『最凶の恋人-ルームメイト-』書き下ろしショートストーリー

sakyou no koibito roommate kakioroshi short story

『最凶の恋人-ルームメイト-』書き下ろしショートストーリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
小冊子
出版社
リブレ
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
『最凶の恋人-ルームメイト-』

あらすじ

フェア対象店購入者限定配布書下ろしペーパー
『組員日記』千住組の下っ端・木野祐作くんの日記。

表題作『最凶の恋人-ルームメイト-』書き下ろしショートストーリー

千住柾鷹・千住組組長
朝木遥・教師

評価・レビューする

レビュー投稿数1

下っ端組員日記。

『最凶の恋人-ルームメイト-』の限定配布書下ろしペーパーです。

ちょっと普通(というのか、まあこういう番外編ペーパーのパターン)とは趣向を変えて、千住組の下っ端・祐作くんの日記形式。
ちなみに、この『祐作くん日記』は水壬さんの同人誌に少しと、あとは現在雑誌の方で継続的に書かれているようですね。本編では、ホントにチョイ役だったんだけど!

というわけで本題です。
本編で描かれたエピソードの裏を祐作くん視点でって感じですね。

まずは、遙(受)が柾鷹(攻・千住組組長)のもとへ引っ越してきた日(本宅ではなく、とりあえずマンションへ)のことを回想で。

祐作くんが『組長のコレ(小指)の引越しの手伝い』だと言われて連れていかれた先で、組長が『男の姐さん』に蹴りだされた場面に遭遇し・・・
なかなかキョーレツな初対面だったようです。


次は知紘(組長の息子・サブCPの受)について。

生野(知紘の守り役・サブCPの攻)が先輩にソープに連れて行かれたことを羨む祐作くん。


最後は、組長のお供で遙のマンションへ行く際になぜか生野も一緒で、しかも組長が遙と会って続きいる間組員は隣室待機で交代で外で張り番のはずが、生野だけが組長と遙の部屋へ。
柾鷹が生野に教えた時ですね。

そして祐作くん、若頭になら・・・らしいです。


私はこちらの本編はメインの柾鷹×遙がまったくダメなんですが(サブの生野×知紘は大好き)、それとは関係なくこういうコメディ(ギャグ?)はすごく面白かったです。

むしろ、こちらはメインCP視点じゃなくてよかったかも。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