>
>
>
商業誌VS二次創作 どっちに萌える?

商業BLVS二次創作どっちに萌える?

ちるちるで春におこなった二次創作についてのアンケートを今回まとめてみました。 こんなにも熱く語れる話題なのか、と編集部もちょっとびっくり。 ぜひともユーザーのみなさんの熱い語りを掲載したくて今回お披露目となりましたよ! BLの世界の窓口になっているのは、なんといっても二次創作で ここから商業BLに踏み込む方がアンケートでは一番多かったです。 みなさんのBL体験の原点がここに詰まっていると言っても過言ではありませんね。

二次創作BLは、元内容を知っているとキャラが既に確立されているため、読んでいて拒否反応が起きる事もあります。商業BLの場合は作者さんの他作品を先に調べたり、他の方のレビューを先に読んだりして購入できるので、そういう事がほぼありません。それから、萌えツボの違いというよりも萌えレベル目線も、商業は最初から厳し目・二次創作は最初からユル目と目線も違うような気がします。

昨年から二次創作に久しぶりにハマリ、戻ってきてしまいました。勿論、商業BLも読みますし、楽しいですが今は二次の方に傾きつつあります。

二次創作BLには萌えられないです。 商業BL以外にはフィルターのようなものがかかって、読めなくなっちゃいます。

二次創作はキャラ萌えやカプ萌え、商業はストーリー重視です。二次創作はいわゆる『やおい』でも読めますし好きな作品も多いですが、商業BLでヤマやオチが薄かったらしょんぼりしてしまうので、商業にはストーリーを求めています。 極端に言えば、二次創作は萌えればなんでもいい!ですが、商業BLは萌えなくても面白い作品が読みたいです。二次創作で人気の作家さんが商業BLを描くことは珍しくありませんし、二次創作からの作家追いで買っている本も多いですが、二次創作では見られないものが商業BLで見られると嬉しいです。逆もしかりです。

二次創作は好きなキャラが出てる作品と作家を重視するが商業BLは主に作家とジャンルですね。 二次創作はキャラ萌えで商業BLはジャンル萌え(眼鏡スーツ、高校生、ヤンキー受とか)

ほとんど小説メインで読んでいるということもあり、商業BLも普段読んでいる小説作品の一ジャンルとして楽しんでいます。 二次はほとんど読まないですが、自分の好きな作家さんやイラストさんが出している本は買うことがあります。 ですが、もとの作品が少年漫画だったりすると特に、マンガはほとんど読まないので分からないし、元の話を読んでいい話だったりすると、こんな良い作品で邪推なこと考えちゃダメっ><! という感じになるので…自分に二次萌はないんだな、と思います。 いま凄くはやっている某バスケマンガの二次もアンソロがすごく沢山出ていますが、出し過ぎでは?とちょっと思っています…。同人で楽しんでいる分には良いと思うんですが、アンソロが堂々と書店の商業の隣で売られてたりなんかすると、規制を厳しくしたくなる人の気持ちもちょっと分かるような気がします。 まー、BL読まない人からすると全部一緒なんだろうな、とも思いますが。

商業BLは正規本って感じがして好き。

商業BLはストーリーや心情重視して読んでいます。 二次創作BLはとにかく「キャラ萌え」から。キャラが立ってて、惚れ込んでからでないと何も始まらないという感じです。そこが萌えツボの違いです。

商業BLは規制の問題からか近年は切なて痛々しいストーリー重視のものが増え、読んでいて考えさせられるような重々しいものが多いですが、二次創作はある程度は自由なので内容が薄くて軽い分、描いた人の萌えツボを全面に出されてて趣味が合えば読んでいて楽しいです。

違いはないです。というか、違いがあるっていえるなんてうーん、不思議です。ツボが同じだからこそ商業でも二次創作でもハマってしまうと思うのですが・・・

商業BLは作家さんの個性をより楽しめるし、いろんな登場人物が出てくるのが楽しいです。 まっさらな気持ちで恋愛物として読めるのがワクワクします。 二次創作は、公式の設定を大事にしつつその中で生み出される登場人物達の関係性に異様に萌えます。 なので二次のほうが妄想が膨らむし、それを自分より押し広げてくれる作家さんには頭が下がります。 オリジナルの世界観の厚みが増す感覚があったり、また全く別の作品を読んでいる気にもなったり楽しみ方が何重もあります。そこに見え隠れするオリジナルへの敬意なども嬉しいです。

