>
>
>
難読不思議作家名

難読不思議作家名

古来よりエロい系作家さんは、どう読むのかさっぱりわからない名前、ネタ重視でお遊びで名前をつけてそのまま今日まで至るという伝統がありま す。特 にBL作家さんは、難読系、おもしろ系とレパートリーが広いのが特徴。知って いるようでもいざ声の出して読んでみると友達から「それ違 うよ」と指摘さ れた経験はありませんか。今回は声に出して読んでも間違えない!ために作家 名をもう一度復習してみましょう。

匿名
5
グッジョブ

「畔」が読めなかったのですが、分かった瞬間吹きました。

匿名
5
グッジョブ

'この方も代表かと思いますが、「尤」を「ゆう」と読むなんて初めて知りました。勉強になります。 榎田先生もまた、変換が出ないため辞書登録済みです。 こうしてわたしの辞書は人にはあまり見せられなくなっていくのです…笑''

匿名
7
グッジョブ

書店で『きはらおとせさんの本ってどこですか?』と尋ねたら『きはらなりせさんですね。』と言い直されてしまいました。この方の名前はずっときはらおとせさんで合っていると思い込んでいたので恥ずかしかったです。もうこれからは間違えません!

匿名
3
グッジョブ

この名前は何が由来なのか全く検討がつきません。他の作家さんの様に苗字と名前に分かれているのか、それとも一続きであおいれびんなのか気になります。

コメント

  • 眠れる森 13/10/07 08:57

    由来は実は「青いレビン」という車です。
    http://www.carsensor.net/usedcar/bTO/s049/colorBL/index.html

匿名
8
グッジョブ

語シスコさんと雁須磨子さんも迷いましたが大阪在住としてはこの方推しで! もうなんていうか「そのままやんっ!」て感じです。笑 大阪の天王寺にあるファッションビルの名前です。天王寺MIO。 そのまますぎて逆に何故そのお名前にしたのか気になります。 「心斎橋パルコさん」もそれ系ですよね。 他にも商業施設のお名前の方がいるのかすら気になります。

匿名
4
グッジョブ

初めて拝見した際、名字なのか名前なのか分からず、 名前の由来も想像がつかず、不思議なお名前だなぁと思いました。

匿名
8
グッジョブ

地元の地名に『椹(さわら)』がつくものがありますので、てっきり『さわらのみちる』先生だとばかり思い込んでいました。その後、実は『ふしのみちる』先生だと知って『声に出す機会がなくてよかった』とほっとしました。

匿名
1
グッジョブ

初見はもちろん未だに読めなくなります。どうしても「ひでらこ先生」と読んでしまいます。良子がどうやっても「よしこ」に変換されない!!

匿名
10
グッジョブ

本屋で探そうと思い棚を見ると作家のアイウエオ順に並んでいて、ずっと「り」で探していたので見つからずガックリと(´Д`) その後「ろ」だったと知り、無事に購入できました(*´∀`)

匿名
5
グッジョブ

もはやどこまでが苗字で名前か謎。

匿名
8
グッジョブ

普通は「はるはら」と読むと思います。珍しい苗字はフリガナを確認しますが、普通に読めると思った故にながらく間違いに気づきませんでした

匿名
3
グッジョブ

初めてこの名前を目にした時から どうしてこの名前にされたのか疑問に思っていました。勝手な憶測ですが腰が好きな方だから名前に入れた。と、人には絶対言いませんが そう思っています。

匿名
8
グッジョブ

この方も今は大好きな作家さんなんですが…暫くエイダさんとお呼びしてました…(あ~恥ずかし^^;)

コメント

  • roseーlily 13/10/05 21:45

    「えいだ」か「ひでた」かな?と思っていたら。
    「あいだ」だとは…。
    一本とられた感じですw

匿名
4
グッジョブ

大抵・・・いや、ほぼ全部の作家さんが姓名なしのワンネームか、姓+名のお名前なのですが、 この方の名前を見るとなんかモヤッとします。田中にも鈴木にも名前の要素が皆無だからです。 普通過ぎる苗字を二つ重ねただけでこんなに不思議感を感じるのがむしろ不思議です。

コメント

  • roseーlily 13/10/05 19:17

    私はBLハマったばかりの頃、井上佐藤先生と田中鈴木先生の見分けが出来ませんでしたw
    しかも二人組で描かれているのかと思っていましたし☆
    ほんと不思議なインパクトです!

匿名
11
グッジョブ

漢字自体は難しいものではなく、最初は「きはらおとせ」と読んでいました。その後、「このはらなりせ」だと知りました。 宅配便のアルバイトをしていた際、ある荷物のお届け先のお名前が「木原さん」だったのです。「このはら」がきた!と思い、オートロックのインターフォン越しに「このはらさんのお宅でよろしいでしょうか?」ときいたら、「…え、いや、きはらですけど…」と返されました。わざわざ難しく読んで間違えるという小っ恥ずかしい思いをしました。

匿名
17
グッジョブ

当時、友達から借りて読んで、最初子供ながら素直に、”ほんじんもどる”先生と読んでいたのですが… 耽美、シリアス、ギャグと描かれる先生。 著者紹介で”もとにもどる”先生だと知り、ネーミングセンスもGOOD!な先生に(笑) 友達もファンで、何冊か借りて二人でハマってました♪

