バカな犬ほど愛おしい

baka na inu hodo itooshii

バカな犬ほど愛おしい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×220
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

167

レビュー数
11
得点
213
評価数
50
平均
4.3 / 5
神率
48%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥756(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784865894912

あらすじ

うちのヤンキーが
エロくてチョロくてほっとけない!!!

世話焼きヤクザ×騙されやすいヒモ

エッチな危機にたびたび陥るおバカ男子と
それを秘密裏に助ける苦労人
アウトロー共のラブコメディ!

〈あらすじ〉
浅はかで鈍いならず者、だけどめちゃくちゃえっちでキュート♥

住所不定・無職の綿貫還(わたぬきめぐる)は
無一文になるたびに友人・辰巳要(たつみかなめ)の家に転がり込んでいる。
要のことが好きな還だが、居心地の良い今の関係を崩さないため気持ちを伝える気はない。
ある日、怪しげな男に紹介された運び屋の仕事でヘマをして、怪しげなクスリを飲まされてしまう。
朦朧(もうろう)としながら家に辿りつくも、昂った体を持て余した還は要の寝込みを襲ってしまい…!?

表題作バカな犬ほど愛おしい

辰巳 要 / 世話焼きヤクザ
綿貫 還 / 騙されやすいヒモ

その他の収録作品

  • 描き下ろし
情報修正依頼中

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

絵柄がどストライク。 ストーリーも……最高◎

イラストのタッチといいますか……絵柄がとても好みでしかも大好きなヤクザものということで、お迎え致しました。

cpは辰巳要(ヤクザの若頭補佐)×綿貫還(無職)
クールな要さんとチョロくておバカで騙されやすい還くん。
2人の性格の違いにグッときました……
要さんも還くんも、ガタイが良いところがとても素敵です◎
この作品には、ヤクザが沢山登場します。
ヤクザ好きには堪らないですね……(*´꒳`*)
うさ耳着けてカーセックスのシーンには、スタンディングオベーションを送らせて頂きたいと思いました!!

要さんのセクシーな感じと、エロ可愛い還くんの組み合わせ……
もし続編を描いて頂けるならば、ゴリゴリの玩具責めが見てみたいです!!

ゆいつ先生のイラストの雰囲気や描き出すストーリーにとても惹かれました。
今回、先生とその作品に出会うことが出来たことを本当に嬉しく思います。
作家買いさせて頂きます!!

1

新鮮さ爆発


絵が非常に綺麗でまじまじと見てしまう程でした。特に還の恥ずかしがる所や要の真剣な所など、ここぞと言う時の表情が最高に綺麗で、久々に好みの絵柄の作家さんに出会えたと思いました。

ストーリーもヤクザ×ヤンキーという個人的に新鮮な設定だったのでより楽しめました。還が仕事を見つけてくる度に心配でやめさせようとする要が執着攻めって感じでめちゃくちゃ良かったです。それにしても還は本当おバカで、運が良いやつなのか悪いやつなのか…笑おバカな所も含めて要は還のことが大好きなので2人には末永く幸せになってほしいです。個人的に還の髪型は過去の時の方が好みなので、またいつか見られたらと思います。あと、欲を言えば、もう少しヤクザの抗争の話や要の心情が分かるような言葉や場面があればなぁと思いました。要の仕事が忙しく、せっかくの2人のイチャイチャタイムを邪魔されていたので、もし続編があるなら、邪魔されずイチャイチャする2人が見たいです。

1

バカ犬の人たらし力が凄い

青年誌風の絵柄でBL描いてくれる有難さに打ち震えました。
さらにカップリングが、スカしたイケメン×人たらしなおバカ、と来たらもう
大好物すぎて、ゆいつさんに土下寝してお礼しなきゃです。
画面が青年誌なので、男2人がピッタリくっついてソファに座ってるだけで
萌えて仕方ない。付き合う前から距離感が異常で、微笑ましいんですよ。
受けの還は、懐がガバガバに緩くて、警戒とかまったくできない総受け
野郎なんですけど、人の懐に入る力も半端なくて、ぼっちイケメンなんか
イチコロです。
後半になるにつれて、どんどん攻めの要に同調してきて、神がかった
還の無邪気さに心が癒され、愛おしさも執着心もMAXに。
経済力も家事能力もないけど、手放せない。還プライスレス。
とにかく還がエロ可愛いので、美しい描き込みを消されてない紙単行本を
ぐいっとおすすめします。

