めちゃくちゃに抱いてやる

REVERSE

REVERSE
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×215
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

258

レビュー数
9
得点
209
評価数
54
平均
4 / 5
神率
44.4%
著者
ゆいつ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
価格
¥666(税抜)  
ISBN
9784866532400

あらすじ

刑事の浮島は、危機的状況に遭遇すると性的な興奮を覚えてしまう悪癖があった。
事件後はいつも背徳感と昂揚感を抱きながら一人でヌいていたが、怪しげな男・真壁との出会いでそれは一変する。お互いの素性も知らないまま、出会ったその日に激しく犯され、えも言われぬ快楽を得る。
ところが、真壁が浮島の追っている事件の容疑者として浮上し、二人の関係はより禁忌さを増してゆき…?

表題作REVERSE

真壁 光(25歳くらい)
浮島 隼人(33歳くらい・刑事)

その他の収録作品

  • 番外編
  • カバー下:人物設定

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

がっちり系の男と男のあれそれ。刑事モノストーリと濃厚エロス満載です

正体不明のチンピラ(……?)やや加虐指向持ちの真壁×危機的状況に陥ると性的興奮を覚えてしまう体躯のいいお人好し刑事の浮島。

艶のある絵柄がとても印象的でした。クソ真面目な浮島がガッツリバックリ、柄の悪い真壁に食われちゃいつつ、刑事の捜査で関わり続けなければならない状況が続く……みたいなストーリーです。
絡みがかなり濃厚で、かつ絵柄もかなり艶っぽいのでエロ度合いはかなり高いです。
私が一番燃えたのはめちゃくちゃネタバレになってしまうので言いづらいんですが。。。
真壁は完全にみたままのひとだと思ってたので、どう決着をつけるのかと思いながら読んでいたら、最後にああそういうことか!!とストンと来ました。

終わり方いいんですけど!!いいんですけど!!願わくばもう少しご褒美(いちゃいちゃ)欲しかったなー!!笑

0

紙書籍の尊さ

クールイケメン×お人好しのカップル描かせたら天下一品ですねー。
前作の「バカな犬ほど~」もめちゃ好みのカプでしたが、
今回も最高に萌えるふたりでした。

表紙の雰囲気からもっとシリアスなストーリー展開を想像してたのに、
グロい暴力シーンとかなくて実に読みやすい内容でした。
その分二人の絡みがエロいことエロいこと。
刑事ドラマにこんな絡みがあったら良いのに!な腐女子の夢をこの作品でやってくれてます。

前半はクールにオラオラ攻めまくる真壁、特に第1話の言葉責めがかっこ良い。
ドMじゃないのにしびれました。浮島は、道端ですごい良い拾いものが出来て幸運です。
後半になるにつれて真壁の紳士的な面が顔を出し始めると、強引に抱いてもらえなくなって、真壁不足で悶々してしまう浮島の可愛いこと。真壁といると火照りっぱなしです。

ビッチとは一味違う、くそ真面目な浮島がむっつりどスケベなことが浮き彫りにされて行く展開で、非常に微笑ましいです。
ドMの無言の欲しがりっぷりを1冊丸々でご堪能ください。

2

がっしりした絵柄で迫力あるエロ!大満足です。

絵がものすごく上手で、エロくて、話も伏線があったりどんでん返しがある濃厚なストーリーで最高でした。
ボーイズラブというよりは、刑事モノミステリの中にBLがある感じ。
画力がすごいのでエッチシーンが大迫力。でもただエロいだけじゃなく、お話もキャラもしっかりしているので読みごたえがありました。
普通の青年誌でも連載できそうな、雄々しい絵柄ですね。

攻めの真壁さんがめちゃくちゃかっこいい。
吊り目でS、筋肉質、ピアス多い、そしてミステリアス。
最後、受けを真正面から抱えてベッドまで運ぶシーンがすごく好きです。力持ち♡
受けの浮島さんも正義感が強くて、Mで、真面目でかわいいです。
どちらも男らしくて好きです。

最初の出会いから初エッチまでの流れが早いw
半ばレイプに近い形ですが、Mな浮島は捜査のために抱かれるようになり…。
目隠しプレイが萌えました♡

そこで終わるのか~~。この二人の今後はどうなるんだろう。
本気で続きが見たい。

1

充実した作品でした!

