汚させてよ、メガネさん

kegasaseteyo meganesan

汚させてよ、メガネさん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
69
評価数
20
平均
3.6 / 5
神率
20%
著者
シマムラシマ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
Tulle Comics
発売日
ISBN
9784861238215

あらすじ

俺の事は好みじゃないんだって<?br>俺は最高に好みだ。

男遊びが激しい税理士・千秋(ちあき)の趣味は、メガネ収集。
ある日、新規取引相手のカフェ&バー店長・須田(すだ)とメガネ談義で意気投合し、飲みに行く事に。
そこでついつい悪癖が出てしまい、好みの男子をナンパしているところを須田に見つかってしまう。

「アンタ男もイケるのか」
にわかに雄の色気を醸し出した須田に男のモノを咥えさせられ、メガネに顔射されてしまって…!?

表題作汚させてよ、メガネさん

須田・カフェ&バーの雇われ店長
千秋・税理士(元タチ)

その他の収録作品

  • あとがき
  • 描き下ろし/Outside hours♡
  • カバー下

レビュー投稿数5

ぶっかけ眼鏡、好物です

ぶっかけうどんもいやらしく見える重度のエロ脳の私。
いや〜、お顔、さらには眼鏡にぶっかけ…いいですね♡

眼鏡にぶっかけるのが性癖なカフェ&バーの
雇われ店長・須田と眼鏡をこよなく愛する
ヤリチン税理士・千秋。タチ×タチ→ネコ。

眼鏡も男も取っ替え引っ替えな千秋が須田の店を新しく
担当する事になり、親睦を深めにと行った飲みの席で
好みのタイプを見つけた千秋は隠れてナンパをするの
ですが須田に見られてしまいます。
千秋がドタイプだという須田は千秋が男もイケると
わかるといきなりキスをするわ咥えさせるわ眼鏡に
ぶっかけるわの大暴走。
大事な眼鏡を汚され、プライドをへし折られた千秋は
須田にやり返してやろうと目論みますが、
そういう雰囲気になると雄みが増し欲情を露わにする
須田に気圧され抱かれてしまい…
股関節問題にはタチだとそうだよねー、と
笑っちゃいました。

仕事面でも関わっていくうちに普段は控えめなのに、
アノ時に豹変する須田が気になり徐々に意識していく
千秋は素直じゃないながらも須田への気持ちを認め、
身体を開いていきます。

ただ、千秋のおしゃなアシンメトリーの前髪の
せいで右目がほぼ隠れていたのがちょっと残念…
眼鏡を推すならもっと全面に魅せていただきたかったな〜。
そしたらぶっかけもよりがっつり…←

描き下ろしではよりふたりの関係も深まり、
千秋の自慢の眼鏡の中から須田が好きな眼鏡をチョイス
させてもらい、それをかけてイタすのがお互いの性癖を
満たしているかんじで好きでした。 
大事な眼鏡を好きな人には汚されてもいいって
あのオラ系だった千秋をそうさせちゃった須田。
これからもしっかり捕まえていてほしいし、
なんだかんだとお似合いなふたりだなと思いました。

2

こだわりメガネ

メガネ攻めもメガネ受けも好物のため即購入しました。

攻×攻からの受転向です。
はじめはインテリメガネ攻めな顔付きな主人公ですが
話が進むにつれ、段々とツンデレ受けメガネな顔を時折みせるようになってきます。
ささやかながらいじらしさも垣間見え、可愛らしさが見えてきてよかったです。

個人的には主人公の髪型が鬱陶しくもメガネにかかるのが
艶さを出しているのかもしれませんがなかなかに
メガネが隠れ、印象的なシーンももっとメガネが活かされてればな…と思ってしまい、ちょっと期待しすぎてしまいました。
受け転向した主人公の時折素直な可愛さは良かったので
この評価です。

2

攻め×攻め大好き!

毎朝コレクションの中からその日かける眼鏡をかけ、ベッドを共にしたかわいこちゃんにも眼鏡は触らせない程に眼鏡が大好きな千秋。
新規顧客の須田との初めての顔合わせで眼鏡談議に花が咲き、顔は好みではないがバーに飲みに行ったが・・・軽率にもバーの店員をナンパ♪
そこを須田に見られ「男もイケるのか」と言った直後に突然のイラマチオ!!からの~眼鏡にぶっかけ顔射♡

散々な出会いに仕返ししようとするもまたも須田の見つめる目に落とされセックス!
タチの千秋が初めてのネコで、挿入後股関節痛がる姿は可愛すぎかな♡

かわいい男の子が好きだったのに雄臭丸出しの須田に惹かれる。
タチなのにネコに。
一晩の関係ばかりを望んでたのに本気で恋に落ちる。
大切なメガネをだれにも触らせず大事にしてたのに汚されたいと思ってしまう。
あぁ~価値観ひっくり返る恋!素敵♪

