マンハッタンの窓辺から

Manhattan no madobe kara

マンハッタンの窓辺から
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
松橋オリザ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
東里桐子 
媒体
小説
出版社
いるかネットブックス
レーベル
bijou
発売日
価格
ISBN

あらすじ

47XXY……それは、半陰陽であるジョシーの遺伝子配列。だが、そんなことは愛し合うローリィとジョシーには、なんの障害でもなかったのに……
ローリィは、恋人のジョシーと仲睦まじく暮らしていた。ある日、ジョシーは休暇を利用して双子の弟オーガスタの住むカンザスへ帰郷するが、そこで偶発的な事件が起こる!?
マンハッタンからカンザスへと、ジョシーの足跡を追うローリィ。そこで知る、切なく驚くべき真実とは?
本作は「47XXY]のタイトルで発売された作品のリメイク版です。

表題作マンハッタンの窓辺から

ローランド(ローリィ)・レストラン勤務
ジョシアン(ジョシー)・レストラン勤務・20歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

アメリカの暮らし描写が面白かった

『AI-M文庫』(これ、学研のm文庫の電子書籍版なんでしょうか?)から『47XXY』という題名で出版されていたお話の新装版だと思います。
そちらの初出年月日が解らないのですが、何も知らずに読み進めていた時には『懐かしの作品』だと勝手に思っていました。が、その後確認したら作者の別作品の発売って2013年以降なんですね。ローリィの一人称で進む所為もあるかも知れませんが、懐かしい感じの語り口です。

旧タイトルの『47XXY』というのは『クラインフェルター症候群』と言われ、x染色体がひとつ多い男性に起きる症候群のことです。その具体については作中で詳しく書かれますので、ここでは置いておくとして。

このお話は大きな、いわゆる『地雷』(または昨日のちるちる記事のご提言の新用語を使えば『パクチー』)があります。ただし、それをここで大っぴらに書いてしまうと『究極のネタバレ』にもなってしまいますので<失礼ながらブランクを取ります。























『死にネタ』です。
私はそれほど苦手ではないのですが、ただちょっとばかり釈然としない部分がありまして。
お話の中で、この『死』を利用した事件が起きるのですが、それによって『二人の人間関係に大きな変化がある』とか『二人の周りの人達の何かが変わる』とかがあるわけじゃない様な気がするんですね。
これがかなりモヤモヤしまして。

現実では『死』は必然です。
その日、その時に起きる理由はありません。
だからとても悲しいのと同時に無情を感じてしまう訳なのですけれども。
だから、フィクションにおける『死』は「物語のテーマに深く関わる形で起きて欲しいな」と思います。
残念なことにこのお話では、前述の事件を起す、トリック的な形で『死』が使われているように見えてしまいました。
「それはちょっとなぁ……」と。

そこまでのローリィとジョシーの日常生活のやりとりはとても好感を持って読んでいたんです。また、合衆国の風俗習慣や書かれる景色も興味深く感じたので余計にそう思ったのかもしれません。

0

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