バレンタイン・シャワー

Valentine shower

バレンタイン・シャワー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
20
評価数
6
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
ジョン・C・ハウザー 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
スカーレット・ベリ子 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
発売日
価格
ISBN

あらすじ

ルーベンは出会い系サイトで結婚相手を大まじめに探しているのだが、全然うまくいかない。彼の分析上、そろそろ家庭を持つべき頃合いなのに。数字ならいくらでも読めるが、人間は彼にとっては難解すぎた。いつも相談に乗ってくれるボスのテリーすら何か挙動不審になってきて…。

表題作バレンタイン・シャワー

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

尊いアメリカ人カップル

とても良かった!
実はM/Mを読むのはこれが初めてです。興味はあったものの、M/Mで一般的な刑事物や長編ものだと一気にハードルが上がってしまうので手を出さないでいたのですが、短編なので大変読みやすかったです。

おそらく?アスペルガー症候群(本文に記載はありませんが)のケがある主人公ルーベンが、結婚を目標に出会い系サイトを使って恋人を作ろうと一念発起し、ゲイである上司のテリーに相談する。しかし最初は協力的だった彼にだんだんと距離を置かれてなぜかソワソワしてくる...という王道テンプレートなお話です。ジャンルでいうならスパダリ×純粋すぎるツンデレかな。
ちなみに原文は出会い系サイトに登録したのではなく、Craigslist(アメリカ人なら誰でも知っている何でも掲示板。ここに出すところにルーベンの性格を感じてしまう...)になってましたが、日本語版だとどうなっているのかしら。

人付き合いが苦手、というより言外の情報を汲み取ることが困難のため人から煙たがられるルーベンを、陰から深い愛情で支えるスパダリなテリー。ルーベンのどんな面倒臭い会話にも真面目に真摯に正面から向き合ってくれるのはテリーだけなんです。その大切さに気づいてからのルーベンの行動は本当に愛らしい。はじめっから両片想いのジレジレ恋愛なので、読んでいるこっちはずっとニヤニヤ状態。新書館さん、日本人にも受けがいいであろう作品を見つけてくるのがうまいなあと唸りました。

海外の作品は翻訳された時の原文との温度差(違和感)が激しく気になって物語に集中できないので、私はなるべく原文で読みたいめんどくさい野郎なんですが。英語で読んだらそこまで萌えないんだろうなーとタカをくくっていたのですが、私の間違いでした。いやー萌えた。BLって国境を軽く超えるわ...言語なんて瑣末な問題なんだわ...と思い知らされました。
個人的に萌えたのが、外国語ならではの愛称呼び。この行を読んだ瞬間妄想が「ベッドの中でルビー呼びしてルーベンに嫌がられる」ところまで突き抜けました(←本文にそんなシーンはありません)。これが尊いってやつですかそうですか。

日本のBLだったら、ちょっと物語本番はここからでしょー?!という場面で終わってしまうので、しばらく脳内妄想が大変はかどりました。無論ルーベンは童貞なので、これからしっかりテリーがそちらも教えていくのであろうことを考えると尊いなあ。
ジョンCハウザーさん...二人の続編お待ちしております...ってここで言っても多分ご本人に届かないので新書館さん作者に伝えてください...。

ちなみに私、最後のオチを初めて読んだ時は意味がわからず、ルーベンと同じ反応でした。知りませんでしたこの英語スラング。また一つ賢くなってしまった。

0

読んで『シャワー』の意味を知ってください(笑)

『小説ディアプラス2018年ハル号』掲載作品。
ご覧いただければ解る通り翻訳M/Mなのですけれど「こういうタッチの作品って日本にはないよなー」と思いました。何と言ったら良いのか……ドライ?。
なかなか不思議な読後感です。
電子専門でそれほどお高い買い物でもありませんし、毛色の変わったBLを読んでみたいという方はお試しいただければ、と思ったり。


何故かここの所続けて、発達に偏りがある主人公の物語を読んでしまいました。
先に読んだものが非常に情緒的だったのに比べて、こちらは実にカラッとしています。国民性の違いなんでしょうかね?

