最凶の恋人 ―極道と俳優―

saikyo no koibito

最凶の恋人 ―極道と俳優―
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
13
評価数
3
平均
4.3 / 5
神率
66.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイSLASHノベルズ
発売日
価格
¥889(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784799738306

あらすじ

最高学府に通う物静かな青年――後の千住組若頭・狩屋秋俊。
彼は大役のオーディションを射止めるための役作りをと粘る若手俳優・遊馬ケイを
自分の部屋住みとして引き受ける。
約束の日数を無事すごすなか、組絡みの事件に巻き込まれた遊馬の失態を
払拭すべくとった狩屋の落とし前とは…!

また、以前から「組員日記」などでもお馴染みの
組内の采配を預かる舎弟頭・前嶋と、千住組の無愛想な金庫番・斉木奏。
互いの利益の為に抱き、抱かれる二人のラブストーリーを長編書き下ろしで収録。

高校卒業後、母校で再会するまでの10年のあいだ遙とは離れていたはずの柾鷹。
彼の遙に対する知られざる胸キュンエピソードも書き下ろしでお届け!

評価・レビューする

レビュー投稿数1

BL要素は薄いけど寡黙で有能な若頭 狩屋ファンにはうれしいエピソード

『極道と俳優』
寡黙で有能な若頭 狩屋の若かりし頃のエピソード
元子役で一度どん底まで落ちた中堅俳優 ケイの再起のきっかけに関わりことになった狩屋。
短い時間の中で接した極道の生き様やビジネスマンとして仕事のできる男 狩屋の魅力満載です。
シリーズ1冊目で遥に強引にことに及んだ柾鷹の後始末を淡々としていた高校生の姿を思い出します。
この物語では、極道と俳優の二人が出会い10年以上たって再会し過去を回想しまた別れて行くときに、立場上接点を持てないことを再確認しつつもそれを惜しむ感情が垣間見られじれったさと切なさを秘めた終わり方でした。
男惚れなのか恋愛感情なのか判然としませんがケイは忘れられない男として狩屋のことを生涯記憶の奥底にしまっておく特別な存在なのかなと思いました。
クールで謎が多い狩屋にも恋未満の淡い好意が芽生えた時期があったのではと思いました。
立場が違えばあるいはもっと長い時間接することが可能だったならと、もしもを重ねるとあったかもしれない二人の時間を妄想してしまいました。

『金庫番』
レギュラーな名脇役 舎弟頭 前嶋 × 金庫番2代目斉木湊
ゲスな男に捨てられ自暴自棄な湊を拾ってしまった前嶋
組の安全のためとか色々言い訳しつつも湊に振り回されても放って置けない世話焼きな前嶋でした。
お堅い職業の割に口が滑ったりヤケになって馬鹿なことをしでかし男を見る目のない湊
色々あったけれどいい男に出会えて収まるとこに収まったので今後は親の跡を継ぐべく立派な金庫番に成長して行くことでしょう

『写真』
柾鷹が遥と会えなかった10年間
健気で一途な柾鷹の行動
ストーカーだけど胸キュンエピソードでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