>
>
商業誌VS二次創作 どっちに萌える?

商業BLVS二次創作どっちに萌える?

ちるちるで春におこなった二次創作についてのアンケートを今回まとめてみました。 こんなにも熱く語れる話題なのか、と編集部もちょっとびっくり。 ぜひともユーザーのみなさんの熱い語りを掲載したくて今回お披露目となりましたよ! BLの世界の窓口になっているのは、なんといっても二次創作で ここから商業BLに踏み込む方がアンケートでは一番多かったです。 みなさんのBL体験の原点がここに詰まっていると言っても過言ではありませんね。

商業BLには明確な恋愛要素とハッピーエンドを求めてしまいますが、 二次創作にはそうでない結末も有りだと思って読んでいます。

正直自分の好きな作家さんであれば、商業だろうが二次創作だろうが好きだと思います。 でも二次創作だと限られた場所でしか手に入れられないので、個人的には手頃に手に入る商業BLが好きです? 萌えツボの違いは、やっぱりオリジナルのキャラが動いてるところでしょうか?

元々漫画好きなので、BLと出会ったのも書店で購入した商業BLがきっかけです。 その後、同人誌という言葉を知り、商業BL作家さんがデビュー前に描かれていた同人誌や 商業BL番外編に興味を持っています。 さらにその後、コミケに初めて参加して二次創作BLを知りました。まだ買ったことはありません。 萌えるのは断然商業BLです。オリジナルのキャラの方が好きだから。 二次創作は原作のイメージが強いので、その登場人物達がBLになるのが頭の中でついていけません。 ただ、何かきっかけがあれば、ハマる出会いがあれば、二次創作BLに萌える時も来るかも知れません。 そもそも二次創作BLを買える機会が少なく、どんな作品があるのかすら知る機会がほとんどないのが残念です。

私はあまり二次創作の原作になるものは見ないので、二次創作は登場人物、ストーリー、背景等かわからず、少し気になる本でも買いづらい所があります。商業BLで大好きな作家様が描かれていらっしゃった場合は、作家様の漫画全てが好きなので迷い無く買ってしまいます。 商業BLは、その作品自体がオリジナルなので上記の心配がなく、スムーズにその世界に入り込めます。また、自分の好きなキャラ(嫁?)が二次創作のキャラで、あまりにも有名過ぎるとちょっと焼きもち焼いてしまうので商業BLくらいが居心地が良いです。

商業BLは話の展開を楽しむ感じで、二次創作はキャラクター同士のやり取りを楽しむ感じです。ずっと商業一本でしたが、3年前から二次創作を読むようになり、なかなか両方を読んでいる人というのは少ないのだなーと思いました。

二次作は原作が分からないと充分楽しめないと思うのですが、私自身二次作になるような漫画、アニメではまるものが今無いので、買おうとする機会がないです。 また、二次作は、同人誌で買うことが多いと思いますが、高いので、同人誌買うなら、商業BLを買いたいと思います。

二次創作にはまったく興味が持てません。かといって、商業BLのすべてに満足しているわけでもありませんが、基本的には商業の方がレベルが高いと思います。売れる本、売りたい本を作ることに出版社も本屋も作家も一生懸命な作品は作品としての重みを感じません。内容も軽いです。人間性やストーリーや絵やキャラクターを本当にいきいきと血の通ったものにしている作品は、BLか非BLかというジャンルを越えて、ものづくりの本質を感じます。そういった本物の作品がひとつでも多く世の中に出ることを切望しています。ちるちるさんも、ぜひ、そういった作品を取り上げ、盛り上げてください。

商業BLは雑食で、色んなタイプを読むしリバ大好きですが、二次創作は好きカプしか受け付けず、受け攻め逆やリバには萌えません。

商業BLはその作家さんの世界観、二次創作は如何に原作の世界観を壊さないでその作家さんらしさを出せるか、かな。

昨年から二次創作に久しぶりにハマリ、戻ってきてしまいました。勿論、商業BLも読みますし、楽しいですが今は二次の方に傾きつつあります。

二次創作は基本犯っちゃう系はあんまりみないです。ギヤグとかすれ違いとかが好き。 商業誌はガッツリはキライだけど描写的に軽いのはOK。 同人上がりの作家本のほうがよく買うきがする。 基本すれ違いとか、コメディなのが好き。年齢差は学生同士か学生と大人で。 ショタも好き。基本リバです。愛し合っていればイイ。

