BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

海外版BL「M/M」短編小説特集♪空き時間に読める!

2019/05/05 15:30

海外のBL?気になるけど長編はハードル高いなあ…という方大注目!!

 

皆さんはM/Mというジャンルをご存知でしょうか?

M/Mとは、主に英語圏で出版されている男同士の恋愛を描いた物語のこと。MがMale(男性)、「/」は日本でいう「×」を表しています。

近年では、ジョシュ・ラニヨンの『アドリアン・イングリッシュ』シリーズや、J・L・ラングレーの『狼を狩る法則』など英語圏で出版された洋書の翻訳版が次々と発売され話題になったので、ご存知の方も多いかと思います。

 

 


しかし、これらの人気作はシリーズものが多く、長いし気になるけど手が出せない…という方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方に朗報!
日本語版で読めるM/M作品の中には、気軽に読める短編作品もあるんです。

現在このようなM/M短編作品はほとんどが新書館モノクローム・ロマンス文庫から出ているのですが、長さ約50~60ページとちょうど読みやすい分量のものも多数。

というわけで今回は、その中でも個人的おすすめ作品を紹介しちゃいます!

M/Mの特徴はなんといっても、ストーリーの重厚感。ミステリーやファンタジーをベースとして描かれているものが多く、ボーイズラブ的な要素を抜かしても、一つの小説としてとても面白く読むことができます。

さらに日本のBLと比べM/Mでは、ゲイと呼ばれる人たちが抱える現実の問題が話のテーマとして扱われることが多く、ロマンスだけに終わらない、考えさせられるような話も多いです。

これから紹介する作品は、短編とはいえそうしたM/Mの良さを垣間見ることのできるものになってますので、入門としてぜひお手に取ってみてください!

 

バレンタイン・シャワー』作:ジョン・C・ハウザー

絵:スカーレット・ベリ子、訳:冬斗亜紀



あらすじ
ルーベンは出会い系サイトで結婚相手を大まじめに探しているのだが、全然うまくいかない。彼の分析上、そろそろ家庭を持つべき頃合いなのに。数字ならいくらでも読めるが、人間は彼にとっては難解すぎた。いつも相談に乗ってくれるボスのテリーすら何か挙動不審になってきて…。

 

主人公のルーベンは英語で「geek」と形容されるいわゆる「世間からちょっとズレてる理系男子」。そんなルーベンにとって上司であり、親友のテリーは特別な存在。
結婚相手を探す中で、不器用なルーベンが少しずつ自分の気持ちに気がついていく、もどかしくも可愛いラブストーリー。

ちょっと変わりものだけどなんにでも真剣なルーベンが本当の愛を見つける過程にキュンキュン♥

 

英語版『Valentine ShowerJohn C. Houser

 

この喝采を彼に』作:T・A・ウェブ

 絵:藤たまき、訳:冬斗亜紀



あらすじ
記者のポールは、クラブの楽屋でマシューというドラァグクイーンにインタビューする。大柄で毛むくじゃらのマシューは18歳の時から30年近いドラァグクイーンのキャリアを持ち、エイズ対策に100万ドル近い寄付金を集めている。そのモチベーションは、とたずねられたマシューは、昔の恋の話を始めた。1980年代、それは甘く苦しい運命の恋だった。

 

エイズが主題の本作。ある夜を境に変わってしまった幼馴染の運命。あの時代にはありふれていたのかもしれない、それでも忘れてはいけない、悲しい恋物語。

ぜひ長編でしっかり読んでみたいと思わせられるような厚みのあるストーリー。終盤は思わず涙してしまうのですが、そこはかとなく希望の見える読後感。ドラァグクイーンの回想という設定も相まって、どこか哀愁漂う作品です。

 

英語版『Let's Hear it for BoyT.A. Webb

 

クリスマス・スレイブ』作:シャノン・ウェスト

絵: 麻々原絵里依、訳:冬斗亜紀



あらすじ
新しい恋人に裏切られ、有り金を失って絶望のクリスマスを迎えようとしていたマイケルの前に、別れた恋人のローガンが姿を見せる。金と引き替えに、クリスマスまでの一週間、自分の奴隷になれと言うが……。

 

彼氏に裏切られて一文無しの不憫な男の子が、最愛の元カレと再会し、お金のために奴隷契約するというベタなストーリー展開ながら、王道ロマンティックラブストーリーと言った感じで、スラスラ読めちゃいます。

ローガンがザ・スパダリ感があって惚れました♥
主人公のマイケルは不憫ではあるのですが、割とダメ男。ですが、それもいいスパイスになってます!

もっと2人のイチャイチャが読みたい!

 

英語版『The Christmas SlaveShannon West


いかがでしたでしょうか?

本当に気軽にすぐ読めてしまうものばかりなので、空き時間に一度読んでみてください♪

最近は日本語で読める作品も増えてきたM/Mですが、まだまだ今から読み始めれば全作品制覇できる量なので、ぜひこれを機会にM/Mデビューしていただければと思います。


さらにですね、実は筆者のマイブームは、一度日本語版で読んだ短編M/Mを英語で読み直すことなのです。
短いし萌えるし英語の勉強にもなるという一石二鳥なので、超おすすめです!

というわけで、勝手ながらそれぞれ原作(英語版)のタイトルも添えさせていただきました(笑)

ご興味のある方はぜひ!

 

コメント1

投稿順|最新順

匿名1番さん(1/1)

英語原文でBL的なものを読みたいけど、長編は面倒臭いなあ…と思っていたところ大変朗報でした!!有難うございます。
また似たような記事を作成頂けると大変嬉しいです!

PAGE TOP