少年は神の花嫁になる

shonen wa kami no hanayome ni naru

少年は神の花嫁になる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神55
  • 萌×228
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

194

レビュー数
13
得点
418
評価数
99
平均
4.3 / 5
神率
55.6%
著者
夜光花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
少年は神の花嫁になる
発売日
価格
¥860(税抜)  
ISBN
9784813012900

あらすじ

新シリーズ!

高校生の海老原樹里にはコンプレックスがあった。それは黙っていれば完璧と言われる外見の美しさだ。男で綺麗だなんて、いいことはなにもない! そう考えて幼い頃から武道を学んだ結果、同年齢相手の喧嘩なら負けない自身がついた。ところがある日、学校の行事として湖に落ちた樹里は、見知らぬ世界に連れていかれてしまう。そこで、特別な存在である神の子として、王子や神官たちと一年過ごすことになり!?
夜光花&奈良千春による壮大な物語、ついに開幕!

表題作少年は神の花嫁になる

アーサー,キャメロット王国の王子
海老原樹里,高校2年生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数13

ファンタジーもの新シリーズ

架空の世界、キャメロット王国を舞台にした壮大なファンタジー、シリーズものです。
主人公の高校生樹里は、ある日突然異世界のキャメロット王国に召喚され、そこで呪いにより死んでしまった、神の子と崇められる自分とそっくりな少年の身代わりになることを要求されます。神の子の役目は、魔女により国にかけられた呪いとくこと、その方法がその国の王子と結ばれ子供を作ること。いや、無理なんですけどね(笑)、でもこの問題をどうクリアしていくのか、まだ始まったばかりなので謎が多すぎて続きが楽しみです。
樹里は自分の美しい容姿がコンプレックスで、武術を習い、気の強さからケンカっ早いやんちゃな子です。異世界に召喚されてから、その現実を受け入れられず、また元の世界との色々なギャップにいちいち突っ込みを入れるのですが、それが面白くて♪
初日に逃げ出そうとしたところ、キャメロット王国の王子に男娼と間違われ強引に犯されてしまうのですが、その後の樹里の怒りたるや(当然ですが)、王子相手に殴る蹴るは笑ってしまいました(笑)
王子も悪い人ではなく、おおらかでマイペース、樹里に殴られてもめげずに、樹里を気に入りひたすら口説きます。樹里は最初は怒りから王子を邪険にしてましたが、神の子を呪い殺した魔術師の罠にかかり殺されそうになったところを助けてもらったことで、王子に対する気持ちが変化していきます。
樹里が何故命を狙われるのか、その謎のうち一部は解明されますが、まだまだ分からないことが多すぎて、続編早く読みたいです。

12

これがファンタジーの力か

ここ数年、BLの世界から遠のいていたのですが、
たまたま見かけた「アーサー王でBL」で気になり、気付いたら出ている分全て揃ってました。
そして、再びこの世界に舞い戻ってきました。ただいま。

アーサー王=クラシカルな耽美な雰囲気なのかな、と思っていたのですが、
いざ読んでみたら、色々吹っ飛びました(頭の中にあった価値観が)
読み手を惹きつけ、そして手放そうとしない文章と展開。
良い意味で期待を裏切ってくれたキャラクター達。

コミカル、シリアス、推理サスペンスと上で紹介されていますが、
その「トーン」全てが全力で読み手を攻撃してきます。
ギャグ、シリアス、など、どれも自己主張が強いのに、喧嘩をしていない文章なのは凄いと思いました。
もうすぐ新刊(最終巻でしょうか?)発売、また一巻から読み返します。

最後に一つ。
これから読む方は睡眠不足にはご注意下さい。

6

そう、これがファンタジーだ

高校生の樹里が湖に落ちて目が覚めると、そこはパンツもない異世界だった。
騎士やドラゴンが出てくるまさにファンタジー!なBL。
「貴様にはここで死んでもらう」って台詞をBLで見かける日が来るとは。
樹里が絶世の美貌の持ち主なのに短気で強気でアーサーを殴ったりしちゃうのが可愛かった。色男アーサーが樹里に骨抜きなのも楽しい。
でも男同士であること、嘘偽りの身であること、自分がアーサーを殺す未来があること、様々なしがらみで惹かれつつあるのに素直になれない樹里。
これからの展開が楽しみであり怖くもあり、でもやっぱり楽しみ。
ファンタジーって入り込むのがなかなか難しかったりすると思うのですがこの作品は、大丈夫でした…!むしろその逆、読むのに夢中になりすぎて降りる駅通り越しました…!

4

大好きなシリーズの第一巻です!

