俺たちは一緒に死ぬのさ。 真の恋人が運命づけられているようにーーー。

アドリアン・イングリッシュ(1) 天使の影

tenshi no kage

アドリアン・イングリッシュ(1) 天使の影
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神53
  • 萌×231
  • 萌21
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

--

BLアワード1 小説部門 ノミネート作

レビュー数
21
得点
458
評価数
114
平均
4.1 / 5
神率
46.5%
著者
ジョシュ・ラニヨン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
草間さかえ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
シリーズ
アドリアン・イングリッシュ
発売日
ISBN
9784403560156

あらすじ

LAでミステリ専門の書店を営みながら小説を書くアドリアン・イングリッシュの元をふたりの刑事が訪れる。
従業員であり友人のロバートが惨殺されたのだ。
前日レストランで口論して別れたアドリアンに、殺人課の刑事・リオーダンは疑いの眼差しを向ける。
調査に乗り出したアドリアンだったが、犯人の深い憎悪と狂気はやがてアドリアンに向かう。
彼の危機に飛び込んで来たのは!?
それぞれの運命と向き合う男たちを描き上げたM/Mロマンスの金字塔、ついに刊行。

2006年ブックニュースアワードGLBTフィクション部門受賞作(シリーズ第三作「The Hell You Say」が受賞)。

翻訳:冬斗亜紀

表題作アドリアン・イングリッシュ(1) 天使の影

レビュー投稿数21

非常に出来の良いBL

ミステリーのネタバレはしないようにレビューします。

本格派ミステリーの中に織り込まれたBL。読み物としてクオリティが高く最後まで息もつかせず読ませます。(しかし、本格ミステリーとまではいかない)

シリーズ5作で完結ですが、この1作目は執筆当初は当然単発として書かれたのでしょう、この作品だけでさわやかなBLとして読めます。

体の弱いアドリアンと、ひたすら強い男、ジェイク。ジェイクは寡黙で自分を外に出さない、王道攻めキャラで、ここが作品のポイントでしょう。

なぜか事件に遭遇しやすい(お約束)アドリアン。本屋経営の傍ら執筆活動もする美青年。しかし彼の事件に対する好奇心は誰に求められません。彼が雇っていた同級生が亡くなったことから事件は始まり、捜査に当たった刑事のジェイクは事情を聞くためにアドリアンの元を訪れます。

出会ったとき、ホモフォビアのような態度だったジェイク。しかし、事件を独自に調べるアドリアンと、半ば個人的な交流の中で協力して事件を解決に導きます。

そして、どうしようもなくアドリアンに惹かれてしまうジェイク。事件の緊張がどんどん高まるクライマックスの直後、二人のプライベートな関係に兆す予感で心が温かくなるラストでした。

アドリアンはエイドリアン(ロッキー。。。)でもいいと思いますが、一般に女性の名前ですね。外見は華奢でも事件となると男前な受けでした。

個性豊かな脇役が多く登場しますが、色々な理由で続編には出てこないのが残念ですね。特にカフェ・ノワールのおフランスかぶれなクロードがよい味でした。


6

いつか受のように「ベイビー」と呼ばれてみたい…ッ!

気になりつつも海外物に苦手意識がありまして、手をつけてなかったのですが偶然機会を得て読んだところ面白いのなんのって読み終えないうちに最終巻までポチってしまいました。
はっきり言って表紙や挿絵の漫画絵に助けられたことは間違いありません。原書のリアル系表紙じゃあ全く妄想が掻き立てられないどころか、門前払いされている気分になったかも。改めて日本の萌え文化は素晴らしいと感じました。
内容に関してですがシリーズ通してほぼパーフェクトで大好きです!
自分がゲイであることをことさら強調したり嫌悪したりっていうのは、あまり日本のBL作品では見ないので新鮮でしたし、アメリカ社会でのゲイの立場を意識させられる場面も多く興味深かったです。会話も無茶苦茶楽しくてですねぇ…外国小説の面白さを思い出させてくれました。第一巻はほぼ恋愛過程無しなんですが、だからこそ貴重な二人のシーンを何度も何度も嘗めるように読み返しました。そして二巻でやっとラブい関係なったと思いきや、すぐさま三巻で叩き落す鬼畜っぷりときたら…比較的多くのBL小説を読んできたと自覚する私も「お行儀よくするか?」「ハイ……マスター」ってなもんですよ!