主人公のルーベン(コンサルタント会社に勤務しているのだか、そこから請負しているのかよく解りませんが『膨大なビッグデータを駆使して報告書を作る』とか、そういう類のお仕事をしている模様)は、自分のサヴァン症候群的な有り様を卑下していないんですね。

言語外コミュニケーションを理解出来ていないことで、色々困ることは確かに沢山あるのですけれど「もっと解りやすい方法で伝えてくれれば良いのに」と思ったり、解ろうとして「こういうシチュエーションの場合は、この手の言語外コミュニケーションを使ったら良い、という辞書を作ったら良いんじゃないか」と考えて、真面目にそれに取り組もうと思ったり。

読んでいるうちに「あらあらルーベン、いじらしくて可愛いじゃないの!」と思っちゃいました。
彼に心を奪われる、ボスのテリー(あまり詳しく書かれていませんがスパダリっぽいです)の気持ちが解る様な気が……

ルーベンの前向き姿勢が空回りして、物語は「タイトルの『バレンタイン・シャワー』って、そういう意味なの?(ヒントだけ書いちゃお。結構、下ネタです。ああ、ひょっとしたら苦手な方がいるかも)」というオチ(このオチに対して、テリーが言う科白がかなり可笑しい。爆笑するって言うより、口を歪めてニヤッと笑えるギャグ)も含めて、コメディ要素満載になっているのですが、笑いをもたらす為にルーベンの『変人ぶり』を貶めている訳ではないので、嫌な気持ちにはなりません。
流石、ポリ・コレが徹底している国だなぁ……

2

読者からは一目瞭然

こちらですね~、ボケボケな主人公視点で、彼の世界に巻き起こる不可解過ぎる出来事を楽しむ作品になります。
彼にとって世の中や他人の反応と言うのは不可解過ぎるのですが、読者から見れば一目瞭然。
テリー、えらい相手に惚れちゃったねぇと、同情を禁じ得ないのですけど。

内容ですが、数字や分析は得意なのに、人の気持ちには超鈍い青年・ルーベンと、そんな彼を長年フォローし続ける上司・テリーによる、ドタバタ系のラブコメになります。
自身の人生設計に則り、結婚相手を大真面目に探しているルーベン。
しかし、何故か上手くいかずに、他人の気持ちと言う不可解過ぎるものに悪戦苦闘する日々。
そんな中、常に自分を理解してフォローし続けてくれた上司・テリーから、もう自分達は会わない方がいいと告げられー・・・と言うものです。


主人公のルーベンですが、常に論理的で全てを数字や分析で捉えるタイプと申しましょうか。
要は人の気持ちにめちゃくちゃ疎くて、空気が1ミリも読めない堅物男。
で、ストーリーは彼視点で進むのですが、空気が読めないばかりにしょうもない失敗ばかり繰り返しちゃうんですね。
ゲイカップルをジロジロ見て怒らせたり、歩み寄ろうとする相手にけんもほろろな対応をしちゃったり。
これ、読者から見ればゲイカップルや和解しようとする相手の気持ちなんかが丸分かりなんですけど、ルーベンにとっては「何故、二人組の男を見ただけでキレられたのか理解に苦しむ」みたいな。
そう、二人組がゲイで差別されたと憤ってる事すら分からないんですよ。

で、そんな彼を長年フォローし続けて来たテリー。
ルーベン視点ながら、テリーの気持ちは読者にはバレバレなんですよね。
ただ一人、気付いてないのはルーベンだけで。

これまで二人の関係はこんな調子で上手くいっていたのです。
しかし、結婚相手を探すルーベンを見続ける事が辛くなったテリーがとうとう音を上げて、距離を置こうとした事からルーベンに変化が起こる・・・。

このルーベン、最初は如何なものかと思ったのですが、テリーに距離を置かれてからがもう可愛くて可愛くて!!
最初はひどく落ち込み、次には懸命に自分やテリーの気持ちと向き合い、そして行動を起こす!!
彼はですね、最初はなんて捻くれた男だと思ったのです。
が、実はその逆なのです。
ある意味、誰より純粋。
鈍すぎて自身の気持ちすら分かってないんですよね。

だからこそ!!
やっと自分の気持ちに気付いた彼が、懸命に想いを伝えようと奮闘するのを応援したくなる。
おいおい、小学生かよ!!とツッコミを入れたくなる拙さなんですけどね。

マイク(歩み寄ろうとした相手)はテリーに「男の趣味が悪すぎる」と言いましたが、実はある意味、これ以上純粋で可愛い男も居ないと思うんですよね。
趣味がいいとは言えないけど。
彼と生きてゆくのは相当面倒くさくて大変でしょうけど。
まぁ、少なくとも退屈はしないよ!!

と、コミカルで明るくて、楽しく読ませてくれる一品でした。
私はMMが大好きなんですけど、短編で手軽に読める、こうした作品もありがたいですよね。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