいい攻めと、攻めに身も心も委ねるかわいい受けを楽しめます。
遊び人な先輩の牙フェチから恋愛感情への変化と、茜の先輩への恋愛感情の芽生えにやや説得性に欠けるのが少し惜しいと感じました。

日々エッチなことをされている設定ではありますが、とてつもなくエロエロ!でもないし、嫌がっているのを無理矢理抱くということもないのでその辺りは安心して読めます。

男らしい受け大好きな私ですが、こういうザ・受けな受けも大好きだなーと再認識しました。

続いて「腹ペコ吸血鬼はおねだり上手」
ある日、一人暮らしの三雪の部屋に男が「助けて」と倒れ込んできます。
部屋にある麦茶を所望する男は蒼と言って吸血鬼だと言い、なぜかそのまま三雪の部屋に居付いてしまいます。
さらには体液をもらうと言って半ば無理矢理抱かれちゃう。こちらは吸血鬼が攻め。

茜以上に一般常識が欠落していて話が通じないところがあり、自分の三雪への想いにも気づいてない有様の憎めないかわいい攻めなんですが、カバー下にある吸血鬼の生態を読むと、人間を襲うなんてとんでもない!という茜と違い、「生きるためならやぶさかではないが、三雪が怒るからしない」ということなので、ちょっと怖い一面もありそうです。
終盤、刃物を持ち出してきた相手に凄むところなんかにその片鱗が見えます。

描き下ろしは2組のカップルが交流を持つお話で、茜は自分と同じ吸血鬼と知り合えて喜んでいます。
三雪は自分を襲って勝手に居着いた蒼とはまるで違う健気な茜を見てショックを受けています。
茜たち吸血鬼はそれぞれ理由があって人のいるところに来たそうなので、どこかに吸血鬼だけのコミュニティがあるのかもしれません。

この2組が交流を持ったその後、さらには他の吸血鬼たちが生きる世界など、もっと広げたお話も読んでみたいです。

明るくハッピーなオメガバースです。

「発情ギブアンドテイク」に出てきた朔弥さんとあおクンのスピンオフです。
前作の時点で番になっている2人なので、前日譚になります。

あおクンこと葵はバイトに精を出すフリーターで、頑張って稼いで抑制剤代を捻出しています。
報酬がいいということで時折参加しているらしい「あっちのバイト(抑制剤の被検体)」をするため、ある製薬会社に行くと、そこで一目でαとわかる美貌の男と出会い、即座に拉致され、「僕の運命」とうっとりするその男に抱かれてしまいます。

ヒート中ではなかったため番にはされず、当然その後の関係も断りますが、「個人的に雇って薬を出す」という朔弥の提案を渋々受け、その期間中は彼からの熱烈な口説きを許すことになります。
自分とはまるで住む世界の違うリッチな朔弥は、それから甲斐甲斐しく葵のもとへ通い、宣言通り熱心に口説く日々。

ただ口説いてくるだけではなく、葵が育った孤児院にも挨拶に訪れ、育ててくれた先生や葵の妹を家族として大事にしてくれる朔弥さんに惹かれていく葵。
同時に、自分と朔弥さんの格差や、実は運命の番ではなかったことなどにショックを受け、関係を確かなものにすることを躊躇う葵ですが、そこは暴走天然ヤンデレタイプの朔弥さんなので、格差なんて物ともせず。
かっこよくていわゆるスパダリなはずの朔弥さんですが、何とも面白い人です。

描き下ろしでは、なかなか妊娠しないことを気にする葵と、おとぼけキャラに見えて実は計算高い朔弥さんの一面が見られます。
中出しはするけど敢えて妊娠しないように絶妙なコントロールをしている辺り、なかなかのヤンデレ成分を感じます。

あおクンのオカン的立場の友人でβの優という人物が出てくるのですが、ヒート中の葵のもとにやってきて、「あおの体がオレが一番知ってんだから」なんて言うものの、あおクンは朔弥さんが初めてなので体の関係はなく、当初はあおクンを好きな設定だったそうなので、その名残かなーという感じです。
楽しいお話なので、優が深く絡んできて振る流れになるより、オカンの立ち位置の方がまとまりもいいなと思いました。

発情~の2人には赤ちゃんが生まれていて、α同士のカップルだと思われているだけに驚かれていましたが、朔弥さんとあおクンの間にもいつかそんな日が来るといいなーと思います。