「少年は神の国に棲まう」協力書店共通書き下ろしペーパー

shounen wa kami no kuni ni sumau

「少年は神の国に棲まう」協力書店共通書き下ろしペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

26

レビュー数
1
得点
15
評価数
3
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
少年は神の国に棲まう

商品説明

一部協力書店さんで購入するといただける、共通書き下ろしペーパー。

タイトルは「ラブライフ」
樹里がルーサーの子育てについてマーリンに相談する後日談。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ほのぼの、幸せ。

一部協力書店さんで購入するといただける特典書き下ろしペーパー。私はコミコミスタジオさんで購入して頂きましたが、大きさはA5サイズ。青い薄手の紙に両面印刷されています。

内容をざっくりと。すみません、ネタバレ含んでいます。






タイトルは『ラブライフ』。

時系列は本編終了後。樹里とアーサーの結婚式から3か月経ったところ。
樹里視点の話です。

マーリンの部屋に逃げ込み、愚痴をこぼす樹里。
愚痴の内容は「ルーサーについて」。

樹里曰く、ルーサーは、

動植物と話をすることができる。
治癒能力を持ち、枯れた花も生き返らすことができる。
女性を見ると「次期王妃になりませんか」とナンパする。
遊べば建物を破壊する。

等々…。

もう自分の手には負えない、と嘆く樹里に冷静に言い返すマーリンの言い分も、笑いを誘います。

そんな二人のもとを訪れたのはアーサー。
ルーサーが、樹里を探してあちこちの部屋を壊しているから、と呼びに来た模様。

育児ノイローゼになりそうだ、もう一度妖精王に預けようと提案する樹里ですが、それに対するアーサーの答えは…。

王といえども、子育てはどこも大変なんだな、としみじみ思うやら笑えるやら。ほのぼのなお話でした。

そんな中、やりとりをする二人を見ながらマーリンが笑うシーンが印象的。

今までアーサー王を亡き者にしないよう、そしてキャメロット王国を復活させようと、身体を張って奮闘してきたマーリン。彼の笑う姿が、この物語の締めとしてふさわしいシーンだったように思います。

若干3歳にして恐るべき存在感を放っているルーサーですが、彼の物語も書いてほしいなと思ったりもしました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