注目の新人作家

紹介文

思春期ならではのあやうさ漂う学園モノBLを多く手がけるカシオ先生。このたびは二誌のアンソロジーで発表された作品が、短編集『小津くんのヰタ・セクスアリス』としてまとめられました。収録作、そしてカシオ先生の漫画への姿勢など、インタビューしました。



Q. ペンネームの由来や込めた思いなど教えていただけますでしょうか。

A:同人誌を作る時に使っていた、適当につけたペンネームでした。初めて声をかけてくださった担当さんが「同じペンネームの方が二次創作から見て下さる方に分かりやすいですよ~」とおっしゃっていて、そっか~! と思ってそのまま……な感じです。

Q. カシオ先生の作品で私が印象的なのが、思春期のぎこちなさや背徳感が伝わってくる絵柄やストーリーなのですが、このたびリリースされる短編集の表題作『小津くんのヰタ・セクスアリス』は、三十路に突入した主人公の小津くんと、元同級生の蘭(あららぎ)のお話ですね。森鴎外の小説から表題を取ったのでしょうか。BLぽくなくて目を引きました。ストーリーの着想や、三十路を描こうと思われた心境など、聞かせてください。

A:はい、その小説『ヰタ・セクスアリス』が国語の授業で、性欲史とかの意で、おまけに発禁本だと聞いて……ドキドキしながら図書室へ本を借りに行ったのはわたしだけでないはず! だと……思いまして(笑)。

小津くん(三十路)を描いたきっかけは、アンソロジーでのプチ特集が居酒屋舞台の路地裏BLだったからです。ほぼ初めて学生が全然でてこない漫画を描いたので思い出深いです。きっかけがなかったら延々高校生を描いていたと思うので、私なりに新しいものにチャレンジできてとても感謝しています!

30歳というと、蘭のように仕事もこなれてて、デートもいい感じにエスコートできるようになる大人というイメージで……蘭を30歳らしいキャラクター目指しました。小津くんはなるべく蘭と正反対に……と思いながら描きました。

Q. またもうひとつ、カシオ先生の作品で印象的なのが、受が抵抗しがたい状況に陥って攻と関係を持つ、または持ちそうになるストーリー展開です。読んでいるときに、受が感じているであろう恥ずかしさと思うと、妙な興奮を感じます。『小津くんのヰタ・セクスアリス』では、恋愛にオクテすぎる受が、経験豊富な攻にモーションかけられて“恋愛処理能力”がパンクしそうな表情とか、“追い詰められている感”がたまりません。こういったストーリーは、やっぱり私が感じるような妙な興奮を狙って描かれているんでしょうか?

A:濡れ場を組み込みたい一心でのストーリー展開です……。エロが入りきらない事も多いのですが、読んで下さる方の想像力に期待して、このシチュエーションで受と攻が……とちょっとでもドキドキしてもらえたらな~と思っています!

……でもやっぱりそういう展開が好きだから描いてしまうんだと思います。受が追いつめられて恥ずかしい目に遭ってるなんて……萌えます。

Q. 表題作に続いて収録されている『秘密のある二人』は学園モノ。そしてメガネキャラが登場です。きっと、先生はメガネがお好きなんですよね? ちなみにメガネが出るお話と、出ないお話の間には、何かカシオ先生独自のルールがあったりするのでしょうか?

A:メガネとても好きです! ルール……はないのですが、どうも攻をクールで理知的に見せたいために描いてしまうことが多いです。

成功してるかはとても謎です……。具体的にだと髪が白かトーンで、青筋浮いてそうなメガネくんが好きです。

Q. 『秘密のある二人』のメガネキャラである成田くんは“萌え”漫画やアニメが大好きなオタクで、ストーリー中には成田くんだけじゃないですが、オタクの生態が描かれていますね。読んでいて「あ~、そうそう!」とすごく共感できたのですが、こういったツボを突いてくる先生のオタク的気質はいかほどでしょう?

A:そうですか……! 嬉しいです。私オタクです。結構成長してからオタクになりました。

なので、オタクの話できる人が周りに全然いなくて……同人誌作りたくても何をどうやっていいか全然分からなくて……でも何かある日思い立って即売会に申し込み、突然漫画を描き始めました。

とにかくあの印刷されてキラキラ素敵な同人誌(オフセット!)を作ってみたい! 一心でした。

Q. あと、『秘密のある二人』内に登場する小説のキャッチフレーズが「欲望と陰謀のインモラルラブ」……。これを見て、やっぱり先生は“インモラル”なお話がお好きなのでは、と感じました。先生の中で「これはハズレ無し!」というインモラルなシチュエーションをご披露願えますでしょうか。

