>
>
難読不思議作家名

難読不思議作家名

古来よりエロい系作家さんは、どう読むのかさっぱりわからない名前、ネタ重視でお遊びで名前をつけてそのまま今日まで至るという伝統がありま す。特 にBL作家さんは、難読系、おもしろ系とレパートリーが広いのが特徴。知って いるようでもいざ声の出して読んでみると友達から「それ違 うよ」と指摘さ れた経験はありませんか。今回は声に出して読んでも間違えない!ために作家 名をもう一度復習してみましょう。

匿名
1
グッジョブ

初見はもちろん未だに読めなくなります。どうしても「ひでらこ先生」と読んでしまいます。良子がどうやっても「よしこ」に変換されない!!

匿名
4
グッジョブ

大抵・・・いや、ほぼ全部の作家さんが姓名なしのワンネームか、姓+名のお名前なのですが、 この方の名前を見るとなんかモヤッとします。田中にも鈴木にも名前の要素が皆無だからです。 普通過ぎる苗字を二つ重ねただけでこんなに不思議感を感じるのがむしろ不思議です。

コメント

  • roseーlily 13/10/05 19:17

    私はBLハマったばかりの頃、井上佐藤先生と田中鈴木先生の見分けが出来ませんでしたw
    しかも二人組で描かれているのかと思っていましたし☆
    ほんと不思議なインパクトです!

匿名
8
グッジョブ

読めなくは無いが、何故この名?と不思議で、却って忘れられない作家名に。 開設されたツイッタで、ご本人からネーミング由来を説明していただき納得しました。(アニメネタでした)

匿名
14
グッジョブ

パッと一目見て「みぶふうこ」 みぶは「壬生」なのにね~(恥)

匿名
8
グッジョブ

初見ではまったく読めず、フリガナを見たらそのまま『げんじょうやきぬ』先生でした。今思えば『ほかにどう読むんだ』というくらいなんですが、1回見たら忘れられません。

匿名
5
グッジョブ

だいたい話の話題で出すとSMが好きと勘違いされます

匿名
6
グッジョブ

ツッコミどころがわかりません

匿名
4
グッジョブ

初めて拝見した際、名字なのか名前なのか分からず、 名前の由来も想像がつかず、不思議なお名前だなぁと思いました。

匿名
11
グッジョブ

ずっと柊平を「しゅうへい」と読んでいました。 英田サキ先生や春原いずみ先生も、正しい読み方を知った時の 衝撃度は同じくらいだったのですが、お二方は漢字の読みが 色々と転じて至ったことがイメージでき、ワープロなど漢字 変換で直ぐに出てきて、難読苗字や漢和辞典にも出ていました。 しかし、柊平先生の「柊」は難読苗字を調べてみても見当たらず、 漢和辞典にも全く「くい」という文字や単語が出ていなくて、 一発で漢字変換が出来なかったので、柊平先生を難読の先生に挙げました。

匿名
6
グッジョブ

 ごめんなさい!全く読めませんでした!パソコンの変換も自動的に覚えてくれるのかもと期待しつつ待っていたのですが、残念ながら覚えてくれませんでした(泣)  初めての作品から印象に残って、すぐに覚えたお名前でもありました(笑)

匿名
9
グッジョブ

横文字オンリーの作家さんは、本屋さんで沢山並んでいる中で探す時は目につきやすいのですが、イチから思い出そうとすると全く出て来ません(笑)大好きな作家さんなのですが、覚えるまでに時間がかかり、必要なシーンで思い出せなかったことが多かったです。

匿名
4
グッジョブ

全く読めませんでした。 私の中ではくすだとうりさんと 勝手に呼ばさせて頂いてました。 この呼び方は絶対間違っていると分かっていたので初めて名前を知った時は『やっぱり間違って呼んでたな。』と思いました。

匿名
10
グッジョブ

本屋で探そうと思い棚を見ると作家のアイウエオ順に並んでいて、ずっと「り」で探していたので見つからずガックリと(´Д`) その後「ろ」だったと知り、無事に購入できました(*´∀`)

匿名
15
グッジョブ

この方は一発で読めた方はいないのではないでしょうか? 私は勝手に自分の中で「なおのむら」と読んでいて書店で直野さんの本の在庫を調べてもらう為、 店員さんに「なおのむらさんの?」とそのまま言ってしまい…もちろん見つからず 本のタイトルを伝えると店員さんに「なおのぼうらさんですね?」と言われ少し恥ずかしかったです。 しかも探しているタイトルが「恥しらずな夜」だったので二重に恥ずかしかったです。笑

匿名
3
グッジョブ

お恥ずかしい話ですが、初めてあさぎり夕さんの名前を見た時、あさぎり「ゆう」ではなく、勘違いしてあさぎり「た」と思いました。

コメント

  • やまぶき 13/10/04 23:48

    昔むかし(^Д^)、あさぎり先生が少女漫画家さんだった頃、私は『あさぎ リタ』先生だと思っていました。

匿名
3
グッジョブ

もっとも以外に読んだことのある人がどれだけいるか

匿名
3
グッジョブ

名前に“ハウス”が入っているのが不思議でした。 作家さんの名前は、思い入れや、間違えエピソード、山田姓が多いとか、似たお名前や小話などとっても沢山あるので、一人ずつ書かせるアンケートではなくて、もっと色々書きたかったです!質問に答える形では、面白いことが書けなかったので、ぜひまたやってほしい…!

