龍の夫―亡国の神―

ryu no otto

龍の夫―亡国の神―
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×218
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
152
評価数
40
平均
3.9 / 5
神率
30%
著者
須嵜朱 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥667(税抜)  
ISBN
9784396784911

あらすじ

番(つがい)に憧れる龍×孤独な軍人永年の愛に変わる人外BL

国王の弟である軍隊長に下った命令、それは――…
守護を得るために、龍神の"伴侶"となること。

夫となった傲慢な龍に、身体の内側から眷属に作り替えられる"歪な夫婦生活"。

「ほかの誰でもなく、私はお前がいいのだ
数百年、共に生きよう――…」

人と深く交わらず孤独に生きると決めたはずが、本当は心の底でずっと欲していた言葉を、龍が与えてくれようとは。
そして、龍が誰よりも"絆"に憧れ、孤独だったことを知ってしまった。

もう独りに戻りたくない、独りにしたくない――…

<幸せに満ちる余生を描いた後日談11P収録>

表題作龍の夫―亡国の神―

国の守り神とされる龍
王族出身の軍隊長

その他の収録作品

  • 後日談(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

寂しがりやの龍に萌えろ

とある国の守り神と国王の弟が織り成す、恋というにはいささか初々しい、龍と人間の異種間の絆を紡ぐ物語。

国の安寧を約束する代わりに国王の弟に要求されたのは〝龍の伴侶になること〟だった。
平和を条件に人外のものに嫁ぐその設定はまるで昔話にでてくる異類婚姻譚を思わせる。

龍は食事をすることも、睡眠をとることもなく、人がもつ情というものを介さない。
いちおう人型をとることはできても、生き物として人間とは根本的に違うものだというのが嫌というほど感じてしまう。
それでも、龍は〝人〟を慕い、〝絆〟に憧れるのをやめることはできなかった。
そして、遂には強引に人間を伴侶として迎えてしまう。
これって龍としてはかなり変わり者らしい。
本来、龍は人間に興味などもつことはない。
龍とは種の異なる生き物というよりは、天災のようなものだから。
たしかに天災と言われれば、それと理解しあうのも、情を通じあうのも、難しいよなあ。

それでも、一頭(匹)と一人は少しずつ少しずつ絆を紡いでゆく。
ときに反発し、教え教えられ、守り守られ、甘え甘やかされ(そりゃもうワンコのごとく)、互いに支えあい、笑いあう。
あれ、これって人間同士の夫婦と同じじゃない?
そんな風に気の遠くなるような時間をかけて、共に生きてゆく二人がいとおしく、うらやましくもあった。

1

龍への愛おしさがどんどんデカくなる

王国の守護神とされている龍と、国王の双子の弟で軍隊長のお話。

争いの元になるからと、王家から除外され子供を作ることも許されず、王族の為国民たちと違て長寿の為、愛する家族を作る事も無くただ国の為に戦い続ける隊長の事情がたまらなく切なかったです。
そんな中で、守護神の龍に興味を持たれた隊長は、今後も守護し続ける代わりに伴侶として眷属になる様言われる。
国の為に生きてきた隊長がまたも自分を犠牲にして条件を受け入れるのは可愛そうだったけど、国王の兄がちゃんと弟の不遇を理解しているのは救いでした。

人間と根本的な考え方の違いで、なかなかお互いのことを理解できない龍と隊長が少しずつ会話を重ね龍の事・人間の事をしていくのは素敵でした。
龍が隊長に興味を持ったきっかけの回想はちょっと切なくて龍への愛しさが一気に高ぶっちゃいました♡

龍に性的欲求も愛情的感覚も無いので、BLという括りにはなかなかあてはまりずらいですが、それを抜きで読んでも十分に入り込める素敵なお話でした。

1

孤独な龍と人間が夫婦になる話

表紙だけ見て おっ、触手モノかな??と思ったのですが違いました。
スライム触手かと思ったら龍の爪でした。

和モノファンタジーで人外攻め、いいですね。
無性の攻めって初めてだったのですが、好きです!
挿入こそないものの、性行為の真似?みたいなことがあって、ちょっとエロかったです。

最初は、龍のことを不気味で怖い存在だなと思っていたのですが、受けと出会ってから表情がコロコロ変わっていくところが可愛い!!と思いました。人間の姿になった方が気安く接してくれると気づいたときのニカーって笑顔が、良い…。

人々と接することができない孤独な龍と、王家の血筋だから歳をとるのが遅い孤独な受け(250歳)。どちらも同じような寂しさを感じてる似たもの同士の話です。夫婦になれて本当に良かったね…。お互いの救済って感じです。
陛下であるお兄さんも良いキャラしていて好きです。あんなに小さな容姿をしていたのに、最後は年老いて…。何百年たったのだろう。

書き下ろしが特に好きで、夫婦感が増してました♡

一言でいうと、仲間や家族などの「絆」の本。
BLという枠に収まらないような大作で、素敵でした。

0

想像してた異種間ものと違ったけど良き!