大好きな夜光花さんのSF物。獣人シリーズ、薔薇シリーズ、少年神シリーズ共にめちゃくちゃいいのですが、中でも少年神シリーズが一番好きかも。うーん、でもやっぱり薔薇シリーズも捨てがたいなぁ〰️(笑)とにかくどれもスケールは大きいし、話は緻密に練られているし、人物は魅力的だし読みごたえがあって大好きです!

※この作品は巻数が表記されていないので一応順番を記載しておきます。
少年は神の花嫁になる
少年は神に嫉妬される
少年は神の生贄になる
少年は神を裏切る
少年は神の子を宿す
少年は神と愛を誓う
少年は神の国に棲まう(悲しいかな完結)
もったいなくて(泣)まだ最終巻は未読です。

新巻が出るのを機に第一巻から読み直ししていますが、う〰️ん、やっぱり面白い!もう何度も読み返しているのですが、また引き込まれてしまいました。この話は、異世界と現代を行き来するだけでなく、タイムトリップしたり、時間軸もズレているので、もしこれから読まれる方はちょっとした表を書きながら読まれるといいかも。長い話なので整理できなくなって前後してしまうのは読解力のない私だけかもしれませんが(汗)…後々、二人の熱々の日々を見返して、あぁ~ここかぁということもできるし(笑)

…ここよりネタバレ…
主人公の樹里は見た目は抜群ながらも普通の高校生。そんな彼が命を狙われ、異世界へ連れて行かれてしまうのですが、そこで待ち受けていたのは呪いを解く鍵となる「神の子」の身代わりとなって生きること。

その「神の子」の役割とは王子との間に子どもを作ることと知り、そもそも身代わりだし、男同士だし絶対にムリと否定していたものの、最悪の出会いをしながらもアーサー王子のテクで身体は新しい扉を開かれちゃうし、民を大切にし慕われている人柄には心揺れちゃうし、何より軍神ばりの強さには〈きゅん〉ときちゃうし、理性とは裏腹にどんどん惹かれていく様がかわいいのですが、反面、そんなアーサーに本当のことを言えず、嘘で固められた自分でしか接することができないことに苦しむ姿は切なくなりました。

一方のアーサーは自分に反抗したり、殴ったり、素直にならない樹里が可愛くてしかたない様子(笑)ねじ伏せてでも自分のものにしたいのに、なかなか落ちてくれない樹里がますます可愛くて歯止めかからなくなってます。樹里の言動に違和感を感じながらも、言葉を信じようとしてしまうほどかなりの重症…スパダリが一人にメロメロになっちゃう話大好物です!

こんな二人で始まる導入部の一巻ですが、二巻では私がこよなく愛するランスロットも本格稼働してくるし、内容も深くなってくるし、すでに何度も読んだ本ですが(笑)読み返しても面白い!やっぱり大好きです!

3

デジャブあるかも?

もうすぐ待ち望んでた最新刊が発行されるので、それまでにちょこちょことおさらい読みです。
こちらが第1作目。

今作を読み始めた時の印象は、薔薇シリーズに似てるな…でした。
主人公はDK、攻めが金髪碧眼、ファンタジー、そしてイラストが奈良先生。
物語の入り方も既視感あるかな(^^;;
それでも読んでるうちに、この世界にぐっと引きこまれます。
中世ヨーロッパ風な異次元の世界なので、魔女やら竜やら出てきて否が応でもワクワクします(*゚∀゚*)

一作目という事で、主人公・樹里はまだアーサーを恋愛視してません。
とはいえHシーンはあります(笑)
また、個人的にアーサーと同じくらい好きなランスロットは登場しただけ、という感じです。

薔薇シリーズがお好きな方(妊娠ネタOKな方)は、今作もはまる事と思います(´∀`*)

2

楽しい~ファンタジー最高

少年神シリーズ1作目。
奈良先生の挿絵が最近すごく好きになったのと、最新刊がどうしても読みたく手に取りました。今更なんだけど、本当に面白い。
元になったアーサー王伝説を読んでみようかと一瞬血迷うほど(笑)
そう、アーサー王伝説をモチーフ?にしているので、
西洋史や英文学やってた人とか楽しいんでは と思います。
やっぱりファンタジー、中世ヨーロッパ、金髪、そして馬と甲冑、最高です!
すごくいろんな要素を盛り込んでいるように感じるので、
何らかの萌えポイントを突く可能性が高いんだろうなあと思います。

登場人物は、やっぱり多いです。
ただしっかりエピあるので読み分け全く問題なかったです。
カタカナ名前ですが短めだし、ミドルネーム?、ファミリーネーム?とか、
爵位呼びとかないので楽勝です!
薔薇シリースよりグロさが少なく悪夢になりそうなシーンが少ないので、
薔薇が苦手だった方もこっちは大丈夫かも と感じました。

私の萌えポイントは
1.受けの愛猫だったクロ。カッコよく変身してくれます~♡
  モフ担当してくれるし、寒い季節の湯たんぽ♡love♡
2.アーサーのお日さまみたいな前向き性格!あっけらかんとしつつ、
  王者の風格を保ち、そして強い!(これ大事)
  そしてH好き!(これも大事)本能に素直な方って楽しい(笑)
3.樹里の悲壮感少ない、現実受け入れる姿勢や、
  怒ったら膝蹴り、鉄拳をくらわす所。
  がさつというまでの印象はないですが、現代っ子らしく、
  ちょっとでも大人しくしてようなんて全く考えてなさげな所が大好き。
  おかしいなーもう少し上品な方が好きだったはずなのに。

1巻ではとりあえず竜一匹追い払ったところで、終了。
ho〇toさんでしたが、表紙、カラー口絵、中の挿絵10枚ありました。
唯一無かったのが、裏表紙・・・・
shyさんだから絶対表の続きの絵があったと思うんだよな。
(途中の巻から、カバーの折り返しの部分までわざわざ入れてくれるのに、
 なぜか裏表紙がない・・・)
こんど紙媒体見に行かなきゃ。
奈良先生の描きこみまくりな挿絵は細部まで見落とし不可です!

2

壮大な歴史ファンタジー

少年は神シリーズの1作目がこの「少年は神の花嫁になる」です。既刊7冊で完結しているのでこれから読まれる方はぜひ7冊全て揃えてから読まれることをオススメします。7冊分で1つの物語なので本来は分厚い1冊という感じ。読み出したら途中でやめることは困難です。私には出来ませんで5日間で7冊読破しました。先が気になるのにじっくり読みたくて、結末が早く知りたいのに読み終わるのがもったいなくて…。
途中ではバッドエンドを予感させる箇所がちょいちょい出て来てホントにドキドキというかヒヤヒヤというかさせられましたが、最後の1冊で全て納得のハッピーエンドになっていて爽やかな読後感を味わえました。
7冊目の「少年は神の国に棲まう」のあとがきに「最初の予想と違いハッピーエンドになった」的なコトが書かれてあり「まじか!?あっぶなー…」と思ってしまいました。バッドエンド物は絶対読みたくないので…。
ファンタジーが好きな方にはたまらないシリーズになると思います。BLという枠にはめるのが勿体ない。壮大かつ重厚で緻密なストーリーです。シリアスでありながらコミカルで時々噴き出してしまうほど。私のまわりの人にも読ませたいですが、まぁやはりがっつりBLなので数少ない同志にだけ読ませようと笑。
イラストも巻を重ねるごとにキャラの魅力が増し、7冊目に出てくるアーサーと樹里の息子が!可愛すぎて悶絶間違いなしです。
最後までかなり緊張を強いられますがハッピーエンドなので安心して読んでいただけます。

1

飛ばされた異世界は竜がいる国

夜光花さんの本にしてはエロシーンが少なめでした。
面白いファンタジー物だけど、このまま終わると少々物足りないんじゃ?
そう思いつつ差し掛かった後半、
思いがけないストーリー展開にビックリ&ぐわっと心を掴まれて、
うわーーなになに?どうなるの!? 早く2巻読みたい!!ってなりました。


主人公は高校2年生で(受け・表紙の奥の黒髪の子)、
綺麗な外見の持ち主だけれど、それが原因で色んな嫌なめに遭っていて、
舐められないために小学生の頃から武術を習っている、
喧嘩も気も強い男の子。

このお話は、受けが課外授業で氷の張る湖に落とされてしまい、
目が覚めるとそこは、
魔女の呪いがかかった見知らぬ世界だった…というファンタジー。

魔女の呪いを解くために必要な「神の子」と呼ばれる男の子が死んで、
外見がそっくりな受けが身代わりとされるために連れてこられた。
もちろん、そんな理不尽な話!なのだけれど、
元の世界には、ふたつの月が満月になる1年後ではないと戻れなくて……


帯には「呪いを解く方法は、男同士で子どもをつくること!?」とあって、
受けは人身御供的な扱いをされるの?凌辱モノ??と思ったのですが、
そういう話ではなかったです。
受けは身代わりでいる限り「神の子」として大事にされ、
意見もかなり尊重してもらえそう。
でも裏を返せば、身代わりなのがバレたら…。
そういうスリリングさが、物語に引き込む要素になってます。
1度だけあるエッチシーンは、
布でさるぐつわ&手も縛られて~で、受けは嫌々!でも感じちゃうw
誤解あっての事で攻めに酷い意図はないので、すごく楽しく読めました~

