「NightS」リブレ通販特典キャストトークCD

nights

「NightS」リブレ通販特典キャストトークCD
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ドラマCD「NightS」

商品説明

「リプライ」にご出演の
前野智昭さん、間島淳司さんによる通販特典キャストトークCD。
17分42秒。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

普通な人々が普通に恋愛するんだけど、少しだけ特別な…

丁度収録が終わった直後の録りで「リプライ」について振り返る、
前野さんと間島さんのお二人のトークです。
お二人のお話では先生は「地味」「普通」という言葉を推しておられたとか。
確かに二人ともただのリーマンで、どこにでもいそうな普通の人たちなので、
ツヤッぽさやいかにもな雰囲気を出さないで欲しいということだったんだろうと思います。
声優さんたちの演技から、その意図は充分反映されていたと感じました。

◆ご本人たちが演じたキャラクターについて、演じやすかったかどうか?
前野さんが演じる高見はくあまり感情を出さないタイプだったので、
前野さん的にはつかみにくいキャラクターだったようです。
そして間島さん演じる関はまっすぐな性格で、隠してもバレてしまう、そういうところが間島さん的にはやりやすかったようです。

◆お二人の印象深かったことは?
録りの時に久しぶりに利根さん(マネージャー役)に会うと、
利根さんのボンバーヘッドがストレートになっていて、それが印象深かったそうですw
利根さんは「人間になりたい」と言っていたそうですw
もとい、モテたいがために髪型を変え続きたそうです。
収録内容よりも利根さんのボンバーヘッドが変わっていたことが一番印象深かったとか、…た、確かに…w

そしてこのあとも現場のお話が続き。
この日、現場には間島さんの後輩が二人ほどいたそうで、間島さんは後輩の前なので「先輩としていいとこ見せないと」と気を引き締めて、声をあてたそうです。
前野さんも後輩がいたので間島さんと同じく気を引き締めて録りに臨んだそうです。

◆キャラクターと自分の似ているところは?
高見@前野さんはあんまり感情が出ないところがご自身と似ているところだとおっしゃっていました。写真撮影の時はあんまり笑えないんだそうです。単に笑顔で写るのが嫌いだからなんだそうですwそれと、高見のように「欲しい」と思うと我慢できなくなるところも似ているんだとか。
我慢できず、カレーも作りたくなると急に作ったり、欲しいゲームもすぐ買ってしまうそうですw

そして関@間島さんは逆に欲しいものがあっても三日は我慢するそうですwそれに対してものすごい驚いている前野さんでしたwしかし我慢をしてしまう間島さんもインターネット通販の魔力には抗えないようで、すぐにポチっとできてしまうのでアレは危ない!とおっしゃっていました。
そして更に関と同じく自分は真面目なキャラだと言い出す間島さん。「まじま」だけに「まじめ」なんだとかwそこで前野さんが「そんなことは皆さん知ってますよ~!」とやけに力強くフォローを入れておられ、フォローが逆効果w

◆思ったことが顔に出てしまうほう?
間島さんはポーカーフェイスタイプらしく、あまり顔には出ないそうです。でも心の中では怒っていたりするそうです。そして間違っていると言えないそうです。
そして前野さんは顔に出てしまうタイプで、まずいなと思っているそうです。けれど社会人として人前で言葉に出すのはまずいと思っているとか。

◆営業か整備士、やるならどっち?
前野さんは茨木出身でヤンキーも多く、車が好きだったので、整備士かな?と。人見知りなので営業はムリとおっしゃっていました。
間島さんは営業マンのほうを取りました。汚れるのが嫌なんだそうです。もし声優になっていなかったら公務員になっていたかも、とのこと。お家的にそういう考え方のおうちだったようです。
どうやらキャラクターとは反対の二人でした。

◆最近ハマっていること。
前野さんは掃除・料理・洗濯など家庭的な活動にハマっているそうです。
「ヤバイんですよ、完全に一人で生きていける」と語る前野さん。
独身者の誰もが通る道だそうで、これでペットに転ぶとヤバイそうです。
「35のおっさんがぬいぐるみだっこして寝ているのはヤバイ」とおっしゃっていましたw
前野さんぬいぐるみと寝ているのかw
ご本人が幸せならいいと思います!!

◆最後に。
前野さんは「丁寧に録っていただいたので良いものに出来上がっているのでよろしくお願いします!」とおっしゃっていました。
間島さんは「すごく普通な人々が普通に恋愛するんだけど、ちょっとだけ特別なだけで、身近な感情だと思った」とおっしゃっていました。
そしてまだ二人の続きが読みたいとおっしゃっていました。
私も続きがあったら読みたいな~と思いながら聴き終えました^^
お二人ともお疲れ様でした~。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