二次創作は、商業BLよりも作家さんとの相性が試されるので、ここ数年は殆ど読まなくなりました。 二次創作は原作ありき。原作が好き過ぎると、二次創作があまりにも「フィクション」過ぎて付いていけない場合がかなり多いです。自分の考えるキャラと作家さんが考えるキャラのギャップに隔たりが凄いと、最悪原作も好きじゃなくなるケースも稀にありました……。最近はそもそもアニメや、腐女子受けするような少年漫画を殆ど読まなくなってしまったので、二次創作以前に原作を知らないケースが多いです。 また、二次創作、つまり同人誌は…高い!!はっきり申しますが、24ページ程度で1000円とる本なんて余程クオリティが高く満足させてくれる内容じゃなければ購入を後悔します。…正直前者よりもこちらの理由の方が大きいです。商業BLと二次創作の内容の質は比べものになりません。(アマチュア作家さんで、原作を尊重しつつ自分のカラーで「読み物」に昇華出来る方がそもそも稀…。同人誌出身の商業作家さんはBL界では結構多いですが、逸材の青田買いは編集者さんにお任せしたいです…) 結局後悔したくないので、コンスタントに高い質を望める商業BLに落ち着いています。

私が思う二次創作の醍醐味ですが、 1.原作ではくっつくはずの無いCPが相思相愛になったりする。 2.原作の何年後のような話や、原作の行間を埋めるようなお話が読める。 3.商業ではタブー視されているバッドエンド系のお話が豊富。 などが挙げられ、それらが私の萌えツボになってます。 逆に商業BLでは、 1.学園モノ、オフイス、ファンタジーなど、舞台が豊富で身近なものが多い。 2.メインCPの話だけでなく、他CPの話がスピンオフで読めたりする。 3.基本的にハッピーエンドがほとんど。 というところが私の萌えツボです。 バッドエンドもハッピーエンドもどちらも好きなので、感傷に浸りたい時は二次創作、らぶに癒されたい時は商業BL、という風に読み分けたりします。

好きな商業作家さんが、好きなジャンルの二次創作とか書いてくれるとかなりツボにはまります。カップリングや受・攻も一致することが多いので。基本的に商業も二次も同じような萌えツボなのだと思います。

二次作は原作が分からないと充分楽しめないと思うのですが、私自身二次作になるような漫画、アニメではまるものが今無いので、買おうとする機会がないです。 また、二次作は、同人誌で買うことが多いと思いますが、高いので、同人誌買うなら、商業BLを買いたいと思います。

二次創作のBLは、やっぱり原作の方とは人が違うので、自分の思ってるキャラの性格とちょっと違う部分とかもあって違和感が残って萌えなかったりするので最近避けてますね。比べて商業は作家さんの完璧なオリジナルキャラクターなので違和感が残ることなく萌えれるので満足感があります。

萌えポイントは、若い時…から、終始一貫「主従」「下剋上」です…ね。広く、あらゆる意味で…。よって「違い」を、意識した事も、ございませんでした(苦笑)。10年以上…の、ブランク明け…出戻りヲタ…な、挙句…「腐」や「BL」という言葉が生まれる…ずっと前から、このジャンルに傾倒している…クソ婆(失笑)なモノで、様変わり果たした此の世界に、ただ、ただ、驚愕、驚嘆…しております。いや…いい時代の到来……。夢の様…です。木原音瀬センセイと同年齢…みたい…で…長生き…してみるものですね…。小学校・中学年の時より、月光、アラン、June、薔薇族、サムソン、さぶ、等…に、囲まれて、育った、筋金入りの古株…で、ございますが、これからも、どうぞ、よしなに、宜しく、お願い申し上げます。

二次創作はどこまでも妄想がひろがっていくかんじで、商業BLはそのままあたためていくかんじです。

商業BLは大好きでコミックもいろいろ買っていますが、二次創作BLはあまり興味がありません。好きなのは「咎狗の血」、「銀魂」、ヨネダコウさんの商業BL作品の同人版ぐらいで、他のアニメ・作品はあまり知らないので二次創作の方にも興味がわかない状況です。

