>
>
>
難読不思議作家名

難読不思議作家名

古来よりエロい系作家さんは、どう読むのかさっぱりわからない名前、ネタ重視でお遊びで名前をつけてそのまま今日まで至るという伝統がありま す。特 にBL作家さんは、難読系、おもしろ系とレパートリーが広いのが特徴。知って いるようでもいざ声の出して読んでみると友達から「それ違 うよ」と指摘さ れた経験はありませんか。今回は声に出して読んでも間違えない!ために作家 名をもう一度復習してみましょう。

匿名
10
グッジョブ

本屋で探そうと思い棚を見ると作家のアイウエオ順に並んでいて、ずっと「り」で探していたので見つからずガックリと(´Д`) その後「ろ」だったと知り、無事に購入できました(*´∀`)

匿名
5
グッジョブ

一瞬読めなくて思わずちるちるさんにまでやってきて検索へゴー(笑)ロンドン?パリ??ってなりました…私はロンドンもパリも行ったことないんですけれども、倫敦巴里子さんにはよほど思い入れのある地なのかなと気になって仕方ないです…!是非お聞きしてみたいものです。

コメント

  • roseーlily 13/10/05 19:24

    ロンドン・パリ(ロンパリ)は海を隔てて離れているので、「離れている」という比喩に使われたりしますが。
    遠距離恋愛とかすれ違い、みたいな意味かしら?と思っていました。
    先生の真意はどうなんでしょうね?

匿名
2
グッジョブ

まず「トーテムポール」を思い出しますね。

匿名
5
グッジョブ

'この方も代表かと思いますが、「尤」を「ゆう」と読むなんて初めて知りました。勉強になります。 榎田先生もまた、変換が出ないため辞書登録済みです。 こうしてわたしの辞書は人にはあまり見せられなくなっていくのです…笑''

匿名
6
グッジョブ

こういう、何のつながりもない4文字のお名前の方って本当に覚えられない!特に私のような脳みその硬い年代は一生覚えられないんじゃないかと思ってしまいます(笑)

匿名
6
グッジョブ

不思議というよりも面白い名前だと思いました。 先生の名前を見ると、たくさんのお豆さんが賑やかに集っている光景が目に浮かんできて、 名前を見ただけで楽しい気分になったり和やかな気持ちになります。 そういう、不思議な感覚になるという意味では、不思議な名前だと言えると思いました。

匿名
5
グッジョブ

「畔」が読めなかったのですが、分かった瞬間吹きました。

匿名
10
グッジョブ

大変申し訳ない話なのですが、作家さんの名前をなんとなく文字をみて「こう読むのかな?」と感覚で読んでいることが多く、ちるちるに来るようになり検索の過程で正しい読み方を知った作家さんが実はたくさんいます。 特に携帯やPCで変換できない作家さんは間違え率高し。 椹野さんは疑うことなく「じんの」と読むと思っていました。 「じんのどうりゅう」さんと読んでいたので結果「の」しか合ってなかった間違えっぷり。 「椹」は携帯では『じん』からしか変換できないので、全く疑っておらず最近ここで作品を探す過程でふりがなを見てびっくりしました…メス花シリーズの頃から読ませていただいていたので10年以上間違えててごめんなさーい\(>_<)/

匿名
8
グッジョブ

普通は「はるはら」と読むと思います。珍しい苗字はフリガナを確認しますが、普通に読めると思った故にながらく間違いに気づきませんでした

匿名
7
グッジョブ

この方も一発読みはまず無理かと!読めた方は尊敬するレベルです。 初めは「きはらおとせ」と読んしまいました。 でも「このはらなりせ さん」と読むと分かると耳に残りやすい いいお名前だな?と思いそこからは間違えて読むこともなくなりました。

匿名
7
グッジョブ

ずっと読み方は「けんかい」と思いましたが、ある日調べてみたら正解は「つるぎかい」です。

匿名
9
グッジョブ

コメントしようがありません。すごいです。

匿名
5
グッジョブ

'初めて聞いた苗字であった上、姓名ともにひらがなだという事もあり、何となく不思議な感じがします。並べ替えたら違う言葉になるのかと試みたこともありますが、わたしには解読出来ませんでした笑' 余談ですが、ひちわ先生はもう書かれないのでしょうか?好きな作家さんなので残念です…。'

匿名
9
グッジョブ

横文字オンリーの作家さんは、本屋さんで沢山並んでいる中で探す時は目につきやすいのですが、イチから思い出そうとすると全く出て来ません(笑)大好きな作家さんなのですが、覚えるまでに時間がかかり、必要なシーンで思い出せなかったことが多かったです。

匿名
6
グッジョブ

百日の薔薇が気になって検索しようにも、なんて打てば出てくるんだろうと悩みました。なぜか最初は読めなかったです。分解すれば読めるのに・・・

匿名
4
グッジョブ

私は耽美系の作品が苦手で、大御所山藍紫姫子さんみたいな耽美っぽい作家名の作品を読まないようにしています。 「夜光花=夜に光る花」って、ちょっと不思議で耽美っぽい作家名だなと思って避けました。 執着攻めが好きで、作品を探しているところ、夜光花さんのデビュー作「月を抱いた」を薦められました。 地雷を踏む覚悟で購入したが、読んでみたらストライクゾーンド真ん中で、他の作品も購入しました。 今でも耽美っぽい作家名の作品を読まないようにしていますが、夜光花さんは意外な宝だと思って、薦めた人に感謝です。

