ラディスラスの楽しみ「海上の絶対君主―支配者の弱点―」番外編

Ladislas no tanoshimi

ラディスラスの楽しみ「海上の絶対君主―支配者の弱点―」番外編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
海上の絶対君主―支配者の弱点―(但フェア開催店購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念
フェア店限定初回特典書き下ろしペーパー
ラディスラス視点で彼の一日の始まりが語られています。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラディスラスの希望

本品は『海上の絶対君主―支配者の弱点―』の
フェア書店限定特典ペーパーです。

ラディスラス視点で彼の生活が語られています。

ラディスラスは海賊船エイバルの船長です。

船での生活は毎日が刺激と緊張に満ちていて
生きているという実感がありますが
珠生と出会ってからはその生活に
新鮮さと楽しさに満ち溢れたものになりました。

ラディスラスの朝はまず
珠生をからかう事から始まりますが
珠生の言動はラディスラスには可愛いばかり♪

操舵室で航路を検討している最中も
片腕であるラシェル相手に惚気てしまい
ラシェルに呆れられてしまいます。

それでも律義なラシェルが
ラディスラスの話に付合ってくれる為
アズハルが問題だと愚痴ります。

アズハルとの勉強の成果で
意思疎通ができるようになったのは
大歓迎なのですが

余計な言葉ばっかり教えているのが
かなり不満だと言うのです。

もっとこう、可愛い言葉でも
教えてやればいいと思わないか?
好きとか、愛してるとか、一晩中抱いてとか…

珠生はどうやらラディスラスの事を
遊ん続きでばかりだと思っているようだが
船長という立場は重い責任があるのです。

果たしてそんなラディスラスの思いは
珠生に届くのか?!

B5サイズ縦版・片面で
縦書きのSSペーパーになります。

いきなり現れた珠生によって
生き方を変化させたラディスラスのお話です。

珠生という存在に出会ってから
人生に親切さと楽しさがましたラディスラス。

船長として数十人の乗組員の命を
預かっているという自覚はあるし、
海上という状況は常に気を配らなければならない
危険と隣り合わせ名のもわかっています。

それでも自分が海で見つけた
白くて小さな少年を他の男になんて
絶対渡さないと思っているのですよね。

見た目も言動も男前なラディスラスを
珠生が撃沈させる日なんてくるのかなぁ。

どっちかといわなくても
全ては珠生の頑張り次第ぽいですよね♪

次巻は7月の予定みたいですが
次も番外ペーパー期待しちゃいます (^o^)丿

・追記・
アズハルが余計な言葉を教えるとあるので
こちらがスペシャルペーパーかなと思いますが
記載がないので不明です。
入手の際には店頭チェックしてください。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