背筋先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

背筋先生インタビュー 妄想癖持ち真面目ムッツリ眼鏡×超能力持ち楽天的上司♥ 初コミックス『俺の部下がエロい妄想をやめてくれない』

2019/08/22 18:49

SM緊縛タコプレイ!? 部下の頭の中は淫らな俺の姿でいっぱい!

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第2085回
背筋/笠倉出版社/カルトコミックスequal collection
コミックス『俺の部下がエロい妄想をやめてくれない』8月24日発売
サイン本プレゼントあり! 詳しくはインタビュー後に!

 

STORY
“人の頭の中を覗く”という超能力を持つ狭山は、ある日の会議中に後輩・金子の頭の中をつい覗き見てしまう。そこには目隠し、拘束、言葉責めなど、真面目な顔でメモを取る姿からは想像もできないあらゆるエロプレイの数々が広がっていた……しかも驚くことに相手は“自分”! それからというもの暇さえあれば自分相手にひたすらエロい妄想をしている金子。「なぜ自分なんだろう?」と混乱しつつも、気になって仕方がない。鉢合わせしないように避けてみるも、今度は自分の夢の中に金子が出てきて…!?

 

――作品紹介をお願いします
他人の考えが見えるという超能力を持った上司が、会議中に真面目な部下が自分相手のエロ妄想をしてるのを見てしまい、そこから部下の事が気になっていき……という話です。
人格も働きぶりも真面目な年下の社会人ががっつりとしたホモ妄想、しかも自分の妄想をしているのを知ってしまったら、という状況と、三十代のサラリーマンで超能力者という受けが見てみたいと思ったのがきっかけです。



――主人公たちはどんな攻×受ですか?
受けである上司の狭山さんは人の考えが見える、物を宙に浮かせる事ができるという超能力者ですが、それを目と耳がいい、腕が一本多いくらいの特技程度に受け止めていて、基本的には楽天的で大らかな性格をしています。
ただ、超能力のせいで他人と深く関わらないようにしているので、親友や恋人という特別な存在はいません。
子供の頃からなので他人の考えを見る事にあまり抵抗はないけど楽しい事でもないと思っているので、考えを見るとしても確実に当たり障りがないタイミングでと思って生活しています。
対して部下の金子君は真面目を絵にかいたような性格と外見で、社内の評判も良い好青年です。
狭山さんも彼の頭を覗く時に、会議中である事を差し引いても彼なら大丈夫という漠然とした安心感を持って超能力を使います。
そこで真面目だとばっかり思っていた金子君の妄想癖を知る事になるのですが、その妄想もある意味狭山さんを大真面目に好きになった結果なので、真面目すぎる攻めが金子君です。


――当て馬や重要な脇役は?
狭山さんには中途入社で年上の館山さん、金子君には同期の田島君がそれぞれ親しくしている同僚として登場します。
主役二人だけだと部下と上司の関係での会話しか見えないので、そうではない対等な友人としてのやりとりを作中で描けたのが楽しかったです。そして二人の外見と性格もとても好みに描けました!


――今作のこだわりはどのあたりでしょう?
狭山さんが超能力を使うシーンです。
二人の関係が進展するのに重要なきっかけとなる事が多いのと、超能力に対する憧れもあって使いどころが難しいと思っていましたが、超能力を重く受け止めすぎず、かといって使いすぎずというバランスを狭山さんに上手に取ってもらえたように思います。
そういう点では36歳という年齢もほどよく超能力や人間関係に達観している歳頃かもしれないと思ったので、年齢もこだわりの一つです。
36歳童貞サラリーマンという肩書も可愛いと強く思っています。


――苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください
金子君の妄想内容を考えるのがすごく楽しかったです。バリエーションも尽きず、タコ相手を描くのが一番楽しかったのを覚えています。
難しかったのが表情で、話はすっとできたのですが途中途中の表情がいざ描いてみたら思うようにいかない事が多く、特に2話最後の超能力がバレてしまった狭山さんの表情は最後まで何度も描き直しました。
数ドットの線の違いで表情が全く変わってしまうので、どれが一番狭山さんらしい顔だろうかと悩みに悩んだ思い出です。
他にも金子君の表情が驚きすぎになっちゃったり、顔を描くのが本当に苦手だとしみじみ実感した次第です。