異種間もので、攻めが龍で受けが王族の軍隊長さん。しかも、王族の血を引いていると、普通の人間とは違って長生き。
ときたら、私の心がこれ面白そー!!!と、ビンビンにセンサーが鳴っていたのですが、他のかたのレビューを読んだときに、エロはない。と書いてあったので、ちょっと買おうか悩んでしまった作品。
私の中の勝手なイメージで、異種間ものってそれなりにエロいシーンがあるイメージだったので、想像してた異種間ものと違う!正直、それならやっぱり買わないでおこうかなぁ…と、欲しいものリストから外していたのです。が!!!

なんだか、やっぱり気になる~と、購入。
あ、買って良かったなと思いました。

当初は、おいおい龍さんや。一体、何をしたいんだい?と、思うこともありましたし、龍と人ということで、そもそもの意識の違いというか、異種間ならではの、お互いが理解できない2人。

でも、龍も人もお互い寂しいという気持ちを持っている。
そんな2人が、お互いの寂しさを埋めるように、徐々に家族になってくれて本当に良かった。

一番最初に抱いた異種間ものイメージとは違ったけど、とても素敵なお話でした。

2

異種間同士の尊敬と愛情と…

恋愛というより異種間交流というか、
異種間愛という感じでしょうか?
確かに、青年誌のような絵柄とストーリーですが、
私はとても心動かされるものがありました。

国を護ってもらうために、自らの身を龍に捧げた軍隊長と、
孤独な龍との交流を描いた物語です。

守護を受けるために隊長は龍に嫁いだのに、
敵国に攻められ多大な被害を出してしまいます。

龍はどうして護ってくれなかったのか?

その答えにハッとしました!
自分の手で立ち上がり国を護ること……
それを望んでいたのは隊長なのに、
そのことを改めて教えてくれたのは龍でした。

国を護ってくれないなら龍は必要ないのか?
その葛藤にも、その答えにも胸が熱くなります。

孤独な龍に寄り添って生きると決めた隊長の気持ちを嬉しく思いました。
人に信仰するものがある事は、心の支えにもなるでしょう。
きっと人間にも大切なことなのです。

龍と人間が共存することができれば心強いし、
もう龍が一人ぼっちで寂しい思いをすることはないと思うと、
とても素敵なラストだったと思います。

3

なんちゃってではない異種婚姻譚。

はじめに余談ですが、表紙のカラー絵が線の滲みまで見て取れる、手塗り感溢れる仕上がりで、手描き大好き人間はテンションが爆上がりしました。それとも最近のデジタルは、そこまで再現できるようになってたりする……?

さて、本題。先行レビュアーさんもおっしゃっているように、表紙とタイトルと帯がある意味でミスリードをしています。なので、表紙で妄想を膨らませすぎないほうが良いかもしれません(主にエロ的な意味で)。

国の守護役を降りようとしている龍と、国のために、龍の要求に従ってその伴侶となることを決めた王弟(軍人)の物語。帯には龍×王弟と書いてありますけど、実質受け攻めなしです。

読後の感想は、あー、なるほどーー、こうきたかーーー、という感じでした。事前にエロなしとの情報はつかんでいましたが、お相手がそもそも、三大欲求すら存在していない生物だったとは。というわけで、異種婚姻譚と言いつつ、性愛的な要素はほぼ皆無。ブロマンスではなくBLを標榜する作品で、それはかなり珍しいのでは、と思ってしまいましたが、私はこの作品、ちゃんとBLだと思いました。が、ここが受け入れられないという方も、きっといらっしゃるでしょう。

そんなわけで、そもそも生物としての折り合いを付けるところから始まる二人のお話です。この辺がヌルくない。そこらの異種婚姻譚でうやむやにされがちなところを、キッチリ描いてくれています。