二次創作・・・今や某バスケアニメが一世を風靡していますが、個人的にはずっとゾロ×サンジだけは永遠です。 いい具合の筋肉マッチョでイケメンなチョイ悪設定が多いゾロ×いい体つきでイケメンだけど淫乱設定が多いサンジ いいじゃないですか。イケメンで余裕がなくて筋肉で下半身系脳みそ。それでもお互い大事なことだけはわかってるってのがいいですね。 商業用BL・・・出版社さんにもよりますが、エロ重視!と割り切っているジュ●ットさんも好きです。 切ない系のBLが毎回ランキング上位に来ますが・・・、個人的には二次には笑いと萌えとエロとハッピーエンドを求めているので、最初から泣かせようとしているのがわかるものは読まないです。攻めは、エロでオヤジでダンディすぎるひと、攻めはツンデレででも淫乱でよがっちゃう系。そんな身も蓋もないキャラが好きですw

あまり違いは無いです。絵柄、ストーリー展開、キャラ作り等々が自分の好みであればどちらも楽しく読めます。ただ二次創作にだけ、この作品のこのCPを描いたものがとにかく好き、という偏向がありますね(*'ω`*)ゞ

商業誌は「出会い」の部分や、男女の恋愛にないような男×男だからこその「葛藤」や「じれったさ」に重点を置いて読んでいます。二次創作は完全にキャラ萌えから入るので、ストーリーの展開云々はそこまで考えないため、ひたすらキャラ萌え・関係萌えに重点を置いて読みます。なので二次の場合は原作既読→二次の順で読むことが多いです。たまに二次の方から読んで原作にいくこともありますが、それはそれで良い原作に出会えるのでアリだと思っています。

商業はどちらかと言えばストーリー重視で、心理描写やストーリー性そのものに萌えを感じます。二次創作は元の原作の好きなキャラ同士が、イチャイチャしていればそれで!!ただし、ストーリー性とかは(あるならあるでいいですが)原作からいかに逸脱しないか、という点は気にします。あまりにキャラが崩壊していたり原作にない設定が捏造されたりしているのは萎えます。特に好きな原作はそう思います。

二次創作BLって言葉を初めて聞きました。 調べたら納得ですが、もし読み始めたら色々なアニメで想像とかしてしまいそうで怖い。

商業BLはジャンルが多彩な部分が魅力的。二次創作はキャラをより愛せることが素敵。

商業BLは、読みつつ受や攻に感情移入して萌えるんですが、二次では好きなキャラの存在だけで萌えられます。 好きな二次キャラを思い浮かべるだけでご飯何杯でもいけます。 余談な上にどうでもいいことなんですが、私は二次で好きになったキャラを攻にする傾向があります。 ただ二次は受攻決めちゃうと楽しみが半減しちゃうってこともあるんで、好き基本は守りつつ、面白い作品があればどんなカップリングでも読んじゃうダメオタク女なんで、いつも財政難。 昔は(ってどんだけ年寄り!?)、今ほど商業BLがなかったんで、二次創作BL(同人誌)様には大変お世話になりました。私だけかもしれませんが、二次創作は萌えが持続できない(放送が終わったり、連載が終わったり)ことが難点かも。

商業BL(どちらかというと小説)を読んですごく気に入り、その作者さんが同人で続編を出していれば購入しているので、どちらの萌えポイントは私にとっては同じです。ただ、同人小説だとイラストほとんどないに等しいので少し残念ですが、そこは妄想でカバーしています。

二次創作の場合はキャラ萌えが前提にあります。 私はキャラ萌えしたら、”そのキャラを追い詰めて困らせて泣かせたくなる”、と同時に、”幸せな姿を見たくなる”という状態になります。 ですから「このキャラの色々な表情を見たい」という欲求のもと、原作では見られない仕草、表情(エロ含む)に萌えるわけです。したがって話の筋にある程度引っ掛かる点があっても気にせず楽しめます。○○の可愛い顔が見られればオールOK。何にでも萌えますから。 一方商業では読み始めた時キャラクターについては「はじめまして」の状態。キャラ萌えという前提が無いぶん、一冊の中に萌えとは別に作品としての面白さも求めます。ジャッジの目はその他一般のマンガに対して向けるものと変わりません。 ストーリー展開に都合のいいように登場人物の心境が変化したりすると違和感を覚えて一挙にその本に冷めてしまうこともあり得ます。 こう書くと商業に対してシビアなように思われるかもしれないのですが、私は主に商業BLを読んでいます。 作家の方はやっぱり皆さん面白い!というお話を書いて下さるし、作品としての面白さと萌え…違う種類の美味しさが相まった素晴らしい本に出会ったときは一般マンガ・本との出会いの数十倍心がうち震えます。 そんな神本との出会いを求めて商業BLを読み漁っているわけです…。

