答えて姐さん 腐女子の掲示板 「初心者の質問」



Holly NOVELSさんの電子書籍絶版…?

匿名

19/07/01 00:55

回答数:15

初めて投稿します。初心者なので、失礼があったら申し訳ありません。

Holly NOVELSさんの電子書籍が絶版?している様子なんですが、これってもう電子版は手に入らないってことでしょうか?

私は木原音瀬先生の大ファンで、自分では手にはいる木原先生の電子書籍は全部持ってるんですが、新しく商業誌にハマった友達に「美しいこと」や「箱の中」「檻の外」、「さようなら、と君は手を振った」等、Holly NOVELSさんから出てる木原先生の名作が紹介できないことに、ショックが大きすぎて…。

紙書籍で買えばいい、という意見もわかります。
ただ子持ちとしては子どもに見られる可能性を考えると、電子で夜中にこっそり読めるのが密かな楽しみなんです。

本社にも問い合わせてみるつもりですが、この悲しみを分かち合える方がみえるといいなと思い、こちらに投稿しました。

尾上先生の1945シリーズもいつか購入したいな、と思ってたので、すごく残念です。

未完の「吸血鬼と愉快な仲間たち」はどうなるのか…。
もう辛くてめっちゃ落ち込んでいます。

他にも好きなシリーズや作家さんいるんですが、「他の出版社は大丈夫なの!?」と、不安で仕方ないです。
こんなこと、以前にもあったんでしょうか?

回答一覧

15. No Title

木原先生の「箱の中・檻の外」は講談社文庫版がまだ電子で販売されていますが、挿絵なし・「それから、のちの…」と「雨の日」と「なつやすみ」が入っていません。
「美しいこと」(愛しいことは入っていません)と「秘密」も講談社文庫版は電子で読むことができます。

14. No Title

>>13
電子で読めないと思うと無性に読みたくなりますよね…
もしも次「箱の中・檻の外」が電子化されることがあるのなら、応募者全員サービスの「すすきのはら」まで収録してくれないかなあ…

13. No Title

うわあああん
箱の中檻の外の電子がほしいいよおおおおお

12. No Title

契約終了なら逆に言えば作品は作家様の自由になる訳で、他に移る気の無い方なら個人で有料電子配信も出来る筈です。
同人活動なさってる方ならかなり可能性はあると思います。
ダメもとで作家様にお願いしてみては?
要望の数が多ければ検討してくださるかも知れません。

契約がそのままなら作家様にはどうにもならないので出版社に電子の再配信のお願いを出すくらいしかこちらから出来ることは無いと思います。

11. No Title

>>10
情報ありがとうございます。
1945シリーズとか紙で買っとかないと読めなくなりそうですね。
ホーリーなどBL小説は電子派が多くて古本もあまり流通していないようですから。

10. No Title

尾上与一先生は出版社と契約終了されるそうです。
今後、別の出版社から出すことは今のところ考えてないと先生がおっしゃっていたので、どうして読むならまだ流通してる紙本を購入されることをおすすめします。
契約終了しても、紙本は在庫がなくなるまでは販売されるようです。

木原音瀬先生は吸血鬼の続きをなんとかしたいようなこともおっしゃっていたので、もしかすると続きが出るといいなあと思ってます。

9. No Title

一時的な配信停止だと思うけど?
電子が配信停止、すわ紙本も出版停止、と慌て買いするお客にどんどん紙本を買わせておいて、何年か後、紙本ではこれまでと判断したら今度また電子で再配信するんじゃない?
要するに購買意欲を持たせるための戦略かと。

8. No Title

マジデスカ……。

携帯からスマホへの移行で事故って、「美しいこと」「愛しいこと」「秘密」の電子版が消えたんですが、一回読んだから買い直す優先度が低くて、買い直してなかったんですよね……。特に「秘密」は、茶屋町さんの挿絵も好きだったから、講談社版じゃ物足らないし……。紙版も今更売ってないし、ショックがでかい……。

一回電子化したものなんだから、販売続けてくれれば良いのに……。みんなで親会社に陳情したらなんとかならないかな……。

7. No Title

続投します。詳しく調べると、別会社グループでなく親会社が子会社の蒼竜社を吸収だったようですね。こうなると、経営上どうしようも無かったのかなーと納得しましたw ちょっとスッキリしました。