3

腐女子なら一度読んでもよいと思う

名著である。
間違いない。ただ、一巻だけ読んでもその良さは解らない。
全巻完結まで読んでみて、多分素晴らしいと気づく。そんな本だ。
一度腐女子なら読んでみて、損はない。

アドリアンは美しい男で、品がある優美さを兼ね備えた黒髪で背が高く、地中海を思わせるような瞳の色をしている。
そんな男が、ちょっと古いホテルを改装した本屋を経営していて、名画のように収まっているのは想像してみると相当見ごたえがある。
そんなアドリアンはゲイで、ちょっと美しすぎて品の良い色気のある男はなかなかにいないから、そういう人をゲイと間違える人が多いように一目でゲイと看過される。

そんな彼が事件に巻き込まれていく話だけれども、見所はいくつもあって
おそらく初めからアドリアンに心を奪われただろうジェイクは、In the Closetの男だった。
In the Closetは、秘密を隠し持つこと。ゲイであることをひたすらに隠しているということにも使われる。
社会の中で、様々な差別が語られて、人権だのなんだのと騒ぎられているが、そういう主張を聞くよりも彼らが何を恐れているのかが
全巻を通すとゆっくりと見えて、社会の中での生きにくさというのが深く感じられる。
アドリアンシリーズの凄いところは、押しつけがましくなく日常的な生きにくさ、悲しみ、苦しみがほのかに見えるところにあると思う。
そして、In the Closetであるジェイクは自分の生き方にずいぶんと苦しいんでいる。
彼が言う「女は好きだ。けれども男はもっと好きなだけだ」というようなセリフは、苦しみをよく表しているし、深く考えさせられる。
ジェイクは必死に、警察というゲイを好まない団体の中でまともであろうとしている。
それでも、生来から持つ「好き」という感覚はおそらく止められないだろうし、生きていくうえで必要なものであるから、彼は自分の中の矛盾を許せずに苦しんでいる。
様々な生きづらさ、いじめの問題など社会的な要素が絡まって見える一巻である。

人は誰にでも生きづらいような秘密はどこかにあって、大なり小なり悩んだり悲しんだりする。
そんなな中でも、性向というのは生きている根幹的な部分であるから、その悩みや生きづらさは深いだろう。
自分としてどうやって生きて行くのかというのは壮大なテーマだと思うが、誰もが抱えているものでもあると思う。
その生きている困難さが、とてもうまく描かれている。

本としても本当に面白い。
ジェイクとアドリアンの関係を見ていくのはハラハラさせられる。

よんだあと、おもしろかった!というだけではなくて、きっと心に残るものがある。
そういう本だと思う。
私は強く勧めたい。

2

俳優さんのイメージは007

書店を営みながら小説を書くアドリアン
ゲイ
心疾患があり、どことなく儚げなイメージ
皮肉屋で会話も刹那的


そんな彼に疑いの目を向ける刑事・リオーダン
長身・威圧的でゲイフォビア
アドリアンに対しても差別的



この二人がある事件をきっかけに出会い、惹かれ、葛藤し、最終的には、、、
シリーズを通して一つの映画を観ているよう。


天使の影(本作)が第一作目

以下
死者の囁き
悪魔の聖餐
海賊王の死
瞑き流れ
So This is Christmas
と続きます。


草間さかえ先生の挿絵も秀逸

ただ、私には
アドリアンは007のQ、ベン・ウィショーでした笑
ということはリオーダンは、、、

1

シリーズ一気読みが止まらない

この作品の出版当時新聞の年末書評総まとめで、三浦しをん氏がその年のベストを何冊か上げてる中にこの作品があり、面白いんだろうなぁと思いつつ何故か食指が動かず月日は流れ・・・ Kindle Unlimitedで見つけて今更ながらようやく読んでみました。

