欠けた景色 In Plain Sight

kaketa keshiki In Plain Sight

欠けた景色 In Plain Sight
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
99
評価数
23
平均
4.3 / 5
神率
60.9%
著者
ジョシュ・ラニヨン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
発売日
価格
ISBN

あらすじ

研修監督官としてやってきたFBIのナッシュは一週間の研修を終え、地元警察のグレンに別れを告げた。気が合うだけではすまない深い絆を感じていたナッシュは乗り継ぎの空港でグレンに電話するが、出た相手はグレンではなかった。グレンに何が――!?

訳:冬斗亜紀
『小説ディアプラス 』 2014年ナツ号にて掲載

表題作欠けた景色 In Plain Sight

グレン・ハーロウ,地元警察警部,34歳
ナッシュ・ウェスト,FBI特別捜査官で地元警察の研修監督官

レビュー投稿数5

読み応えのある短編

ジョシュ・ラニヨンさんの作品はこれまで読んだことがなく、まずは短編のこちらを読んでみました。

一目で惹かれ合ったナッシュとグレン。しかし、一週間の研修を終えたナッシュは三千キロ離れたクワンティコへ戻らなくてはならず、二人の関係はすぐに終わりを迎える。
帰宅したナッシュは、グレンが自分と別れた直後に失踪した事を知る。

映画のような冒頭の空港での別れのシーンから一転、グレンの行方を捜すミステリー展開に引き込まれました!
捜査を進める内に徐々に明らかになっていくグレンの人物像やナッシュの想いが丁寧に描かれています。

いやぁ~、本当に上手くまとまってる!100ページ弱の短編とは思えない程読み応えがあり、作者さんの腕を感じました。BLっぽい糖度はないけれど、落ち着いた雰囲気のある良作。他の作品も読んでみたくなりました!

0

失踪事件の緊迫感が読ませる

電子での海外BL中編。作者はあのジョシュ・ラニヨン。

主人公はFBI特別捜査官のナッシュ。
地方警察への研修でアイダホに1週間の滞在をするが、その間に地元警察の警部・グレンと愛が芽生える。
だが研修が終わり自分はクアンティコに戻り、グレンは地元を離れない。遠距離は続かない。つまりこの関係はここで終わりだ…
だがナッシュは離れがたい。グレンは特別だ…だけど別れの時間は迫る。最後に空港で見つめ合いながら肩を寄せるが…

戻ったナッシュにもたらされた知らせは、グレンの失踪。
空港で別れた後に、グレンは行方不明になってしまった。
その後の地元警察の捜査、たまらずに休暇を取って捜索に参加するナッシュの姿が描かれます。
なぜグレンはいなくなってしまったのか?ミステリ小説に通ずる緊迫感が非常に面白い。
グレンの誠実な性格、それとは別に、保守的な地域で生きるゲイを見る周囲の冷ややかな視線。
なぜそんなに熱心にグレンを探す?ゲイだからだろ、という視線。
グレンの生きている望みは少ない。しかし諦めないナッシュの行動で遂にグレンは‼︎

…短編なのでね。
あ、よかったです…で終わって、あ・そうなんだっていう感想もあるけれど、逆に短編だからこそのこのエンディングがいいような感覚もあります。
この2人、ナッシュとグレンがこの後どうなるのか。
それはわかりません。
どちらかが職を辞するのかもしれないし、ある期間付き合ってお別れするのかも?それでもある一瞬甘く濃い時間を過ごした記憶は決して無くならない…
海外BLってそういうストロングな愛の時間が描かれますよね。日本のいつものBLみたいにこの後ずっと幸せ…かどうかはわからないのだけど、確かにこのひとときは、っていう強さがある。
そこがとても読み応えがありました。

0

うまい

読み切り中編。

アドリアン・イングリッシュが良かったので、積ん読だったこちらを手に取りました。

非常に読後感よく、またうまいなとうならせられる佳作でした。

FBIのナッシュは地方に短期滞在中、地元警察のグレンに会う。出会ってすぐに、かけがえのない相手だと感じた二人。しかし、普段は遠く3千キロ(に訳してあったと思う)離れた地で仕事をする二人で、別れはすぐにやってくる。

別れのシーンから始まるストーリー。しかし、空港での別れの後、グレンが失踪してしまう。必死で探すナッシュ。

ナッシュを追って仕事を放棄したのか、あるいは事件に巻き込まれたのか。いったいどうやって決着をつけるのか、と思いながら、こういうさわやかなラストか、とうれしく暖かい気持ちになった作品でした。

2

苦くて甘い

僅か約100Pのあっという間の読書でしたが、
読了感はそれ以上で、2時間物の映画を観たかのようでした。
それ程に、サスペンスありロマンスあり。

そして、グレンという一人の警官がこれまでどんな人生を歩んできたのか、
そのやるせなさや心苦しさが、主人公であるナッシュの目線を通して分かっていきます。

グレンとナッシュの関係も、表面で甘い言葉を吐くことはありませんが、
それでもお互いのことを特別だと感じているのは、二人が一緒にいるときの甘く親密な雰囲気から伝わってきました。

本当に作者であるラニヲンさんは、ビターチョコレートみたいな、苦いんだけど甘い関係を描くのがうまいなと改めて思った作品でした。

9

大人の緊迫感

答えて姐さんで書いてくださった情報で知りました。
翻訳ものM/M初心者です。
成熟した男たちを、緊張しながら眺めている気分で読みました。
儚さから始まる冒頭から目が離せませんでした。侘び寂びの儚さとは異なり、鮮烈な痕跡をもつ儚さだと思ってます。
二人とも、ごく普通のただの男という点が切なさを喰らわせられました。
グレンが生真面目で静謐な男だというエピソードはところどころ出ていますが、結末でその真面目さに感心しました。
小山田さんの画力と、絵から漂う空気が眼福です。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う