ハードボイルド+エロスたっぷり、最後にはラブもありの充実した作品でした。
浮島が追っている事件の内容自体は、議員の息子の不祥事を内部で隠蔽しようとする、というもので、わりとドラマや小説などでよく見る設定だとは思いますが、絵も美麗でテンポもよいせいか、集中して一気に読んでしまいました。
トータルで真壁がカッコいいです、年下で実は警察の人間?浮島は、この性癖だと生きづらそうですが、可愛い。二人の絡みは前半から中盤は真壁のドS攻めが冴えてますし、事件解決後はそうなるのか、と思うほどの甘い雰囲気でした。どちらもよい萌えをいただきました!
初の作家さまでしたが、追いかけていこうと思います。

2

そこには激しいお付き合いが待ち受けていました


初読み作家さんです。なんかやばいと思ったのですでに既刊も購入済みです(笑)

もう作画が…美しすぎて…眉毛や唇、瞳を描く線の一本一本を辿って味わいたくなるほどに、上質な絵で溢れていました…。
かなりリアルなタッチなのですが、所々可愛らしさというか甘さがあって、配分が絶妙なのです!!!

なんかちょっと格好いい感じの内容なのかな
とか思っていたら初っ端から

スラックスの股間部分を押し上げるきかん坊(棒)!
引き伸ばされる受け君の肉厚な入り口(正確には出口)のしわ!
正常位で腰を高く上げられたせいでラストはセルフ顔射!!

えっろ…ッ!!!

描きおろしを含め全部で8つの章に分かれているのですが、そのうち6章に何らかの卑猥なシーンが盛り込まれておりました。
ありがとうございました。とてつもなく満たされております…。

作画良くってエロス満載!!!
買って損しませんのでぜひ試し読みしてみてください!

3

最高過ぎます

大好きな先生の新刊で、楽しみにしておりました!謎のあるイケメン×正統派黒髪イケメン…。

まずもう爽やかイケメンな浮島さんがどMな性癖を持っていて…最高すぎでした( ; ; )
めちゃくちゃにされたい…と思ってる時にめちゃくちゃにしてくれる男に出会ってしまって。

とにかくHがエロエロで激しいですし、ラブラブになった2人をもっともっと見たいです!お手紙書いて続きを希望したいくらいに面白かったです♡

ゆいつ先生の絵柄が好きな方、黒髪イケメン受けが好きな方は絶対楽しめるかと思います。

3

REVERSE

スリルを感じると性的に興奮する刑事の浮島(受)と、浮島が追う事件と関係している謎の男 真壁(攻)。真壁が一体何者なのか、読み進めていって分かっていく事実、スリリングでエッチなお話でした!
ダークヒーロー的存在の真壁さんがすっごくカッコいいです( ^ω^ )のちのち、囮捜査をする刑事だと分かるんですが、もうモロ好みで素敵!!!
浮島さんは、真面目な性格の分、仕事中でもスリルを感じると興奮して勃っちゃう性癖とのギャップがたまりませんでした笑。

話の内容自体も、徐々に分かっていく事実が、ハラハラドキドキ。ただ、少々話の展開が早くて、浮島さんと真壁さんの絆や信頼関係を築いていく過程が、もう少しゆっくりだったら、もっと良かったかなって思いました。エロてんこ盛りだし、エッチする展開が早いのはすっごく嬉しいですが、エッチと絆を育む速度が同じでスラスラいってくれるよりは、エロ先行で心が徐々の展開にしてもらえたら、神でした。面白かったので、もっと長く読みたかったです。

描き下ろしとして、2人のイチャラブ番外編があります。かなり萌えでニヤニヤとまりませんでした!!オススメです( ^ω^ )

