>
>
>
商業誌VS二次創作 どっちに萌える?

商業BLVS二次創作どっちに萌える?

ちるちるで春におこなった二次創作についてのアンケートを今回まとめてみました。 こんなにも熱く語れる話題なのか、と編集部もちょっとびっくり。 ぜひともユーザーのみなさんの熱い語りを掲載したくて今回お披露目となりましたよ! BLの世界の窓口になっているのは、なんといっても二次創作で ここから商業BLに踏み込む方がアンケートでは一番多かったです。 みなさんのBL体験の原点がここに詰まっていると言っても過言ではありませんね。

二次創作では、商業では読めないような激しいエロがあったりで萌えます。

商業BLはやっぱりお金をかけてるだけあって、長く深い話がたくさんあって、話の深みやキャラクターの心情が細やかで繊細なものがたくさんあると思う。二次創作BLも作者によっては、話の深みがある良作も多いが、制作などでお金がかかるのか、1冊が短い割に値段が高い印象。そこはぐっと全部読ませたほうがいいと思うが、作品自体が区切り区切りになりがちだと思う。

二次創作の魅力は、好きなキャラクターの妄想が主でできているので キャラクター萌の観点からいえば限りなく萌ですよねヽ(・∀・)ノ あのキャラクターにあんなことや、こんなことをさせたいが詰まっているので まさかこの子がこんなこと!な楽しみが多い気がします。 本来ぜったい見られない部分を垣間見れます!だからこそときめき倍増しちゃいますよね~ 逆に、商業は新しいものの発見かなと思います。 二次創作ではキャラクターメインで見てしまいますが 商業はストーリーやキャラクターがどう動くのか 新鮮で「読む」という意味で読むことが多いです。 BLだと、あんまり長期連載っていうのもないのでキャラクターに固執してっていうのは 二次創作でいったような意味ではないですね~なかなか

大半の商業BLはストーリー重視でキャラと設定による萌えだが、二次創作は特定のキャラのへの自分の妄想を実現するのみなので、それほど萌えることはありません。

商業BLはCPが決まっていて安心して読めますが、2次創作の場合好きな作家さんが描いたとしても、同じCPにならない場合があります。それに同人誌は高い!わざわざ高いの買わなくても商業BLで充分。もちろん2次のも好きな時はありますが、メイトなどでグッズは買ったりしますが、わざわざ同人誌に手を出すほどでもないかな。昔は商業BLがホント少なかったので、2次創作にお金かけてましたが。曖昧なCPよりも確実なCP。って事でしょうね。私としては。

二次創作は好きなキャラが出てる作品と作家を重視するが商業BLは主に作家とジャンルですね。 二次創作はキャラ萌えで商業BLはジャンル萌え(眼鏡スーツ、高校生、ヤンキー受とか)

萌えポイントは、若い時…から、終始一貫「主従」「下剋上」です…ね。広く、あらゆる意味で…。よって「違い」を、意識した事も、ございませんでした(苦笑)。10年以上…の、ブランク明け…出戻りヲタ…な、挙句…「腐」や「BL」という言葉が生まれる…ずっと前から、このジャンルに傾倒している…クソ婆(失笑)なモノで、様変わり果たした此の世界に、ただ、ただ、驚愕、驚嘆…しております。いや…いい時代の到来……。夢の様…です。木原音瀬センセイと同年齢…みたい…で…長生き…してみるものですね…。小学校・中学年の時より、月光、アラン、June、薔薇族、サムソン、さぶ、等…に、囲まれて、育った、筋金入りの古株…で、ございますが、これからも、どうぞ、よしなに、宜しく、お願い申し上げます。

二次創作BLを読むのは自分の好きな作家さんの作品をすべて集めたいがためです。 収集癖があるので、好きな商業BL作家さんの作品はたとえ二次だろうと取りあえずは集めます。そしてその話も理解するために元ネタを読んだり見たりしますが、元ネタにははまったりはしません。 商業BLも基本作家買いです。 雑誌も単行本も全ては作家買いです。 好きな作家さんのお話は外さないし、自分の萌えツボをよくついていると信頼しているからです。 2)の切っ掛けも匂い系と描きましたが、私がはまった漫画が「日出処の天子」「風と木の詩」「絶愛」なんですが、その流れでJUNEやイマージュクラブを読むようになり、好きな作家が二次をやってるのでそれを買い集めたというのが流れです。 商業の方が私は好きなのですが、その理由として、作家の腕次第ですがこちらに訴えかけてくるもの・こちらの感情をえぐるものの質・量が格段に違います。命を削っている感とでもいうのでしょうか、そこがたまらなく伝わってくるのです。 二次は好きって気持ちと情熱で作っていることが伝わってくる作品ですが、商業は自分自身や人生をかけて挑んでくることが伝わってくる作品だと思っています。 その重さを読み解いていき、また自分もその大きな渦に呑まれてしまう、そんなことができるのは作家が人生をかけて生み出すオリジナルだからこそです。 二次には滅多にお目にかかれないことです。 そして更に応援したいと思うのです。

二次創作の場合はキャラ萌えが前提にあります。 私はキャラ萌えしたら、”そのキャラを追い詰めて困らせて泣かせたくなる”、と同時に、”幸せな姿を見たくなる”という状態になります。 ですから「このキャラの色々な表情を見たい」という欲求のもと、原作では見られない仕草、表情(エロ含む)に萌えるわけです。したがって話の筋にある程度引っ掛かる点があっても気にせず楽しめます。○○の可愛い顔が見られればオールOK。何にでも萌えますから。 一方商業では読み始めた時キャラクターについては「はじめまして」の状態。キャラ萌えという前提が無いぶん、一冊の中に萌えとは別に作品としての面白さも求めます。ジャッジの目はその他一般のマンガに対して向けるものと変わりません。 ストーリー展開に都合のいいように登場人物の心境が変化したりすると違和感を覚えて一挙にその本に冷めてしまうこともあり得ます。 こう書くと商業に対してシビアなように思われるかもしれないのですが、私は主に商業BLを読んでいます。 作家の方はやっぱり皆さん面白い!というお話を書いて下さるし、作品としての面白さと萌え…違う種類の美味しさが相まった素晴らしい本に出会ったときは一般マンガ・本との出会いの数十倍心がうち震えます。 そんな神本との出会いを求めて商業BLを読み漁っているわけです…。

二次創作は、あまり興味がないですし、萌もあまりありません。 想像力(妄想力?)があまり豊かじゃないからかもしれません。 商業BLは、やはりオリジナリティがあるところが良いと思います。 世界観にどっぷりつかれるところが好きです。商業BLの番外編の同人は大好物です。

商業BLの場合、自分の萌えツボは「ストーリーとシチュエーションが自分好み」かどうかですね。ストーリー重視が多いかな。 二次創作BLは、漫画やアニメの作品自体が好きになった後、気にいったキャラから萌えていくって感じですので、私の場合、「キャラ萌え」がツボって感じです。キャラ萌えですので声優さんも重視しちゃいます。

商業BLも二次創作BLも基本作家買いをしているので、そんなに萌えの違いはないです。 でも二次創作BLのほうが日頃だとあまり手を出さないジャンルでも読むことがあります。

元々漫画好きなので、BLと出会ったのも書店で購入した商業BLがきっかけです。 その後、同人誌という言葉を知り、商業BL作家さんがデビュー前に描かれていた同人誌や 商業BL番外編に興味を持っています。 さらにその後、コミケに初めて参加して二次創作BLを知りました。まだ買ったことはありません。 萌えるのは断然商業BLです。オリジナルのキャラの方が好きだから。 二次創作は原作のイメージが強いので、その登場人物達がBLになるのが頭の中でついていけません。 ただ、何かきっかけがあれば、ハマる出会いがあれば、二次創作BLに萌える時も来るかも知れません。 そもそも二次創作BLを買える機会が少なく、どんな作品があるのかすら知る機会がほとんどないのが残念です。

やっぱり商業ものは二次創作と違いイメージとのズレが生じることがないため読みやすいという印象が個人的にはあるため好きです。ただ凄く好きな作品が一巻完結だったりするとぬぉおあぁぁあああってなりますね。その点尽きることの無い二次創作は夢のようですね。

二次創作の方は学生中心のジャンルにハマることが多いからそこまでオヤジ萌えはしないけれど(オヤジキャラが出てこない)、商業BLは30~50代あたりに萌えまくっています。ML素敵です。

商業BLと二次創作BLで、萌えツボの違いはありませんが、 買って読むまでストーリーや登場人物の性格など全て分からない商業BLに比べて、 二次創作BLは元々のストーリーや登場人物の性格など事前に知っているので、 安心して読めるところが二次創作の利点だと思っています。 また、多種多様な組み合わせで色んなパターンのお話が読めるのも、 二次創作の利点だと思います。

二次創作は、商業BLよりも作家さんとの相性が試されるので、ここ数年は殆ど読まなくなりました。 二次創作は原作ありき。原作が好き過ぎると、二次創作があまりにも「フィクション」過ぎて付いていけない場合がかなり多いです。自分の考えるキャラと作家さんが考えるキャラのギャップに隔たりが凄いと、最悪原作も好きじゃなくなるケースも稀にありました……。最近はそもそもアニメや、腐女子受けするような少年漫画を殆ど読まなくなってしまったので、二次創作以前に原作を知らないケースが多いです。 また、二次創作、つまり同人誌は…高い!!はっきり申しますが、24ページ程度で1000円とる本なんて余程クオリティが高く満足させてくれる内容じゃなければ購入を後悔します。…正直前者よりもこちらの理由の方が大きいです。商業BLと二次創作の内容の質は比べものになりません。(アマチュア作家さんで、原作を尊重しつつ自分のカラーで「読み物」に昇華出来る方がそもそも稀…。同人誌出身の商業作家さんはBL界では結構多いですが、逸材の青田買いは編集者さんにお任せしたいです…) 結局後悔したくないので、コンスタントに高い質を望める商業BLに落ち着いています。

萌えツボっていうか、私の場合は二次創作BLならギャグ、商業BLならシリアス系の話を好んで読むことが多い…気がします。 でもあんまりこれといった違いとかはないかなー。

どちらも萌えツボは大体同じです! 男前受けが好き! 容姿は美人系だけど性格は男前とかなら尚よし!

ヘタレ攻め、俺様を受けにする、屈辱・・・・・。エロは濃い目でも大丈夫です。 ナマモノ妄想が最近の流行りです。

商業BLではストーリーを重視して購入しますが、二次創作BLでは絵重視で購入してます。

二次創作BLは、「どう考えてもちがうだろ」というカップリングが多くてあまり萌えません。

商業については何処まできちんと筋を通しているか。 二次創作については原典を愛しつつ何処まで作者らしさを出せているか。

商業BLは普通に楽しんで、二次創作BLは特別な感じで楽しんでます。 裏のストーリーとか、別の人物視点でのエピソードが萌えます。

商業BLはストーリーが良くないと萌えられないが、二次創作BLはキャラから入るので、比較的作りがつたなくても何でも萌えられる。

好きな商業作家さんが、好きなジャンルの二次創作とか書いてくれるとかなりツボにはまります。カップリングや受・攻も一致することが多いので。基本的に商業も二次も同じような萌えツボなのだと思います。

好きな商業BL作家の先生の作品を何冊か購読してみましたが、二次創作BLの良さは、私にはよくわかりませんでした。 BLでない話を読んで妄想したり萌えたりすることもできません。 それさえあれば幸せな、ものすごいBL愛好家だと自覚していますので、二次創作BLにはまらないのがとても不思議です。

二次創作はやはり本家のキャラありきの上でのものなので、ストーリーの突飛性とか矛盾とか一切関係ないが 商業になると、やはりストーリーありきでキャラが生きてくるので、二次で好きなキャラに対する萌えツボが商業で同じとは限らない。 また絵柄も二次は似せて書くが、商業は全くのオリジナルを求めるので似ていると逆に興ざめする。

正直自分の好きな作家さんであれば、商業だろうが二次創作だろうが好きだと思います。 でも二次創作だと限られた場所でしか手に入れられないので、個人的には手頃に手に入る商業BLが好きです? 萌えツボの違いは、やっぱりオリジナルのキャラが動いてるところでしょうか?

商業BLは関係性に萌えます。なのでカップリングの傾向を重視してしまいます。二次創作BLは原作キャラ萌えの延長線上なので、好きなキャラが可愛いというだけで良いのです。