BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

笑えて泣けて心温まる! 地球外生命体・異世界ものBL5選

2018/02/08 11:59

人間同士ではでないアジがある!

 

皆さん、宇宙人はいると思いますか?筆者はいると思っています。何なら、UFOを探して歩く時もあります。未だに見たことはありませんが…。

いるかいないかは別として宇宙人や異世界など、ファンタジーの世界は何歳になっても惹かれるものがありますよね!
そこで今回は、答えて姐さんに上がっていたこちらのスレを参考に、「地球外生命体・異世界BL」をご紹介したいと思います!

 

オルゴールが結んだ恋

世界の果てよりこんにちは』作:猫野まりこ

 

 

◇あらすじ
借金返済のために客の相手をする昴の前に突然現れたのは、絵にかいたような美形の男・シモン。
事態を飲み込めない昴に対し、シモンは「君の音色を探していた」と一途に愛を語ってくる。
しかも、身体の相性だけはバツグンで、たまらなくいい感じ(汗)
いつも真っ直ぐなシモンにゆっくり惹かれ始める昴。
けれど、二人の“時間”は世界の果てより遠い距離で――…? 

◇おすすめヒトコト
未来からきた異星の皇子サマ×売り専という面白いカップリング。
30XX年から来た皇子・シモンは、幼い頃に聞いた「シモンヘ プレアデス」と書かれたオルゴールの作曲者を探しに現代にやってきます。そこで売り専の昴と出会い、彼がその作曲者だと分かったことで2人の距離は縮まるのですが…。お互い住む世界・時代が違うので、悩む2人。どのようなエンディングを迎えるか気になる方はコミックスをご覧ください!
シモンの天然っぷりにくすっと笑えつつ、切なくも心温まる一冊です!

 

アッパーポジティブBL

ポジ』作:はらだ

 

 

◇あらすじ
メシアシリーズの他、見た目だけ若くて美しい老博士と彼にまったく従わないアホ助手がエロティックテクノロジー開発に全力を注ぐ「宇宙のもずく」や「変愛」シリーズなど、アホエロぶっとばしの"ポジ"な世界観をとことん凝縮したはらだ待望の作品集

◇おすすめヒトコト

鬼才・はらだ先生のポジティブなアホエロ短編集。この中でも「宇宙のもずく」に地球外生命体が登場します。
科学の力で見た目は若い(表紙の男の子)が実は80歳! な教授と、彼に全く従わない助手の未来を舞台にした助手×教授のお話。『ポジ』という名前に相応しい、ぶっ飛んでて面白い作品です! 触手近未来的な雰囲気が好きな方にオススメな一冊です。

 

 

銀河系ポップラブ

きみは星の使者』作:平喜多ゆや

 

 

◇あらすじ
大切な何かを忘れている気がする――。大学生の朔真が、ある日出会った怪しい美青年・ディアン。
奇妙な言動に振り回されるけれど、どこかで会ったような気もする…!?
そんな中ついに記憶が戻った! 実はディアンの正体は、幼い頃に友達だった宇宙人だったのだ!!
迎えの宇宙船が来るまでの期間限定で、一緒に暮らすことになるけれど…!?

◇おすすめヒトコト

宇宙人×地球人のカップリング。小さい頃女の子だと思って遊んでいた子が実は男の子で、しかも宇宙人! 可愛らしい表紙と同様に、内容もとっても可愛くきゅんきゅんします。触手が登場しますがエロ過ぎず、成年向け的な表現が苦手な方にはもってこい!
最後はハッピーエンドなので安心して読めます。ほんわかした温かい気持ちになれる一冊です。

 

 

知る人ぞ知る不朽の名作

サミア』作:須和雪里 イラスト:門地かおり

 

 

◇あらすじ
「好きだよ、私の特別な人……」
ごく普通の高校生・友則が出会った謎の美形外国人は、なんと宇宙からやってきたエイリアン。しかも、友則に「殺してくれ」と頼んできて……。
困惑しつつも彼に “サミア”と名付けて一緒に暮らすうちに、サミアを好きになってしまう友則だが……。『サミア』『いつか地球が海になる日』『ミルク』ほか、書き下ろし『ミルクの後で』を収録。

◇おすすめヒトコト

田舎住まいの高校生×美形エイリアンのカップリング。
こちらは短編小説集で、1993年に出版されたものの新装版になっています。門地かおり先生の表紙が素敵ですね……。
唯一自分を殺すことができる智則に「殺して欲しい」と頼むサミアと、サミアに特別な感情を持ち始めそれを躊躇する智則。相手の幸せが必ずしも自分の幸せとは限らない。読了後は色々と考えさせられる、美しくも切ない素敵な作品です。

 

大人気異世界トリップシリーズ

少年は神の花嫁になる』作:夜光花 イラスト:奈良千春

 

 

◇あらすじ
高校生の海老原樹里にはコンプレックスがあった。それは黙っていれば完璧と言われる外見の美しさだ。男で綺麗だなんて、いいことはなにもない! そう考えて幼い頃から武道を学んだ結果、同年齢相手の喧嘩なら負けない自身がついた。ところがある日、学校の行事として湖に落ちた樹里は、見知らぬ世界に連れていかれてしまう。そこで、特別な存在である神の子として、王子や神官たちと一年過ごすことになり!?

◇おすすめヒトコト

これぞ異世界トリップ! といった作品。王子×ツンデレDKのカップリングでシリーズ化しています。
魔法や呪いなどザ・ファンタジーな要素も多いので、ファンタジー初心者の方や、中世ヨーロッパ的な雰囲気が好きな方にオススメです。またアーサー王の設定が取り入れられているそうなので、西洋の物語が好きな方は読みやすいかもしれませんね!


以上コミックス3作品、小説2作品をご紹介致しましたが気になる作品はありましたでしょうか? 記事を書いていて気になったのですが、何故異世界の人間や宇宙人はかっこよくて外国人風なのでしょうかね……。不思議です。

筆者は普通の小説でもファンタジーものをあまり読まないのですが、この中だったら『サミア』がかなり気になっています…。
基本的にハッピーエンド至上主義ですが、ふたりがくっつくだけがハッピーエンドではないと思っています。一見バッドエンドに見えても、それが彼らにとって最善の選択なら……と。

皆さんのお気に入りの地球外生命体や異世界もののBL作品がありましたら、是非教えてください☆

関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

水城せとな先生の「いつか好きだと言って」、田中鈴木先生の「Like a dog, as a dog」、BLCDのSASRAシリーズもこのカテゴリーに入るかなと思います。どれも感動作でオススメです!

PAGE TOP