二次創作BLを読むのは自分の好きな作家さんの作品をすべて集めたいがためです。 収集癖があるので、好きな商業BL作家さんの作品はたとえ二次だろうと取りあえずは集めます。そしてその話も理解するために元ネタを読んだり見たりしますが、元ネタにははまったりはしません。 商業BLも基本作家買いです。 雑誌も単行本も全ては作家買いです。 好きな作家さんのお話は外さないし、自分の萌えツボをよくついていると信頼しているからです。 2)の切っ掛けも匂い系と描きましたが、私がはまった漫画が「日出処の天子」「風と木の詩」「絶愛」なんですが、その流れでJUNEやイマージュクラブを読むようになり、好きな作家が二次をやってるのでそれを買い集めたというのが流れです。 商業の方が私は好きなのですが、その理由として、作家の腕次第ですがこちらに訴えかけてくるもの・こちらの感情をえぐるものの質・量が格段に違います。命を削っている感とでもいうのでしょうか、そこがたまらなく伝わってくるのです。 二次は好きって気持ちと情熱で作っていることが伝わってくる作品ですが、商業は自分自身や人生をかけて挑んでくることが伝わってくる作品だと思っています。 その重さを読み解いていき、また自分もその大きな渦に呑まれてしまう、そんなことができるのは作家が人生をかけて生み出すオリジナルだからこそです。 二次には滅多にお目にかかれないことです。 そして更に応援したいと思うのです。

ほとんど小説メインで読んでいるということもあり、商業BLも普段読んでいる小説作品の一ジャンルとして楽しんでいます。 二次はほとんど読まないですが、自分の好きな作家さんやイラストさんが出している本は買うことがあります。 ですが、もとの作品が少年漫画だったりすると特に、マンガはほとんど読まないので分からないし、元の話を読んでいい話だったりすると、こんな良い作品で邪推なこと考えちゃダメっ><! という感じになるので…自分に二次萌はないんだな、と思います。 いま凄くはやっている某バスケマンガの二次もアンソロがすごく沢山出ていますが、出し過ぎでは?とちょっと思っています…。同人で楽しんでいる分には良いと思うんですが、アンソロが堂々と書店の商業の隣で売られてたりなんかすると、規制を厳しくしたくなる人の気持ちもちょっと分かるような気がします。 まー、BL読まない人からすると全部一緒なんだろうな、とも思いますが。

商業はオリジナルのキャラと面白いお話重視で、二次創作はあくまで既存のキャラをどう受や攻にして面白いお話にされているかがポイントです。

二次創作は有り得ないカップリングのものに萌えてしまいます。 二次にハマるとキリがないので、自制するのが大変です!

商業BLはどうしても二次創作BLより厳しい目で見てしまうので、萌えのハードルが高くなります。逆に二次創作BLは、多少文章がぎこちなかったり話の流れが強引だと感じても許容できて、萌えのハードルも低いです。

二次創作はキャラ萌えやカプ萌え、商業はストーリー重視です。二次創作はいわゆる『やおい』でも読めますし好きな作品も多いですが、商業BLでヤマやオチが薄かったらしょんぼりしてしまうので、商業にはストーリーを求めています。 極端に言えば、二次創作は萌えればなんでもいい!ですが、商業BLは萌えなくても面白い作品が読みたいです。二次創作で人気の作家さんが商業BLを描くことは珍しくありませんし、二次創作からの作家追いで買っている本も多いですが、二次創作では見られないものが商業BLで見られると嬉しいです。逆もしかりです。

匿名
12
グッジョブ

コメント

  • KHS 17/07/05 22:06

    なるほど、二次創作は原作ではあり得ないCPを書くものなんですね、基本。私は二次でも何でもストーリーが面白くないと読めないので、新鮮でした。

以前は二次創作作品をネットで探し出したりしていたが、最近はもっぱら商業作家さんの手による二次創作ばかり。 結局の所、自分が好きになる作家さんは、自分と同じような物をすきになることが多くて、その二次創作もやはり自分の好みだったりするからなのですよ

二次創作BLは、元内容を知っているとキャラが既に確立されているため、読んでいて拒否反応が起きる事もあります。商業BLの場合は作者さんの他作品を先に調べたり、他の方のレビューを先に読んだりして購入できるので、そういう事がほぼありません。それから、萌えツボの違いというよりも萌えレベル目線も、商業は最初から厳し目・二次創作は最初からユル目と目線も違うような気がします。

商業では匂い系を好む一方、ハードな描写のあるものも好き。詳しく言うと、攻めは執着・受けは強気で、攻めが一方的に愛情をぶつけ、受けを痛めつけたり狂気を感じさせるような話。 二次創作だと、二次創作元にもよるが、ほのぼのとしたものが好み。受け攻め共に幸せだと良い。

商業BLは日常的なとこが好き。作家さんそれぞれの独自の世界観も楽しめて良いです!二次創作は、王道は勿論、普段あまり絡みのないキャラ同士が絡んでいて楽しいです。好きな作品を好きな作家さんが描いていると尚更嬉しいです。