1

バカな犬ほど愛おしい

住所不定無職、喧嘩っ早くて趣味はパチと競馬の還が無一文になる度に転がり込むのが友人・辰巳要の家。要の事が好きな還だが今の関係が崩れる事を恐れ想いは伝える気はなかった。
しかしある日 もうモロ胡散臭いバイトを受けた還はヘマをし、クスリを使われヤられそうになるがソコは喧嘩上等の還、何とか家へと辿り着く…が、そこには無防備でソファで寝入っている想い人・要がっ!
クスリを盛られていることもあり半ば朦朧としながらも要を襲う形になってしまった…

物語のベースもしっかりしているし 何よりこの(ゆいつ)という作家様は初見だが画力・コマ割り・構図等見せ方が上手な方のようだ。
画風が少年漫画寄りだから 線が細いイマドキBLに慣れ親しんでいる読者さんからは賛否両論あるかとは思うが何十年も多くの作品を見てきた自分の様な者から見れば最近には珍しい丁度良い塩梅の作品だと思う。
画風は少し骨太でデッサン力もあり本来のゲイ寄りかと思いきや コマ割り等はBLのソレを取り入れている。スタイリッシュではないかもしれないがハマりだすともう一度読みたくなる…そんな作品。
TLを無理クソBLにしたような作品が多い中で コレは当たりだと思う。
Hはその分ハードだがゲイビがベースだと考えればハードでもなんでもない。寧ろ(愛)を感じる分抵抗なく見れるだろう。

少女漫画の延長BLにチョット嫌気が指しているあなたには読んでもらいたい(笑)

1

タイトル通りですが。。

受けが本当に馬鹿犬でどうしようもなくて、なんでこんなに攻めが執着しているのかが謎でした。
受けのヤンチャ坊主のような見た目もあまりタイプではなく。。
初Hで、いきなり受けがノリノリで後ろ使ってるのもそんなことあるの?!とちょっと違和感。
硬派で男前なのに受けのことになると我を忘れちゃう攻めはとても可愛かったです。
受けがチンピラのような低い貞操感なので、ヤクザだと言ってしまっても全く問題なかったのでは。
ビッチ受けが苦手な私の好みからは、残念ながら少しズレていました。

0

う~ん・・・

何か、攻・受共にキャラクターを好きになれませんでした。

まず攻・要。
ヤクザの幹部で、受にはそれを隠しています。
受にはものすごく優しく甘く面倒見も良く、少々ヤンデレ気味。
とはいえ受には絶対に暴力を振るわず、あくまで対象は受に危害を加えた人、受とべったりな人。
受がいない所では血も涙もない、冷徹な人間です。
受にとってはスパダリかもしれませんが、私が個人的にスパダリだと認めるのは「あくまで人間的に出来ている人」なんですよね。
でも要はぶっちゃけ一人の人間として見た場合、人間が出来ているとはお世辞にも言えません。
「ヤクザになったことを、お前(受)に知られたくなかった」「今はまだ、この世界から離れられない」みたいな発言があり、ヤクザであることを恥じているかのような発言をしますが。
でも要の行動・言動は、冷徹なヤクザそのもの。
むしろヤクザの中でもひどい部類では…。
何か芯がブレているというか…男気が無い。
部下にも慕われてなさそうと思ってしまいました。

受・要。バカ過ぎ。
バカ受とはありますが、ここまでとは。
ここまでバカだと、もう可愛いを通り越して引きます。

あとエ○チシーンは多いものの、全く色気がない。
何か肉弾戦というか、BLというよりゲイ漫画を読んでるような感じでした。

もうこの作家さんの作品を読むことはないだろうなぁ。

1

ブレない姿勢と不意の隙 スパダリヤクザに"神"

絵もすっごく綺麗なんですが、物語がめちゃくちゃ面白かったです(^^)
書店さんの試し読みで気に入って、そのまま購入しました!事前の内容も作家先生も全く何も知らずに試し読みを読んでみたら、最初メインアホとポーカーフェイスのイケメンの差が半端なくて笑、ポーカーフェイスがかっこ良すぎて、これは読んでみたい!!っと思いました(^^)♫購入して大正解!!

