「少年は神」シリーズ ランスロット編始動!!

騎士の誓い

kishi no chikai

騎士の誓い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

23

レビュー数
6
得点
194
評価数
40
平均
4.9 / 5
神率
87.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
少年は神の花嫁になる
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813013181

あらすじ

キャメロット王国の騎士・ランスロットはアーサー王の右腕として、またその高潔な魂と武勇から騎士の誉れと称賛されている。
そんなランスロットは妖精王から託された剣を持ち、禁欲的に生きてきたが、神の子である樹里と出会い、恋をしてしまう。
けれど、樹里は忠誠を誓うアーサー王の妃。
ランスロットは自分の想いを封印した。そのはずだった。
だが、ある日の昼下がり、樹里の部屋を訪ねたランスロットは樹里への激情が抑えきれなくなり!?
大人気『少年は神』シリーズ』の騎士・ランスロットと神の子・樹里のアナザーストーリー誕生!!

表題作騎士の誓い

ランスロット、キャメロット王国の騎士
樹里、神の子でキャメロット王国・アーサー王の妃

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

アーサーのいない世界

ランスロット。感情を抑えて抑えて抑えて頑張ったあの騎士。少年神シリーズのランスロットverと聞いていて楽しみにしていたのですが、アーサーのいない世界が思いのほか寂しかった&モルガン怖すぎで少し萌が減って萌2です。能天気な私は、ランスロットと樹里の甘々話かぐらいに思っていたのですが、そんな甘っちょろいお話ではなかった(表紙で想像しろよと自分でも思う)「少年は神の子を宿す」でマーリンと飛んでいった先の世界のお話だと思います。そしてなんと1巻では方がつかず、三冊ぐらいになるとのこと(by先生あとがき)。ああ、続きが待ち遠しい。「本編240P弱+あとがき」でした。

登場人物は
サン、クロ、マーリン、モルガン、クミル、マーハウス、ユーウエィン、ラフラン領のみんなに妖精王♡♡♡というところかな。

カラー口絵は楽しそうに笑っているアーサーと樹里、その横にひっそり佇むランスロットというもの。そして冒頭、アーサーがいて樹里は王妃となっているものですから、あら♡と思っていたら、とっととアーサーがやられてしまいます。
衝撃ーΣ(・□・;)
アーサーのあの性格って周りに明るさをもたらすものだったのねと今回実感です。
モルガンが攻撃してくるのもあってか、アーサー亡き後はキャメロット王国暗い暗い、どよよーんです。そのため読んでてちょっと辛かったです。3回読んだのですが、3回目でようやく、苦悩するランスロットの「私はアーサー王からあなたを奪う」というセリフにきゅきゅーん♡としました。

いやーランスロット・・・辛いよね・・きっついわ、読んでるこっちも。樹里がころっとランスロットにひかれるようになるのも、確かにちょっと違うと感じるので、この後どうなっていくのか、すごく気になります。なんとか納得いく展開で二人がいちゃこらバカップルになるといいのですが・・・

先生何卒よろしくお願いいたします!!

2

本編同様、読み応え十分!

まず一言「やっぱりすごい!」めちゃくちゃ面白かったです。

アナザーストーリーとはいうものの、本編の『少年神シリーズ』がとてもよかっただけに、どう話を作ってくるのかわくわくしながらも、よくありがちな、いかにもオマケっぽい外伝になったらちょっと嫌だなぁ~って考えていたのですが、そこはやはりさすがとしか言いようがない隙のない作り込まれた設定で、本編に出てきた場面と無理なくリンクしていて、本編の裏にはこんな流れがあったのかぁ…と改めて全巻読み返したくなりました。本当に脱帽です。

本編では樹里に熱い想いを抱きながらも叶わぬ恋で終わったランスロットがこちらではメイン(泣)うぅ〰️、彼の想いが叶うのを妄想じゃなくて、きちんと文字で読めるなんて…幸せ。

高潔すぎるがゆえに、ときにじれったくもなるし、愚直なまでに樹里に一途で、自分の気持ち以上に相手を大切にしてしまうランスロットにめちゃくちゃ萌えを滾らせていた私としては、この設定は嬉しい限りなのですが、あの超がつくほどスパダリのアーサーがいない状況とはいえ、あれだけの存在感のあった人からそんな簡単に人の心は動くのか?とも思えていました。