飛ばされた異世界では、
空から金平糖が降ってきたり、ノーパンが当たり前だったり、
女性が少ないので男同士の関係も普通だったり、竜退治をしたり…
ファンタジー要素が強くてコミカルさもありで読みやすいです。
恋愛面は攻め→受けで、まだ始まったばかりで可愛い印象を受けました。
でも一方で、
剣で首をはねるような戦闘シーンも(少しですが)あったり、
今後国の中での争いが激化しそうな流れも…。
そして後半、色んなキャラの思惑や秘密が分かって、
サスペンス要素が強めに出ることでグッと面白味が増しています。

受けは「身代わり」という秘密を抱えながら、
攻めにちゃんと頼っていけるのか……今から心配!
2巻はかなーーり面白いと予想されます。
それを堪能するためにも、
1巻をしっかり読んで世界観を押さえておくべき?
楽園彼岸2巻はまだ読めてないけれど、またこの本を再読しちゃいそう。

13

まだまだ始まったばかり。

新たな物語のための様々な舞台準備、という感じの巻でした。
謎は噴出、不審人物も一杯、何から何までとにかく気になる事だらけ。

今回の主人公は、名こそ違えど、ちょっと啓みたいな子です。
やんちゃで自分に正直で根底が素直な感じの言動が、
ちょっと彼に似ている印象を受けました。(↑この表現だと
「鬼花異聞」の泰正っぽいですが、あの子ほど野生寄り(苦笑)
ではなく、突拍子無くも無いです。)
とは言え、そういう性格の子が嫌いとかでは全くなく、
むしろ好きなので、構わないっちゃ構わないです。
樹里も何とも可愛げのある子ですしね。
今回特に印象に残ったのは、「人を騙すのがどうしても嫌だから」と、
捨て身の脱出を図るところでしょうか。もういじらしいやら可哀想やらで。
母親にも飼い猫のクロにも優しくてよい子なので、
助けてあげたくなってしまいます。

そんな樹里の相手(…ですよね?)となるアーサー王子ですが、
こちらは外見は同じ金髪でも中身はレヴィンじゃなかったです。
物語は始まったばかりなので、今のところまだ「よく知らない人」
なのですが、あえて言えばラウルタイプのおおらかな男性の様な感じかな。
これからどんな風に二人の距離が縮まっていくのか、非常に気になります。

挿絵で一番気に入ったのは、P.31の救出された樹里のシーン、
本文の描写通り、リュックからちゃんとクロが小さく顔をちょこんと
出しているのが可愛くて、きょとんとしたような警戒したような感じが
とても微笑ましいです。このクロ、後半以降少し姿が変わるのですが、
それもまた可愛くて、薔薇シリーズでサンダーを見て和んだり、
挿絵の中に姿を探したりした時の気持ちを思い起こさせます。
樹里について来てくれて本当によかった(笑)
(p.92の挿絵は、正直自分も少し残念なような印象を受けました。
とても力量のある方ですし、もっとやりようがあったような気も……?)
カラーピンナップのキスシーンはとても雰囲気があって素敵なものでした。
背景に王子の白馬が佇んでいる構図や明るい色遣いもお伽噺のようで。
表紙の絵はこれもまた色遣いから構図から細部から本当に素敵で、
何と言うかとても奈良さんらしくて、見入ってしまいます。
ああ、これを拡大した複製画、またはポスターが欲しい……。

前回のお二人のタッグと同じく今作もファンタジー(+異世界)のためか、
初めはともすると若干新しさに欠けるような印象も持ってしまいましたが、
読み終わった後はその気持ちも消えていました。
これから巻数を重ねていく中で今シリーズの世界観が固まっていけば、
よりそれぞれの違いが際立っていくだろうと大きく期待もしています。
どんな物語になっていくのか、続刊を楽しみに待ちたいと思います。

4

注意!!

元来、高校生の受様は苦手なのですが、
BLアワードにノミネートされているので、読んでみました。

結果‥おもしろかった!!
世界観も異世界とか、ファンタジーもの好きなのですが、
ストライクゾーンドンピシャでしたね。
「ちるちる」さんのプレイに「緊縛」とありますが、
そんなに痛いシーンはありません。

驚いたのは、この作品、読み切りではありません。
続編という続き方ではなく、
完結しないままの次巻という続き方ですので、
誤解のないよう、ご注意を。
ストーリーがおもしろかったとはいえ、
恋愛についてはまだまだこれからで、
「萌」か「萌×2」か悩んだんですが、
次巻に期待して、ちょっとおまけで「萌×2」で。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