匿名
3
グッジョブ

思い込みで「きがわ」と思った為に書店の本棚にない!!「ひ」はずーと先でした。

匿名
1
グッジョブ

不思議ではないけれど、こういうペンネームもありなんだと思いました。

匿名
3
グッジョブ

もっとも以外に読んだことのある人がどれだけいるか

匿名
9
グッジョブ

横文字オンリーの作家さんは、本屋さんで沢山並んでいる中で探す時は目につきやすいのですが、イチから思い出そうとすると全く出て来ません(笑)大好きな作家さんなのですが、覚えるまでに時間がかかり、必要なシーンで思い出せなかったことが多かったです。

匿名
10
グッジョブ

''きゅうごう'と読むと知ったのはほんの二年前でした。 それまではヴィジュアル系バンドのアリスナインの'ナイン'が漢字で'九號'と書くのでずっと'ナイン'と読んでいました。 というかその呼び方に慣れてしまい今でも'ナインさん'と呼んでしまっています。。。'

匿名
3
グッジョブ

ずっと『ひでらこさん』だと思っていました(笑)未だに秀/良子で分けるのか、秀良子なのか…悩みます

コメント

  • mattunobu 13/10/04 15:24

    しゅうりょうこさんだと思っていました。

匿名
10
グッジョブ

大変申し訳ない話なのですが、作家さんの名前をなんとなく文字をみて「こう読むのかな?」と感覚で読んでいることが多く、ちるちるに来るようになり検索の過程で正しい読み方を知った作家さんが実はたくさんいます。 特に携帯やPCで変換できない作家さんは間違え率高し。 椹野さんは疑うことなく「じんの」と読むと思っていました。 「じんのどうりゅう」さんと読んでいたので結果「の」しか合ってなかった間違えっぷり。 「椹」は携帯では『じん』からしか変換できないので、全く疑っておらず最近ここで作品を探す過程でふりがなを見てびっくりしました…メス花シリーズの頃から読ませていただいていたので10年以上間違えててごめんなさーい\(>_<)/

匿名
7
グッジョブ

すみません~!!先に先生のファンの方々に謝罪をさせて頂きたいと思います(;_;) 「春抱き」を読み始めて好きになり、すぐに「春抱き」ではない作品の先生のサイン会が近くの書店さんにあったのですが… その時私は、「春抱き」「春抱き」と思っており、先生の名前まできちんと把握していなかった若かった高校生の私。(失礼だ!バカ、バカ!) 描かれるものが男らしい雰囲気から、書店の方に”にったひろかつ”先生のサイン会に申込みたいんですが!と言ってしまい、その女の書店の方もファンの方だったのか、思いっきり横目で睨まれて「”にったゆうか”先生でしょう?」と言われてしまい、かなり冷や汗をかいてしまいました(>_<;) 当時の私にはどうしても先生のお名前の”祐克”が読めませんでした。ごめんなさい(´;ω;`) ちょっとトラウマ的になってしまいましたが、今では先生のお名前、インプットされております! 他の先生方も調べ、チェック!チェック!(´ε`;) ちるちるさんも読み方を書いてくださってるので、重宝させていただいております!(ありがたい!感謝!)

匿名
14
グッジョブ

パッと一目見て「みぶふうこ」 みぶは「壬生」なのにね~(恥)

匿名
3
グッジョブ

尤も利益?尤も利率?尤も利口?尤も利発?

匿名
6
グッジョブ

不思議というよりも面白い名前だと思いました。 先生の名前を見ると、たくさんのお豆さんが賑やかに集っている光景が目に浮かんできて、 名前を見ただけで楽しい気分になったり和やかな気持ちになります。 そういう、不思議な感覚になるという意味では、不思議な名前だと言えると思いました。

匿名
0
グッジョブ

実は漢字検定準一級…を目指して勉強していたことがあるのであんまり「読めない!」ほど酷い名前にはぶち当たらないのですが、意外に簡単そうな苗字程読めなかったりするのです。 そして変な知識がついてるがゆえにあいうえお順に本を並べて整理する際に邪魔をするのです。 この方の場合は、作家買いするほどたくさん持ってるにもかかわらず、 元々自分が好きだった漫画家さんが正しく読むことの邪魔をしてしばらくの間間違った位置に存在していました。 その漫画家さんのお名前は・・・西原理恵子(さいばらりえこ)さんです。 そのせいで西原ケイタさんの本も自然に「さ」の位置に入っていて、中がきに書いてある読み仮名見て「うわっ」と思いながら直した記憶が。 まぁ、素直に読めば「にしはら」さんですよね・・・考えすぎました。

匿名
5
グッジョブ

一瞬読めなくて思わずちるちるさんにまでやってきて検索へゴー(笑)ロンドン?パリ??ってなりました…私はロンドンもパリも行ったことないんですけれども、倫敦巴里子さんにはよほど思い入れのある地なのかなと気になって仕方ないです…!是非お聞きしてみたいものです。

コメント

  • roseーlily 13/10/05 19:24

    ロンドン・パリ(ロンパリ)は海を隔てて離れているので、「離れている」という比喩に使われたりしますが。
    遠距離恋愛とかすれ違い、みたいな意味かしら?と思っていました。
    先生の真意はどうなんでしょうね?

匿名
5
グッジョブ

だいたい話の話題で出すとSMが好きと勘違いされます