――今作にまつわる裏話はありますか?
超能力えっちを担当さんと話して、色々な超能力ならではのプレイ案がいくつか出たのですが、担当さんが考えてくださった超能力が暴走する話がすごく好きで、そのネタがアルコールが入ると勝手に能力発動するという話に繋がっています。
裏話的な設定では、金子君は狭山さん相手の妄想をかれこれ三年続けているので、狭山さんが見た時点で妄想内容がハードめなのはその年月が積み重なった結果になっています。
もうちょっとしたらラブラブシチュの妄想時期が来る予定でした。


――執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
メロンを一個まるごといただいた時に、半分に切って種を取ったメロンのくぼみにウィスキーを注いでスプーンで食べたら驚くほど美味しかったのが忘れられません。
なんて贅沢な食べかたなんだ! と最高に幸せだったので、またいつか挑戦したいです。

――今、何かハマっていることは?
最近はずっと『マインクラフト』の実況動画を見ていて、近いうちに自分でも始めてしまいそうです。
物を作るのが楽しそうなのも魅力なのですが、土や鉱石を掘る音があまりに心地よくてやみつきになります。

――BL作家になったきっかけを聞かせてください
オリジナルでも二次創作でもNLBL問わずずっと漫画は描いていて、その時描いた二次創作のBL漫画を見てくださった本作の担当者さんにお声かけいただいたのがきっかけです。

――発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
こういう話が読みたいなと思って楽しく描いた話なので、こうして一冊の本にしていただけて夢のようです。
1話から読んでくださった方や応援の声をかけてくださった全ての方にこれでもかと感謝をお伝えしたいです。
ページ数の許す限り描き下ろし漫画も描いたので、好きと言ってくださった方がこの本でまた楽しく思っていただけたら嬉しいです。


――ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
はじめまして、背筋と申します。
色々と拙い部分も多いかと思いますが、好きなものをたくさん詰めて描いた話なのでどこか一つでも共有できたらとても嬉しく思います。
最後まで読んでくださりありがとうございます!



担当編集より
背筋先生のデビューコミックスは超能力を持った上司が後輩の頭の中をつい覗き見してしまったことから始まる特殊能力BLです。
攻めの金子くんの頭の中は常に狭山さんとのエロ妄想でいっぱいで、そこはどの回も見てほしいシーンです。
狭山さんは初めは「なぜ」と言う気持ちで頭の中を覗いてしまうのですが、徐々に金子くんを知りたいと思い始め、彼の夢を見たり、自分で妄想していないことの方に違和感をもったり……と、とても可愛い所が魅力のキャラです。
そして、二人のおつきあい編である『俺の部下はつきあってもエロい妄想が止まらない』ではラブ度MAXなイチャラブシーンを堪能できます。
金子くんの妄想したシチュエーションが叶うことがあるかどうかはぜひ本編を読んで確かめていただければと思います!

 

コミックス『俺の部下がエロい妄想をやめてくれない

 

 

特典情報

 

初回封入特典:描き下ろしマンガペーパー
アニメイト:4Pリーフレット
アニメイト池袋本店:描き下ろしマンガペーパー
アニメイト新宿:描き下ろしマンガペーパー
Amazon限定特典:描き下ろしマンガペーパー
コミコミスタジオ:4Pリーフレット
とらのあな:描き下ろし漫画付き両面イラストカード

電子書店特典
電子書店共通特典:描き下ろしマンガペーパー
Renta!:描き下ろしマンガペーパー
コミックシーモア:描き下ろしマンガペーパー

特典やフェア情報など詳しくは公式HPまたは公式Twitter

 

ちるちるユーザーサイン本プレゼント

 

発売を記念して、直筆イラスト入りサイン本をちるちるユーザーにプレゼント! 以下のボタンよりご応募ください!

直筆イラスト入りサイン本プレゼント応募

 

(C)背筋/笠倉出版社

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

ペンネームが人の名前っぽくない著者増えすぎじゃない?

PAGE TOP