受けの還が、ド天然のおバカさん笑!!度を超えると可愛すぎる(〃ω〃)全く反省しない、悪びれない、でも気にはする…真面目なヒモ笑!読みすぎて、私は全然スパダリ感ゼロの人間ですが笑、ほっとけなくて還を助けたくなりました!!
そして…神の攻め様!要さん(〃ω〃)素晴らしい!!事前情報頭になさすぎてヤクザだって知らなかったから、びっくりしました笑!!何をやっているか分からないけど、友人には甘い人…そのミステリアスな感じがかなりのお気に入りでしたが、職業を知ってより一層惚れてしまいました(〃ω〃)基本顔には感情は出ず、クールでブレない。オンオフはきっちり分けているけど、表情からは読み取りにくく、でも恋人には甘い。自身の責任を全うしようとする。焦らず冷静。ブレない姿勢がかなり素敵!でも、高校の時に還にかけられた言葉が忘れられず、以降一途に想い続け、偶然を装いバーで再開…"ヤクザ"であることは忘れていないと思いますが、還を思う気持ちからバーで声をかけたり、ヤクザだと知られて冷静さを僅かに欠いたりと、完璧に見えた彼に隙が見られるんですよね。そこもまた、残酷残忍さのイメージとは遠い優しさや温かさを感じてギャップ萌えする!!本来当たり前に人間にならある隙が、ヤクザの様に命が危険に晒される可能性のある職では感じにくいのは私の勝手なイメージなのですが、もちろん要にも基本クールでポーカーフェイスだから感じませんが、でも"人間味"として隙を感じました。ヤクザの方に勝手なイメージを持ってごめんなさい。

定職につかずフラフラでおバカな還(受)の困ったら頼る先がヤクザの要(攻)で、勿論最初は要がヤクザであることも還が好きな事も伏せられています。還が新しい職を見つけますが、犯罪の匂いプンプンで命からがら逃げる還…媚薬を飲まされていたため要に跨りHしちゃいます。これきっかけで還から告白するんですが、もっと前から要は好きだったと告白…この告白も良いんですよ(〃ω〃)両思いになりますが、何してるか分からない要が気になる還…それから人づてにヤクザだって聞いて、事実だと発覚…。まさか隠されていたとは、ましてや嫌いだと思っていたヤクザ自身だったとは、、要に八つ当たりして2人にすれ違いが起きてしまいます(/ _ ; )隠していたのは還が大切だからだよぉぉ。。でも要がピンチだと警察官の友人 真澄から聞いて、助けに行く還…そして目の前で刺されてしまう要…(๑*Д*๑)!! "俺にも心配させろ"寄り添う2人。入院した要を見舞う還、そして病室H笑!
すっごく面白い作品ですー(⊙▽⊙)/

描き下ろしは、還がワンコになって要から攻められます(〃ω〃)エッチだなぁ2人とも♪

おススメの作品です(^^)

2

おバカさん受けが愛しい

 初読みの作家さんですが、本屋でタイトルと絵柄に魅かれて表紙買いしました。
 まったく前情報なしで読み始めて、結果は受けが好みでエッチも多くて悪くないので「萌え×2」評価!

☆カップリングは、美形で世話好きなヤクザ若頭補佐:要×騙されやすい愛すべき おバカさん:還(めぐる)。
 受け:還はたしかにダラしないけど一本気はあって、攻め:要に依存しきっていないとこに好感が持てました。
 まずギャンブルが趣味で、ヒモというよりフリーターという設定が面白かったです。
 お金がないので高校時代の同級生である攻め:要のマンションに住み、寝食の面倒はみて貰う。
 けれどヒモにはなりたくなくて仕事を探し、でもおバカなので騙されてヤバい仕事しちゃう。
 でも喧嘩がとても強くて、危険な目に遭ってもなんとか自力で助かってるんですよね。
 攻め:要はいわゆるインテリヤクザで、組の為に忙しすぎるくらいに立ち回ってる幹部。
 そしてプライベートでは受け:還の面倒はみているけど、還のことが好きすぎて精神的には依存傾向です。
 そんな攻め:要のヤクザしてるオンと受け:還との日常生活をしてるオフとのギャップに萌えます!