表紙が詐欺でなくミスリードと言ったのは、実際にこういうシーンがあるからですが、それはエロいというよりむしろ痛いシーン。主人公が龍の眷属として体を作り変えられるに当たり、鱗を体内に埋め込まれる。麻酔無しで腹を割かれて異物を埋め込まれるわけですよ。そして、馴染ませるために龍になめられて大量の唾液を浴びせられる。主人公が感じているので、この辺りがエロ的な萌えどころと言えば萌えどころですが、ビジュアル的には完全に食べ物的意味で喰われているので、あんまり萌える余地はないかも。

主人公や読み手からすると、主人公が龍の伴侶になると決めた直後にこの展開が来てえええええ、となるのですが、のちのちこのシーンの裏事情が、龍視点で語られます。

最初は、人間とは考え方も在りようも全く違い、理解し難く恐ろしいばかりだった龍の側の事情と気持ちが徐々に明かされてゆく。このあたりが物語のキモになります。

主人公は途中、国の守り神であるはずの龍が、何かを守るという発想を持たないのではないかと疑い、その振る舞いに疑問を持つのですが、これは正解。

「天災が人に興味を持つなど、哀れなことだ」

これは物語のキーパーソンとなる「姫」(王弟の遠い祖先で、龍が人間に興味を持つきっかけになった人)の独白ですが、この台詞が龍の本質を言い当てている。龍が憧れを抱くのも宜なるかな。

龍という種族にとっての人は、人にとっての虫なんかと同じような存在なのでしょう。基本的に意思の疎通もできないし、共に生きるには儚すぎる存在で、殺してもなんとも思わない。そんな龍という種族の中で、それでも人という生き物と、人が人を守ることに興味を抱いたこの龍が、変わりダネだというオチなんですね。

そして変わりダネ故にそれを共有できる相手がおらず、孤独を抱えているわけなのですが、そんな龍の心情に思いを馳せたのが、少年期の王弟。龍はそんな彼ならば自分の孤独を埋めてくれるのでは、と期待し、ひっそり執着していたわけですが、敵国の神から受けた呪いで王弟が歳を取るようになり、焦りを覚えてなんとか自分のものにしようと行動に出た結果が、伴侶として自分のそばにいろ、という要求+前述の人体改造だったわけです。

しかもこの人体改造、「逆鱗」を使ってるんだとか。それ、一枚しかない上、普通、触っただけでやばいヤツですよね……?それ引っぺがすとか、どんだけ……?そして、改造中も失敗したらどうしようと手が震えてるとか。必死か!……やべえ。こいつ思ったより可愛いぞ。最初の頃の威圧感はどこへやら、この龍、後半、完全にワンコと化します。

王弟の側も、長命の呪いの効果は薄れたとは言え、それでも通常の人の法則からは外れた存在で、はみ出し者の孤独を感じる身。描かれる周囲は彼に十分好意的ではあるのですが、誰とも番うことのできない孤独は抜き難くあったわけで、龍の存在は図らずも、その孤独を埋めてくれるものだった。お互いの孤独をお互いの努力と思いやりによって埋め合うこの関係は、十分に愛の名に値するのではないか?

そもそも、生き物としてのあり方が違う存在同士が、互いのあり方を理解して、歩み寄って共にいようと努力する。これって、愛の本質なんだと思うわけですよ。それがちゃんと描けているので、この作品は十分いい作品だと思いますし、BLと呼んで全く差し支えないと思うのです。が、それ以上に、異種婚姻譚として思ったより深く踏み込んでいてくれたところが物語として面白かったので、若干甘いかなあ、と思いつつ、神評価で行かせていただきます。

しかし、読み終わってもサブタイトルの意味がよくわからない……。どこが亡国?

2

タイトルと表紙にだまされた。孤独感を抱えていた二人が寄り添うまで

紙本
修正…エロなし
カバー下…なし
あとがき…なし

1

絵がいい

青年漫画っぽい絵柄です。表紙の強そうな男性が屈辱的な表情で人外に力で押さえつけられてる感じが色っぽくて好みで買いました。このビジュアルで生け贄…受け?!と思って。

普通のBLのような合体エロシーンはありませんが、強い王族軍隊長が無理矢理竜の伴侶にさせられ、竜の眷属になる為に体中をベロベロ舐められてるシーンがエロい。実際性的快感を伴っているんだけど屈辱から必死にそれを隠そうとしてる様がストイックで色っぽい。

こういう「貴様」とか「バカ者」とかの言葉遣いが似合うプライド高いちょっとおじさんの軍隊長が好きな方はぜひ。私は大好き。王族は普通の人間より寿命が長い設定ですが、隊長の見た目年齢はどう見ても30代以上です。

竜は隊長のことを昔からずっと見守っていて、隊長も普通の人間と時の流れが違うため孤独だったけど、竜の一途な想いに絆され、だんだんお互いを想い合う関係になる様子が丁寧に描かれていて感動的です。竜が嬉しい時、尻尾をバタバタ地面に叩きつける所は犬みたいでキュートでした。最後の後日談では本物の伴侶、パートナーになれた様子が伝わってきてほっこりしました。

この絵柄・雰囲気で次回はもうちょいエロ度の高いお話も読んでみたいなあと思わされる作家さんでした。

0

愛をもって孤独を知る

(評価は神寄りです)

世界観も展開も練られていてぐいぐい引き込まれます。
ホントにデビュー作なんでしょうか…?
一般紙で活躍している作家さんと言われたら納得するレベル。
物語としてとても面白かったです!!!

描かれているのは恋愛感情とは少し違うかな?と思いました。
性交渉シーンもありませんし、
そもそも龍が人知を越えた存在なので感情の概念そのものが違うのですね。

がっつり恋愛!って感じではなかったですが、
龍と軍隊長との心の交わりは非常に良き…!
兄弟の絆を感じられるところもかなりグッときました。

※ちなみに一応攻め受けがあるようですがエロ自体も性的欲求もなしです。


さてさて。
お話は龍を守護神と崇めるとある国が舞台となっています。
というのも何代も昔の先祖が龍と話すことが出来て、
龍の加護により王族のみ長寿(250歳ぐらい)の家系になっているのですね。
国王の見た目はまだまだ少年の姿をしていました。

表紙の彼は国王の双子の弟です。青年です。
本来なら国王と同じ年の取り方をするはずが、争い時の因果で成長するようになってしまった。
今は王族を離れ、軍隊長として兵の先頭に立ち国を守っています。

そんなある日、龍神が「もう国を守らない」と伝えてきました。
国王の説得は一蹴され、代わりに軍隊長を寄越せと…。
軍隊長が龍神に話をつけにいくと龍神から伴侶になるよう求められました。
これが国を守る条件だとつきつけられ軍隊長は覚悟を決めます。

軍隊長は龍神の側で生活を始めました。
しかし龍神の話を聞けば聞くほど、崇められてきた言い伝えとのギャップが増すばかり…。

本当に龍神が国を守ってきたのか?
龍神が軍隊長を伴侶に選んだ理由は?
この国の未来は?
ーーーと展開していきます。


私の語彙では上手くまとめられないので興味ある方は読んで下さい!!!

夫夫生活を始めても最初は概念そのものが違いすぎてすれ違いばかり。
けれど一緒に生活すると見えてくるモノがある。心に触れる瞬間がある。
間にある微妙な空気が段々暖かいものに変化するのがすごく良きなのですよ…!

龍神は人型になる時もあるのですが、
最初は姿形を整えても禍々しいオーラで"人"になりきれず。
けれど軍隊長と生活を共にして徐々に人と変わらない笑顔になるのがグッときます(;///;)

で。龍神が軍隊長に拘った理由。
龍は本来なら破壊のみを楽しんでいたのですね。
けれど偶然龍と話せる人間に出会い
人と人が愛を紡いでいるのを知ってしまった。
そして同じような愛を求めてしまった。
欲しくても手に入らないことで孤独も覚えてしまった。

人との関わりに飢えていた龍神は、
軍隊長の何気ない一言に可能性を求めてしまったのですね。
龍神のモノローグには涙腺が緩みました。

また軍隊長も心のどこかに孤独を抱えていたんでしょうね。
兄である国王も、兵達も、皆軍隊長を慕っている。
けれど沢山の人に囲まれているのに置いて行かれてような感覚を抱えていて。

だからこそ龍神の孤独さに共鳴した…というのかな。
上手く言えないんですけど孤独が精神的な繋がりを強くしたように思えました。
それが恋愛感情かどうかまでは読み取れませんでしたが、愛情を感じます。

また兄弟の絆も良かったです!
というか国王ですよ。愛弟が龍神の伴侶になる前も後もずっと気に掛けていて…(;///;)
龍神へ敬意と畏怖を抱いているのに、弟を守る為なら刃向かう気があるとこが良き…////

1読目より2読目3読目…と重ねると更に面白かったです。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