コミック

  • 俺の部下がエロい妄想をやめてくれない

俺の部下がエロい妄想をやめてくれない

ore no buka ga eroi moisou wo yametekurenai

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作俺の部下がエロい妄想をやめてくれない

金子保,29歳,妄想が止まらない商品企画部主任
狭山薫,36歳,超能力持ちの総合事務部課長

その他の収録作品

  • ある日の金子君(描き下ろし)
  • 念願のお風呂エッチ(描き下ろし)
  • つきあってからの会議中(描き下ろし)
  • カバー下:きっかけの話

あらすじ

“人の頭の中を覗く”という超能力を持つ狭山は、ある日の会議中に後輩・金子の頭の中をつい覗き見てしまう。
そこには目隠し、拘束、言葉責めなど、真面目な顔でメモを取る姿からは想像もできないあらゆるエロプレイの数々が広がっていた……しかも驚くことに相手は“自分”!
それからというもの暇さえあれば自分相手にひたすらエロい妄想をしている金子。
「なぜ自分なんだろう」?と混乱しつつも、気になって仕方がない。
鉢合わせしないように避けてみるも、今度は自分の夢の中に金子が出てきて…!?


エロ妄想癖持ち×超能力持ち上司

緊縛、言葉責め、目隠し、玩具、触手…etc
膨らみ続ける妄想が止まらないサイキックラブ!

作品情報

作品名
俺の部下がエロい妄想をやめてくれない
著者
背筋 
媒体
漫画(コミック)
出版社
笠倉出版社
レーベル
カルトコミックスequal collection
発売日
電子発売日
ISBN
9784773072198
4.1

(87)

(29)

萌々

(38)

(20)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
16
得点
357
評価数
87
平均
4.1 / 5
神率
33.3%

レビュー投稿数16

妄想系溺愛攻めが最高!

すごい好き!
キュンキュンした‼︎

超能力で近くのものを動かしたり人の考えていることが読める狭山が、後輩・金子の頭を覗くと、なんと狭山にエロいことをする妄想でいっぱい(笑)
職場でも常に妄想を膨らます金子は、
見た目も仕事ぶりもド真面目というギャップが!

金子の懐がものすごく広くて、好きな人に自分の考えていることを知られたら嬉しいという考え方^^
こういうところが珍しくて面白かったです。
考えを読まれることを逆手に取り、仕事中も心の中で会話する二人がめっちゃ可愛い(о´∀`о)

Hの時は喋ってないのに心の声が煩くて、
実況しちゃう系の攻めに早変わりする金子が最高(笑)
こんなに超能力を悲観せず、読まれる事を利用していく展開はあまり他では見ないと思います。
能力のせいで恋することは諦めていた狭山が、
金子に「好きになってくれてありがとう」と伝えた場面はジーンとしました。

とても可愛くて面白かった!
両想いになるまでの妄想状態も好きだったけど、
恋人同士になってからの甘々イチャラブも最高でした♡

3

これは新しい

超能力が使える狭山(上司・受け)が金子(部下・攻め)のドエロイ妄想にドギマギしながら最終的に両思いになる話です。
「心が読める」設定はBLに限らず良く出回っていますが、ここまでハッピーな話もないかと思うほどハッピー全開です。多くの作品が「超能力が無くなること」をハッピーエンドとする中で、「超能力ごと愛してくれる人を見つけること」をハッピーエンドとしている本作は新しいのでは?狭山が最終的に金子にベタぼれしてしまうのも分かります。超能力があることでたくさん諦めてきたであろう彼が幸せそうに恋をしているのを見るとこちらまでハッピーになりますし、超能力をただのエッセンスにしてしまう金子に押されて狭山がどんどん可愛くなっていくのはまさに理想。
今後は金子のSM妄想を狭山が叶えてあげるのかな??

3

キレイな上司は大好物です!