いやースゲェ。めちゃくちゃに萌える・・・!
久々に睡眠削って読みました。というか、眠くならない!二人の先が気になって!
なんだろう、一応ミステリなんだけど、底流にはハーレクインロマンス感があるような。読んだ事ないけど。アドリアンには持病があり、男なんだけど、マッチョなジェイクに守られる立場になってるからでしょうか。

シリーズ最初のこの作品は、正直なところ少々読みづらかったです。まだ作品世界やキャラクターに馴染めないうちにストーリーが進んでいく感じ。でも、ここからです!
読んで良かった!と心底思えたシリーズでした。

0

味わい深いゲイミステリ

ジョシュ・ラニヨン作品の邦訳3冊目は、
人気シリーズ<アドリアン・イングリッシュ>第1巻(全5作完結)。

ゲイの主人公が、恋や事件に傷つきつつも
身近な人々と関わっていく様を描いた人生の物語です。


アドリアン・イングリッシュは、本書の語り手(僕)。
ゲイの32歳で、書店を営むかたわらミステリ小説を書いている。
友人のロバートが刺殺され、LA市警は彼と最後に会ったアドリアンを疑う。
汚名をはらすため独自に事件を調べるアドリアンの元に、
差出人不明の不気味な手紙が届き、さらに身近な人物が次々殺され…。


今まで邦訳された作品と同じく、
ミステリよりドラマ部分を楽しむ作品であると思います。

アドリアンは、強くて弱いとても魅力的な人物。
ゲイであることと、心臓に持病があり常に死を意識しながら青春時代を過ごしたことから(恋人が去っていったのも持病が一因のようです)、いつも一歩引いた「皮肉な傍観者」として自分を守っている。
自分を疑う刑事にユーモアの効いた皮肉で応対し、自力で事件を調べようとする彼は強いけれど、反面いつも自分の強さをアピールしなければという思いに囚われているようにも見え、その危なっかしさが愛おしい。
早く誰かと幸せになって欲しいと願わずにはいられません。

彼が関わる人々も、一筋縄ではいかない。
ゲイの記者で、カミングアウトして親に勘当されたブルース。
アドリアンを疑う刑事で、ゲイに差別的な言動をするリオーダン。
殺されたロバートや他の友人など、普通に接している時には分からない「素」の部分が、事件を機に垣間見える様がリアル。

また、事件を調べる過程でハッキリ出てくる、人々のゲイへの偏見。
高校の恩師らのそうした態度に触れ、人知れず傷つくアドリアンが切ない。
そして、その類の悪意がすべての根幹と分かるラストには
何とも言えないやりきれなさが。

しかし、ズーンと気分が落ち込むような作品ではなく、
皮肉屋だが温かく、人好きのするアドリアンの目を通して描かれる
個性豊かな人物達(ミステリ同好会のメンバー達の会話は楽しいw)や食事風景など、眼前に浮かぶような生き生きした描写が楽しいです。

BLとしては、誰がアドリアン(受)のお相手になるかが読みどころ。
二人のこれからを予言するかのような、
意味深かつシンプルなラストの台詞がとても好きです。
読み返してみると、
こんなこと言ってるけどこの時から既に…的な妄想でニヤニヤできます。
本格的な関係の進展は、同時発売の2巻で♪


【余談】
アドリアンの好きな作家レスリー・フォードは
コージーミステリの先駆者と言われる女性作家。
友人ロバートが好きだったマイケル・ナーヴァは
ハードボイルドな作風のゲイ作家。
(個人的には『このささやかな眠り』等の弁護士シリーズが好き)
こうした嗜好一つからも登場人物の(特にロバートの)人となりが伝わってきて、上手いなと思います。