匿名
11
グッジョブ

漢字自体は難しいものではなく、最初は「きはらおとせ」と読んでいました。その後、「このはらなりせ」だと知りました。 宅配便のアルバイトをしていた際、ある荷物のお届け先のお名前が「木原さん」だったのです。「このはら」がきた!と思い、オートロックのインターフォン越しに「このはらさんのお宅でよろしいでしょうか?」ときいたら、「…え、いや、きはらですけど…」と返されました。わざわざ難しく読んで間違えるという小っ恥ずかしい思いをしました。

匿名
7
グッジョブ

まったく読めませんでした。まさかニッタユウカなんてふつうの読みのお名前だとは。もっと男性的な読みだと(なんとかカツだと)思ってました。

匿名
4
グッジョブ

初めて拝見した際、名字なのか名前なのか分からず、 名前の由来も想像がつかず、不思議なお名前だなぁと思いました。

匿名
2
グッジョブ

これも友達からの紹介で、最初、相撲か!と…(笑) かの同名の方ではありませんでしたし、どうやら相撲好きな方でもない…(^_^;) 友達はあとがきの全然横幅のない棒人間の先生にはまっておりました! あと、不思議なと思ったのが、木村メタヲ先生。 木村メタヲ2号になっていたり、何故!(笑) どう違うのでしょうか?

匿名
12
グッジョブ

多分、同じ様な方が何人かいらっしゃるかと思うのですが、 割と長い間『きはらおとせ』先生だと思っていました^^; なので、ファンの方々を『コノハラー』と呼ばれていることも知りつつも、 なぜそう呼ぶのかずっと不思議でいました。 何の予備知識もなく初めて目にして、一発で完璧に読める方はいらっしゃるのか気になります。

匿名
3
グッジョブ

 初めてお名前を目にしたときに「尤利」が読めなかったです。(すいません。)  すごく人気のある作家さんなのかな?と思ったのが一番最初でした。全く読むことができなかったことが嘘のように今では読むことができますが、本屋さんでは、「えださんの…」もしくは『愛とは言えない』が欲しいとか何とか言ってでごまかしていた記憶があります。(笑)

匿名
3
グッジョブ

人名だと思えないくらいインパクトの強いお名前だと思います。『記憶に残る』ことが狙いならこの上なく成功しています。

匿名
5
グッジョブ

もはやどこまでが苗字で名前か謎。

匿名
3
グッジョブ

ずっと『ひでらこさん』だと思っていました(笑)未だに秀/良子で分けるのか、秀良子なのか…悩みます

コメント

  • mattunobu 13/10/04 15:24

    しゅうりょうこさんだと思っていました。

匿名
3
グッジョブ

1人目のエピソードにかぶりますが、あいうえお順に本を並べて整理しております。 「難読の作家さん、他にもいらっしゃったよな…」 と探していて、気づきました。 この方の本、難しい名前とも意識することなく、冬坂ころもさんや深瀬アカネさんと一緒に、 今まで自然に「ふ」の所に入れてました…。 「し」の所に入れなおしますね?orz

匿名
6
グッジョブ

ツッコミどころがわかりません

匿名
8
グッジョブ

地元の地名に『椹(さわら)』がつくものがありますので、てっきり『さわらのみちる』先生だとばかり思い込んでいました。その後、実は『ふしのみちる』先生だと知って『声に出す機会がなくてよかった』とほっとしました。

匿名
4
グッジョブ

全く読めませんでした。 私の中ではくすだとうりさんと 勝手に呼ばさせて頂いてました。 この呼び方は絶対間違っていると分かっていたので初めて名前を知った時は『やっぱり間違って呼んでたな。』と思いました。

匿名
7
グッジョブ

すみません~!!先に先生のファンの方々に謝罪をさせて頂きたいと思います(;_;) 「春抱き」を読み始めて好きになり、すぐに「春抱き」ではない作品の先生のサイン会が近くの書店さんにあったのですが… その時私は、「春抱き」「春抱き」と思っており、先生の名前まできちんと把握していなかった若かった高校生の私。(失礼だ!バカ、バカ!) 描かれるものが男らしい雰囲気から、書店の方に”にったひろかつ”先生のサイン会に申込みたいんですが!と言ってしまい、その女の書店の方もファンの方だったのか、思いっきり横目で睨まれて「”にったゆうか”先生でしょう?」と言われてしまい、かなり冷や汗をかいてしまいました(>_<;) 当時の私にはどうしても先生のお名前の”祐克”が読めませんでした。ごめんなさい(´;ω;`) ちょっとトラウマ的になってしまいましたが、今では先生のお名前、インプットされております! 他の先生方も調べ、チェック!チェック!(´ε`;) ちるちるさんも読み方を書いてくださってるので、重宝させていただいております!(ありがたい!感謝!)