>
>
難読不思議作家名

難読不思議作家名

古来よりエロい系作家さんは、どう読むのかさっぱりわからない名前、ネタ重視でお遊びで名前をつけてそのまま今日まで至るという伝統がありま す。特 にBL作家さんは、難読系、おもしろ系とレパートリーが広いのが特徴。知って いるようでもいざ声の出して読んでみると友達から「それ違 うよ」と指摘さ れた経験はありませんか。今回は声に出して読んでも間違えない!ために作家 名をもう一度復習してみましょう。

匿名
7
グッジョブ

腐女子の集いで「きはらさん」と言ってしまい、失笑されてからトラウマです。確か苗字も名前もそのまま読みではないんですよね(´Д` )

匿名
0
グッジョブ

実は漢字検定準一級…を目指して勉強していたことがあるのであんまり「読めない!」ほど酷い名前にはぶち当たらないのですが、意外に簡単そうな苗字程読めなかったりするのです。 そして変な知識がついてるがゆえにあいうえお順に本を並べて整理する際に邪魔をするのです。 この方の場合は、作家買いするほどたくさん持ってるにもかかわらず、 元々自分が好きだった漫画家さんが正しく読むことの邪魔をしてしばらくの間間違った位置に存在していました。 その漫画家さんのお名前は・・・西原理恵子(さいばらりえこ)さんです。 そのせいで西原ケイタさんの本も自然に「さ」の位置に入っていて、中がきに書いてある読み仮名見て「うわっ」と思いながら直した記憶が。 まぁ、素直に読めば「にしはら」さんですよね・・・考えすぎました。

匿名
2
グッジョブ

 男性的なお名前って決して珍しいことではないのですが、作品と名前がすごく合っている気がしました。力強いシーンの中にあるもろさみたいなところがまさに男性的だと思います。

匿名
9
グッジョブ

横文字オンリーの作家さんは、本屋さんで沢山並んでいる中で探す時は目につきやすいのですが、イチから思い出そうとすると全く出て来ません(笑)大好きな作家さんなのですが、覚えるまでに時間がかかり、必要なシーンで思い出せなかったことが多かったです。

匿名
8
グッジョブ

地元の地名に『椹(さわら)』がつくものがありますので、てっきり『さわらのみちる』先生だとばかり思い込んでいました。その後、実は『ふしのみちる』先生だと知って『声に出す機会がなくてよかった』とほっとしました。

匿名
6
グッジョブ

こういう、何のつながりもない4文字のお名前の方って本当に覚えられない!特に私のような脳みその硬い年代は一生覚えられないんじゃないかと思ってしまいます(笑)

匿名
5
グッジョブ

一瞬読めなくて思わずちるちるさんにまでやってきて検索へゴー(笑)ロンドン?パリ??ってなりました…私はロンドンもパリも行ったことないんですけれども、倫敦巴里子さんにはよほど思い入れのある地なのかなと気になって仕方ないです…!是非お聞きしてみたいものです。

コメント

  • roseーlily 13/10/05 19:24

    ロンドン・パリ(ロンパリ)は海を隔てて離れているので、「離れている」という比喩に使われたりしますが。
    遠距離恋愛とかすれ違い、みたいな意味かしら?と思っていました。
    先生の真意はどうなんでしょうね?

匿名
10
グッジョブ

初めて目にした瞬間「きはら・おとせ」と読みました。 ある時、正しくは「このはら・なりせ」と読むのだと知った時は衝撃的でした。 それ以来、正しい読み方で読もうとしても、どうしても最初の間違った読み方の ほうが読みやすいので、つい間違った読み方のほうで読んでしまいます。 正しい読み方で読みたいのですが、いつも思い出せなくて、今ではもう諦めて、 先生には本当に申し訳ないですが、あえて間違った読み方で読んでいます。 何度、確認しても、何故かなかなか覚えられないことから、木原先生の ペンネームは難読だと思いました。

匿名
5
グッジョブ

だいたい話の話題で出すとSMが好きと勘違いされます

匿名
3
グッジョブ

1人目のエピソードにかぶりますが、あいうえお順に本を並べて整理しております。 「難読の作家さん、他にもいらっしゃったよな…」 と探していて、気づきました。 この方の本、難しい名前とも意識することなく、冬坂ころもさんや深瀬アカネさんと一緒に、 今まで自然に「ふ」の所に入れてました…。 「し」の所に入れなおしますね?orz

匿名
5
グッジョブ

'この方も代表かと思いますが、「尤」を「ゆう」と読むなんて初めて知りました。勉強になります。 榎田先生もまた、変換が出ないため辞書登録済みです。 こうしてわたしの辞書は人にはあまり見せられなくなっていくのです…笑''

匿名
3
グッジョブ

この名前は何が由来なのか全く検討がつきません。他の作家さんの様に苗字と名前に分かれているのか、それとも一続きであおいれびんなのか気になります。

コメント

  • 眠れる森 13/10/07 08:57

    由来は実は「青いレビン」という車です。
    http://www.carsensor.net/usedcar/bTO/s049/colorBL/index.html

匿名
4
グッジョブ

私は耽美系の作品が苦手で、大御所山藍紫姫子さんみたいな耽美っぽい作家名の作品を読まないようにしています。 「夜光花=夜に光る花」って、ちょっと不思議で耽美っぽい作家名だなと思って避けました。 執着攻めが好きで、作品を探しているところ、夜光花さんのデビュー作「月を抱いた」を薦められました。 地雷を踏む覚悟で購入したが、読んでみたらストライクゾーンド真ん中で、他の作品も購入しました。 今でも耽美っぽい作家名の作品を読まないようにしていますが、夜光花さんは意外な宝だと思って、薦めた人に感謝です。