6. No Title

吸収した辰巳グループが思い入れもなく、切り捨てたんだね〜。

1年前ツイッターの挨拶を見て、吸収後もこのレーベル存続をしてくれるとばかり思ってた。。経営陣にBL作品の価値を認められずに切り捨てに至ったんだろうね。

作品の質の高いレーベルだったので哀しいけれど、あくまで蒼竜社が創り上げたHolly NOVELSなので、そのメンバーからレーベルが離れた時点で消滅は免れなかったのか。。それでもせめて過去作品は変わらず出版して欲しかったわ。電子書籍も無しって。。やり方がねー。

吸収後、新しい本が一冊でも出版されて、全く売れなかったのならまだ納得いくけれど、それもなかったし、この出版グループに不信感を抱いてしまう。吸収した出版社によっては、採算は余り見込めないにしても、過去作品の価値を見出して、過去作品は残す選択はあったろうし、これも巡り合わせだろうな。

5. レスありがとうございます!

>>4トピ主です!レスありがとうございます!

それがスコラマガジンの電子書籍も全部消えています……。

私が本社勤めで権限があれば、

子会社のHollyもスコラも上手くいかない→それなら売れない分の経費を切る。どの経費を削るか?→それが電子書籍掲載分の経費だった→電子サヨナラ=紙書籍もサヨナラ、(最悪売り切る前に)絶版にして在庫分のスペースをあける→子会社は切り捨てて本社の販売に力をいれる

という判断を下すので……あくまでも個人的な見解ですが。

電子書籍すら切り捨てたものを、新装版で出版し直して利益を出そう、なんて思うんでしょうか……。出版業界は本を出しても売れない時代なので、切り捨てた本を出版しなおす、ということは、なんだか想像できません。

「電子書籍で復活する場合もあるよ」とどこかで読みましたが、会社がなくなっても復活するのかな、なんて。
本社にメール送ることで、復活してくれるんですかねぇ(涙)

そう!LOVE & CATCHの電子化、めっっちゃ待ってたんですよ!吸血鬼だって、確か木原先生が、同人誌で「来年はいい報告ができそうです」って、数年前におっしゃってたはず!

何かしらの形で、Hollyが生き残れないのか、ちるちるさんとか通して何かできないのか、すごく考えてるんですが、アイデアが浮かばないです(泣)

4. No Title

えっえっ、このトピを見て初めてholly novels…というか蒼竜社?さんの電子書籍が消えてることに気づきました…
これって蒼竜社(Holly novels)が2018年6月に本社辰巳出版のグループ会社、スコラマガジンと合併したことが原因ですよね…??
でも倒産じゃないなら、新装版?としてまた出たりします…よね??しませんか?w
大好きなあの作品もあの作品も全部電子と紙の両方で揃えておけばよかった〜〜〜〜…後悔しても遅いですが……
(トピ主さんと同じく吸血鬼と〜〜…のことが気がかりです…)
木原音瀬作品…LOVE&CATCHだけ電子化されてなくてずっと電子化待ってたのに…もう電子で読めないかもしれないなんてショックがでかい…

3. レスありがとうございます!

>>2トピ主です!レスありがとうございます!
問題は版権かなぁって…著作権は作家さんのものですが、出版する権利は出版社のものなので、他の出版社さんがHOLLYの本社から版権買わない限り、出版は難しいのかなぁ…あんまり法律詳しくないんですけども;

ほんと、ちるちるさんで名作と呼ばれている作品たちが、こんなに簡単に電子でなくなっちゃうなんて、他の小説は大丈夫なのかなって、すごく心配です。

出版社はやっぱり紙媒体発売日の初めの週の売上がすごく重要だと何度も書籍関係の記事で読んでたんですが、ここまでやられるなんて思ってもいませんでした。
私も電子派なんですが、紙媒体も買うべきなんでしょうか…でも紙で買うと電子出してくれるのか?という疑問もありますし、とても悩みます;

2. No Title

私がHolly NOVELSで読んだのは、紙本で購入した数冊です。
紙と電子で両方買うことはなるべくしない派で、電子書籍では購入していないのですが、もしも紙本が読めなくなってしまったら後悔することになるのでしょうか。

レーベルの公式サイトが無くなった今、ちるちるだけが情報の保管庫のようですね。
個人的に思うのは、Holly NOVELS作品は今後、作家さんからのレーベル移籍情報を待つしかないのかも。

1. すみません、既に情報出てましたね;

トピ主です。
すみません、電子書籍の情報スレで情報が出てましたね;申し訳ありません;

でも、でも、もう、このことだけについて、悲しみを分かち合いたくて、ごめんなさい…!
本当にショックです…ツラい…

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP