孤独の鷹王と癒しの小鳥 コミコミ特典SS小冊子 小姑目線

kodoku no maou to iyashi no kotori

孤独の鷹王と癒しの小鳥 コミコミ特典SS小冊子 小姑目線
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

45

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
孤独の鷹王と癒しの小鳥(但コミコミスタジオ購入のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

ノベルズ発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁(内小説7頁)
鳥族のロニ視点で2人の朝の様子が語られるお話です。

表題作孤独の鷹王と癒しの小鳥 コミコミ特典SS小冊子 小姑目線

ウオルシュ、鷹になる呪いを解きエルガを伴侶とした王
エナガ、人の姿を持つ古き民である鳥族の青年

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

王城の朝の風景

本品は『孤独の鷹王と癒しの小鳥』のコミコミ特典小冊子です。

本編後、鳥族のロニ視点での2人の後日談です。

鳥族は森の奥深くで暮らしています。ロニがポーリエの王城に様子を
見に行くというとフィリは顔をしかめました。

エナガとポーリエ王との仲は村で許した事であり、フィリはエナガは
幸せに暮らしているのだからロニが行っても辛くなるだけだと言いま
すが、ロニはコロコロ笑っていたエナガを見られないだけでずっと
冬が続いているような寂しさを感じ続けていたのです。

2人はオーロラの三姉妹の祝福を受けたのだから、誰も邪魔なんか
できないし、ポーリエ王がエナガを大事にするだろう事もわかって
いますが、気持ちはそう簡単に切り替えられません。ロニにすれば
"見るくらい、いいじやないか"という気分なのです。

夜明けの薄い雲をたなびかせた空をロニは飛び続け、頑丈な石の
城壁に囲まれた都の中にある王城を目指しました。そして城の
最上階にある王の部屋の窓辺に止まります。

鳥の姿で美しい透かし彫りの間から覗き込むと、広い部屋の奥にある
寝台から覚えのある声が漏れ聞こえてきて・・・

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)12頁というボリュームで、
エナガに恋していたロニが2人の朝の様子を覗き見るお話です。

甘い蕩かすような吐息と合間に漏れる声は間違いなくエナガのもので
艶やかな声音と場所から、ロニにも2人が何をしているのかは予想が
つかないわけではありません。

ロニの脳内では白い頬を朱に染めたエナガが浮かび、全身が耳に
なったように音を拾ってしまいます。見るからに逞しそうなポーリエ
王を思い出し、エナガが壊れてしまうのでは!?とまで思いますが
実態は単にエナガの着替えをポーリエ王が邪魔していただけでした。

朝からいちゃいちゃな2人に当てられつつも、ポーリエ王のからかう
たびにエナガが見せる顔が可愛くて見入ってしまう

・・・というロニの悶々が楽しいSSでした (^-^)

エナガを忘れられないロニ視点で"いかにも"な場面を覗き見させる
という設定はなかなか美味しいところをついています♡ロニはまだ
まだエナガを忘れられそうにないので、また色々な妄想を膨らませ
つつ覗き見を続けそうですね。

0
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