いたずらされちゃう系男子

itazurasarechaukeidanshi

いたずらされちゃう系男子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
夏川あらた 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ラブキスボーイズコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344844254

あらすじ

コワモテな先輩・灰田と大学の寮で同室になった犬塚。後輩とは思えない無邪気なズボラさが放っておけなくて、ついつい面倒をみてしまっていた灰田の前で、寝ぼけてズボンを脱いでナマ足をさらしたり、彼の無防備な寝姿に灰田の理性はリミット寸前! いくらはかせてもズボンを脱いでしまう犬塚の柔らかそうな唇に、ついふらふらとキスをしたけど起きない。乳首に触れても起きない。甘く感じているだけの犬塚の可愛すぎる姿に、灰田のHないたずらはエスカレートしてしまい……!?
情報修正依頼中

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

これも睡姦?な、あざと可愛いトラップ。

もうひたすら「攻め」である灰田先輩目線で物語が展開して行くんだけど、交互に犬塚目線があればなぁ〜って、焦れてしまいました。
強面と目付きの悪さで、遠巻きに煙たがられる灰田先輩に 初めて懐いてくれた同室の後輩、犬塚。
笑顔も可愛いくて、とにかく暑がりな犬塚は、部屋でパンイチなんてザラ。
目の毒だと思いながら、無防備に寝ている犬塚をつい触ってしまう灰田先輩。
触るどころか、キスをして、キスをして。キスマークが付くほどに吸いまくる。
シゴいたりもする。色々やってしまった後に、サーっと青くなるのだが、どうも犬塚は気付いて無いような…? そんなわけあるかーっ⁈ と、読み手側には事の真相が中々分からないので、
犬塚がどういうつもりなのか、ド天然なのか、ちょっと計りかねるのだ。

とんだ据え膳に唇を噛み締め過ぎて、血を吐いている灰田先輩が可笑しくて。好きです。
どっちもアホアホなんだけど、一応犬塚の言い分を聞くには、半分ハニートラップで、半分は無防備天然受けらしい。
これは、ちるちるの作者インタビューを読んで合点が行ったんだけど、犬塚は4人兄弟の末っ子。
ブラコン兄たちに溺愛されている。自分では何も出来ない子なので、母がやや強制的に寮に放り込んだそうなんだけど、(それ作中でちゃんと描いて欲しかったよね。)オカン気質の灰田先輩が、結局身の回りのお世話をしてしまうので、意味無し。
なので、色々世話を焼いてくれる先輩の優しさに甘えて、好きになっちゃったのかなぁ。と、思います。いや、もぅ、犬塚が最初からハニートラップ企ててたんだとしたら、一目惚れか⁈ そうなのか⁈ としか言えないくらい、犬塚の気持ちが分からんのですよ。
灰田先輩の性的なモダモダをずーっと見せられてる感じでした。
エピソードとして、犬塚が兄に白ブリーフをカバンに入れられたので、仕方なくそれをはいていて、恥ずかしがって隠す、というのがあるんですが。大人男子にとって、白ブリーフはそんなにも恥ずかしいのか? BLでたまに見かけるテーマです。白ブリーフ恥ずかし過ぎて、ノーパンで寝るという暴挙に出て、灰田先輩を煽ります。

同時収録は、匂いフェチの年上男性と同棲する真央の話。「黛 × 真央 編」
ヘタレな黛さんに中々手を出して貰えないというので、焦れた真央は、自分から誘います。
表題作と共に、攻めがヘタレっていうのがテーマなのかも。

描き下ろしには、「灰田 × 犬塚 編」で、やっと。起きてる時にエッチ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