手が届く範囲の物を動かせる超能力と、自分の周り5メートル以内の人の考えを読める超能力を持つ狭山。会議中隣に座っていた部下の金子の思考を覗いたら、自分が金子に犯されている妄想が!
何度も金子の妄想を覗くうちに、気になり始めてしまった狭山は。。。

2つの超能力が使える狭山。最初はサラッとしたタイプの上司でしたが、金子の妄想を覗くたび何だか人間らしさが出てきて、その変化にも惹かれました。
告白のシーンが自然な流れでとても良かったです。コーヒーがぶつかりそうになった時に、もう一つの超能力がある事を私は思い出し、一気に惹き込まれました。
仕事中は出来る上司なのに、プライベートでは髪を下ろしていて、金子じゃないけど「可愛い!!」と心の声で叫んでしまいました。
特に酔った狭山はやばい!!あの場面何度も繰り返し読んでしまいましたwww
超能力のせいで、恋を諦めていた狭山ですが、すべてを受け入れて認めてくれる金子に出会い、超能力を隠さずに接する事で、本当に幸せなんだなぁとキュンキュンしました。
すみません。受の狭山のことばかり書いてしまいました!可愛すぎて。。。
こんなにほっこりしたお話に、久々に出会いシアワセです。

0

甘くてエロくて何より可愛い。最高に可愛い!

超能力を持つ主人公が、部下の頭の中をふと覗いてみた所、自分でエロ妄想だらけだったー。
って事から巻き起こる、甘くてエロくて何より可愛い恋愛劇を、コミカルに描いた作品になります。

これね~、タイトルからライトなエロエロ漫画を連想しちゃうかもしれないんですけど、全然違います!
二人の初々しい恋愛がしっかり描かれていて、キュンキュンさせてくれる上に、とても優しいお話でもあるんですよ。
またそうじゃなくとも、36才童貞上司の可愛さよ・・・!
髪を下ろした時の色っぽさよ!!
はっきり言って、狭山さんの可愛さと色っぽさに、全部持ってかれちゃってますね。
この可愛さを、みんなに見てもらいたいよ。
書籍化万歳!

で、内容としましては、超能力を持つリーマン・狭山。
会議中にふと部下・金子の頭の中を覗いてみると、自分で凄まじいエロ妄想をしてたんですね。
翌日からも気になって、ついつい金子の頭の中を覗いては、自分の恥ずかしい姿に悶えてしまう・・・。
そんな日々を過ごすうち、金子を意識するようになってしまいー・・・と言うものです。

と、こちら、超能力部分を除けば、ストーリーとしてはとりたてて物珍しくは無いんですけど。
ちょっとした(?)キッカケから部下を意識しだし、結ばれるだけと言う。
更にですね、件の超能力についても、アッサリバレちゃう上に、これまたアッサリ受け入れられる。
えーと、「簡単だなぁ!Σ( ̄□ ̄;)」って感じで。

が、この作品の真髄はソコでは無いのです。
二人の超キュンキュンの恋愛にあるのです。
何より、狭山さんの可愛さにあるのです。

この狭山がですね、仕事では頼れる上司でありながら、ふと見せる笑顔だったり恥ずかしがってる表情と言うのが、すごく可愛いんですよ。
感情豊かで。

金子の妄想の中の自分を見ちゃっては悶えてるくせに、金子が自分の妄想をしてなければ、何だかショボンとする。
で、そんな自分に気付いて「俺は何を考えてるんだ!」的に真っ赤になる。
また、二人は順当に結ばれますが、エッチ時の彼がもう!
金子の「可愛い、可愛い」みたいな心の声に真っ赤になって「うーっ」ってやってるのが可愛いのです。
これ、エッチ時の二人のやりとりが最高でしてね。
「挿れるなら挿れるって・・・!」
「挿れます(金子、心の声)」
「口で言え!」
「っ、狭山さんの中、熱くてぬるぬるして・・・」
「やっぱ言わないで!!」みたいな。

またさあ、イラストの威力!
しつこいですが、狭山は普段髪をきっちりセットしてるんですね。
で、下ろすとめっちゃ可愛い。急に若くなる。
ついでに、エッチ時には乱れて、めちゃくちゃ色っぽい。
休日に二人が初デートする時なんか、髪を下ろして普段着でクシャッと笑う狭山を見て、金子が「可愛い! エロい! 綺麗! これからこの人と・・・!」と思考を暴走させるのですが、気持ちが良く分かるっちゅーねん!
このギャップ、ズルいだろーー!!