ベタ惚れの樹里はもちろんのこと、誰よりも尊敬し守るべき王としての存在だけではなく、その敬愛する王を殺してしまったという罪悪感から、どうランスロットが解放されて、自らの想いを遂げるのか。

自分の犯した罪に対し、高潔ゆえに頑固なまでに責任を感じ、ときにポンコツになってしまうところを救うのは、やっぱり樹里の言葉で、どのような形であれ、彼には樹里しかいないんだなぁ~と改めて実感しました。無意識下でさえ樹里を救おうとする姿は、さすがランスロットです(笑)

しかしながら、そんな生真面目な人が弾けちゃうともう手がつけられません。最後にきての急展開、きゃ〰️っ。未亡人とは言え王妃にあんた何してんのよ〰️っと念願叶って嬉しい反面、読んでる方もドキドキしました。

樹里の方も、今まではストッパーとしてアーサーの存在が気持ちを抑えていましたが、元々ランスロットに対して、憎からず思っている存在だっただけに、身体はもちろん反応するし、気持ちいいとさえ感じてしまう自分と、アーサーの愛情を裏切ってしまったという罪悪感とをどう折り合いをつけていくのか今後がめちゃくちゃ楽しみです。モルガンとの戦い方も、アーサー不在でエクスガリバーの使えない状態で、本編とはずいぶん変わってくると思うと、どんな展開になるのかワクワクします。

ランスロットの念願が叶ってテンション上がりまくりで読み終えたものの、アーサーがいないと、暗いし、重いし、やっぱりちょっとさみしいなぁ…。

5

表紙の!カーバーを!はずしてみて!!!

表紙のカバーを外してない方はまず、まず、外してみて下さい。
話はそれからです。

はぁぁぁーーー!!(惚)
もうこのカバーの下の絵だけで泣ける!
ランスロットと樹里の悲しみや苦しみがこれだけで伝わってきます。
このハイレベルのイラストを表紙に持ってこないで、こっそり隠すように読者に送り出すなんて。先生方、本当に粋すぎる。
ランスロット泣いてるように見えるし、もう本当、あぁぁあぁぁ、胸が痛い素敵な隠し絵!


前置きはここで終わりまして、物語の感想です。
盛大にネタバレしてます。読んでない方・ネタバレが苦手な方はご注意を。





***






序盤でアーサーお亡くなりになります。早っ!
私、本編二巻目からランスロットに心を奪われ、そこからずっとランスロット派だったのですが
それでもやはりアーサーが亡くなる描写はなんかもう、胸にズシッ!ときました。
こうなるのは当たり前で、当然読む前から分かっていましたが、とにかく悲しかった。

きっとアーサーは亡くなる直前に、樹里を思い浮かべたんだろうな…とか考えちゃったんです。
己の死を前にして、心の中で樹里の名前を呼んだんだろうなって。

凄いですよね夜光さんって。
書かれていない事まで読者に想像させちゃうくらい、夜光さんのキャラって紙の中で全力で生きてるです。
夜光さんの力量にもう初っ端から感服してました。


絶望的なシーンから始まりますが、でも物語の受けがあの樹里ですから。
彼のその根明な性格のおかげでちゃんと一筋の希望や光を生み出してくれます。
たくさん泣いて、絶望して、でもアーサーの愛したこの国を、民を、どうにか救おうと頑張るんですよ。
アーサーは殺され、ランスロットとクロまでモルガンに攫われて、
挙句、アーサーの死によって精神崩壊をおこしたマーリンは行方不明になってしまって。
もう八方ふさがりです。それでも、それでも樹里は前を見なきゃと頑張るんです。
樹里ほんとうに良い子…!

また、主要キャラとしてランスロットの部隊の隊員、マーハウスとユーウエィンが樹里の護衛役として登場します。
この二人もまたいいキャラでして、彼らの登場のおかげで安心して読めました。
特にマーハウスがいい意味で空気読まない明るいキャラで楽しませてくれました。
ユーウエィンは冷静かつ知的な感じで、今後もいい突っ込み役として活躍してくれそうです。


本編からの分岐点となる、あの過去からマーリンと樹里がやってくるシーンもありました。
こちらは軽く描写されてる程度でした。


ランスロットと樹里の恋の行方ですが、まぁすんなり上手くいくわけないですよね。
だって樹里はアーサーの事が大好きだった訳ですし。

でもラストの濡れ場はこれでもかというくらい濃厚でした(笑)
読んでて、え!?まだ濡れ場続くの!?ランスロットどんだけだよ!?と、
途中本を置いてランスロットのセックスのしつこさに動揺しました。
動揺しましたが、非常に萌えました(笑)
挿絵含めてページ数20ページくらいあったかと思います、この二人の濡れ場。
物語の中でのセックスに用いた時間は恐らく軽く12時間程あったのでは……。
ランスロットが射精しても射精しても、とにかく枯れないんですよ!