10

色々な意味で日本のBLと違う

登場人物多し…ミステリー物だから仕方ないのかな。
こういう時は海外物って有難いですね。
一般小説でもたいていそうですが、海外物は登場人物一覧がついているので。
ちなみに受けの一人称です。

********************
受けは書店店主で32歳のゲイ、アドリアン。
長身ではありますが華奢なタイプで、心疾患があり薬を服用中。

攻めのリオーダンは、ゲイフォビアと見られるような発言の多い刑事。
ガタイが良く、威圧感のある人物。
********************

1999年のロサンゼルス。
高校時代からの友人で、アドリアンの書店店員でもあるロバートが刺殺されたところからのスタートです。
その犯人としてマークされていると見られるのが、アドリアン。
アドリアン自身はロバートに出会ってから、ほぼ困らされたり迷惑をかけられたことの方が多いのですが、周囲はそうは見てくれていません。
二人ともがゲイだったことでロバートの別れた妻や警察に、恋人同士であったのではないかと疑惑を持たれているわけです。

リオーダンは登場時からかなりアドリアンを敵視している雰囲気で、刑事と容疑者という正反対の立場であるのも手伝って萌え要素はひじょうに少ないと言えます。
萌え萌えを求めて読むとガックリしてしまうと思います。
彼らの関係は終盤には変化が見られるもののこれも少しなので、ふたりのラブシーンはなしです。
アドリアンと他の登場人物とのシーンはあるのですが。(これが苦手な方はご注意を)

事件自体は一般小説にはおよびませんが、他のBL作品のミステリーよりもだんぜん良く出来ていたと思います。
洋物MMとBLを、まず並べて比べるのが間違いかもしれませんね。
まあ、萌え要素にページ数を割いていないので余裕を持って書けるのかもしれません。
濡れ場もないですしね。
萌えというよりも、人物の心情や社会というものが大きく、わたしは楽しめました。
続きも購入しましたので、読むのが楽しみです。
ただ、今後はもっとふたりの関係にヤキモキさせられるようなので、全巻発売されてから読むのも手かもしれません。

5

モノクローム文庫は質が高いので、安心して読めます

ゲイコミュニティーを舞台にした洒落た雰囲気のあるミステリー小説でした。
サブカル好きな人は間違いなく嵌るんじゃないでしょうか。
文章もストーリーも自然に流れる感じで、先が気になって一気に読破しました。
真相自体は、ミステリーを良く読む人間からすると、物珍しく無いですが、
良いところも悪いところも含めてゲイコミュニティーが積極的に描かれているストーリーは興味深かったし、色々制約が多いBL小説にはお目にかかれない展開もあって満足です。

吊り橋効果の末、ようやくメイン・カップルに動きがありそうですね。続きが楽しみです。
表紙絵が無ければ、主人公が誰とくっつくのかが 一番よめなかったかも(笑)
そういう面は異色ですね。

モノクロームロマンス文庫は、ファンタジー要素の強いBL小説と違って、マイノリティーなゲイ故の社会での葛藤がリアルに描かれていて色々考えさせられる部分が多いです。またBLにありがちな、主人公の受にとって攻は唯一の運命の相手という少女漫画的思考は無く、普通に他のゲイ男性と関係を持ったりするのも新鮮です。全体的に構えない雰囲気で読み易いです。個人的にBL小説は、カップリング萌えに比重が置かれるのに対し、モノクローム文庫はストーリーに自然に同性愛が組み込まれる感じに思いました。どちらも良さがあって楽しいです。

4

何度読んでも面白い

何度目かの再読。今回は電子書籍で読みましたが「このシリーズは紙の本で読んだ方が雰囲気が良い。それもぶっ散らかっている仕事机なんかじゃなくて、ソファか何かに座って時間をたっぷり取って」と改めて思いましたです。