商業にはクオリティーと話のおもしろさ、恋までの経過や心情など求めており、二次創作は萌えを重視してます。 私は話中心のモノが好きなのでやはり商業BLをえらんでしまいます

受けのツンデレが大好きです。でもこの間、攻がツンデレのコミックを読んだらとても面白くて最近そんな本を小説でもコミックでも探しています。

萌えツボの違いは特に無いかもです。あくまで私個人の場合はですが、商業BLにしろ二次創作BLにしろカップリングやシチュエーション・設定やジャンルの好み(萌えツボ)は重なる共通部分が多いですね。ただ二次創作BLの場合、擬態化・未来捏造・パロディ・パラレル等々、ひとつのカップリングでバリエーションに富んだボーイズラブストーリー(というか801?)が数多く読めるので、「萌え」のみに限定して満足度を測るなら二次創作BLの方が満足度は高いです。商業BLの場合「萌え」以外のツボ…といいますか心の琴線に触れる作品に出会うことが多いので、総合的な満足度なら商業BLの方が高いですし、記憶にも残りやすいですね。とはいえ二次創作BLで心の琴線を揺さぶる作品に出会うこともあれば、商業BLで萌えの秘孔を突かれたことも多々あるので(笑)ん~やはり違いは大差ないのかも。単に私が「ボーイズラブ」なら何でも楽しんで読めちゃう性分なだけかもしれませんが(笑)

商業BLでは物語やキャラをたのしみますが、 二次創作では、原作の雰囲気やキャラの口調などを大事にしつつその作家さんでは書かないような場面とかシチュエーションがあると面白いです。特に甘々なシーンとかエロに萌えます!

商業BLはどうしても二次創作BLより厳しい目で見てしまうので、萌えのハードルが高くなります。逆に二次創作BLは、多少文章がぎこちなかったり話の流れが強引だと感じても許容できて、萌えのハードルも低いです。

商業BLは、読みつつ受や攻に感情移入して萌えるんですが、二次では好きなキャラの存在だけで萌えられます。 好きな二次キャラを思い浮かべるだけでご飯何杯でもいけます。 余談な上にどうでもいいことなんですが、私は二次で好きになったキャラを攻にする傾向があります。 ただ二次は受攻決めちゃうと楽しみが半減しちゃうってこともあるんで、好き基本は守りつつ、面白い作品があればどんなカップリングでも読んじゃうダメオタク女なんで、いつも財政難。 昔は(ってどんだけ年寄り!?)、今ほど商業BLがなかったんで、二次創作BL(同人誌)様には大変お世話になりました。私だけかもしれませんが、二次創作は萌えが持続できない(放送が終わったり、連載が終わったり)ことが難点かも。

萌えツボっていうか、私の場合は二次創作BLならギャグ、商業BLならシリアス系の話を好んで読むことが多い…気がします。 でもあんまりこれといった違いとかはないかなー。

萌えツボに違いはありませんが、商業BLは出版社や雑誌などのレーベルによって色が違うため、エロ重視なのかストーリー重視なのかあらかじめ想定でき、その中に萌えを得ます。二次創作BLは一つのものに囚われない自由さに惹かれます。

「違い」・・・? 以下の理由で同人誌を購入しているので萌えの違いはあまり関係ないかも。 BLは商業も安くないのに、同人となると30頁弱に商業以上の値段が付くのであまり手を出したくない分野 でも好きな商業作家による、続きが読みたくなるような作品の同人が出たら・・・ そしてそれがのちのち商業に収められそうもない内容だったら・・・ 買うしかないでしょう。

ドラマCDが気に入ると,商業BLもさがして読みます.ドラマCDではあまり萌えなかったりしたものでも,たまたま数年後に原作の商業BLを読んではまる作品もありました.ドラマCD優先で商業BLを少しとの相互作用で行ったり来たりしていましたが,数ヶ月前にちるちるサイトを見つけてからは,ドラマCDがでてないものでも評価の高い商業BLを少しづつ読んでます.二次創作はあまり読んでいないので萌えツボの違いはよくわかりません.

商業BLは同性愛の生々しい葛藤や描写など、現実的な側面を求めている。また、キャラに対して先入観がないため真っ新な状態で楽しむことができる。一方、二次創作BLは完全にパラレルであり、あまり内容も現実的でないことが多いため、「こういう展開もあるのでは?」と妄想しながら楽しむ。その点で大きく異なっていると思う。