匿名
7
グッジョブ

すみません~!!先に先生のファンの方々に謝罪をさせて頂きたいと思います(;_;) 「春抱き」を読み始めて好きになり、すぐに「春抱き」ではない作品の先生のサイン会が近くの書店さんにあったのですが… その時私は、「春抱き」「春抱き」と思っており、先生の名前まできちんと把握していなかった若かった高校生の私。(失礼だ!バカ、バカ!) 描かれるものが男らしい雰囲気から、書店の方に”にったひろかつ”先生のサイン会に申込みたいんですが!と言ってしまい、その女の書店の方もファンの方だったのか、思いっきり横目で睨まれて「”にったゆうか”先生でしょう?」と言われてしまい、かなり冷や汗をかいてしまいました(>_<;) 当時の私にはどうしても先生のお名前の”祐克”が読めませんでした。ごめんなさい(´;ω;`) ちょっとトラウマ的になってしまいましたが、今では先生のお名前、インプットされております! 他の先生方も調べ、チェック!チェック!(´ε`;) ちるちるさんも読み方を書いてくださってるので、重宝させていただいております!(ありがたい!感謝!)

匿名
10
グッジョブ

''きゅうごう'と読むと知ったのはほんの二年前でした。 それまではヴィジュアル系バンドのアリスナインの'ナイン'が漢字で'九號'と書くのでずっと'ナイン'と読んでいました。 というかその呼び方に慣れてしまい今でも'ナインさん'と呼んでしまっています。。。'

匿名
7
グッジョブ

ずっと読み方は「けんかい」と思いましたが、ある日調べてみたら正解は「つるぎかい」です。

匿名
3
グッジョブ

尤も利益?尤も利率?尤も利口?尤も利発?

匿名
3
グッジョブ

ずっと『ひでらこさん』だと思っていました(笑)未だに秀/良子で分けるのか、秀良子なのか…悩みます

コメント

  • mattunobu 13/10/04 15:24

    しゅうりょうこさんだと思っていました。

匿名
2
グッジョブ

本仁戻(もとにもどる)さんもお名前読めなかった作家さんでもあるんですけど…。 このお二人、素晴らしいほどの意味深なお名前で…なにか繋がりがあるのかなぁ~と思った作家さんでした。

匿名
3
グッジョブ

初めてこの名前を目にした時から どうしてこの名前にされたのか疑問に思っていました。勝手な憶測ですが腰が好きな方だから名前に入れた。と、人には絶対言いませんが そう思っています。

匿名
3
グッジョブ

有名どころで今ではお気に入りの作家さんのお一人ですが…下のお名前が読めませんでした。 頭でお名前呼ぶ時はもっぱら「えださん」で、ネット検索する時は、未だにこちらのちるちるさんでフルネームコビーして検索画面でペーストしてます(だって私のPC変換おバカで時間がかかるんですもん><)。

匿名
5
グッジョブ

もはやどこまでが苗字で名前か謎。

匿名
2
グッジョブ

これも友達からの紹介で、最初、相撲か!と…(笑) かの同名の方ではありませんでしたし、どうやら相撲好きな方でもない…(^_^;) 友達はあとがきの全然横幅のない棒人間の先生にはまっておりました! あと、不思議なと思ったのが、木村メタヲ先生。 木村メタヲ2号になっていたり、何故!(笑) どう違うのでしょうか?

匿名
8
グッジョブ

読めなくは無いが、何故この名?と不思議で、却って忘れられない作家名に。 開設されたツイッタで、ご本人からネーミング由来を説明していただき納得しました。(アニメネタでした)

匿名
3
グッジョブ

もっとも以外に読んだことのある人がどれだけいるか

匿名
8
グッジョブ

大昔の出逢った頃、私も学生でお馬鹿丸出しだったので「きはらおとせ」って読んでました!!BL作家さんの大御所になんてことを…。そして先輩の腐友達に叱られました。このはらなりせって、なかなか普通には読まない漢字の当て方ですよね。今では逆に木原さんをきはらと読めなくなってしまいましたが(笑)

匿名
3
グッジョブ

 初めてお名前を目にしたときに「尤利」が読めなかったです。(すいません。)  すごく人気のある作家さんなのかな?と思ったのが一番最初でした。全く読むことができなかったことが嘘のように今では読むことができますが、本屋さんでは、「えださんの…」もしくは『愛とは言えない』が欲しいとか何とか言ってでごまかしていた記憶があります。(笑)

匿名
12
グッジョブ

多分、同じ様な方が何人かいらっしゃるかと思うのですが、 割と長い間『きはらおとせ』先生だと思っていました^^; なので、ファンの方々を『コノハラー』と呼ばれていることも知りつつも、 なぜそう呼ぶのかずっと不思議でいました。 何の予備知識もなく初めて目にして、一発で完璧に読める方はいらっしゃるのか気になります。

匿名
6
グッジョブ

不思議というよりも面白い名前だと思いました。 先生の名前を見ると、たくさんのお豆さんが賑やかに集っている光景が目に浮かんできて、 名前を見ただけで楽しい気分になったり和やかな気持ちになります。 そういう、不思議な感覚になるという意味では、不思議な名前だと言えると思いました。

匿名
5
グッジョブ

「畔」が読めなかったのですが、分かった瞬間吹きました。