匿名
10
グッジョブ

初めて目にした瞬間「きはら・おとせ」と読みました。 ある時、正しくは「このはら・なりせ」と読むのだと知った時は衝撃的でした。 それ以来、正しい読み方で読もうとしても、どうしても最初の間違った読み方の ほうが読みやすいので、つい間違った読み方のほうで読んでしまいます。 正しい読み方で読みたいのですが、いつも思い出せなくて、今ではもう諦めて、 先生には本当に申し訳ないですが、あえて間違った読み方で読んでいます。 何度、確認しても、何故かなかなか覚えられないことから、木原先生の ペンネームは難読だと思いました。

匿名
6
グッジョブ

不思議というよりも面白い名前だと思いました。 先生の名前を見ると、たくさんのお豆さんが賑やかに集っている光景が目に浮かんできて、 名前を見ただけで楽しい気分になったり和やかな気持ちになります。 そういう、不思議な感覚になるという意味では、不思議な名前だと言えると思いました。

匿名
9
グッジョブ

コメントしようがありません。すごいです。

匿名
11
グッジョブ

「きはらおとせ」さん だと思ってました。 何で気づいたかは忘れてしまいましたが、正しい読み方を知ってからも変換がスムーズなので入力するときは、こう打っています。

匿名
9
グッジョブ

「椹野」という名字がなかなか変換できなくて困りました。何度か「椹野川」で検索すれば、変換できるようになります。

匿名
5
グッジョブ

'初めて聞いた苗字であった上、姓名ともにひらがなだという事もあり、何となく不思議な感じがします。並べ替えたら違う言葉になるのかと試みたこともありますが、わたしには解読出来ませんでした笑' 余談ですが、ひちわ先生はもう書かれないのでしょうか?好きな作家さんなので残念です…。'

匿名
9
グッジョブ

ずっと「きはらおとせ」さんだと思ってました。 木原さんの作品は友人といろいろ話したりしていたのですが、その友人も「きはらさん」と呼んでいて、私たちの間では「きはらさん」で成立してしまっていたので間違いにずっと気がつきませんでした。 最近別の友人に「2人して読み方間違ってるよ」と指摘されて気がつく始末。

匿名
9
グッジョブ

単純だからこそ難しいお名前だと思います。 『しゅうりょうこ』『ひでりょうこ』『しゅうよしこ』『ひでよしこ』 可能性として4パターンの読み方が浮かんでもいいようなものですが、 見た瞬間、『しゅうりょうこ』先生以外の読み方が浮かばす、ずっとそうだと思い込んでいました。 また、正しい読み方を知った後も『ひで よしこ』先生だと思っていたので、 区切らずに『ひでよしこ』だと知った際 ファンレターで秀先生と書かなかっただろうか、とハラハラした記憶があります^^;

匿名
5
グッジョブ

一瞬読めなくて思わずちるちるさんにまでやってきて検索へゴー(笑)ロンドン?パリ??ってなりました…私はロンドンもパリも行ったことないんですけれども、倫敦巴里子さんにはよほど思い入れのある地なのかなと気になって仕方ないです…!是非お聞きしてみたいものです。

コメント

  • roseーlily 13/10/05 19:24

    ロンドン・パリ(ロンパリ)は海を隔てて離れているので、「離れている」という比喩に使われたりしますが。
    遠距離恋愛とかすれ違い、みたいな意味かしら?と思っていました。
    先生の真意はどうなんでしょうね?

匿名
11
グッジョブ

漢字自体は難しいものではなく、最初は「きはらおとせ」と読んでいました。その後、「このはらなりせ」だと知りました。 宅配便のアルバイトをしていた際、ある荷物のお届け先のお名前が「木原さん」だったのです。「このはら」がきた!と思い、オートロックのインターフォン越しに「このはらさんのお宅でよろしいでしょうか?」ときいたら、「…え、いや、きはらですけど…」と返されました。わざわざ難しく読んで間違えるという小っ恥ずかしい思いをしました。

匿名
12
グッジョブ

多分、同じ様な方が何人かいらっしゃるかと思うのですが、 割と長い間『きはらおとせ』先生だと思っていました^^; なので、ファンの方々を『コノハラー』と呼ばれていることも知りつつも、 なぜそう呼ぶのかずっと不思議でいました。 何の予備知識もなく初めて目にして、一発で完璧に読める方はいらっしゃるのか気になります。

匿名
1
グッジョブ

不思議ではないけれど、こういうペンネームもありなんだと思いました。

匿名
0
グッジョブ

実は漢字検定準一級…を目指して勉強していたことがあるのであんまり「読めない!」ほど酷い名前にはぶち当たらないのですが、意外に簡単そうな苗字程読めなかったりするのです。 そして変な知識がついてるがゆえにあいうえお順に本を並べて整理する際に邪魔をするのです。 この方の場合は、作家買いするほどたくさん持ってるにもかかわらず、 元々自分が好きだった漫画家さんが正しく読むことの邪魔をしてしばらくの間間違った位置に存在していました。 その漫画家さんのお名前は・・・西原理恵子(さいばらりえこ)さんです。 そのせいで西原ケイタさんの本も自然に「さ」の位置に入っていて、中がきに書いてある読み仮名見て「うわっ」と思いながら直した記憶が。 まぁ、素直に読めば「にしはら」さんですよね・・・考えすぎました。