1

メガネ好きには堪らない

メガネにぶっかけるのが好きな性癖って本当にあるんですかね?
相手探し困るだろうなー、なんて思いながら読みました^^;

バーの店長・須田と税理士・千秋のお話です。
千秋は数あるメガネの中から、
その日のお気に入りをチョイスするのを楽しんでいる
お洒落メガネ男子です。

その千秋と仕事で知り合う須田は、
メガネにぶっかけ願望のある男。
千秋にも出会ったその日にぶっかけてしまうという、
なんとも非常識な男です。

バリタチだった千秋が強引に須田に抱かれ、
ネコの喜びを知っていきます。
須田はHの時だけ別人のように強引になるのですが、
千秋を見つめる目が激アツです。

そんな須田に絆され、千秋は完全ネコに(^^;;
須田限定なのかな?
でも元々真面目な千秋なので、
これからは須田一筋な男になりそうです。

須田は千秋が大好きって感じがずっと出ていて、
そこがとても良かったです。

流れは性急ですが、大人の男同士の恋愛は大好きです!

1

主人公についていけなかった…

食らいついてでもついていきたかった…。

好きなタイプの作画に、好きな眼鏡と来たら、期待せざるを得ず。
しかも飲食店設定までついてきたら、食いしん坊としてはバンザイなわけですが。

置いていかれてしまった…。

税理士の千秋は眼鏡大好き人間。
数多ある世界各国のブランド眼鏡コレクションから、その日の気分で選ぶ眼鏡はどれも宝物。
デリヘルボーイに触られただけでも取り乱すくらい大事な眼鏡に、いきなりぶっかけてきたのは…。

新規の取引先であるカフェバーの店長・須田でございます。

わたしの苦手な設定に「優等生攻め(小柄)×ヤンキー受け(大柄)」と「本人が望まないタチからのコンバート」がありまして。
そのせいで冒頭からかなり須田にイラッと来てしまいまして。
快楽に貪欲で、「俺、そっちにも興味あったんだよね♪」っていうノリのタチ専が受けになるのは全然大丈夫。
でもこれって…、違うよなあと。

そんなわけでわたしとしては千秋がどういう心境の変化を経て、須田を好きになるのかを読めることだけを楽しみにしていたんです。
そもそも可愛い子好きのタチ専で、須田は全然タイプじゃない千秋。
その上大事な眼鏡にぶっかけやがった憎いヤロウですよ。

ぶっかけてきた相手を自らホテルの部屋に連れ込みます。
そしてやられます。

「え?」っていう。誘い受けですか?っていう。
これはもうさすがに顧客とは言え、表面上は当たり障りなく接するにとどめて、職務外のお誘いに簡単に乗ることなんて…、あったー!ないと思ってたー!
数回はやんわり断ると思ってたのにー!

食事に誘われて、行っちゃいます。
しかも家に連れ帰っちゃいます。
さらに自ら物欲しそうに誘っちゃいます。

いかん。それはだめなやつだ。
それは「便宜上タチ専」だった人物がする行動パターン。
潜在的に「抱かれたい」欲はあるけど、自分の体の大きさ的に今までタチしかできなかった、もしくは快楽主義かのどっちかなんだ、その行動は。
「タチの俺をよくもネコにしてくれたなー!!」っていうタチとしてのプライドは…。
須田への気持ちもよく分からない。
わたしたちに分かるのは、タチだった千秋が強引にやられた結果、お尻が疼くということだけ。
お尻が疼くから、現段階で手っ取り早く抱いてくれそうな須田にっていう風にしか見えないんですよ…。

それがなぜかもう一気に「本気で好き」っていう流れに。
そこの間をね、読みたかったんです。
お尻が疼くだけじゃなくて、そのときに好みのタイプじゃない須田を思い浮かべたのはどうしてかってところを、もっと自分なりに考えて悩む姿を見せてほしかったんです。
だって好きになる要素、ありました?
挨拶に行って無理矢理ぶっかけられ、仕事の話をして強引にやられ、焼き鳥を食べに行って、特に深い話もせず、お尻が疼くから挿れてもらおうとしたら断られた。
これだけなんですよね、これまでの2人の交流。
むしろ好きになる要素が出てくるのはその後で。
実は料理が好きとか、今は雇われだけど自分の店を持ちたいとか、そういう内面の部分を知っていって、「強引で嫌なやつだと思ってたけど…」っていうのなら分かる。
でもこの作品の流れじゃ分からない。

つい熱くなって長くなってしまった。
「神」「萌2」「萌」という評価ばかりの中、ひとり「中立」をつけるのは大変心苦しい。
でも納得いかなかったんです…。すみません。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う