>
>
フジマコ先生 インタビュー

801 AUTHORS 108 腐っていいとも! やおよろずのBL作家をゲストに迎え、新刊について聞く!

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2013/08/01 15:59

 フジマコ先生 インタビュー

コミックス『守ってやるって決めたのに』(竹書房)8月7日発売
8月7日に初コミックス『守ってやるって決めたのに』をリリースのフジマコ先生。表題作はなんと、兄弟ヤンキー受です! ほか、電子書籍で発表された個性豊かなカップルたちを収録し、竹書房「バンブーコミックス 麗人uno!」からデビュー! それでは「801 AUTHORS 108」166回目のゲスト、フジマコ先生どうぞ!

Q1. 新刊の紹介をお願いします!
表題作は「ヤンキー受け」、その続編を「兄弟」で描かせていただきました。
兄弟だからこそ情があり、だからこそ葛藤もあるというのがテーマです。
他にはへたれわんこ後輩とドS先輩のリーマンもの、匂いフェチ研究職と会社の上司、わがまま坊ちゃんと年上執事など、全体的に年下×年上などの下克上になっております。

Q2. 主要キャラは、どんな子たちですか?
兄の悠一は体は高校生、頭脳は中学生のまっすぐ単純おバカだけどお兄ちゃん気質で情に流される子、弟の凉はそつなく見えて、距離ができた兄を何とか手に入れたくて必死になるような実は子供っぽい子です。
 
Q3. 今作のこだわりポイントは?
表題作と続編は担当さんに続きものはどうですかと提案されたので、片方を兄視点、もう一つを弟視点で描いたのが自分的に初の試みでした。
あとはリーマンもので、オカマバーで女装する設定を描いたんですが、OKが出ると思ってなかったので嬉しかったです。
また機会があればもっと似合わない女装を描いてみたいです。
 
Q4. 近況、今作にまつわる先生の日常エピソードなど教えてください!
作業中は主に稲川淳二さんの怪談や淡々系のホラー映像をBGMにしています。
これがすごく集中できていいんですが、あまりにも聞きすぎて話をほとんど覚えてしまい、近年行った怪談ナイトで知らない話が1つしかなく切なかったので新しい怪談を探しています。

Q5. 発売前の今のお気持ちはいかがでしょう?
最初は本当に出るんだ…? って思っていて、今は実感が出てきてドッキドキです…!
担当さんに色々アドバイスして頂いて気付く事も参考になる事も本当に多かったですし、カバーもポップでかわいいデザインにして頂いて、色んな人のおかげなんだなって実感しています。
何よりもとても嬉しいですありがたいことです~。でもやっぱりドッキドキです。
 
Q6. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
初めましてフジマコと申します!
下克上と似合わない女装が好きです。
初コミックスで拙いところも多々あると思いますが、少しでも楽しんで頂けたらとても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたしますー!!
 
編集部からのコメント
電子コミックではすでに人気沸騰中♪
フジマコ先生の初のコミックスです!

兄弟ヤンキー受シリーズを中心に、お坊ちゃま×執事の下克上愛やリーマンの後輩攻×先輩受など、定番人気のカップリングに+αとしてちょいフェチな味付けを加えた、エロかわハイパワーな作品集になりました!

小さい頃は泣き虫で可愛くてしょうがなかった弟は、今や兄よりデカくてエリートで、おまけに女の子にもモテて生意気で。
底辺バカ校に通うヤンキーの兄はバツが悪くて弟にはついついツンツンしちゃいます。
弟はそんな兄が暴走するのを叱ったり、ケンカを止めたり手当てをしたり、どっちが兄だか弟だか分からない状態…。
でも、何もかも勝っているように見える弟は…兄にベタ惚れで彼には敵わないんです♪

ツン×デレなふたりの関係は明るくキュート、でありつつ、結ばれてはならない禁断の関係が狂おしく、切ない…のもグッとくるポイント!!
でも、好きだから…好きでどうしようもないから、ぶつかるしかないんです!!

そう、フジマコ先生の持ち味は“好き!”のキモチが思わず暴走しちゃうまっすぐな恋心!
本気の本気で好き、だから苦しい…。
でも、だからこそ、キミのココロをまっすぐ奪いにいく!!
そんなパワフルな恋する男の子たちがたくさん☆な作品集です。

さらに、フジマコ先生のもう一つの持ち味は、キモチよすぎて思わず泣いちゃう…激しく濃厚なH描写☆
思わずムラムラなシチュエーションに汁だくプレイが満載…!
可愛いのに超エロエロ! なギャップをお楽しみ下さい!!

勢いがあって可愛い作風はどんな方にもおすすめできますし、ちょいフェチな味付けはオトナの読者さんにもきっとご満足いただけるハズ。
どうぞ宜しくお願い致します!!

P.S.
初版でご購入いただきますと、可愛すぎな初回購入特典描き下ろしペーパーが封入されています。ぜひお早めに♪

(c)フジマコ/竹書房

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連作家・声優