BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

インモラルだからこその毒性に魅入る……惡人BL

2019/01/13 11:22

致死率1000%の猛毒すぎる男達の饗宴! ドキドキしっぱなしなコミック&小説5作品♥



この人を好きになったら破滅するとわかっていても「キケンな男」に憧れちゃう!

……というのは、いつの時代も恋愛ストーリーの王道ですよね。さて、今回はそんなワルい魅力たっぷりな「凶惡BL」特集!! ヤから始まる職業のキャラクターから、人格がワルなキャラクターまで、幅広い「惡」を集めました! コミックスから3作、小説から2作の計5作品をご紹介します。
ありとあらゆるキケンな男達に、いけないトキメキを感じてみてはいかがでしょうか♥

 

事件の容疑者×危険行為に興奮する熱血刑事…カップリングがキケンすぎるッ!

コミックス『REVERSE』作:ゆいつ

 

STORY
刑事の浮島は、危機的状況に遭遇すると性的な興奮を覚えてしまう悪癖があった。事件後はいつも背徳感と昂揚感を抱きながら一人でヌいていたが、怪しげな男・真壁との出会いでそれは一変する。お互いの素性も知らないまま、出会ったその日に激しく犯され、えも言われぬ快楽を得る。ところが、真壁が浮島の追っている事件の容疑者として浮上し、二人の関係はより禁忌さを増してゆき…?

まずご紹介するのは、がっしりした大人の男を描かせたら天下一品なゆいつ先生の最新作です! 主人公の刑事・浮島は危険な状況に至ると性的興奮を感じてしまう隠れドM。幼いころは「ロシアンルーレットごっこ」が一番好きな遊びだったというエピソードもあり、根っからのドM気質なんです! しかも、そんな性癖とは裏腹に、性格はまっすぐで、悪を許さない熱血っぷりなのが、ギャップ萌えかつエロい!! 攻めであり、事件の容疑者でもある男・真壁との取引で手ひどく犯されますが、しだいに強引な行為の虜になっていくのもたまらんポイントですね……! 真壁の怪しげで素性のしれないミステリアスが、わかりやすい浮島とのコントラストで陰と陽のような関係になっており、とっても魅力的です♥
そんな2人のキケンな関係性だけでなく、事件を追っていくごとに危険度が高まっていくストーリーの展開にもハラハラさせられます! 大人なサスペンスをぜひご堪能ください♪

読み直し必至! 元ヤクザな陰のある色男の過去がキケンすぎるッ!

コミックス『いつか雨が降るように』作:国枝彩香

 

STORY
真木匡一が雨の日に拾った少年は、すべての記憶を失くしていた。匡一は成り行きからその少年を「シロ」と名づけ、一緒に暮らし始める。シロと過ごす穏やかな日々の中で、孤独に荒んだ匡一は少しずつ人間らしい優しさを取り戻していくが、その幸せな日々が壊される瞬間が近づいていた…。

こちらの作品は短編集ですが、今回は表題作の『いつか雨が降るように』に注目! 物語は雨の日、表紙の男性・真木が道に倒れている記憶喪失の少年を拾うところから始まります。真木は小指がなく入れ墨も入っており、どこからどう見ても堅気じゃない風貌。拾った少年に対してもぞんざいな扱いをするようなワルです。しかし、少年・シロの健気さと純粋さに惹かれ、心の交流を深めていく中で、2人の関係はかけがえのないものになっていきます。
明らかに場違いな水族館に一緒に行ったり、不器用ながらもシロをいつくしむ男前な真木に痺れる!! またそれと同時に、それぞれに秘められた過去の切なさに胸が締め付けられること間違いなしです! 短編とは思えない重厚感とインパクトに、一度読んだら忘れられない一作になるはず!

誘拐犯の養子×誘拐されてきた少年…犯罪と背徳感がキケンすぎるッ!

コミックス『僕の歪な楽園』作:ハシモトミツ

 

STORY
かつて共に“おじさん”の家に閉じ込められ、“つがい”として背徳的な行為を教え込まれていた柊平と八雲。おじさんが逮捕されてから二度と会うことのなかった二人だが、12年後偶然再会。実の兄に性的な関係を迫られている様子の八雲を放っておけず、家に連れ帰ってしまった柊平だが…? 依存と愛執のインモラル・ラブ。

幼いころ、それがまだ何かわからないまま危険な行為に及んでしまったことはありませんか? そんな無垢さがキーポイントな作品がこちら! 『ぼくの歪な楽園』は、誘拐犯によって背徳的な行為をさせられていた少年たちの、大人になったその後の関係性を描いた衝撃作です!
社会的に見ると誘拐犯が逮捕されれば一件落着なように思えますが、当の本人たちにとっては、誘拐されていた当時の気持ちよく楽しい“つがい”の関係が一番幸せな時間なのです。受けの八雲が無邪気を装い、攻め・柊平との“つがい”の共依存関係を復活させようと様々な策略を練っているさまはヤンデレっぽくもあり、一途でもあり、ちょっとかわいそうでもあり……。2人の愛情と執着の歪さと、八雲とその兄とのインモラルな関係性にもキケンが孕む、病みとドキドキを満喫できる一作です♥

BL界No.1クズ!嫌な予感のする展開に心臓が止まりそうでキケンすぎるッ!

小説『MUNDANE HURT』作:木原音瀬 イラスト:井戸ぎほう

 

STORY
高校の体育祭で西崎は堅物だと思っていた長野の走りに視線を奪われた。遊びで長野を落とそうとするがセオリー通りにいかない長野に西崎は次第に本気になる。何とか落としたが今度は鬱陶しくなりすぐに振ってしまった。卒業後、何でも手にいれてきた西崎の人生は一変する。孤独になり薬にも手を出した西崎は極道に命を狙われる。助かるには弁護士になった長野からあるデータを手に入れなければならず……! 立場が変わった二人の愛の行方は……。

バッドエンドだってかまわず食っちまう闇の腐女子の皆さんには、必読の一作!! もはや闇の腐女子のバイブルと言っても過言ではないのではないでしょうか……! どう贔屓目に見ても悪すぎる主人公の性格と対比的に良い奴すぎる攻め・長野の関係性、破滅に向かっていく西崎の両方に動悸が休まる暇がありません!
主人公・西崎は、顔が良いだけの性格ドクズ男。家柄もよく、人生の最盛期だった高校時代に長野に出会い、落とすだけ落として飽きて捨てるという鬼畜の所業をします。しかし盛者必衰とはよく言ったもので、ある時西崎は家柄を失う羽目に。最底辺にまで転落した西崎は弁護士になった長野に再会し、極道に命じられるままデータを盗み出そうとまた長野に言い寄っていきます。
クズすぎて目も当てられない西崎なのになぜか目が離せない、癖になること請け合いな作品です! ちなみに、木原音瀬先生が同人誌にて続編を書いていらっしゃるので、続きが気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね♪

殺せと命じられた相手はかつての恋人! 裏社会の愛憎がキケンすぎるッ!

小説『すべてはこの夜に』作:英田サキ イラスト:笠井あゆみ

 

STORY
借金を帳消しにしたければ、ある男を撃ってこい――。闇金から逃れるため、不穏な取引を承諾した加持。ところが目的の場所にいたのは、大学時代に別れた恋人で、二度と会いたくなかった男・湊だった!! 冷酷な極道に変貌した湊は、「撃たれて死ぬか土下座で許しを乞うか、どちらか選べ」と無情に告げ!?

こちらは英田サキ先生の超初期短編作品。現在でも色褪せないストーリー展開と、先生らしいハードボイルドさがぎゅっと詰まった一作です!
大学時代の同級生で身体の関係もあった2人ですが、とある誤解から主人公・加持は攻めの湊を憎むようになります。湊は昭和のスター俳優のように硬派で寡黙な男前攻めで、言葉足らず故に加持に勘違いされてしまうほど不器用な男。極道の次期組長候補にまでのし上がる有能っぷりですが、内に秘めた加持への一途な愛情に思わずキュンとしてしまうこと必至!! 愛情表現の下手さに悶えること間違いなしです!
また、本作には表題作のスピンオフが同時収録されているのですが、中でも湊の部下・武井の過去編が涙なしでは読めないほど切なく悲しい……! こちらも必ず読んでほしい一作です。

さて、「惡人」BLを5作品ご紹介しましたが、いかがでしたか?
多種多様な悪のカタチ、悪にならざるを得なかった背景なども含めて、じっくりかみしめて頂きたい作品ばかりです! 落ち着いたソフトBLが好きなあなたも、ハードなBLに是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

担当BLソムリエ:月町ぴょん  
痛エロ好き黄昏の腐女子兼、not地雷な核シェルター腐女子。どんな破天荒設定でも美味しく頂く低燃費設計だ!!

 

関連作家・声優

PAGE TOP