本編二巻でのランスロットと樹里の軽い濡れ場のシーンで
ランスロットの性器の説明が『雄々しいけれどあまり使いこまれていない色をしている』とありましたが
大丈夫、安心してください、ここにきて大爆発、大暴走です。
良かったねランスロット、死ぬほど使い込んだね性器!!おめでとう!!
ちょっと「え、ちんこ耐久レースでもしてんですか!?」ってくらい使い込み過ぎだとは思いましたが。
ランスロットが大好きな私は心から祝杯をあげたいです。


でもちんこ耐久レース(違)をしたところで心が通じ合ったわけではなく。
樹里ったら、自身の意思でモルガンの城からランスロットを助け出し、
さらに自害しようとするランスロットに対し「お前は辛くても生きなきゃダメだ」と説き伏せたくせに
自分は元の世界に帰ろうとするんですね。(でも帰ろうとする気持ちはわかる)

他の方のレビューでもありますが
ランスロットは自分を置いて帰ろうとする樹里に対し、ついにブチ切れます。

「あなたが勝手にするのなら私も勝手にします」と宣言し、
それが上記のちんこ耐久レースでもしてんのかと思わせるほどの長時間にわたる濡れ場に発展し、
濡れ場が終わった後も、樹里が相も変わらず自分を受け入れようとしないのを見て
「それなら何故私を助けたのですか!あのまま放っておいてほしかった」と嘆き、結果ここで完全に豹変しちゃいました。

あの温厚で真面目で紳士だったランスロットが容赦なく本性を剥き出しにし、樹里に対し不機嫌な態度を見せることもためらわない状態に。

もうね、ほかの皆の前で堂々と「私の一方的な想いだ」「私が愛しているのは樹里様だけです」と告げる始末。
爆発・暴走したのはちんこだけじゃなかった!
だめです、もうランスロット完全にはじけちゃいました。
ランスロ大ファンの私、超歓喜です。
ランスロットをここまで豹変させる事ができるのは樹里だけなんだろうなと思うとニヤニヤがとまりません。


次巻からは明るい展開になるらしいのですが、今からこの二人のやり取りを想像すると、もう。
顔の筋肉が緩みます、妄想止まらないです。
今作の終盤で「どこのカップルの痴話げんかだよ」と私は感じていたので
次巻からは彼らの関係も本音でぶつかり合い、はじけるんだろうなと思うと。
あぁ、楽しみです(笑)

はたしてモルガンとの戦いはどうなるのかなど、心配なことはいっぱいありますが、でもランスロットとマーリンは強いから!
樹里のパパやママだっていますしね!

長々と感想を述べてすみません。
本当に本当にランスロットが大好きなので語らずにはいられなかったのです。
ランスロット抜きにしてもいい話だと思います、文句無しでこの作品を神評価とさせていただきます。

19

ランスロットが主役のアナザーストーリー

ランスロットが主役となっている、アナザーストーリーです。以前に樹里がマーリンと共に飛んで行った未来。その世界軸のお話です。 本編はハッピーエンドに進んでいきましたが、こちらは…? 読み始めたいなーと思った方は、ひとまず「神の子を宿す」までは読んでいただきたいです。



最終巻で、ランスロットが主役の…というあとがきを読んでからこの巻が楽しみでした!樹里があの時こっちの行動をとっていたら…の結果から進んでいく、本編とは全く違うストーリーに、ワクワクすると同時に夜光先生すごい…!と感心してしまいました。
ネタバレはなるべくなく…と考えながら書いていますが…少しだけ。暗くなるのではと心配していましたが、樹里は生命力溢れる、アーサーを愛するあのままの樹里です。そしてランスロットは、普段温厚で真面目な人を怒らせると怖い、というあのことばそのままです。開き直ったランスロット強い…。今作でも苦しんでいるランスロットなので、こちらでは幸せになってほしい…。物語は一筋の光が見えたところで時間は続きます。


少年神シリーズ好きな方必見です!本編同様とてもワクワクします。ただ、本編のハッピーエンド以外受け付けないという方は注意が必要です。分岐点から別の軸へ進んだパラレルワールドとなっています。大丈夫な方には全力でオススメします!

9

ランスロット、この後また悩むんじゃないか?

先にレビューされたポッチさん同様、私も首を長くして刊行を待っていました。
このお話は『少年神』シリーズの内容に触れないと感想が書けない作りになっていますので、シリーズをまだ未読の方は「ここから先は読まない方が良いのではないか」と思うのです。
と言うのも、このシリーズは『手に汗握る冒険もの』なんですよ。
ラブストーリーとして面白いだけではなく、次から次へと「これ、どう解決するの?」という様な困難が、主人公の樹里に襲いかかっちゃうんです。それを持ち前の前向き姿勢で解決していくのが、非常に心地良いお話なもんですから、未読の方は予備知識なしで読んだ方が断然良いと思うんですね。
という、長い前置きの後、ここからネタバレ部分に入ります。




本編(と呼んでいいものか?夜光さんの言葉を借りれば『トゥルーエンド』の方のお話)でちょっとだけ出て来た『アーサーが死んでしまった世界』を舞台にアナザーストーリーが書かれると知った時から、すごくすごく刊行を待っていたのは、この世界の樹里がかなり本編とは異なったイメージで描かれていたからなんです。
樹里って、元気が良くて明るくて、レジリエンスに長けているへこたれない子だと思っていたんですけれど『しっとり系』とでも言うか、少なくとも生命力がとても減っている状況に見えたんですよ、あのシーンで。
それが滅茶苦茶気になってねぇ。
おばさん、とっても心配していたんです(もう、フィクションだかリアルだか訳解んなくなってますね)。
読んでみたら、樹里はちゃんと樹里してました(ホッ)。

物語の冒頭でアーサーはいきなり殺されてしまうし(もうちょっと後かと思っていたんですよ)、王殺しの罪で公開処刑される直前、ランスロットはモルガンに攫われちゃうし、モルガンの魔物の所為で王都は多大な被害を被ってしまうし、と怒濤の大展開です。

この巻では、樹里とランスロットの忠実な部下であるユーウェイン&マーハウスのランスロット救出までが主たるお話として書かれます。
しかし、本当に活劇を書かせたら夜光さんはとんでもなく上手いなぁ……
いつも思うのですけれど『誰が何をやっているか』が、乱闘シーンで目に浮かぶ様に書いてくださる。何度も書いたと思うのですが、こういう時の夜光さんの文章はとことん映像に近いです。

相変わらずランスロットは騎士としての『あり方』に拘り、樹里への想いを持てあましています。
「今巻もプラトニックのまま?」とまで思ったのですが、いやいやいやいや。
やはり『怒り』にはエネルギーがあるんですね。
『普段真面目な人が怒ると何をするか解らない』という、あれですよ。
ちょっと恐かった。
ただねぇ、これ、後でまた自責の念に駆られちゃうんじゃないかと思ったりもするのです。

そこで、イラストの話を少しばかり。
奈良画伯は美しい絵を描かれるだけじゃなく、常に物語の核心を突く様なイラストを描かれる方だと思っていますが、私は今作の口絵に「ガビーン」と来ちゃったんです。絵の説明をするのは野暮なので止めておきますが、ランスロットの孤独を表す様なイラストなんですよ。
ここから考えちゃったんですね。「こういう結果になったけど、ランスロット、また悩んじゃうんじゃないのかなぁ」って。

だからこそ、実は死んでいないアーサーとか、妖精王に預けられたアーサーと樹里の子どもが、これから大きな役割を果たすんじゃないかとちょっと期待もしたりしています。

3巻予定だそうなので「もっと面白くなるはず」と期待して、序盤の今作は萌え2評価で。

5

「少年は神」シリーズのアナザーストーリー

作家買い。

作家買いですが、この作品は夜光作品の「少年は神」シリーズのスピンオフもの。という事で、発売されるのを楽しみに待っていました。

「少年は神」シリーズで、樹里に恋焦がれ、けれど樹里と敬愛するアーサー王のために身を引いたランスロットを主人公に描いた作品です。

非常に大きなネタバレを含んでいます。
苦手な方は、申し訳ありませんが、回れ右してください。










「少年は神」シリーズのアナザーストーリー、というか、パラレルワールド、といったお話。登場人物やバックボーンは同じですが、結末が大きく異なるのであろうストーリーです。