☆エッチがとにかく濃厚
 なんと初エッチが、いやらしい気分になる売人が秘密裏に運んでるヤバそうな薬でトロトロなエッチ。
 さらにはエッチする場所もさまざま、攻めのマンションはもちろん車・野外・病院のベッドなど。
 大人の玩具やコスプレなんかも登場して、本当にエッチはバラエティ豊かでした!
 しかも!修正はほとんど無いのも同然、ペニスのカリと結合部に白い線が入るのみでした。

2

えっちがはちゃめちゃにエロい

ゆいつさん2冊目発売おめでとうございます!
骨のある絵柄でえっちのアングルも素晴らしく
ガタイのいい漢気受けが素敵だったんですが
今作は短髪受けだけど、結構なおバカさん……。
確かに『バカな犬ほど愛おしい』というタイトルのとおりかもしれませんが
なんか……パチンコでお金スっちゃうタイプは
だらしなくて好ましくないなぁ……。
高校の時ヌキ合いした仲の要が世話をやいてくれる事に甘えて
無職になった為居座るのも、うーん。
要は環が好きだし全然迷惑だと思っていないから
お互いが良ければそれでいいんでしょうけど。

環は環なりに、ちゃんと仕事探さなくちゃいけないという気持ちはあっても
普通の労働じゃなくて割りのいい仕事にしか向かないのは
結局「要がいるからいっか~」的な事なのでは…??
悪いと思っていながらもアヤシイ仕事ばかり見つける環が
それでも要は可愛いって思うのね…。
好きな気持ちは理屈じゃないって言いますもんね…。

聡明なお顔でクールな要が
環をめちゃくちゃに抱いてしまうギャップは凄かったです!!
環は感じ過ぎて素質があったとしか思えないww

Hシーンは迫力はあるしエロいし文句のつけどころがないのですが
いかんせん環が……。すみません。
口絵カラーも非常にセクシーでした!!

1

題名通りのお話です。

受けさんの綿貫還が、本当におバカな犬なんです。
出だしから、仕事をクビになり、パチンコで全財産をㇲって、攻め様の辰巳要さん宅に転がり込みます。
見知らぬ胡散臭い男に紹介された運び屋の仕事でトラブルに巻き込まれたり、AVに誘われてバイト代欲しさにホイホイ受けようとしたり、警戒心が無さ過ぎて心配です。
こう書くと、バカだなぁとしか思えないのですが、思いつつもなんだか憎めない人柄です。
トラブルに巻き込まれても自力で脱出したり、いつまでもヒモではいけないとバイトを探したり、要に頼るばかりでは嫌だと頑張るところは好感が持てます。

要さんはこんな還に振り回されながらも、傍に居ると癒されているし、好きだから嫉妬もするし、心配もします。
自分がヤクザだから危険な事に巻き込むと分かっていても、会いたくてどうしようもなかったと告白をした時はなんだか胸が熱くなりました。
よほど好きなんだなと伝わってきました。

2人のやり取りも好きです。
後半でヤクザの抗争に巻き込まれ要さんはケガをします。
ケガをしていながらも、還に着ている服が誰の物か質問します。
仲直りした後だからなのか、ケガをしていながらも嫉妬するって、どんだけ還しか見ていないんでしょう。
緊迫した場面だったのに、フッと笑えて気が抜けました。

あとは、還のコスプレ?女装ではなく、うさ耳を付けたバニー姿でのバイトが意外と似合っていました。
筋肉がしっかり付いたマッチョ系にバニーコスがこんなに似合うなんて意外でした。
描き下ろしでの首輪も似合っていました。犬だけに躾と称して、要さんがお道具を使って還をとろとろにしていました。
今回の主役二人とも体格が良く筋肉もしっかり付いているので全く女々しくありません。
ゆいつ様の単行本は初めてでしたが、また次も読んでみたいです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