星屑コンフィズリー コミコミ特典SS小冊子 冬色コンディトライ

hoshikuzu confisley

星屑コンフィズリー コミコミ特典SS小冊子 冬色コンディトライ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
二見書房
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
星屑コンフィズリー(コミコミ購入時のみ)
ページ数
16ページ

あらすじ

ノベルズ発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全16頁(内小説11頁)
麻央が本格的に店に入った冬のお話です。

表題作星屑コンフィズリー コミコミ特典SS小冊子 冬色コンディトライ

遊佐奏吾、ユヌ・エトワールのオーナーパティシエ
仁科麻央、奏吾の伴侶でカフェ担当

レビュー投稿数1

不思議な縁に支えられ

本品は『星屑コンフィズリー』のコミコミ特典小冊子です。

本編後、クリスマスを控えたユヌ・エトワールのお話です。

週末しか手伝えなかった麻央がユヌ・エトワールが本格的に店に
入り、クリスマスに向けて忙しさを増してきます。

奏吾は季節限定のコンフィズリーを1つ増すことにします。本場
フランスでは1粒2~4ユーロほどになりますが、クリスマス時期
のプレゼントとして人気の特別のコンフィズリーです。

通常マロングラッセには洋栗が向きますが、奏吾はいい和栗が手
に入った事から和栗でつくる事にします。1粒づつ渋皮を向き、
ガーゼで包みシロップに漬け込み、味をしみこませるために何度
も繰り返して完成まで2週間かかると知った麻央は呆然としてし
まいます。

冬が近づいてきたことで麻央が任されたカフェスペースでは、
スパイスのきいた紅茶を用意し始めました。麻央は門野に紹介さ
れた紅茶店のものが気に入ってカフェでも提供しています。

しんと冷えた夜には体を温めてくれるスパイスティーは評判も
上々です。今も試飲ですすめた客がサブレと共にミルクティー
にした紅茶に満足してくれたようで、麻央は早くも春先の紅茶に
思いに馳せそうになりますが、さすがに気が早すぎです。

閉店作業中、麻央は奏吾に茶葉を扱えないかと相談すると・・・

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)2段組16頁と通常より
増量されてのある冬の日のお話が描かれています♪

奏吾はまずは少しだけ置いてみて反応が良ければ増やすように
しようと言い、ギフト用にジンジャー系のコンフィチュールと
組み合わせるのも良いなと言ってくれます。2人でいるとどん
どんとアイデアが膨らんでいくようです。

ユヌ・エトワールも真夜中だけというハードルの高さも、逆に
言えばキャッチーであり、そこに興味を持った人が訪れて常連
となってくれる人も少なくありません。

しかし、今の販売体制での採算はギリギリで、カフェなどに焼
き菓子を降ろして売り上げを補っていました。かといって夜だ
けの営業と言うスタイルを変えるつもりのない2人はオンライン
販売を始めることにしたのです。

この週末からのオープンを予定しているため、いろいろと忙し
くても充実した毎日です。そして店を出ても同じ場所に帰るの
にこのままずっと並んで歩いていたいと思う程麻央は幸せです。

そして奏吾はいつでも自分のスイーツを褒めてくれる麻央が
可愛くて仕方なく、その夜も帰宅すると食事よりも麻央を美味
しく頂くことにする

・・・というラブラブなお話でした♪

麻央を求めて始めた奏吾の店は2人の店となり、2人の夢となり
さらに広がっていく様子がほのぼのテイストで語られていて、
とても楽しく読めました。

人と人との縁はどこで繋がるのか判りません。本当に"情けは
人の為ならず"ってあると思っています。

麻央を諦めなかった奏吾にいろいろな人が手を貸し、麻央が
深央として育んだ縁が更に新しい縁を繋ぐ様にほっこりさせ
て頂きました (^-^)

3