危険だから興奮するのか。
興奮するものは危険なものなのか。
危険を冒してまでやっている仕事を"自分にはこれが向いている"と話す真壁さんと、幼き日のスリリングなことが興奮の起爆剤となり性的な欲求を求める浮島さん。2人の仕事は光と闇のように反対に見えますが、追うものは同じで、そこに自身の正義を秘めていて、そこがREVERSEのタイトルを思わせてるように感じました。

5

アダルト×サスペンス ドラマのような1冊。

アダルトな雰囲気とサスペンスの要素が融合した作品で 読了後、1本のドラマを視聴し終えたような満足感で一杯になりました。

エロのページ数は申し分なく「これでもか!!」という程に惜しみなく描かれた男体に、大変満足させて頂きました。

また、ゆいつ先生の描く唇がとても美しく、つい目が引き寄せられてしまいました。
特に、55p最終コマの真壁さん(攻) 163p最終コマの浮島さん(受)の唇 とても良かったです……(*¨*)

本編が比較的シリアスな分、描き下ろし(互いの呼び方のお話)が甘々過ぎて……大好きです。

ゆいつ先生 最高の1冊をありがとうございました!!

7

ハードボイルド系な男くさい異色BL。

TORICOで開催されているdrap'smas 2018で、ゆいつ先生のハードボイルドというか、青年マンガのような男くさい絵柄に目を引かれました。
男くさいけど、線はスッキリしていて綺麗な感じ。
さらにガタイの良い刑事が受けっぽいのにも惹かれて、その場でコミックスを購入しました。

※紙本には描き下ろしペーパー全プレがあります。
 (2019年4月1日 消印有効)

ヒーローがピンチになると興奮する変な子供だった浮島は、天職ともいえる刑事になった。
犯人を捕まえるための正義に見える無茶な行動も、浮島にとっては性的興奮のトリガーでしかなく、むちゃくちゃにされたいM的変態性を秘めています。

そんな興奮したある日、殴られたのか傷を負って倒れていた真壁に出会い介抱すると、浮島のカラダは興奮を隠せず…
それに気付いた真壁に荒々しく抱かれると、強姦まがいなのに、浮島はいままでにないくらい気持ちよくて…


その後、事件捜査で浮島は真壁と再会し、情報をエサに真壁に呼び出されては激しく抱かれる。

事件は情報があっても、肝心なところが隠されていて、なかなか真相に辿りつけないが、真犯人の特徴は真壁を彷彿させるもので…

キーパーソンに間違いない真壁は敵なのか味方なのか???


こうゆうところに惹かれたから一緒にいたい、離れられないって、感情的な部分はあまり触れられていません。
恋愛よりも、事件解決と真壁の正体にポイントが置かれている刑事サスペンスの色合いのほうが濃いストーリーです。

男同士の身体と欲望のぶつかり合いは、ハードボイルド系な綺麗な線で、激しいくらいに描かれているけれど、BLらしい甘さはほとんどありません。
そういう意味では ”異色” な感じがします。
(ただ最後に甘さがチラッとあります)

この ”異色” な感じは新鮮で楽しかった!
欲を言うと、もう少し、真壁をミステリアスに、事件にもヒネリがあって欲しかったですが…
あと最後にBLセオリーに収めようとしなくても良かったんじゃないかなって思います。
真壁は荒々しいまま、浮島は変態なまま、快楽だけで繋がってる関係のほうがより ”異色” を楽しめたと思います。

最後に難癖つけちゃいましたが、まだ本作が3冊目の作家さんですから、活躍はこれからですよね!
こうゆうハードボイルド系な異色BL、今後もたくさん描いて欲しいです。


ちなみに、R18コーナーに展示されていたゆいつ先生の描きこみすごかったです!ゆいつ先生のハードボイルド系の絵柄にピッタリで、このまま本になってくれたら本当に嬉しいんだけどなぁ。
コミックスだと滑らかにツルッとなってしまうのが残念…
(電子の真っ白よりはマシだと思いますけど)
出版社各位、作家さんの画力をそのまま届ける方法を考えてください…

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