LAの書店主(日本の一般的な書店と異なりミステリ小説専門の書店で、アマチュア作家の批評会が開かれたり作家による朗読会が開かれたりする、本好きのサロンとしての機能を備えたアメリカの書店です)兼、駆け出しのミステリ作家である、32歳のアドリアン・イングリッシュが主人公。

大まかにはミステリ小説に分類されるシリーズですが、所謂『謎解き』が主である物語ではありません。
図らずも次々と殺人事件に巻き込まれてしまう素人探偵の役割が振られているアドリアンはゲイ。アメリカ社会におけるゲイをめぐる社会問題をアドリアンを通して描くという『ネオ・ハードボイルド』の流れを汲んだ作品だと思います。

なのでBL(ボーイズのラブですね)という括りで読むと「あれ?あれあれ?」と思われるのではないかと思うのですね。特にこの巻は「どこがLOVEなんじゃい?!」と怒り出したくなる姐さま方もいらっしゃるかも?

でも『ストーリー重視』で、沢山の登場人物がわちゃわちゃしながらそれぞれの人生を生きていくドラマがあって『その中のひとつとして男性同士の恋が描かれる』という様な構成のお話がお好きな方には、堪えられないほど面白いシリーズだと思うのです。

ちなみに私は「棺桶に入れて欲しい」と家族に頼んでいるほど大好です。

1巻はあらすじ紹介にある様に、アドリアンの書店の従業員で、高校時代からの友人でもあるロバートの殺人事件から始まります。
事件は事件を呼びますのでストーリーを追う楽しみもあるのですが、それと同時にこの巻は主人公であるアドリアンとLA警察の刑事、ジェイク・リオーダンのキャラクターを掴む、長い長いプロローグでもあります。
16歳の時に罹ったリウマチ熱の所為で心臓に問題を抱えていながら、皮肉屋で、しかし『一人突っ込み』というユーモアを忘れず、自分の性指向を肯定的に捉えているアドリアンと、ゲイであることから目を背け、SMクラブに通っていることを隠し通そうとする優秀な刑事ジェイクのキャラクターを「ふんふん……で、今後、この二人はどうなっていくんかいね?」と、期待に胸を膨らませることが出来ます。

読み終わって感じたことは、聞き古された科白で恐縮ですが以下の様なもの。
「このシリーズを読んでいない人は幸せだ。何故ならこれからこのシリーズを読むという喜びがあるのだから」

4

共犯同盟

面白かったです。

ミステリは正直平凡。ミステリ部分にあっと驚く何かはほぼない。どちらかといえばゲイとその周辺人物の人間模様が深く描かれている印象。BLやM/Mってほどロマンティックでもなく、BLばかりよりかは一般小説も好んで読む方へおススメ。

主役のアドリアンは好みではないけど、こういうヒロイン(あえてヒロインと書く)は往々にしてモテるわけよ。君を守ってあげたいってタイプのメンズにさ。引っ掻き回して大人しくせず、最終的には彼の助けがないと生きていけない、そんな君。

だからリガードンがこれでもかって程セクシーに見える!彼はベッドシーンはおろか上着をアドリアンに貸すたった一枚の脱衣しかないのに、こんなにもセクシー。予備知識なしで読み始めたけど登場の瞬間「こいつがこの作品の攻めだ!」って確信する。

最初にゲイとその周辺人物の…って書いたけど、テッドとジーンの夫婦はじめ共犯同盟のメンバーがくどくて好きでした。同性愛に対して、それぞれのアプローチをかましてくる。令和な作品は随分この辺のタッチがソフトだから、この生々しさが読めるのはありがたい。海外が舞台だからこその良さもある。

クロードって完全に巻き込まれで死んでるのに、あんまり悼まれてないの酷いな…

シリーズ続けて読みます。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う