時系列としては、「少年は神」シリーズの5作品目の『少年は神の子を宿す』から分岐したところからスタート。

樹里が懐妊し、ランスロットが樹里によって救われ、そしてアーサーと樹里の関係が盤石なものとなった。

そんな、優しく温かな空気感が漂っていた彼らを襲うのは、モルガンと彼女の息子のガルダの恐ろしい策略です。

ネタバレ注意‼

*************************************************






モルガンとガルダの策にはまったランスロットの手引きにより、アーサー王が殺されます。

ランスロットはアーサー王を弑した謀反人として捕らえられ、逆上したマーリンによって処刑されることになるが―。


序盤からランスロットの樹里への抑えきれない恋心や、そんな彼の心につけ入る闇の描写が描かれていて、不穏な空気が漂いながら物語はスタートしますが、さらに早々にアーサーが亡くなるというドシリアスな展開へ突入していきます。

ランスロットは謀反人として捉えられ、国民から愛されていたアーサー王が亡くなり、そして、そんな隙を突くようにモルガンの放った闇に国中が飲み込まれる。ランスロットとクロはモルガンによって連れ去られ、アーサーを失い自我をなくしたマーリンも行方不明。さらに、隣国のケルト族の襲撃にも悩まされる。

ここから、どうやって樹里が国を立て直していくのか。

樹里が、彼持ち前の明るさとポジティブ思考でランスロットとクロは取り返すものの、キャメロット王国は暗雲の中にある。

何しろモルガンが強い。
アーサーがいたときは何とかなるだろう、と思えていたことも、彼亡きあとではどうやって好転していくのか先が見えず、シリーズ一番のシリアスな展開だったと思います。

夜光さんらしい、様々な伏線を回収しつつ進むストーリーで、とにかく面白い。

ストーリーはもちろん面白いのですが、この作品は「ランスロット編」という事で、ランスロットと樹里の関係はいかに、という事も気になる。



はい。
終盤に、しっかり致してます。

アーサーも亡く、そしてお腹の子どもも妖精王が守ってくれている。
そんな自分がここにいる意味はあるのだろうか。
そんな想いに囚われた樹里は、自分の元居た世界に戻ろうとしますが、その行為がランスロットの怒りを買います。

もうね、ランスロットがカッコいいんですよ。

手に入れることが出来るわけがないとあきらめたはずの樹里。
でも、どうしても忘れることが出来なかった。

自分のせいでアーサー王を亡くすことになったけれど、だからこそ、樹里に救われた命の限り、樹里に尽くしたい。

まさにわんこ攻め。
わんこの鑑。

樹里への想いを封印してきただけに、その緊張が切れてしまった後のランスロットのエロさといったら、悶絶モノでした。

一方の樹里もランスロットを憎からず思っている。
アーサーがいなくなったから、じゃあ次はランスロットに。
というものでもなく、でも、ランスロットにも惹かれている自覚はある。

個人的には、樹里にはランスロットを拒絶してほしかったなあ…。
少なくとも、現段階では。
でも、こういった展開にならないとランスロット編は進まないわけで。

これから彼らに立ちふさがる壁は高いことが容易に推測でき、それゆえに、それでも覚悟を決め自分の思いを貫くランスロットのカッコよさに萌え滾りました。

夜光さんがあとがきで、「次は明るくする予定」と書かれていますので、次巻も楽しみに待っていようと思います。

という事で、はい、この巻で完結してません。
続き物です。

あ、それと。

奈良さんの挿絵は今回も神でした…。
特に表紙!
もう勘弁して…、と思うくらいカッコいい。

樹里が、ランスロットの「光」なのかな。

で、カラーの口絵。
こちらはアーサーが生きている時のシーンが。
楽しそうな樹里たちの姿に、かえって内容のシリアスさがくっきりと浮かび上がっているように感じました。

それと、アーサーですが。

完全に亡くなっているわけではないようです。
彼のこの状況が今後の彼らの未来を左右しそうで、そちらも楽しみです。

あー、早く続きが読みたい!
文句なく、神評価です。

14

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