A:細かい所まで見ていただいて嬉しいです。インモラルというか……受が特定の攻以外とやっちゃうというシーンがあると焦ります! 動揺します。

心を落ち着けてからもう一度読んでみたりして……シーン自体にもわあわあするのですが、それによって攻が疑心暗鬼になっていくのでは……とか考えるとドキドキします。

Q. ちなみに、BLではどんなカップリングやシチュエーションがお好きですか?

A:イケメン×平凡とかがどうも好きなようです。攻萌えかもしれないです。攻がぐるぐる悩んでいるのが描くの楽しいです。

Q. 最後の収録作『17』も学園モノですが、こちらはノスタルジックになるストーリー展開ですね。ゲームや修学旅行の話題といったネタが、そんな気分にさせてくれるんだと思いますが、このたびの短編集『小津くんのヰタ・セクスアリス』を通じて、先生の学生時代など、経験が活かされたエピソードやシーンはありますか?

A:自分の高校生時代はまるで反映されてないのですが(笑)。共学高には興味津々です。高校でクラスに男子がいるってどんな感じなんだろ~みたいな……。

小津くんは、(蘭とその他友達と同じ)都内の男子校出身という設定でした。その設定が活かされたシーンはゼロでしたが……!

Q. お好きな作品や作家さんなどを教えていただけますでしょうか。理由や思い入れなどもお願いします。

A:思い返してみると、マンガで読むのは少女マンガばっかりでした……! あ、なんかインモラルの質問のところで思い出したのですが、『クローサー』という映画が好きです。元は演劇のようで、戯曲も、どっちもなんかすごいです。おもしろいです!

Q. 今後、チャレンジしてみたい作風やストーリーは?

A:耽美っぽくて、美少年がわんさか出てくるような漫画が描きたいです。全寮制とかの……。

Q. 作家という立場を離れて、2012年はこれを実現したい! というような目標、野望はありますか?

A:やっぱり漫画を頑張りたい気持ちです……!!! たくさん描きたいです。あ、あとオリジナルの同人誌作を一度作ってみたいのです! かなり……目標……野望です……。作れるといいな。

Q. 最後に、ちるちるユーザーのみなさんにメッセージをお願いします。

A:このような場に呼んでもらえてとても光栄です。ありがとうございます!

小津くん、たくさん加筆しましたので、元のを知ってる方もよかったら見て下さると嬉しいです! これからもみなさまに、少しでもおもしろいと思っていただける漫画を描き続けたらと思っています。よろしくお願いします!





カシオ先生のシリーズ読み切り『ドミノ』も掲載
キュン!として、ほっとするBL、あります。
電子書籍BLアンソロジー新創刊!!

B's-LOVEY ricottia(リコッティア) 2012 Mar.
表紙:カシオ
執筆陣:カシオ、小嶋ララ子、青井 秋、楡野ユキ・原作/橘 紅緒、ウノハナ、野本なぎな、会川フゥ、マヤミ、二野田あす、砂糖須釜

新人バックナンバー

はなさくら
(12/09/21)
刹那魁
(12/07/20)
古川ふみ
(12/07/13)
淀川ゆお
(12/06/29)
和稀そうと
(12/06/22)
ヤマヲミ
(12/06/15)
宮緒葵
(12/05/11)
梶ヶ谷ミチル
(12/04/20)
栗城偲
(12/03/23)
カシオ
(12/03/15)
市川けい
(12/02/24)
一ノ瀬智
(12/02/10)
chi-co
(12/01/23)
あくた琳子
(12/01/13)
のばらあいこ
(11/12/02)
青山十三
(11/11/25)
ハヤカワノジコ
(11/09/22)
千鳥ぺこ
(11/09/16)
七木桂
(11/09/09)
みよしあやと
(11/08/09)
ひのもとうみ
(11/08/02)
糸井のぞ
(11/07/19)
元ハルヒラ(元ハルコ)
(11/07/01)
佐田三季
(11/06/21)
ミナヅキアキラ
(11/05/31)
七卯イリ江
(11/05/02)
初津輪
(11/04/01)
麻生ミツ晃
(11/03/08)
四ノ宮慶
(11/02/14)
菊屋きく子
(11/01/28)
日野ガラス
(11/01/14)
松尾マアタ
(11/01/01)
羽生山へび子
(10/12/13)
七海
(10/08/04)
かずきあつし
(10/07/20)
珠莉朱夏
(10/06/29)
平喜多ゆや
(10/05/14)
花村イチカ
(09/10/28)
夏葉ヤシ
(09/09/28)
印東サク
(09/07/30)
山田ぼたん
(09/06/30)
雲田はるこ
(09/06/17)
車折まゆ
(09/05/13)
一穂ミチ
(09/04/13)