>
>
>
商業誌VS二次創作 どっちに萌える?

商業BLVS二次創作どっちに萌える?

ちるちるで春におこなった二次創作についてのアンケートを今回まとめてみました。 こんなにも熱く語れる話題なのか、と編集部もちょっとびっくり。 ぜひともユーザーのみなさんの熱い語りを掲載したくて今回お披露目となりましたよ! BLの世界の窓口になっているのは、なんといっても二次創作で ここから商業BLに踏み込む方がアンケートでは一番多かったです。 みなさんのBL体験の原点がここに詰まっていると言っても過言ではありませんね。

二次創作では女子以上に女の子らしい性格のキャラは苦手なのですが(特に受け)、商業では平気なことが少なくありません。もちろん、商業でも苦手な方ではありますが(^^; また、二次創作では「誰かコイツを抱いてやって!はっ、攻めがいない!」となることが多いです。受けしかいません。攻めが行方不明(笑)商業では逆に「リバしかいない」なんて思うことも珍しくないです。

二次創作は、商業BLよりも作家さんとの相性が試されるので、ここ数年は殆ど読まなくなりました。 二次創作は原作ありき。原作が好き過ぎると、二次創作があまりにも「フィクション」過ぎて付いていけない場合がかなり多いです。自分の考えるキャラと作家さんが考えるキャラのギャップに隔たりが凄いと、最悪原作も好きじゃなくなるケースも稀にありました……。最近はそもそもアニメや、腐女子受けするような少年漫画を殆ど読まなくなってしまったので、二次創作以前に原作を知らないケースが多いです。 また、二次創作、つまり同人誌は…高い!!はっきり申しますが、24ページ程度で1000円とる本なんて余程クオリティが高く満足させてくれる内容じゃなければ購入を後悔します。…正直前者よりもこちらの理由の方が大きいです。商業BLと二次創作の内容の質は比べものになりません。(アマチュア作家さんで、原作を尊重しつつ自分のカラーで「読み物」に昇華出来る方がそもそも稀…。同人誌出身の商業作家さんはBL界では結構多いですが、逸材の青田買いは編集者さんにお任せしたいです…) 結局後悔したくないので、コンスタントに高い質を望める商業BLに落ち着いています。

二次創作はちょっと苦手です。自分でキャラクター達を発展させる妄想ができないので…(・・;) 商業BLは元々男同士の恋愛をメインとして描かれているので、純粋にお話を楽しめます。

二次創作は初めからキャラの性格や設定を知った上で自分の好きなCPを選べるという点が萌えます!商業BLはオリジナルなのでワクワクします!そしてあたりをひいた時の感動がひとしおです。 私の萌えツボは歪んだ愛情です(笑)

商業BLは規制の問題からか近年は切なて痛々しいストーリー重視のものが増え、読んでいて考えさせられるような重々しいものが多いですが、二次創作はある程度は自由なので内容が薄くて軽い分、描いた人の萌えツボを全面に出されてて趣味が合えば読んでいて楽しいです。

商業BLはジャンルが多彩な部分が魅力的。二次創作はキャラをより愛せることが素敵。

一般と逆のカップリングを好むことが多いので、商業の小説に萌えることがあまりないです。 二次創作にハマると同人誌は一期一会なので余計熱が出て財布が緩みやすいです。

商業では小説をよく読みますが、二次では漫画中心です。

二次創作BLはほのぼのや甘々、エロ満載でも好きなCPなのでなんでも美味しくいただけますが、商業BLは限定されちゃいます。暗ーい系やJUNE系、胸糞悪くて痛いモノを中心に求めてしまいがちですヽ(*'▽'*)ノ

二次創作BLは自分の好きなキャラが愛されていればもうなんでもいいです。二次を読む理由は好きキャラが愛されているのをみたいからなので。商業BLはBLが読みたいから読む感じで、私は大体恋に落ちる瞬間とか好きになった理由とかにとてつもなく萌えます。

私にとっての二次創作ってオリジナルじゃないけれど、オリジナルでもある!! 元になるキャラを使ってても、ストーリーはそれぞれの作家さんが考えてるので ある意味私の中ではオリジナルと同等なのです。 (良いのか?悪いのか?商業BLと二次創作を別ジャンルに考えていないんですよね) 同じBLじゃないか!!という感じです(笑) 萌の違いはないのですが、 二次創作の場合は、描く人によってカップリングも違うので、 自分が思っても見なかった萌を発見できる時があります!!

基本的には、二次も商業も好きな傾向は同じなのですが、商業は友人に勧められれば普段は自分で読まない作品も読みますね。 二次創作はオリジナルとなる作品という共通のバックボーンがありますが、商業は何もないまっさらな状態で作品に入れるためかなと思います。

そんなに大きく萌えツボが異なるわけではありませんが、二次創作はキャラが確立されているので比較的どの作家さんでも絵の好みとギャグが合えば何でも読めます。商業BLは、設定はツボなのにキャラが活かしきれていないかも??と偉そうな事を思ってしまったりもします。でも、好きな商業作家さんの二次創作は間違いないので、あれもこれもとキリがありません(泣)

二次創作BLを読むのは自分の好きな作家さんの作品をすべて集めたいがためです。 収集癖があるので、好きな商業BL作家さんの作品はたとえ二次だろうと取りあえずは集めます。そしてその話も理解するために元ネタを読んだり見たりしますが、元ネタにははまったりはしません。 商業BLも基本作家買いです。 雑誌も単行本も全ては作家買いです。 好きな作家さんのお話は外さないし、自分の萌えツボをよくついていると信頼しているからです。 2)の切っ掛けも匂い系と描きましたが、私がはまった漫画が「日出処の天子」「風と木の詩」「絶愛」なんですが、その流れでJUNEやイマージュクラブを読むようになり、好きな作家が二次をやってるのでそれを買い集めたというのが流れです。 商業の方が私は好きなのですが、その理由として、作家の腕次第ですがこちらに訴えかけてくるもの・こちらの感情をえぐるものの質・量が格段に違います。命を削っている感とでもいうのでしょうか、そこがたまらなく伝わってくるのです。 二次は好きって気持ちと情熱で作っていることが伝わってくる作品ですが、商業は自分自身や人生をかけて挑んでくることが伝わってくる作品だと思っています。 その重さを読み解いていき、また自分もその大きな渦に呑まれてしまう、そんなことができるのは作家が人生をかけて生み出すオリジナルだからこそです。 二次には滅多にお目にかかれないことです。 そして更に応援したいと思うのです。

商業BLはもともと萌えるような要素を組み込んで描かれているのでどうしても無難に作家買いをしてしまうので外れなく萌えが欲しい時にはもってこいで、二次創作BLは私はオリジナルはあまり買わないので、原作で萌える要素を見つけてそれと同じ萌えかたをしてる方の二次創作を探して買って、ああ!!これこれ!!わかる?っていう共感萌えを楽しんでいます!! うまく言えてないですが…

ドラマCDが気に入ると,商業BLもさがして読みます.ドラマCDではあまり萌えなかったりしたものでも,たまたま数年後に原作の商業BLを読んではまる作品もありました.ドラマCD優先で商業BLを少しとの相互作用で行ったり来たりしていましたが,数ヶ月前にちるちるサイトを見つけてからは,ドラマCDがでてないものでも評価の高い商業BLを少しづつ読んでます.二次創作はあまり読んでいないので萌えツボの違いはよくわかりません.

昨年から二次創作に久しぶりにハマリ、戻ってきてしまいました。勿論、商業BLも読みますし、楽しいですが今は二次の方に傾きつつあります。

二次は元ネタがわからないものが多い&私自身マイナーなオンラインゲームが好きなので、そのジャンルで同人活動している人がいない。過去コミケでオンリーワンでした。泣 なので、商業BLがメインです。

商業BLは日常的なとこが好き。作家さんそれぞれの独自の世界観も楽しめて良いです!二次創作は、王道は勿論、普段あまり絡みのないキャラ同士が絡んでいて楽しいです。好きな作品を好きな作家さんが描いていると尚更嬉しいです。

商業では匂い系を好む一方、ハードな描写のあるものも好き。詳しく言うと、攻めは執着・受けは強気で、攻めが一方的に愛情をぶつけ、受けを痛めつけたり狂気を感じさせるような話。 二次創作だと、二次創作元にもよるが、ほのぼのとしたものが好み。受け攻め共に幸せだと良い。

二次創作・・・今や某バスケアニメが一世を風靡していますが、個人的にはずっとゾロ×サンジだけは永遠です。 いい具合の筋肉マッチョでイケメンなチョイ悪設定が多いゾロ×いい体つきでイケメンだけど淫乱設定が多いサンジ いいじゃないですか。イケメンで余裕がなくて筋肉で下半身系脳みそ。それでもお互い大事なことだけはわかってるってのがいいですね。 商業用BL・・・出版社さんにもよりますが、エロ重視!と割り切っているジュ●ットさんも好きです。 切ない系のBLが毎回ランキング上位に来ますが・・・、個人的には二次には笑いと萌えとエロとハッピーエンドを求めているので、最初から泣かせようとしているのがわかるものは読まないです。攻めは、エロでオヤジでダンディすぎるひと、攻めはツンデレででも淫乱でよがっちゃう系。そんな身も蓋もないキャラが好きですw

二次創作はキャラ萌えやカプ萌え、商業はストーリー重視です。二次創作はいわゆる『やおい』でも読めますし好きな作品も多いですが、商業BLでヤマやオチが薄かったらしょんぼりしてしまうので、商業にはストーリーを求めています。 極端に言えば、二次創作は萌えればなんでもいい!ですが、商業BLは萌えなくても面白い作品が読みたいです。二次創作で人気の作家さんが商業BLを描くことは珍しくありませんし、二次創作からの作家追いで買っている本も多いですが、二次創作では見られないものが商業BLで見られると嬉しいです。逆もしかりです。

BLの世界に目覚めたキッカケこそ『幽●白書』の二次創作からでしたが、ほかの二次創作を読んだ記憶はほとんどない・・・。最近でこそ商業BL作家さんが二次創作を描かれてるときはよみますが、そうでなければ読みません。 だってオリジナルが観れなくなります・・・。二次創作のオリジナルは絶対恋愛は入らないから、それにイラっとしてしまうし純粋にストーリーを楽しめなくなる。ついでにヒロインとかも出てくるから余計に複雑な気持ちになってしまうので、同人誌も商業誌BL番外しか買わないです。

二次創作から入りましたが、今思えば商業BLの代替品として二次創作を読んでいたと思っています。『二次創作を読みたかった』わけではまったくなく、商業BLの存在(実情)を知らなかったため、仕方なく(BL的読み物として)読んでいたようなものです。 そもそも私はBLではない好きな作品に対して『腐的な妄想』をするタイプではないので、二次創作でもできるだけ原作と設定のかけ離れたもの(それこそキャラクターの名前を借りただけじゃないのかというくらいのパラレルとかファンタジーとか)を選んで読んでいました。そして、二次創作を読んでいる間は原作は一切封印していました。実際には確かに二次創作なんですが、書き手の思惑とは無関係にあくまでも『オリジナル』として切り離して読んでいたんです。 これは『二次創作がいい・悪い』の問題ではなく、単に私が先にも書いたように『原作に腐妄想的な読み方をしない・したくない』からです。一般は一般・BLはBLとして、全くの別物として捉えています。所謂『匂い系』というのも嫌いです(『匂い系』と言われているらしい作品を読んでも、BL要素を探す・見出すことはないってことです)。 ですから、商業BLを読み出したら即二次創作には興味がなくなりました。妙な言い方になりますが、今でも原作(作家さんにも作品にも)には申し訳なかったと思ってます。もちろん私個人の感覚として(二次創作を書かれていた方に対して含みはありません)。

二次創作BLは、元内容を知っているとキャラが既に確立されているため、読んでいて拒否反応が起きる事もあります。商業BLの場合は作者さんの他作品を先に調べたり、他の方のレビューを先に読んだりして購入できるので、そういう事がほぼありません。それから、萌えツボの違いというよりも萌えレベル目線も、商業は最初から厳し目・二次創作は最初からユル目と目線も違うような気がします。

萌えツボっていうか、私の場合は二次創作BLならギャグ、商業BLならシリアス系の話を好んで読むことが多い…気がします。 でもあんまりこれといった違いとかはないかなー。

好きな商業BL作家の先生の作品を何冊か購読してみましたが、二次創作BLの良さは、私にはよくわかりませんでした。 BLでない話を読んで妄想したり萌えたりすることもできません。 それさえあれば幸せな、ものすごいBL愛好家だと自覚していますので、二次創作BLにはまらないのがとても不思議です。

好きな商業作家さんが、好きなジャンルの二次創作とか書いてくれるとかなりツボにはまります。カップリングや受・攻も一致することが多いので。基本的に商業も二次も同じような萌えツボなのだと思います。

二次創作の方は決まったキャラクター設定があるのでその中でこんなCPがいいんじゃないか、とかこの設定はこういうところに活かせないか、なんて考えたりしますが、商業の方は自分の今求めているジャンル・傾向・設定なんかと一致する作家さん・作品を見つけたときの感動は凄まじいですね。自分と同じ好みを持った人がいるというのはやっぱり嬉しいです。

商業BLの場合、自分の萌えツボは「ストーリーとシチュエーションが自分好み」かどうかですね。ストーリー重視が多いかな。 二次創作BLは、漫画やアニメの作品自体が好きになった後、気にいったキャラから萌えていくって感じですので、私の場合、「キャラ萌え」がツボって感じです。キャラ萌えですので声優さんも重視しちゃいます。