あとですね、狭山は36才にして童貞ですが、それは自身が持つ力に関係してです。
人の心の中を読めてしまう彼は、その力故に、人と深く関わる事を諦めてきた。
そんな彼が出会った、その「力」ごと全てを受け入れてくれる存在。
心があたたかくなる、とての優しいお話でもあるんですよね。

最後になっちゃいましたが、エロ濃厚です。
大半が金子のエロ妄想ではあるんですけど、その妄想では緊縛から触手からマニアックなプレイを。
そして、実際のエッチでは超初々しくて可愛くて色っぽい狭山さんを堪能出来ます。

ところで、金子は、自分がフラれる想像までしてるんですけど。
それを(超能力で)見て、思わず狭山が食事に誘ってしまい、そこから二人は距離を縮めて行くんですね。
このオチに思わず笑っちゃいましたよ。
あとあと知った所によると、「フッたんだから、一回やらせろ」と言う妄想プレイの一貫だったと言う。
あの想像、狭山と共に、私も切ない心地にさせられたのに・・・。

10

妄想好きには堪らない作品。

相手の考えている事が読める超能力者もの…
よくある設定で飽き気味だったんですが、電子単話のお試しでハマりました。
前半はけっこう激しい妄想プレイなのに、なぜかあまい雰囲気なのが面白い。

線の細い画がハードなエロ妄想をソフトに見せてしまうんでしょうか…
黒髪メガネのムッツリ妄想部下、金子の頭の中を覗いた超能力上司の狭山が見たものは、
目隠し緊縛で金子に抱かれる自分だった…という、嬉しい始まりです。

しかも涼しい顔をして、仕事中にそんな妄想をしているんですよね。
それから、気になって覗くたびに色んなプレイをさせられている自分…そりゃ気になります。
今まで気にしなかった部下に気を取られ、金子を知りたくなる。
エロ妄想かと思ったら真面目に仕事頭な金子だったりと、すっかりペースを狂わされる上司狭山です。

そんな状態から休憩中の金子のエロ妄想を覗いた狭山、
自分と金子の妄想プレイでとうとう抜いてしまい、ひょんなことから能力がバレてしまう。

この能力で人と距離を取るようになった狭山ですが、
好きな人に自分のことは全て知って貰いたいと言う金子は、
能力を知っても自分への好意が変わらないと知り、気持ちを通じ合わせる二人です。

とにかく二人ともキャラがいい。
あんなどエロ妄想を覗かれたと知っても、ブレずにまた妄想する金子が好き。
ムッツリ加減がイイんです…あんな涼しい顔して、こんな妄想をしているというギャップ萌え。
しかも、抱き方がエロい、さすがムッツリ攻めです。

そして、上司の狭山が36歳にしてあの可愛さ。
可愛すぎる描写なので30歳位の方がリアルでいいと思いますが、超能力者ネタですから、まあいいか。
普段からカワイイ狭山ですが、抱かれる狭山のトロトロ加減がエロ可愛くて、
会社でエッチする二人、金子にギュッと抱き付く狭山のエッチシーンが堪らない。
スーツ姿で壁にもたれる対面座位状態で、
金子の背中でほぼ隠れ、二人の顔も見えない描写なのにメチャクチャえろいです。

実際にカラダを繋げてからの二人が甘えろで、もう見てるだけでトロトロになります。
会社で見る上司の狭山ではなく、普段の狭山がデートでみせる顔や、
酔って甘える姿に、更に陥落する金子です。

実は甘え上手な金子のお願いも可愛くて、それから名前呼びの二人、エッチもまた盛り上がります。
延々とあまあま、イチャイチャな二人ですが、
胸やけすることなどなく、好き好き言い合っている二人に、ずっとニマニマできる内容です。

甘えろ作品を読みたい方におススメです。

※紙本の修正は白い短冊です。
シーモアの電子単話配信は白抜きでした。

7

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP