答えて姐さん 腐女子の掲示板 「探し物」



良かったけどしばらく読みたくないと思ったBL

匿名

19/04/26 12:47

回答数:9

閲覧ありがとうございます。

みなさん、「この作品はもうしばらく読まなくていいや…」「あと10年は読みたくない」と思った作品ってありますか?あったら是非教えてください♪
それでもしばらく経つと不思議と読みたくなる作品だとなお嬉しいです。
(単に面白くなくて読みたくないと思ったというのは無しでお願いします〜!)

わたしの場合はユイジ先生の「刺青の男」(重すぎる傑作)、灼先生の「続・あおに鳴く」(オチがしんどすぎるけど絵もオチ以外も好き)、などです。

漫画でも小説でも!
ご回答お待ちしてます〜

回答一覧

9. No Title

「刺青の男」「あおに鳴く」「カラーレシピ」どれも好きな作品です(*^^*)

でも、確かに読み返すか?と言われると、なかなか…な作品ですね(^^;

私のそんな作品は、中村明日美子先生の「ダブルミンツ」です。

2人のみつおが堕ちて行く様や仄暗い感じがゾクゾクすると同時に、暴力の描写やその他諸々がやっぱり苦手でもう二度と読み返せません。

一種のトラウマ的な感じです。

古書店等で見掛けても「うわっΣ(゚д゚;)」っと思ってしまうレベルですが、もう一度読んでみようか…イヤイヤ無理だわ(>_<)

2

8. No Title

・綺月陣さんの「背徳のマリア」
読んですごくよかった、思っています。これはある意味で究極な小説ですね。
でも、怖くて怖くて、読み終わって寝るとき、思わず本を自分からできるだけ遠くに置きました。私は、血の描写が苦手なのです、…この作品ではそれだけじゃありませんが。
たぶん読み返さないと思います。

3

7. No Title

凪良ゆう先生の①「薔薇色じゃない」②「2119 9 29」③「おやすみなさい、また明日」

①は身に沁みすぎるから。3年に1回ぐらい読み返せるかもと思う。
②③は目溶けるか思うほど泣くから読み返しは絶対しない、けど絶対手元に置いておく。

6. No Title

英田サキ先生の「ダブル・バインド」。
キャラはほんと大好きなのですが、取り扱っている事件が個人的にずんと重く感じて…なかなか読み返そうという気になれません。
二人のやりとりとかを記憶で反芻して楽しんでいます(笑)

5. No Title

私にとって読み返せない本は
かわい有美子さんの「 UNDER THE HEAVEN 」です。

かわい先生大好きで、この本もとても良かったのですが、
主人公の身に降りかかる事件が身体的にもメンタル的にも凄惨過ぎてあまりの悲劇っぷりに読んだ時には震えあがりました。
最後まで読んで事件を乗り越えていく主人公に心から感動したんですが、そのシーンは今も遠目薄目で読み飛ばしてます。
また昔の本の新装版のせいかそんなシーンが暗く細かくねっとりと…(私は新装版しか読んだことないのですが)
でも好きなんですけど〜!

後味も悪くないしストーリーも骨太で素敵です。
私が痛い描写がダメなだけ…

4. スレ主です

・匿名1番様
木原作品は数冊しか読んだことがないのですがどれも疲れますね笑 でも挙げていただいた作品は読んだことないので読んでみようと思います!

・匿名2番様
窮鼠〜大好きな作品です!年に1度くらいしか読み返しませんが…笑 映画化が楽しみですね。

・匿名3番様
あおに鳴く、わかっていただいて本当に嬉しいです!トラウマです。
そしてカラーレシピ、大好きです!心が折れますよね。久しぶりに読み返したくなりました。

3. No Title

「続・あおに鳴く」すっごくわかります!
新刊で読んで号泣して以来怖くて本開いていません。
読み返すまで数年心の整理が欲しいかんじです。

出てないのだと「カラーレシピ(下)」
読み返す前にまず心の準備が必要になってます。

2. No Title

そういう作品ありますよね!
私は水城せとな先生の「窮鼠はチーズの夢を見る」と「俎上の鯉は二度跳ねる」で、しばらくはもう読みたくないな…となりました。

絵も好きだし、話もページを捲る手が止まらなくなるほど面白いんですけど、展開がすごくしんどいんですよね。メンタルごりごり削られます…。
でもいつかまた読み返して、またダメージ受けそうです(笑)

1. No Title

木原音瀬先生の「FRAGILE」「WELL」「灰の月」あたりは読むとどっと疲れます。

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP